【2021年2月5日更新!】山梨県のオススメ撮影スポット5選

山梨県は東京都の南西に位置する山国で、富士山で有名な県です。土地面積の78%を山岳部が占める県で、面積に対して可住地が少ないことでも知られています。今回はそんな自然豊かな山梨県のオススメ撮影スポット5選の紹介です。

山梨県の撮影スポットの特徴

山梨県の撮影スポットは山場がほとんどです。また、富士山の周りには湖もあるため、湖と山、異なる二つのロケーションで撮影を楽しむことができます。山場での撮影は特に紅葉の時期がオススメです。ただし、山での撮影を行なう際には、足場が悪かったり天気が変わりやすかったりと、危険が伴います。滑りにくい靴を用意する、出発時に晴れていても雨具を持参するなどの準備をしましょう。

アクセス・交通手段

前述のとおり山梨県には可住地が少ないのが特徴です。そのため、公共交通機関が発達しておらず、撮影スポット間の移動にも手間がかかります。そのため、電車やバスだと近くまでいけないことが多いので、車での移動がオススメです。しかし、冬には雪が積もっているところがあるので、車で行く際にはタイヤ用のチェーンを持っていくなど、滑らないよう注意する必要があります。

機材選びのコツ

今回ご紹介する撮影スポットでは川や海などがほとんどなく、水に濡れる心配はありません。ですが、山の天気は変わりやすく、急な雨などに見舞われる可能性があります。また、山では徒歩での移動が多く、その際に首から機材をぶら下げていてぶつけたり、滑って落としたりすることが増えるので、丈夫な機材がオススメです。

山梨県のオススメ撮影スポット5選

①新倉山浅間公園

富士と五重塔が楽しめる日本を代表する絶景。

富士山と『忠霊塔』という五重塔を、一目に見ることができる新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)春には桜、秋には紅葉とも一緒に撮影できる、花の名所としても知られています。また、新倉山浅間公園付近には、これから紹介する山中湖などがあるので、1日に数ヶ所回る際には、ぜひ足を運んでいただたい撮影スポットです。

撮影スポット名 新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)
住所 山梨県富士吉田市新倉3353
アクセス  中央自動車道「河口湖IC」から約10分
入場料 なし
URL 新倉山浅間公園公式HP
駐車場 あり

②山中湖

逆さ富士が望める超絶景。

山中湖(やまなかこ)は富士山のすぐ真横に位置する湖です。また、富士五湖の一つでもあり、世界文化遺産にも登録されています。富士山に一番近い湖で、富士山が上下反転した姿で水面に写る、「逆さ富士」の撮影も可能です。また、山中湖には白鳥が生息しており、白鳥と富士山をあわせて撮影することが可能です。さまざまな顔の富士山を写真に収めてみてはいかがでしょうか。

撮影スポット名 山中湖(やまなかこ)
住所
山梨県南都留郡
アクセス 【車の場合】
山中湖IC降りてすぐ
入場料 なし
URL 山中湖観光協会 公式HP
駐車場 あり

③昇仙峡

迫力満点の渓谷美。

昇仙峡(しょうせんきょう)は甲府市の北部に位置する渓谷です。その美しい景色は「日本一の渓谷美」と言われるほど。川が花崗岩を浸食したことで形成されたこの地形は、迫力のある岩肌が魅力的です。また、公式HPでは様々なコースを紹介しています。15分で回れるコースから1時間以上かかるコースまであり、サクッと撮影するのにも、ゆっくりと撮影するのにもオススメ。秋には圧巻の紅葉も見られるほか、夏には渓谷の散策もできます。夏から秋にかけて様々な撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

撮影スポット名 昇仙峡(しょうせんきょう)
住所 山梨県甲府市、甲斐市
アクセス 【バスの場合】
JR中央本線甲府駅からバスで50分、昇仙峡滝上バス停下車すぐ
【車の場合】
中央自動車道甲府昭和ICから約40分
中央自動車道双葉スマートICから約30分
入場料 なし
URL 昇仙峡公式HP
駐車場 あり

④新道峠

富士を一望できる絶景フォトスポット。

新道峠(しんどうとうげ)は富士山の裾野まで一望できるスポットです。麓の大石公園から歩くと片道2時間程の登山道ですが、車でもすぐ脇にある林道までいけるので、昼には歩いて撮影しながら、夜には車で頂上までと、交通手段を選ぶことができます。また、夜には富士山の麓の町灯とあわせて夜景撮影ができるのもオススメのポイントです。迫力満点の富士山と美しい町灯の絶景を写真に収めてみてはいかがでしょうか。

撮影スポット名 新道峠(しんどうとうげ)
住所 〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石
アクセス 【徒歩の場合】
麓にある「大石公園」から約2時間
【車の場合】
中央自動車道笛吹八代スマートICから約30分
入場料 なし
URL 新道峠公式HP
駐車場 あり

⑤尾白川渓谷(千ヶ淵)

エメラルドに輝く水の渓谷道。

尾白川渓谷(おじらがわけいこく)では、日本百名水に選ばれている「尾白川」に隣接する渓谷道を散策できます。その中でも、人気の撮影スポットが、尾白川渓谷駐車場から橋を渡り、徒歩10分程度の場所にある「千ヶ淵(せんがぶち)」です。エメラルド色に輝く幻想的な風景は、思わずため息が出るほど。四季に関係なく撮影できるので、1年を通じて多くのカメラマンが足を運びます。その他、周辺には神蛇滝(じんじゃたき)など複数のフォトスポットが点在するため、撮影だけでなく散策も楽しむことが可能です。

撮影スポット名 尾白川渓谷(おじらがわけいこく)千ヶ淵(せんがぶち)
住所 山梨県北杜市白州町
アクセス 中央道長坂ICから国道20号経由16km35分ほど
入場料 なし
URL 尾白川渓谷 ほくとナビ – 北杜市観光協会
駐車場 あり

山梨県の撮影にオススメの機材

アクションカメラ

山梨県では山の中に入ることもあるため、コンパクトで丈夫なアクションカメラをオススメします。移動中の撮影や記録にも使えるため、一眼カメラを持っていく際にも合わせて持っていくと便利です。

DJI Osmo Action

雨にも衝撃にも負けないコンパクトボディ。

Osmo Actionは優れた耐衝撃・防水性能を備えているアクションカメラです。そのため、急な雨を心配することなく山の中でも使用できます。コンパクトなボディは撮影スポットまでの道中や撮影中の記録にも、きれいな作品の撮影にもピッタリな一台です。

Osmo Action
動画解像度 4K/fps60
画素数 1200万画素
防水性能 水深11ⅿまで対応
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 65×42×35mm

■購入する場合は、29,680円(2020/2/3現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

カメラ

山梨県の撮影スポットを巡る際には、風景を安心してきれいに撮影できる一眼レフカメラをご紹介します。業界トップクラスの強靭なボディで山の中でも安心して撮影することが可能です。

PENTAX K-1 Mark II ボディ

雪に埋もれても壊れない安心の相棒。

PENTAX K-1 Mark II ボディはRICOHから発売されているPENTAXブランドのカメラです。PENTAXのカメラはプロの登山写真家が愛用するほど強靭なボディが特徴で、その性能は雪に埋もれても壊れないと言われています。しかし、ただ強靭なだけではなく写りも超一流。手振れ補正や約3600万画素の高精細なセンサーを搭載しており、手振れが心配な初心者からしっかりと画質を確保したいプロまで安心して使える一台です。

PENTAX K-1 Mark II ボディ
マウント Kマウント
センサーサイズ フルサイズセンサー
画素数 3640万画素
ISO感度 ISO100~819200
質量 925g

■購入する場合は、186,774円(2020/2/3現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

レンズ

山での撮影が多いため、広角~標準域のレンズがオススメです。また、様々な画角がカバーできるため、ズームレンズを持っていくことによって荷物を減らすことができます。

HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR

どこでも頼れる大三元。

HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WRはPENTAXブランドの大三元レンズで明るさがF2.8通しと、暗いところでも撮影できます。また、レンズにも防滴性能が搭載されており、安心して使用することが可能です。

HD PENTAX-D FA 24-70mmF2.8ED SDM WR
マウント Kマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
焦点距離 24-70mm
F 値 F2.8
質量 787g

■購入する場合は、136,800円(2020/2/3現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

レンズキット

上記のカメラ本体(ボディ)とレンズがセットになった、GooPassオリジナルのレンズキットです。

PENTAX 最新フルサイズ一眼レフ&大口径標準ズームレンズセット K-1 Mark II + FA 24-70mmF2.8ED SDM WR

今回紹介した【カメラ】と【レンズ】を2つ同時に新品で購入する場合、186,774円+136,800円=323,574円かかりますが、この【レンズキット】なら、約93%オフの23,800円で1ヶ月間レンタルすることが可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額13,800円で1週間借りることができます。

まとめ

今回は「山梨県のオススメ撮影スポット5選」をご紹介しました。山梨県は、たくさんの山が織りなす絶景が楽しめる撮影スポットです。空気もきれいなため気分をリフレッシュして撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。