【2021年最新】2021年5月26日(水)は皆既月食(レッドスーパームーン)を撮影しよう!

「皆既月食」を撮影しよう!

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!2021年5月26日(水)に、皆既月食が起こります。18時45分頃から月が部分的に欠けはじめ、月食が終わる21時50分頃まで、皆既月食を観測することが可能です。ちなみに、国内で皆既月食が観測できるのは、約3年ぶり。今回の記事では、皆既月食を綺麗に撮影するための、設定や必要な機材などを紹介します。初めて皆既月食の撮影に挑戦する方はもちろん、「以前、皆既月食の撮影に挑戦したけど、上手く撮れなかった…」という方も是非チェックしてみてください!

2021年5月26日はスーパームーン×皆既月食(レッドスーパームーン)

2021年5月26日は約3年ぶりの「皆既月食」と、1年のうちに見られる満月の中で最大の大きさとなる「スーパームーン」を同時に楽しむことができます。どちらも、頻繁に観測できるものではありません。貴重な2つが重なる5月26日、ぜひこの機会を逃さず美しい満月の1枚を撮影してください。

皆既月食とは?

地球には太陽の光によってできる影があり、その影の中を満月が通ることを『皆既月食』といいます。皆既月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶ、満月の夜にのみ発生。皆既月食が起こることで、月が通常より暗く、または赤く見えたり、欠けて見えたりします。太陽によってできる影は、太陽からの光が全く届かない「本影」と、本影の外側にあり太陽の光の一部が届く「半影」の2種類。月がどの影の中にあるかで月食の呼び方が異なり、月全体が本影の中にある状態を「皆既食」、月の一部が本影にある状態を「部分食」と呼びます。ちなみに、月全体が本影の中にある場合でも、月が全く見えなくなってしまうわけではなく、地球の大気を通った太陽光が月面を照らすため、赤みを帯びたような月を眺めることが可能です。

スーパームーンとは?

1年で約12回観測できる満月のうち、最も大きく見える満月を「スーパームーン」と呼ぶことがあります。5月26日は、満月が2021年で最大の大きさになるため、スーパームーンの皆既月食をみることが可能です。

2021年の皆既月食の観測日は?

皆既月食が観測できるのは、5月26日(水)です。

皆既月食を観測できる時間帯は?

部分食の開始 18時45分
皆既食の開始 20時11.5分
皆既食の終了 20時26分
部分食の終了 21時52分

18時45分から、月の一部が本影に入る「部分食」が始まります(北海道西部~中部地方より西の地域は、この時間に月が昇っていないため、部分食の始まりは見られません)。部分食の後、20時11.5分に月全体が本影に入る「皆既食」が開始。注意いただきたいのは、「皆既食」が観測できるのは15分弱のみということです。赤みを帯びた満月が見られる「皆既食」は20時26分で終了してしまいます。15分の間に満足のいく写真が撮影できるよう、カメラ機材などの事前準備を入念に行なっておきましょう。

皆既月食を観測できる方角は?

皆既月食は地域によって観測時間が異なることはありません。ただし、月の高度や、見える方角は地域によって異なります。また、皆既月食の間、月の高度は非常に低く、皆既食の最中は約15度、月食終了時で25度ほど。そのため、満月が出るであろう位置と高度を事前に確認して、撮影場所を決めておくのが良いでしょう。

前回(2018年)の皆既月食

 

この投稿をInstagramで見る

 

eibo(@eibo_shimanchu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

riho(@rihorihorihorihoriho)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ron(@rongille)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@roku326がシェアした投稿

皆既月食の撮影に必要なカメラ機材

カメラ

皆既月食の撮影には、夜の月も綺麗に写せる、画質の良い一眼レフやミラーレス一眼カメラがオススメ。その中でも、高感度撮影でも画質のザラつきを抑えられる、耐ノイズ性能に優れたモデルが良いでしょう。その理由は、通常の明るい月に比べると「皆既食」の赤い満月は暗いため、感度を上げて撮影する必要があるからです。

GooPass MAGAZINE編集部オススメの一眼レフカメラはコチラ
GooPass MAGAZINE編集部オススメのミラーレス一眼カメラはコチラ

レンズ

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに装着できる交換レンズは、単焦点レンズ・広角レンズ・望遠レンズ・マクロレンズの大きく4つに分類されます。この中で、月の撮影に向いているレンズは、ズバリ望遠レンズです。目安としては、焦点距離が100mm以上あるレンズを選ぶと良いでしょう。

GooPass MAGAZINE編集部オススメの望遠レンズはコチラ

三脚

皆既月食を撮影する際は、三脚の用意もしておきましょう。前述したとおり「皆既食」の赤い満月は、通常の満月に比べると光量が足りなく、シャッタスピードを遅くして多く光を取り込んで撮影する必要があるためです。シャッタスピードを遅くする場合、三脚を使用しないと手ブレが発生してしまいます。自身のカメラの重量に対応した、安定感のある三脚を用意しましょう。

GooPass MAGAZINE編集部オススメの三脚はコチラ

皆既月食を撮影するのにオススメな設定

下記が皆既月食を撮影する際にオススメなカメラの設定です。シャッタスピードは、1秒以上で撮影すると、月の動きによってブレてしまうため気を付けましょう。

シャッタスピード F値 ISO感度
1/5秒〜1秒 5.6〜8 1000〜1600

皆既月食の撮影にオススメなレンズキット

Canon バリアングル&タッチパネル液晶フルサイズ×TAMRON大三元望遠ズームセット

lenskit

大三元レンズで、シーンを選ばず天体撮影。

月の撮影にぴったりな200mmの望遠域を実現するレンズキットです。レンズはTAMRON(タムロン)の望遠ズームレンズSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)。焦点距離70-200mmのズーム全域で開放F値2.8を実現する、カメラマンの憧れ「大三元レンズ」です。望遠でも明るい写真を撮ることが可能で、月などの天体撮影で活躍してくれます。また、カメラはCanon(キヤノン)EOSシリーズの35mmフルサイズセンサーを搭載した・EOS 6D Mark II。約2620万画素の高画質を実現しており、フルサイズならではの優れた描写を味わえる1台です。画像処理性能が高い映像エンジン・DIGIC7を搭載。低ノイズで高感度撮影することができ、室内や夜間の撮影でも被写体の細部まで鮮明に写し出します。

■GooPassなら、カメラとレンズ合わせて月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Nikon DX最上位一眼レフ最新モデル×18倍ズームレンズセット

lenskit

天体撮影も、壮大な風景も。

焦点域16-300mmに及ぶ、18倍の高倍率ズームが魅力のレンズキットです。TAMRONのデジタル一眼レフカメラ(APS-Cサイズ相当)用の高倍率ズームレンズ・16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)は、天体から風景まで様々なシーンで活用できる万能な焦点域をカバーします。レンズ構成は12群16枚で、LDレンズなど諸収差を補正する特殊レンズ5枚を搭載。ズームレンズで発生しやすい色収差などを抑えて、被写体の色を鮮明に表現します。カメラは、NikonのAPS-C機・D7500。Nikonが展開する一眼レフの中級機にあたる本機は、APS-C機の上位機種D500と同様の画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。高感度撮影時にも効果的にノイズを低減します。星空や月・夜景などの撮影でも、わずかな色の違いをしっかりと再現することが可能です。このレンズキットで、遠くの満月も美しく収めることができます。

■GooPassなら、月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

今すぐレンタルできる望遠レンズのレンズキット

▲カメラ機材のレンタルサービス『GooPass』の現時点で在庫がある、レンタル可能な機材だけをピックアップしました。

まとめ

2021年5月26日(水)は、当記事を参考にして皆既月食の撮影に挑戦してみてはいかがでしょうか。綺麗に撮影できた際は、TwitterやInstagramに「#皆既月食」「#皆既月食2021」などのハッシュタグを付けて投稿してくださいね。