14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]

SIGMA

14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]

必須

作例写真を見る

・SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]の主な特徴について

■最高の描写性能を目指すArtラインに含まれるズームレンズです
SIGMAの14-24mm F2.8 DG DN、この交換レンズはSIGMAのArtラインに属するもの、フランジバックの短いミラーレスカメラ専用として新設計が行われたなどの特徴を持ちます。ショートフランジバックは小型軽量にできるなどのメリットがあり、その重量は795gなどからも持ち運びの際にも重さが気にならない魅力も持ちます。最高の描写性能を目指すことをポリシーにしているのがArtラインの最大の特徴で、本来画質優先などからも重さや大きさなどの制約にとらわれることなく設計ができるのもArtラインです。画質やデザインを追求しながら小型化・軽量化が行われていることは、レンズを使う側にとって魅力的な一つといえましょう。

■ミラーレスカメラに最適化された大口径超広角ズームレンズ
14-24mm F2.8 DG DNの焦点距離14〜24mmのズーム、最短撮影距離は28cmです。最少絞りはF22で開放F値は2.8です。最大撮影倍率は1:7.3で重量795g、最大径85.0mm・全長131.0mmなどの仕様になります。最大径85.0mmの超広角ズームレンズなどからも大口径の交換レンズであることは明確ですが、大口径でありながらも重量が気にならないのも魅力の一つ、重量を795gに抑えられている理由の中にはショートフランジバックが採用されている点が挙げられます。

■様々な環境下で快適な撮影ができる機能も充実しています
14-24mm F2.8 DG DNのAF機能を支えているのはステッピングモーター、高速であると同時に音が気にならないことやピント合わせの正確さを与えてくれます。顔や瞳優先AFなどの機能も充実しており、被写体が動いてしまったときでもスピーディーにAF機能が働く、撮影時の快適さを与えてくれる交換レンズです。さらに、この交換レンズにはAFLボタンがあり、レンズ側での操作の幅を広げてくれる様々な環境下で撮影を快適にする機能があります。

■ナノポーラスコーティングで高画質を可能にします
レンズ構成は13群18枚、11枚の円形絞りによる絞り羽根を採用しており、FLDガラス1枚とSLDガラス5枚を適切な位置に配置しているため、画面周辺に至る色収差の抑制を行うことができます。さらに、最前面には大口径の非球面レンズの採用が行われています。また、レンズにはナノポーラスコーティングが施されており逆光の強い入射光に対しても影響を受けにくい設計が行われているなどの特徴を持ちます。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]のスペック

  • メーカー

    SIGMA

  • 商品カテゴリ

    広角ズームレンズ

  • 重量

    795g

  • 対応マウント

    αEマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • レンズポーチ

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]の作例

作例写真をもっと見る

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]の紹介動画

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーE用]のブログ記事