サイバーショット DSC-RX100M7

SONY

サイバーショット DSC-RX100M7

必須

作例写真を見る

・SONY サイバーショット DSC-RX100M7の主な特徴について

■スピード感ある被写体の連続撮影に強い
高性能な画像処理技術とイメージセンサーが搭載され、被写体の素早い動きに対応し、決定的瞬間を逃さず撮影できるモデルです。最大で秒20コマの連続撮影を可能にするのは、秒60コマのAF/AE演算処理によるもので、緩急あるスピード感や複雑な動きをする被写体をAF/AE追随し確実にとらえます。また、ブラックアウトフリー連続撮影機能によって動画や肉眼で見るように、動きがある被写体を一瞬も逃さず撮影することが可能です。ブラックアウトフリー連続撮影では、撮影中のシャッター音を消音するサイレント撮影を選択できます。少しの音でも気になる現場で撮影する場合や、野生生物などを撮影する際にシャッター音が邪魔になりません。撮影タイミングや、連続撮影を開始する起点を把握できる表示があり、サイレント撮影選択時もシャッターレリーズするタイミングを体感しやすいです。

■秒90コマのワンショット連続撮影で超高速の動きもとらえる
最速で秒90コマの連続撮影をシャッタレリーズ一回で可能にしたワンショット連続撮影機能が搭載され、瞬間をとらえた静止画を一度に7枚撮影します。球技のボールがラケットやバットに触れる瞬間や、水風船がはじける瞬間など、既存の連続撮影ではとらえきれなかった被写体も高密度に撮影可能です。アンチディストーションシャッターが、CMOSイメージセンサーを搭載したカメラに発生する動体ゆがみを軽減するため、被写体の瞬間を美しくとらえます。

■高い4K動画画質の実現
通常の4K映像よりも1.7倍の画素数で解像度の高い動画撮影が可能です。モアレが起きにくくジャギーを抑えるオーバーサンプリング機能を搭載し、プロレベルの映像に仕上がります。ハイビットレート50Mbpsに対応したフルHD記録では、圧縮ノイズを軽減するため、アクションシーンやスポーツなどでも高解像度の動画撮影が可能です。スクリーン上にある、動く被写体をタッチして追随できるリアルタイムトラッキングによって、カラーリングや距離のほか、顔情報などを分析して高い精度で撮影でき、フォーカス表現にも対応しています。

■腕を伸ばしていても構図を確認できる
ハイアングルで腕を伸ばしてする撮影などで、被写体が画面のどの位置に配置できているか確認しにくい場合も、チルト可動式で角度調整できる液晶モニターがサポートします。モニターは上向きに180度程度、下向きに90度程度の調整が可能で、無理な姿勢での撮影がしやすいです。

SONY サイバーショット DSC-RX100M7のスペック

  • メーカー

    SONY

  • 商品カテゴリ

    コンデジ

  • 重量

    302g

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • バッテリー
  • カメラストラップ
  • ACアダプター
  • MicroUSBケーブル
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス

SONY サイバーショット DSC-RX100M7の作例

作例写真をもっと見る

SONY サイバーショット DSC-RX100M7の紹介動画

SONY サイバーショット DSC-RX100M7のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 片手でも扱える!

    2020/03/12 きょんさん ★★★★☆

    スピード感を感じさせるような連続撮影が簡単に行えるほか、被写体の動きに合わせて正確にピント調整を行ってくれるのですごく簡単に使用できます。かなり軽量なので片手で持っていても中々疲れませんし、ハイアングルからの撮影でも難なく使用できます。

SONY サイバーショット DSC-RX100M7のブログ記事

  • SONY RX100M7実写レビュー。使って感じたRX100最新モデルにおける着実な進化

    この記事を読む >
  • 【レビュー】新型サイバーショット『DSC-RX100M7』開梱レポートとRX100M6撮影比較レポート

    この記事を読む >
  • RX100M7レビュー 購入して数日使った感想。

    この記事を読む >