【2020年最新】レンズが重要。一眼レフカメラでズーム撮影するときに大切なポイント

こんにちは、GooPassマガジン編集部です!

遠くのものを撮影したいと思ったときに必ず使用するのがズーム機能。

一眼レフカメラをお持ちの方なら、もっとズームして撮影したい…と感じるシチュエーションに遭遇したりもあるかもしれません。

スマートフォンのカメラも日々進化していますが、まだまだズームをするとノイズが起こってしまったりぶれてしまったりしやすいです。

そのためきれいなズームができるのは一眼レフカメラの特権ともいえるでしょう。

一眼レフカメラでズーム機能を使うにはどうしたらいいでしょうか?

それはズームレンズを活用していく必要があります。

今回は、一眼レフカメラでのズーム機能の使い方についてご紹介していきます。

一眼レフカメラでズームを使いたいならズームレンズが必要

一眼レフカメラのボディ自体にはズーム機能はついていません。

そのため、一眼レフカメラでズーム写真を撮影したい場合は、ズームレンズを購入する必要があります。

一眼レフカメラのレンズはズームレンズと単焦点レンズの2種類

一眼レフカメラはレンズの種類が豊富にあり、交換することでさまざまなテイストの写真が撮れるのが魅力です。

レンズは大きく分けて、ズームレンズと単焦点レンズの2種類があります。

ズームレンズは一眼レンズの中でも最も流通しているレンズ

種類も豊富にあり、種類によってズームできる範囲も変わります。

コンパクトデジタルカメラなどは、レンズを変更できない代わりに3倍ズームや5倍ズームといったようなズーム機能がカメラ本体に備わっています。

対して単焦点レンズはズーム機能がなく、撮れる画角(実際に映る範囲)が決まっているレンズです。撮影するときも、画角を自らが動いて設定しなければいけないため、なんとなく使いづらいイメージがあるかもしれません。

ただ単焦点カメラには、背景をぼかして撮影するという一眼レフカメラならではの特徴があります。

背景をぼかして撮影することで被写体を強調して撮影したり、芸術性のある写真を撮ることができます。

そのため、単焦点カメラは多くの方から人気を集めていて、ズームレンズと単焦点レンズの両方を使い分けている方はとても多いです。

 

ズームレンズの仕組み

ズームレンズに書かれている数字を高く設定すればするほど、拡大した写真が撮影可能になります。

その理由はレンズの焦点距離が変わるから。焦点距離とは、ピントを合わせた時のレンズから映像素子までの距離です。

焦点距離の単位はミリメートルの数字で示されていて、小さい方が広角、大きい方が望遠となります。

数字が小さければ小さいほど広い範囲をカメラに収めることができ、逆に数字が大きいほど望遠となり、遠くの被写体をさらに大きく写すことができます。

通常のレンズの場合、28mmや50mmなど、数字が固定されているのですが、ズームレンズの場合は18mm-55mmというように焦点距離の端から端までの数字で表されています。

 

焦点距離が短いほど画角が広がり、写る範囲が広がります。反対に、焦点距離が長いほどが画角が狭まり被写体が拡大して表示されます。

 

ズームレンズにはどんなレンズがあるのか

ズームレンズと一言で言っても、とても多くの種類が販売されています。

それぞれズームできる度合いに応じて名前が変わっています。

広角ズームレンズ

広角ズームレンズとは、その名のとおり広い範囲を撮影できるレンズのことをいいます。

定義としては焦点距離が28mm以下のことをいい、広角ズームレンズは28mm前後の焦点距離を操作できるレンズのことをいいます。

標準レンズ

標準レンズはズームレンズの中でも最もスタンダードなレンズで、18mm-55mmの間の数字ほどの数字のレンズを指します。

コンパクトデジタルカメラの3倍ズームと似た画角で撮影ができるので、日常的に使う様々なシーンに対応できます。ただ、遠目の被写体を拡大して表示するには少しズーム力が弱いです。

望遠レンズ

望遠レンズは標準レンズよりもさらに拡大して撮影できるレンズです。

だいたい50mm-300mmほどまで拡大できるレンズのことを指します。数字が大きくなるほど、値段が高額になります。標準レンズに比べてかなり遠くの被写体も拡大して撮影できるというメリットがありますが、近くの被写体が撮りづらくなるほか、レンズも大きいため重くて持ち運びが大変になるといったデメリットがあります。

超望遠レンズ(バズーカ)

望遠レンズよりもさらに遠くの被写体を撮影することを可能にするのが、超望遠レンズ。

焦点距離の数字が600mmと望遠レンズの倍の距離を拡大できます。

レンズの大きさは両手で支えないと持てないほど大きく、バズーカのような形をしていることから、バズーカレンズと呼ばれています。

野鳥の撮影や運動会の撮影、月や星を撮影する際に活かせます。ただ、値段はかなり高額です。

高倍率ズームレンズ

これまでご紹介してきたレンズは全て交換が必要になるため、替えのレンズが重くかさばってしまっていました。

その問題をクリアしたのが高倍率ズームレンズです。

高倍率ズームレンズは、広角から望遠まで幅広い焦点距離を1本でカバーできるレンズです。18mm-270mm, 27mm-400mmが1本でカバーできるため、1本でさまざまな撮影ができるとして、多くのカメラマンから人気を集めています。

 

ズームレンズの問題点

被写体を拡大して撮影でき、風景から人の撮影までさまざまなシチュエーションで重宝するズームレンズですが、性質上問題点もあります。

それは複雑なレンズ構成なためどうしても写真の仕上がりが暗くなってしまう点。

特に暗い場所での撮影はISOの設定を上げなければいけなくなってしまいます。

そのため、手ブレがしやすくなるほか、画質が荒くなりがち。望遠レンズの中にもそれらを防いでくれるレンズもあるのですが、値段がかなり高くなるのでなかなか手を出しづらいかもしれません。

 

ズームレンズは背景をぼかして撮影するのが苦手

ズームレンズでは、最小のF値が5.6までのものが多く、それより下げることができません。

F値をさげれば下げるほど背景をぼかした撮影が可能ですがズームレンズを利用した場合はあまり背景をぼかした写真はできない、ということです。

背景をぼかした撮影をしたい場合は単焦点レンズを別途購入する必要があります。

 

ズームレンズのメリット、デメリット

ズームレンズの種類や問題点についてご紹介してきました。

それでは、ズームレンズを利用するメリットとデメリットはどのようなことが挙げられるでしょうか?

 

ズームレンズを利用するメリット

・画角を広げられるので写真のバリエーションが広がる
・遠目からでし眺められない被写体を拡大して写真に残すことができる
・レンズ交換の回数を減らせる
・レンズ1つでもさまざまな撮影ができる

ズームレンズを利用すれば、画角を調整できるため、背景を入れて撮影したり被写体を強調して撮影できたりとさまざまな角度から撮影ができます。

また、動物園の動物や運動会など、遠目からでしか見ることのできない被写体に対してズームすることでアップの写真を撮ることができるのも大きなメリット。

肉眼では見えない部分まで拡大して撮影できることで、写真を通じて新たな発見ができたりもします。

高倍率ズームレンズを使えば1つのレンズで広角、望遠と撮影ができるため、レンズ交換の回数を減らせると言ったメリットもあります。

ズームレンズを利用するデメリット

・望遠レンズは高い
・重さがあるため持ち運びが大変
・レンズが暗く、出来上がりの写真が暗めの仕上がりになる

メリットもあればデメリットももちろんあります。

望遠レンズは設計がとても複雑で、レンズの枚数も多くなるため高価なものが多いです。

10万円前後が相場となっているので、場合によってはカメラのボディよりも高額になる可能性もあります。

また、レンズを交換する必要がなくてもズームレンズは重量感があるので重いと感じることもあるでしょう。

写真が暗めになることも多いので、ISOを通常時より高めに設定する必要があります。

 

ズームレンズを使って撮影する場合の注意点

ズームレンズを使って撮影をすることで、遠くの被写体でも拡大して写真が撮れますが、注意しなければいけない点があります。

それは手ブレ。望遠を最大限に上げて撮影するとカメラブレが起こりやすいです。

写真がぶれないようにするために一番おすすめの方法は、三脚を使うこと。

もし、三脚を用意できない場合はISO感度を高めに設定し、シャッタースピードを早くするのがいいでしょう。

さらに、撮影時には両脇をしっかり閉めた状態でシャッターボタンを押すようにするもの、手ブレを防ぐのに有効です。

そして、もう一点注意すべきはレンズを入れ替えるとき。

ズームレンズを複数所持している場合、撮影シーンに応じてレンズを交換することが増えますが、その際、ミラー部分を汚さないように気をつけましょう。

レンズを交換する時はミラーがむき出しになってしまうためほこりがついてしまう原因になり、場合によっては故障してしまうこともあるのです。

レンズを交換するときは汚れている場所での交換は避けるなど、最善の注意を払ってくださいね。

 

ズームレンズを活かして自分の好みにあった写真を撮ろう

さまざまなタイプのズームレンズを紹介しました。

ただ、超望遠であればいいというわけでもありません。

レンズ選びにおいて最も大切なことは、そのレンズを選ぶことで自分の撮りたい写真が実現できるかどうかです。

今持っているレンズがどれくらいズームができるかを確かめた上で、ぶれないように撮影する方法をぜひ試してみてくださいね。

 

  GooPassで 最新の機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。