【2020年最新】東京でオススメのカメラ・写真教室5選

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!

SNSで時折見かける、「デジタルカメラを購入したは良いけど、説明書やWebサイトを見てもイマイチ使い方が分からない…」「独学でカメラを始めたものの、なかなか写真が上達しない…」などの声。かくいう私も、実はその1人でした。そんな時にオススメしたいのが、カメラの基礎知識や基本的なスキルを学べる写真教室です。今回の記事では、東京で受講可能なカメラ・写真の撮影講座を紹介します!

カメラ・写真教室を選ぶポイント

オンライン対応の有無

コロナ禍が続く現在(2020年10月時点)では、濃厚接触を避けながら学べるオンライン講座が人気です。中には、録画した講義動画を自分の好きなタイミングで閲覧できるオンデマンド形式の写真教室も。仕事やプライベートなどライフスタイルに合わせて、無理なく学べる講座を選ぶのがオススメです。

講義内容

講義の内容は、各教室やコースによって異なります。カメラの基礎知識や操作方法を学べる初心者向けの内容から、ストロボの使用方法やPhotoshop・Lightroomなど編集ソフトを用いた加工方法などを学べる専門的な内容、プロカメラマンに必要なスキルを学べる内容まで、実に多種多様。自分自身のレベルに合わせた講座を選びましょう。

受講期間

1回限りのスポット的な体験教室から、数回にわたって行なわれる短期集中型講座、1年間かけてじっくり知識やスキルを身に付ける年間講座など、受講期間は各教室によって異なります。週に1回・月に1回など開催ペースも様々です。「●ヶ月後までにこのスキルを習得したい」「●年後までに写真展を開きたい」など、目指す目標を逆算して講座を選ぶと良いでしょう。

開催日時

平日の夜に開催される講座もあれば、土日を使って集中的に開催される講座もあるなど、開催日時も各教室・運営団体によって異なります。「受講料を払ったのに、結局仕事で行けなかった…」ということにならないよう、自分のライフスタイルにあった講座を選びましょう。また、録画方式のオンライン講座の中には、期限内に何度も講義中の動画を閲覧できるものがあるので、教室選びの参考にすると良いでしょう。

受講費用

写真教室の受講費用は、受講期間などによって大きく変わります。1回限りのスポット的な体験教室は5,000円未満で受講できるものが一般的。中には無料でカメラ・写真の基礎知識や撮影方法を学べる、お得な体験講座もあるのでチェックしてみましょう。その一方で、「プロのカメラマンを目指す」「写真を仕事にする」ことを目的とした年間講座は、数十万円の受講料が発生するものも珍しくないようです。

東京でオススメのカメラ・写真撮影講座5選

PHaT PHOTO写真教室

https://www.ppschool.jp/

PHaT PHOTO写真教室は、株式会社シー・エム・エスが運営するオンライン写真講座です。自分の好きなタイミングに手持ちのデバイスで学べる動画視聴形式の「いつでも受講コース」、Zoomを使って他の受講生とリアルタイムで講義を拝聴する「ライブ受講コース」の2つから受講方法を選べます。講義は月に1回で、受講料は月7,700円(税込)。毎月宿題(写真を1枚提出)が出され、講評をフィードバックを受けることが可能です。また、講義内容は「ビギナークラス」「ミディアムクラス」「ハイパークラス」「プレミアムクラス」と4段階に分かれており、カメラ初心者の方でも無理なくスキルアップが目指せます。

須田誠 写真教室

http://travelfreak.jp/ws-beginner/index.html

写真家・須田誠さんが主宰する写真教室です。毎月開催されている同講座は2020年現在で100期生を超えており、これまで2,500名以上の受講生を輩出しています。オンラインにも対応しており、ビギナー向けの初級者クラスは、週1回の全4回構成。受講料は全4回で22,000円(税込)です。デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼カメラの基本的な使用方法を学べるほか、「レンズ講座」「ストロボ講座」「プリント講座」「三脚講座」などのオプション講座も充実。受講生同士による交流会が用意されているので、仲間と一緒にスキルアップを目指すことが可能です。

写真の学校 東京写真学園

写真の学校|東京写真学園

https://photoschool.jp/

『プロカメラマンコース』を設置する、本格的な写真教室です。同講座を運営する株式会社写真の学校が所有する撮影スタジオなど、プロと同じ環境で、カメラや写真を基礎から学べます。講師陣も充実しており、青山裕企など現役の写真家・フォトグラファーが勢揃い。プロカメラマンコースは平日夜間と週末に講義が行われるので、仕事をしながら通学することも可能。現時点(2020年10月時点)でオンライン講義には対応しておらず、授業料も他の講座と比べると高額(プロカメラマンコースで一括納入の場合:69万1,000円)ですが、写真を仕事にしたい方にはこれ以上ない環境といえるでしょう。学校説明会やファッションポートレート撮影など多くの体験レッスンが開催されているため、興味のある方はまず無料体験イベントに参加することをオススメします。

EOS学園

https://cweb.canon.jp/eos-school/

日本が世界に誇るカメラメーカー・Canon(キヤノン)が運営する写真撮影講座です。カメラの基礎知識が学べる『使い方講座』『撮り方講座』から、作品づくりを学べる『作品制作講座・ゼミナール』まで、レベルに応じた各種カリキュラムが充実しています。現在(2020年10月時点)オンライン講座には対応していないようですが、『使い方講座』は2時間で1回2,000円、『撮り方講座』は2時間で1回4,000円と、受講料はかなりリーズナブル。Canonユーザーの方であれば、一度は受けて損はない内容になっているはずです。

 

CURBON写真教室

 

CURBON

https://www.curbon.jp/

株式会社CURBONが運営する写真教室です。Instagramで数万人のフォロワーを持つ人気フォトグラファーによる『部屋撮り講座』や『テーブルフォト講座』などの有料講座や認定講師による無料講座など、明日から使える撮影テクニックを学べるカリキュラムが人気を集めています。また、一部講座はオンラインでも受講可能。その他、フォトグラファーやモデルと交流したり、写真コンテストが開催される写真部などのコミュニティもあり、Webサイトを覗いているだけでも楽しいコンテンツは必見です。

まとめ~東京の写真教室 比較表〜

オンライン講義 講義レベル・内容 受講期間 料金
PHaT PHOTO写真教室 あり 初心者〜プロ志向 1年間 7,700円(月額)
須田誠 写真教室 あり 初心者〜作品づくり 1ヶ月(全4回) 22,000円〜(全4回)
写真の学校 東京写真学園 なし 初心者〜プロ志向 1年間 6万8,000円〜69万1,000円(年間)
EOS学園 なし 初心者〜作品づくり 1日〜 1回あたり2,000円〜
CURBON写真教室 あり 初心者〜作品づくり 1日〜 無料講座多数あり

  カメラデビュー向けの お得なセットを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

 

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。