RF15-35mm F2.8 L IS USM

Canon

RF15-35mm F2.8 L IS USM

Lv5パス月額23,800円985種が入れ替えOK

Lv3パス月額13,800円826種が入れ替えOK

1weekレンタルとは何ですか?
必須

作例写真を見る

撮影幅の広い広角ズームレンズ

・フィルター径が82mmの大口径ズームレンズで、15mmから35mmまで調整ができます。幅が広いため遠く離れた風景写真はもちろんのこと、被写体に近付いた広角での迫力ある撮影も可能です。そしてどのズーム域であっても開放F値を2.8に維持できます。どの設定方法であっても、隅々まで高画質を維持できるのが特徴です。

高い手ブレ補正効果

・手ブレを補正する機構には、デュアルセンシングISが採用されています。ジャイロセンサーと共にCMOSセンサーからの誤差も取り入れることで、より精度の高い補正ができる仕組みです。その補正は最大で5段分に相当し、遥か遠くの被写体までくっきりと撮影することができます。そのため不安定な手持ちであっても、失敗するリスクは大幅に下がります。またシャッタースピードを遅くしてもブレにくいため、特に暗い場所での撮影幅を広げることができます。

高性能の超音波モーター

・搭載するナノUSMはCanonが独自に開発した超音波タイプで、高速でのオートフォーカスを可能にします。またカメラがEOS Rシステムを搭載したミラーレスだと、画素ひとつで撮像と位相差検出の両方を行うデュアルピクセルCMOS AFと組み合わせることもできます。そうすると静止画の場合は高速と高精度の両立、動画では滑らかなフォーカシングが可能です。フォーカスの動作は全てレンズの内部で行なわれるため、調整の際に全体のシルエットは変化しません。そのため構えたままの安定したフォームを維持できます。もしマニュアルでのフォーカスで撮影したい場合は、リングを回転するだけですぐに切り替わります。複雑な操作は必要ありません。

様々な補正ができるレンズテクノロジー

・全部で16枚あるレンズの内、3枚は様々な収差を抑制することができる非球面レンズです。そして低分散と低屈折を両立するUDレンズが2枚組み込まれています。色収差において異常分散を抑える性質を持っていて、2枚でおよそ蛍石1枚分に相当します。つまりこのレンズには蛍石レンズが1枚組み込まれていることとほぼ同義というわけです。またレンズにはナノサイズの凹凸で屈折率を抑えて反射を少なくするSWCや、表面に膜を作るASCのコーティングが施されているため、フレアやゴーストも抑えることができます。ズームすることで発生しがちな様々なトラブルを抑制し、高画質のみを維持できる組み合わせです。

Canon RF15-35mm F2.8 L IS USMのスペック

  • メーカー

    Canon

  • 商品カテゴリ

    広角ズームレンズ

  • 重量

    840g

  • 対応マウント

    CanonRFマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード

Canon RF15-35mm F2.8 L IS USMの作例

作例写真をもっと見る

Canon RF15-35mm F2.8 L IS USMの紹介動画

Canon RF15-35mm F2.8 L IS USMのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

Canon RF15-35mm F2.8 L IS USMのブログ記事