1. カメラレンタルのGooPass(グーパス)
  2. PanasonicLUMIX DC-S1H ボディ

Panasonic

LUMIX DC-S1H ボディ

Lv6パス月額29,800円1137種が入れ替えOK

Lv4パス月額17,800円1003種が入れ替えOK

1Weekレンタルとは何ですか?
必須

・LUMIX DC-S1H ボディの主な特徴について

■シネマクオリティの撮影性能
搭載されるフルサイズのセンサーは、有効画素数が2億を超える性能を持っています。処理エンジンもそのセンサーに応えられる性能で、写真の質と速度の高さを両立します。自然な仕上がりによって色モアレを出にくくしたり、被写体の状態を判断して効率的にノイズを抑えるなど補正機能も充実しています。

■動画撮影でも発揮されるシネマクオリティ
動画モードで撮影できるサイズは、シンプルな4対3から6Kに至るまで非常に幅が広いです。高画素数のセンサー全域を動画撮影に使用可能です。そのためプロの撮影にも対応できるほどの機能で、質の高い動画を制作することができます。フレームレートの調整もできるため、動画のスローモーション編集もカメラ内で行なえます。動画が高画質になるに従って当然容量が大きくなりますが、撮影中でも外部出力が可能なのでメモリオーバーの心配がありません。

■長時間撮影に適した機能
高画質な動画撮影ができる点が大きな強みなので、ACアダプターで充電しながらでも撮影が可能です。さらに稼動し続けでの長時間撮影を想定して、デジタルカメラでありながら放熱ファンを搭載しています。SDカードスロットは2つ用意され、それぞれ順番に記録していくモードやひとつをバックアップしたり、2枚同時記録で大容量を実現など色々な使い方ができます。そのスロット扉はロックを解除しながらでないと開かないので、カードが抜けてしまうアクシデントは発生しません。

■チルトフリー液晶
背面の液晶パネルは約233万ドットの高画質で、センサーが捉える映像になるべく近い状態で確認できます。そしてタッチパネルでもあるため、撮影のサポートとしても活用できます。また周囲が明るい屋外でも問題なく使用できるように、高い輝度で作られています。そんな液晶はチルトからさらにサイドへと展開し、上下に270度回転できます。アングルの制限が非常に少ないので、イメージする通りの映像が撮影できるでしょう。

■厳しい撮影環境に耐えられる外装
フレームはマグネシウム合金製で、衝撃と熱の問題を想定しながら形が作られています。そのため重要な撮影機構やデータをしっかりと守ってくれることでしょう。各部にはシーリングが施され、必要のない熱は外に出しながら防塵・防滴性能も備えています。そうして仕上がった強固なボディは、装着するレンズさえ許せばマイナス10度までの低温環境に耐えられます。

Panasonic LUMIX DC-S1H ボディのスペック

  • メーカー

    Panasonic

  • 重量

    1164g

  • 対応マウント

    Lマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • ボディキャップ
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • カメラストラップ
  • ACアダプター
  • USB-Cケーブル
  • CtoCタイプUSBケーブル
  • 電源ケーブル
  • BNC変換ケーブル
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス

Panasonic LUMIX DC-S1H ボディの紹介動画

Panasonic LUMIX DC-S1H ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

Panasonic LUMIX DC-S1H ボディのブログ記事