カメラ用の三脚を使ってクリアな撮影を!選び方のポイントを紹介

みなさんは三脚を使って写真を撮影したことがあるでしょうか。学校などの記念撮影で、三脚を使って撮られたことはあっても、自分で撮影したことがある人は意外と少ないです。

しかし、三脚は写真撮影をする上で避けては通れない存在。三脚を使いこなせば、今の写真のクオリティを格段にアップさせることが可能です。

そこで今回はカメラに三脚を使うメリット、具体的な三脚の選び方を解説していきます。

カメラに三脚を使って撮影するメリットとは

カメラを始めたばかりの人は手持ち撮影から始めることが多いので、三脚の知識がないことが多いでしょう。ここでは三脚を使って撮影することで、どんなメリットがあるのか解説していきます。

三脚を使えば写真がブレない

三脚を使う一番のメリットは撮影した写真がブレないことです。手持ち撮影とは違い、三脚を使った撮影ではカメラをしっかり固定できるため、わずかなブレも最小限に抑えることができます。初心者もカメラと三脚を接続するだけなので、簡単に扱うことができる点も特徴です。

たとえば、冒頭でも触れたように学校のイベントや式典の記念撮影など、失敗は許されないシーンで活躍します。セッティングだけしておけば、カメラの知識がない人にシャッターを頼みやすいこともメリットですね。

確実にクリアに撮影したいときに欠かせないのが、カメラと三脚の組み合わせです。

高さを自由に調節できる

三脚を使った撮影は高さを自由に調節できることもメリットです。もちろん、ある程度は手持ちでもしゃがんだり、腕を伸ばしたりして対応できます。しかし、三脚を使えば自分の背丈以上の高さで安定して撮影が可能です。

例をあげると、頭上から見下ろすように撮影したいときは、高く伸ばした三脚にカメラを固定し、角度を調整するだけで事足ります。逆に本来は寝そべってカメラを構えるアオリの構図でも、低い三脚にカメラを固定するだけです。

普通では難しい構図を難なくこなせるようになるのが三脚の大きなメリットになります。

同じ構図で何枚も撮影できる

三脚は同じ構図で何枚もシャッターを切りたいときにも便利です。普通の手持ち撮影ではどうしても腕が動いてしまい、まったく同じ構図で何枚も撮影することは困難。三脚を使えばカメラを固定できる特性が活きて、ズレのない同じ構図の写真を実現できます。

とくに野山や星空などの定点撮影に効果的。日差しの変化や、星の動きを同じ構図からとらえることができるので、時間の流れを的確に表現することが可能です。クリエイティブな写真から、何かの記録撮影にも適しています。

同じ構図で写真を何枚も撮るときは三脚が必要不可欠な存在です。

三脚を使った代表的な撮影手法

三脚のメリットについてわかりましたね。初心者は先に紹介したメリットを抑えておけば、三脚の基本的な使い方をすぐにマスターできるでしょう。しかし、三脚の本当の魅力はメリットを活かした応用的な撮影方法にあります。三脚をちょっと工夫するだけで表現の幅を何段階にもアップさせることができるのです。

ここでは三脚を使った代表的な撮影手法を紹介していきます。

スローシャッターでは手ブレ補正の代わりに

シャッタースピードを遅くしたスローシャッター撮影では三脚が手ブレ補正の代わりとなります。昨今の一眼レフやミラーレスはデフォルトで手ブレ補正機能が備わっていることが多いです。ただし、シャッタースピードを遅くすると、手ブレ補正の精度が下がる弱点があります。

そこで三脚を使えば、手ブレ補正に頼らず、ブレを軽減可能。シャッターを遅くして、光の情報を多く取り込む必要がある夜景撮影などに効果的です。普通ならブレの生じやすい街明かりもキレイに映し込むことができます。

シャッタースピードを遅くしたときの欠点は三脚で補えるということを覚えておきましょう。

接写では構図を固定してピントの調整

三脚は被写体にカメラを近づけて撮影する接写にも有効です。拙者は被写体が少し動いただけでピントがズレしまう難しさがあります。ピントがズレるたびにカメラの設定を変えていると、気がつけば当初の構図と変わっていたなんてことが珍しくありません。

しかし、三脚を使って接写を行えば、構図が変わることがないので、常にピントあわせに集中できます。植物などの接写では三脚で構図を決め、ピントがあったタイミングを見計らってシャッターを切る手法がよくありますね。

接写にはほぼ必須といえるアクセサリーが三脚です。

疲れやすい望遠撮影のサポート

三脚は望遠撮影の体力的な負担も減少させてくれます。望遠撮影用のレンズは大型で重量のあるものが大半です。そのため、シャッターを切るためにずっと構えていると、腕に疲れが溜まり、次第にカメラが持てなくなります。

三脚を使えば、大型の望遠レンズを装着したカメラでもしっかり固定できるので、体への負担がありません。また、望遠撮影は拡大倍率があがると手ブレ補正が効きづらくなります。スローシャッターと同じく、望遠撮影時の三脚は手ブレ補正の代用として使うことも可能です。

重たいカメラやレンズの組み合わせを使いやすくしてくれるのが、三脚の大きな魅力といえます。

画面が揺れない動画撮影を実現

三脚は長いシーンの動画撮影にも適しています。手持ちでの動画撮影は短いシーンなら何の問題もないですが、長いシーンではどうしても画面が揺れがち。ズームや急激な速さのカメラアクションがあれば、なおさらです。たとえ、微妙な揺れでも創作用の映像であれば違和感を与えてしまうでしょう。

しかし、三脚を使えばズームや角度変更もカメラを固定したまま自由自在です。映画のワンカットのような撮影もイメージ通りに行えます。自然でクリアな仕上がりの動画を見れば、三脚のすごさに驚くこと間違いなしです。

本格的な動画撮影には三脚が必須であることを忘れないでください。

カメラ用の三脚の選び方を各パーツごとに紹介

ここまでカメラと三脚を組み合わせることによるメリットや使い方を紹介したので、実際に使ってみたい!と感じた人もいるでしょう。ここでは三脚を選ぶときに重要となるポイントを各パーツごとに紹介していきます。

脚の材質は主に2種類

一般的な三脚の脚素材にはアルミあるいはカーボンのどちらかが使われています。基本的に大量生産で作られているのはアルミのほうが多いです。アルミの三脚は比較的に低予算で手に入るので、初心者が最初に買う一台としておすすめ。三脚の使用感を実際に試すのにうってつけでしょう。

慣れてくればカーボン製の三脚を購入するのもアリです。カーボン製の特徴は耐久性があり、軽いこと。言い換えれば、壊れにくく持ち運びしやすいので、あらゆる撮影現場に対応できます。ただし、性能が良いだけにアルミ製よりも高価な傾向です。

アルミとカーボンそれぞれの特徴をふまえて、自分にあったものを選んでみてください。

三脚の耐荷重と手持ちの機材の重量をチェック

三脚を選ぶときは耐荷重の性能チェックを忘れてはいけません。耐荷重とは三脚の場合、どこまでの重量のカメラを装着できるかという数値です。レンズやアクセサリーを装着するなら、それらの重量も加算されます。

もし、三脚の耐荷重を超えた重量のカメラを装着すると、フレームが曲がったり、撮影中に倒れたりなどの原因になります。機材が壊れるだけではなく、ケガにもつながるので、耐荷重を超えた重さのカメラを装着するのは厳禁です。

三脚を選ぶときは手持ちの機材や使いたいカメラの重量に耐えられるものを選びましょう。

撮影シーンにあった雲台の三脚を選ぶ

三脚は影シーンにあった雲台(うんだい)のものを選ぶことが重要です。雲台とはカメラを固定する三脚の土台部分のことですね。雲台にはカメラの角度を変えらえれる可動域があり、操作用のハンドルがついているのが一般的です。この可動域が目的の撮影シーンに応じているか確認してください。

たとえば、定点撮影などでみじんもカメラを動かしたくないときは、雲台の可動域が狭いいほうがいいです。可動域が広すぎると、風などで自然にカメラが動いてしまうことがあります。逆に動画撮影で即座に構図を変えるときは、スムーズにカメラの向きを変えられる可動域が広いタイプを選びましょう。

雲台がどのように動くかは三脚の使い勝手を左右する大きな部分なので、入念にチェックすることをおすすめします。

石突のグリップ力はどうか

三脚を選ぶときに見落としてはいけないのが、石突(いしづき)のグリップ力です。石突とは三脚の各脚の先端部にある接地パーツのこと。石突のグリップ力が弱いとツルツルした場所ではうまく立たせることができません。場合によっては撮影途中に倒れる危険性もあります。

グリップ力の高い三脚を見極めるためには石突の素材に注目してください。低コストの三脚は石突にゴム素材のみを使っていることがあります。できれば、金属製のスパイクがついた石突の三脚を選びましょう。金属製のスパイクがあれば屋内外を問わず、設置したときの安定性が高まります。

安全に撮影を行うためにもグリップ力のチェックはかかさず行いましょう。

まとめ

初心者から上級者まで撮影の幅を広げてくれる三脚について解説しました。カメラと三脚を組み合わせるだけで、初心者でも簡単にブレのないクリアな撮影をすることができます。応用方法もたくさんあるので、写真のブレに悩んでいる人は今回紹介した選び方を参考に三脚を用意してみてください。

ただし、三脚だけでは画質の良さや、その他のサポート機能に限界があります。もし、イメージ通りの写真が撮影できないと感じたら、カメラのレンタルサービスを利用してみましょう。カメラのレンタルサービスは各メーカーの最新機種を気軽に使うことができます。最新の高性能機種を使えば、撮影の悩みも解決されるに違いありません。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年9月30日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。