【2020年最新】横浜でカメラ機材をレンタルするには?人気のサービス8つを比較・紹介します!

スマホのカメラ機能がハイスペックになり、カメラ女子という言葉が浸透した現在。SNSやBlog、Vlogなど、誰もが写真・動画を楽しむ時代になりました。カンタンな撮影を経て「もっとキレイな写真が撮りたい」「本格的な動画にチャレンジしたい」と思ったとき、おすすめなのが「レンタルサービス」。高価なカメラをリーズナブルに借りることができたり、感触や機能が試せたり、自宅など配送場所を指定したりすることも可能です。今回は、横浜でカメラ機材を求めている方にもぴったりのサービスを8つ、ポイントを踏まえてご紹介します。

横浜でカメラ機材をレンタルする方法

横浜でカメラ機材をレンタルするなら、一部カメラ店のほか、オンラインのサービスがおすすめです。後者を利用する場合、一般的にはWebサイトに必要事項を入力し、オンライン上で決済を行ないます。その際、事前審査が必要なサービスがあるので、免許証や保険証などの身分証明証を用意しましょう。

カメラレンタルサービスの利点

数万円~数十万円と値が張るカメラ。しかも、種類やメーカーが沢山あるので、どれが自分に合っているか迷いますよね。実際に使い、複数を比べてみて、初めてわかることも多々あり、「このカメラじゃなかったな……」とか「あっちのレンズの方がシチュエーションに合っていた」など、後悔がつきもの。そうなる前にカメラのレンタルサービスを活用すると、購入するよりもリーズナブルに、かつ必要な日数だけ使えます。

また、カメラやレンズだけではなく、三脚やストロボ、マウントアダプターなど撮影機材全般が同時に試せるのもレンタルサービスのメリット。購入を検討している機材を決め切れなかったり、予算が限られていたりするなら、ぜひカメラレンタルサービスの導入を検討してください。

<レンタルサービスの利用が適したケース>
・イベントや旅行で本格的なカメラを使いたい
・購入候補の機材を使用・比較検討したい
・所有している撮影機材と他のグッズの組み合わせをチェックしたい
・撮影機材のコレクションを効率的に増やしたい
・旅行の行き帰りの荷物を減らしたい

カメラレンタルサービスを選ぶポイント

レンタルサービスによって「1日だけなら安価」「基本料金は高いけれど高価な機材が借りられる」など、特徴が異なります。ここではサービスを選ぶポイントを確認しましょう。

価格

まずは価格。同じ機材でも、レンタルサービスによって価格は異なります。借りたい機材が決まっているなら、複数のサービスで価格を比べましょう。そのとき、配送料や手数料、補償料金なども含めた総価格を見積もることがポイントです。

レンタル期間・発送日

レンタル期間も重要です。レンタルサービスによって2泊3日、1週間などレンタル期間と価格が異なります。あらかじめ、申し込みから自宅に届くまでの日数や使用可能な期間はチェックしましょう。

カメラ・機材の質と種類

レンタルサービスによって機材の量や種類が異なります。ただし、最新のカメラ・高価なボディ・オールドレンズなど、こだわりの機材を使い比べたいなら、カメラ専門のレンタルサービスがオススメです。家電全般やファッショングッズに力を入れているサービスもあります。旅行を目的とした機材のレンタルなら、こうしたサービスを利用すれば、撮影機材と一緒に旅行グッズも借りられて非常に便利。TPOに合わせたサービスを選びましょう。

補償制度

レンタルサービスによって補償制度や内容が異なります。借り物の機材であれば、誰しもが大事に使うもの。それでも「うっかり」は避けられません。事故やトラブル、盗難の危険性もあります。サービスによって補償料がレンタル料金に含まれたり、別途申し込みが必要だったりと様々。事前にチェックしましょう。

横浜でカメラ機材をレンタルできる、おすすめWebサイト

横浜でカメラ機材をレンタルするなら、こちらの8つがオススメです。

GooPass(グーパス)


「一生分の機材を、今、手に入れる」がキャッチフレーズのカメラレンタルサービス・GooPass(運営:カメラブ株式会社)。レンタル手続きはオンラインで完結します。GooPassの特徴は「サブスクリプション」制度です。月額定額5,800円~(税別)で使い放題・選び放題。登録は自由に休止・再開できるので、「今月はレンタルしていないのに、使用料だけが発生する」という心配もご無用です。プランは全9種類(段階)で、機材によってランク分けされています。さらに最大2ランク上の機種であれば、1週間限定でレンタルが可能です。1度に借りられる機材は基本的に1点のみ。しかし、2つのプランに加入すれば2点までレンタルできます。もちろん、機材を返却すれば新しくレンタル可能。機材が届いたら徹底的に使い、また別の機材をテストしていくと効率がよく、かつリーズナブルに使えます。機材の在庫は最新の一眼レフ・ミラーレスをはじめ、アクションカメラやドローン、ジンバルなど1,000種類以上。複数のカメラ・レンズ・機材をあれこれ試しながら、最終的に自分にぴったりのモデルを購入したい人におすすめです。送料は無料(別途梱包費用が必要な場合も)で、ヤマト運輸またはコンビニから返送可能です。

公式サイト:https://goopass.jp/

カメスズ


カメスズこと「カメラはスズキ」。創業70年を超える横浜の老舗写真専門店です。横浜ジョイナス店、反町店の2店舗でカメラのレンタルサービスが受けられます。ただし、反町店で借り受ける場合は、1週間以上前の予約が必要。また、利用者は神奈川県と東京都に在住の方に限られます。カメスズのレンタルサービスを利用する場合は、事前に電話しておくとスムーズです。店舗を直接訪問して、写真付の公的身分証明書を提示し、レンタル料金の支払いを済ませるとサービス開始です。来店が18:00以降なら、料金は翌日から発生します。レンタル最終日、お店に直接返品してサービス終了です。レンタル機種はチェキ、デジタル一眼レフ、レンズ、デジタルビデオカメラ、水中デジカメなど、商品ラインナップが豊富。また、ボディを借りるとSDカードや三脚もレンタルできます。カメスズはぶらりと横浜を散歩しているときにカメラが借りたくなったら、強い味方になるでしょう。写真専門店なので、撮ったばかりの映像をプリントしてもらうこともできます。

公式サイト:https://www.camesuzu.photos

Rentio


Rentioは、レンティオ株式会社が運営するレンタルサービス。カメラ・レンズだけでなく、2,000種類以上の家電が借りられます。レンタル期間は最短3泊4日~で、延長も可能です。Rentioの特徴は、レンタル商品の購入ができること。使ってみて気に入ったり、レパートリーに加えたくなったりしたら、そのまま買い取れます。送料は貸出・返送時ともに無料。保険料などのオプション料金も不要です。もしもレンタル品を壊してしまっても、2,000円(免責費用)以上は求められません。プランは「1日単位」と「月額制」の2種類。月額プランは使い続けるほどリーズナブルなサービスです。

公式サイト:https://www.rentio.co.jp/

モノカリ


モノカリは東京に本社を置く、株式会社スペクトルが運営する家電レンタルサービス。レンタル期間は2泊3日~、カメラだけではなく家電も借りることができ、その種類は500を超えます。カメラをレンタルする際には、SDカードが付属。機材によってレンタル価格は異なるものの、すべての商品に補償が付いています。万が一の事故・盗難にあっても高額な弁済は不要です。送料は発送・返送ともに無料。17時までの注文であれば、レンタル品は即日出荷されます。返送はローソンと郵便局で可能(東京は店舗で受け取り可)。さらに、空港やホテルを受け取り場所に指定することもできます。意外と重たいのが撮影機材ですが、モノカリの受け取り場所指定を使えば、行き帰りの荷物をぐんと減らすことが可能。横浜旅行の利用にもオススメです。

公式サイト:https://komono.me/rental/

マップレンタル


株式会社マップグループが運営するカメラレンタルサービス・マップレンタル。撮影機材はもとより、周辺機器やアクセサリーのバラエティで知られるサービスです。手続きはオンライン上で完結します。入会登録料が1,500円必要ですが、登録が長期になるほど1日あたりのレンタル料が安くなるプランも選択可能です。配送を利用する場合、レンタル期間は2泊3日~。1,000円以上のレンタルをすれば配送送料は無料です(返送の料金は自己負担)。ユーザーのリクエストを受けてレンタル商品を揃えるところも、マップレンタルの特徴。もしも借りたい機材がなければ、リクエストを出すと入荷されるかもしれません。問い合わせてみましょう。

公式サイト:https://www.maprental.com/

APEXレンタル


APEXレンタルは、大阪に本社を持つ株式会社ビデオエイペックスが運営するカメラレンタルサービス。レンズの品揃えが250種類を超え、在庫は1,200本以上。レンタルサービスにありがちな、「希望の商品がレンタル中で借りられない」ケースが極めて稀で、借りたいときに借りたいアイテムが選べるところが強みです。レンタル期間は2泊3日~。機材によって利用料金が異なります。レンタル料金が3,000円を超えると、配送時の送料が無料。故障や盗難の心配がある場合は『安心保証サービス』を使用しましょう。レンタル合計金額に10%を上乗せすると加入できます。

公式サイト:https://www.apex106.com/

Rentry


長野県に本社を置く株式会社rentryのカメラレンタルサービス・Rentry。150種類以上のカメラをはじめ、生活家電は200種類以上。横浜旅行で使い勝手がある家電も一緒に借りることができます。カメラはレンタル後、そのまま買い取ることも可能です。レンタル期間は3泊4日/3,980円~。利用期間は最大20日間です。他のサービスと同じく、Rentryも配送先の指定が可能。自宅やホテル、空港など受け取り易い場所が選べるので、荷物の少ない行き帰りが実現します。旅行先で急きょ撮影機材・家電が必要になった場合も便利です。3回レンタルすると1回無料になるのもRentry独自の推しポイント。頻繁にレンタルサービスを利用するなら、非常におトクです。

公式サイト:https://rentry.jp/

DMMいろいろレンタル


合同会社DMM.comが運営する総合レンタルサービス・DMMいろいろレンタル。オリジナルのスマホアプリで一括管理できるのが特徴です。24時間、いつでも予約できます。利用期間は最短2日、最大30日。この間、1日単位でのレンタルが可能です。送料は配送・返送ともに無料。返却時は配達員の集荷依頼サービスも利用可能です。他のレンタルサービスに比べ、カメラの種類は多くありませんが、その分、家電や生活雑貨・旅行用品・服やバッグが豊富なのがDMMいろいろレンタル。「横浜旅行に使うものを一式で揃えたい!」というニーズに最適です。破損に対応した補償もあり、旅先に機材を持ち出して利用する場合も心配ありません。

公式サイト:https://www.dmm.com/rental/iroiro/

まとめ~レンタルサービス比較表~

プラン 料金 受け取り方法 送料 URL
GooPass(グーパス) 1ヶ月〜 月5,800~ 宅配 月1回まで無料 https://goopass.jp/
カメスズ 当日~ 機材による 実店舗 配送なし https://www.camesuzu.photos
Rentio 3泊4日~or1ヶ月~ 4,980円~ 宅配 無料 https://www.rentio.jp/
モノカリ 機材による 機材による 宅配 無料 https://komono.me/rental/
マップレンタル 1泊2日~ 機材による 宅配・実店舗 無料(条件あり) https://www.maprental.com/
APEXレンタル 1泊2日~ 機材による 宅配・実店舗 無料(条件あり) https://www.apex106.com/
Rentry 3泊4日~ 3,980円~ 宅配 無料 https://rentry.jp/
DMMいろいろレンタル 2泊3日~ 機材による 宅配 無料(条件あり) https://www.dmm.com/rental/iroiro/

  最新の レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF

※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報