鉄道(電車)の撮影にオススメのレンズ10選

鉄道は、1年を通してさまざまな写真を撮影できます。望遠レンズで車両のみをカッコよく切り撮るのはもちろんのこと、桜や紅葉のシーズンになれば広角レンズで美しい景観を背景に撮影するのも醍醐味。しかし「せっかく撮影するのに、どのレンズを使用すれば魅力的な写真を撮れるだろうか…」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は「鉄道の撮影にオススメのレンズ10選」をご紹介いたします。

※撮影の際は、ルール・マナーを守り、譲り合いを心がけましょう。撮影禁止エリアへの侵入、列車の進行を妨害、禁止エリアでの三脚・一脚の使用など、他の人の迷惑になる行動をとらないよう注意してください。

鉄道撮影向けのレンズ選びのポイント

オートフォーカス性能の動体追従性

車両の正面から撮影する場合でも、線路脇から撮影する場合でも、動いている被写体にピントを合わせ続ける性能は重要です。高速・高精度のオートフォーカス機構を搭載したモデルを選ぶことによって、高速連写時でもピントずれが少なくなります。10年以上前のレンズの中にはオートフォーカス性能が低いモデルもあるので、なるべく最新のレンズを選ぶようにしましょう。

流し撮りに対応した手ブレ補正モードの有無

線路脇から車両の側面を撮影する場合、シャッタースピードを遅めにして背景を流すと魅力的な写真が撮れます。従来、流し撮りは手ブレ補正モードをOFFにするのが普通でした。しかし、近年では望遠レンズを中心に「流し撮り対応手ブレ補正モード」が搭載されているモデルが販売されています。流し撮り対応モードでは、通常の手ブレ補正モードと違い上下方向のブレのみ補正してくれるので、遅いシャッタースピードでブレやすい流し撮りを簡単に行なうことが可能です。

レンズの重さ

レンズの重さは、持ち運びに関わってくるので重要です。ホームや特定の撮影スポットから動かずに撮影する場合は、2000〜3000g以上の重量級レンズでも問題ないかもしれません。しかし、撮影スポットを移動しながらベストポジションを探したい方は、ズーム倍率や口径を下げてでも2000gを切る軽量なレンズを選ぶほうが良いでしょう。

鉄道の撮影にオススメのレンズ10選

ここからはGooPassがオススメする「鉄道の撮影にオススメのレンズ10選」を紹介していきます。

①SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G

ズームしても、安定したフレーミングを。

フルサイズセンサーに対応したソニーEマウント用レンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G」。焦点距離は、鉄道はもちろん野生動物・航空機・スポーツなどの撮影にも最適な、600mmをカバーします。1.4倍、2倍のテレコンバーターにも対応しており、最長で1200mmまでのAF撮影を行なうことが可能(テレコンバーターは別途用意する必要があります)。

ズーム時にもレンズの長さが変わらないインナーズーム方式を採用しているので、カメラの重心が変化しにくく、ブレの少ない安定したフレーミングを保てるのがポイントです。また、ズーム全域で高解像力を発揮し、立体的で鮮やかな写真を撮影することができます。

製品名 SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 11枚
最短撮影距離 2.4m

■購入する場合は、229,000円(税込)(2021/9/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

②Canon RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

利便性と携行性の高さを両立した5倍望遠ズームレンズ。

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMは、フルサイズセンサーに対応したキヤノンRFマウント用レンズです。幅広いシチュエーションに対応できる5倍ズームながら、質量は1370gと携行性バツグン。さらに2倍テレコンバーターの「EXTENDER RF2x」を装着すれば、焦点距離を600-1000mm F11-14まで伸ばすことができ、ほぼすべての望遠域をカバーできます。また0.33倍の最大撮影倍率により、レンズを付け替えなくてもテレマクロ撮影が行なえる点も嬉しいポイント。車両の細部まで高い解像力で再現します。防塵防滴仕様やフッ素コーティングによる高い堅牢性も備えており、急に天候が悪化しても安心です。

製品名 Canon RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
対応マウント キヤノンRFマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.9m

■購入する場合は、331,650円(税込)(2020/12/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。

③Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

シャープな解像力と美しいボケが楽しめる大口径望遠ズームレンズ。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRは、フルサイズセンサーに対応したニコンFマウント用レンズです。望遠ズームレンズのフラグシップモデルとして、防塵防滴仕様や前玉に施されたフッ素コートにより、厳しい環境での使用にも耐えうる堅牢性を誇ります。ズーム全域で四隅まで高い解像力を誇り、車両の質感をシャープに表現。また、F2.8の明るさと望遠域の浅い被写界深度で、車両後方に向かうにつれて滑らかに流れる美しいボケも楽しめます。高速連写で流し撮りをしたいシーンでは、電磁絞りを採用することで露出が安定。さらに手ブレ補正機構に「SPORTモード」を搭載しているので、動く車両でも安心して流し撮りができます。ホームからの撮影や線路脇など、比較的近い距離で車両を撮影する場合にオススメです。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
対応マウント ニコンFマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 1.1m

■購入する場合は、258,000円(税込)(2021/2/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額15,180円(税込)で1週間借りることができます。

④Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S. S-E70200

約7段分の手ブレ補正を実現した安心の超望遠ズームレンズ。

LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.は、4/3型センサーに対応したマイクロフォーサーズマウント用レンズです。大型のイメージセンサーに対応した同クラスレンズより圧倒的にコンパクトなボディながら、35ミリ判換算140-400mm相当の焦点距離を、ズーム全域F2.8の明るさで楽しめます。さらに2倍テレコンバーター「DMW-STC20」を装着すれば、280-800mm F5.6の超望遠撮影も可能。車両にグッと寄った迫力のある1枚を撮影できます。手ブレの幅が大きくなる超望遠撮影には、パナソニック独自の手ブレ補正機能である「Dual I.S.2」で対応。ボディ内5軸とレンズ内2軸の手ブレ補正を連動させることにより、シャッタースピード約7段の驚異的な補正力を実現しています。ライカの厳しい光学基準をクリアしている、描写力も優秀な一本です。

製品名 Panasonic LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S. S-E70200
対応マウント マイクロフォーサーズマウント
対応センサーサイズ 4/3型センサー
絞り羽根枚数 11枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.95m

■購入する場合は、314,820円(税込)(2020/12/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。

⑤Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM

前モデルより、フレア・ゴーストをさらに抑制。

EF70-200mm F2.8L IS III USMは、Canonの大三元レンズです。レンズ構成は19群23枚13群18枚、絞り羽根枚数が8枚。23枚のレンズのうち、1枚は蛍石レンズ、5枚がCanonが世界にさきがけて採用したUDレンズなので、高画質な撮影が可能です。また、円形絞りの絞り羽根により生み出される、まろやかなボケ味が、被写体である野鳥を際立てます。ISユニットを搭載し、撮影時の手ブレ補正も強化。前バージョンII型からIII型に移行したユーザーからは、「夜間撮影時のフレアやゴーストが出にくくなった」という声も。マジックアワーの美しい空の下で、迫力満点の鉄道撮影を楽しめるでしょう。

製品名 Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM
対応マウント キヤノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
絞り羽根枚数 8枚
最短撮影距離 0.95m

■購入する場合は、208,999円(税込)(2021/9/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

⑥フジノンレンズ XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR

重さ580g、超望遠レンズの新常識。

本レンズ最大の特徴は、中望遠~超望遠をカバーするレンズらしからぬコンパクトで軽量なボディ。重量(約580g)と最大径(75mm)は、同シリーズのXF55-200mmF3.5-4.8R LM OISと同等です。長さは約2cm長いものの、サイズ感は遜色ありません。APS-Cセンサーを搭載した、コンパクトなXシリーズのボディに装着しても身軽さを維持します。野鳥や自然風景・飛行機など、ベストショットを求めた長時間の散策でも、カメラマンの体力を奪わずに撮影をサポートしてくれるでしょう。また、防塵防滴構造、5.5段分の光学手ブレ補正も、本レンズの魅力。タフなボディと強力な手ブレ補正で、柔軟な手持ち撮影を可能にします。

製品名 フジノンレンズ XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR
対応マウント Xマウント
対応センサーサイズ APS-Cセンサー
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.83m

■購入する場合は、84,268円(税込)(2021/9/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

⑦OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS

「あと少しズームできたら…」と言わせない。

200-800mm相当(35mm判換算)の幅広い望遠域をカバーする本レンズでは、様々な望遠撮影を楽しめます。たとえば、鉄道のボディの細部までクローズアップしたり…。望遠~超望遠域を必要とする、様々な撮影シーンに対応しています。

また、別売りのテレコンバーターレンズMC-14/MC-20に対応しているため、ズーム領域が物足りない場合でも安心。焦点距離が1.4倍のMC-14を装着すれば280-1120mm相当、2倍のMC-20を装着すれば400-1600mm相当の超望遠撮影が可能になります。

最短撮影距離は1.3m(ズーム全域)・最大撮影倍率(35mm判換算)は0.57倍相当(テレ端)のため、テレマクロ撮影も可能。たとえば、鉄道撮影の合間に、周囲の植物や昆虫の撮影を楽しむこともできるでしょう。接写が難しい被写体でも、離れた距離からインパクトのある1枚を収めることができます。望遠レンズの魅力はもちろん、+αの魅力を余すことなく体験できる1台です。

製品名 OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
対応マウント マイクロフォーサーズマウント
対応センサーサイズ マイクロフォーサーズセンサー
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 1.3m

■購入する場合は、137,980円(税込)(2021/9/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。

⑧SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports

動く被写体の撮影に特化したSportsライン望遠レンズ。

150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sportsは、フルサイズセンサーに対応した高倍率望遠レンズです。Sportsラインに属しており、金属製の鏡筒に防塵防滴仕様により、プロカメラマンの厳しい現場でも使用できるほど高い堅牢性が特徴。 Contemporaryラインにも同じ焦点距離・絞り値のレンズがラインナップされていますが、本レンズの方がより本格的な撮影を行なうことができます。手ブレ補正機構に流し撮り対応の「モード2」が搭載。シグマの流し撮りモードは、上下や斜め方向に動かした場合も効果を発揮するので、カメラを自由に構えられます。また、オートフォーカスのアルゴリズムが改良され、動く被写体への追従性はバツグン。車両の前面にピントを合わせ続けながら、シグマレンズ特有のパリッとした解像力で電車をスタイリッシュに切り撮ることができます。

製品名 SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports
対応マウント キヤノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.26m

■購入する場合は、190,900円(税込)(2020/12/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

⑨TAMRON 70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034)

気軽に手持ち望遠撮影ができるインナーズーム方式レンズ。

70-210mm F/4 Di VC USD は、フルサイズセンサーに対応したズームレンズです。「インナーズーム方式」が採用され、ズーミング時に鏡筒が繰り出すことはありません。撮影時の安定感が高く、約850gの軽さにより気軽に手持ち撮影ができます。持ち運びの際に鏡筒が伸びてしまう心配がないので、フットワーク軽く撮影スポットを変えながら鉄道撮影を楽しみたい方にオススメです。また、フォーカス制御と手ブレ補正のマイコンを分けた「デュアルMPUシステム」を搭載。タムロンが誇るリング型超音波モーターの「USD」で高速・高精度のオートフォーカスと、手ブレ補正機構「VC」でシャッタースピード約4段分の強力な手ブレ補正を両立しています。テレコンバーターに対応しており、拡張性の良さも魅力。2倍テレコンバーターをつければ140-420mm F8での超望遠撮影が可能になります。

製品名 TAMRON 70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034)
対応マウント キヤノンEFマウント/ニコンFマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.95m

■購入する場合は、59,845円(税込)(2020/12/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

⑩PENTAX HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW

太陽光の下でも、高コントラストな1枚を。

2016年に発売されたPENTAX(ペンタックス)のHD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW。名称の「★」は、PENTAXが極限まで収差を抑えて高い描写力を追求した「スターシリーズ」のレンズであることを意味します。レンズには、新開発ナノテクノロジー“エアロ・ブライト・コーティングII”を採用。広いズーム域で反射を防止し、色飛びのない写真を撮影できます。たとえば、日中に強い太陽光の下で走る鉄道も、高コントラストで撮影することが可能です。また、新搭載のクイックシフト・フォーカス・システム切り替えスイッチも特徴のひとつ。オートフォーカス優先、マニュアルフォーカス優先、MFの3つを切り替えられるスイッチが設けられています。被写体に合わせて柔軟にピント合わせができ、スムーズな撮影を可能にしました。

製品名 TAMRON 70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034)
対応マウント キヤノンEFマウント/ニコンFマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.95m

■購入する場合は、172,548円(税込)(2021/9/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

まとめ

今回は「鉄道の撮影にオススメのレンズ10選」をご紹介しました。鉄道撮影では、撮影スポットによって車両との距離はさまざまなので、状況に応じて標準レンズや望遠レンズを切り替えるようにしましょう。また鉄道撮影に慣れている方は、単焦点望遠レンズでワンランク上の作品づくりをするのもオススメ。ぜひこちらの記事を参考に、お気に入りの一本を選んでください。