【2020年最新】TAMRON(タムロン)のSONY(ソニー)Eマウント対応おすすめレンズ8選

一昔前までは、「大きくて、とにかく重い」というイメージがあり、趣味性が強かった一眼レフカメラ。しかし、ミラーレス一眼の登場から小型軽量化が進み、それまで一眼レフを持ったことがない層にも浸透しました。近年では、各カメラメーカーからフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼が発表されて、話題になっていますよね。ただ、まだフルサイズミラーレスは開発から日が浅いため、カメラメーカーの純正レンズは種類が少なめ。そこで、サードパーティー製も含めて、次のレンズを検討してみてはいかがでしょうか。今回は、国内の有名サードパーティーメーカーのTAMRON(タムロン)から、SONY(ソニー)Eマウント用レンズを紹介します。

TAMRON(タムロン)について

老舗の光学機器メーカー

株式会社タムロンは、老舗の光学機器メーカーです。1950年に、TAMRONの前身である「泰成光学機器製作所」が創業されました。そして、世界初の一眼レフカメラ用マウント交換方式である「Tマウント」を開発し、「タムロンブランド」を商標登録。1970年には、社名を「株式会社タムロン」に変更して、現在に至ります。一昔前までは、「サードパーティーメーカーのレンズは、純正レンズに劣る」というイメージがありました。確かに、オートフォーカスや手ブレ補正が誕生したばかりの黎明期は、ボディとレンズを一緒に開発しているカメラメーカーのほうが、性能は良かったかもしれません。しかし現在では、サードパーティーメーカーの研究力・技術力が飛躍的に進化しており、純正レンズと同等の高評価を得ることが多くなりました。TAMRONも、サードパーティーメーカーのイメージ向上に一役買った人気メーカーです。

TAMRON(タムロン)のミラーレス専用レンズの特徴

TAMRONレンズの名称で、「DiⅢ」という表記があるものは、ミラーレス一眼専用設計のレンズです。ただし、ミラーレス一眼専用といっても、そのほぼ全てがソニーEマウント用。他メーカーのミラーレス一眼に対応しているレンズは、マイクロフォーサーズ用とキャノンEF-Mマウント用が1本ずつあるのみ、というのが現状です。フルサイズ対応のミラーレス一眼専用レンズは、単焦点とズームの全て、フィルター径がφ67で統一されており、使い回しができるように配慮されています。

レンズ選びの際の注意点

対応しているセンサーサイズを確認

使用するカメラのセンサーサイズを確認してください。レンズは、使用カメラより小さいセンサーサイズに対応するレンズを装着してしまうと、センサーの性能を最大限に引き出すことはできません。TAMRONでは、レンズ名称の表記で、対応しているセンサーサイズが判別可能です。フルサイズセンサー対応には「Di」、APS-Cセンサー対応には「DiⅡ」、ミラーレス一眼専用には「DiⅢ」と表記されています。今回は、SONY Eマウント対応のレンズを紹介しますので、全てミラーレス一眼専用の「DiⅢ」レンズです。

対応しているマウントを確認

使用するカメラのマウントを確認してください。レンズ交換式カメラでは、他社のマウントに対応したレンズは使用できません。また、同メーカーでも、一眼レフカメラとミラーレス一眼ではマウントが違う場合があります。

TAMRON(タムロン)のSONY(ソニー)Eマウント対応おすすめレンズ8選

ここからはGooPassがオススメする、TAMRONのSONY Eマウント対応レンズを紹介していきます。

TAMRON 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)

機動力抜群の小型広角単焦点。

20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)は、フルサイズセンサーに対応している広角レンズでありながら、全長64mm、質量220gという小型軽量の本体が特徴です。カメラメーカーの純正単焦点レンズは、大口径のF1.4、F1.8が主力。それに引き換え、本レンズは小口径なので、「大口径レンズのほうがいいのでは…」と考えてしまうかもしれません。しかし、広角レンズは風景撮影がメインシーンとなるので、開放絞りはF2.8で十分事足りるでしょう。また、大口径レンズは一般的に大きくなりがちで、ミラーレス一眼に装着すると、バランスを崩して前下がりになり、首に負担がかかります。それに引き換え本レンズは、ミラーレス専用設計な分、ボディ装着時のバランスは遥かに良好。あえて大口径を捨てて、小型設計に重きを置いた点に、TAMRONのこだわりを感じます。移動をしながらベストポジションを見つけたい風景撮影で、持ち運びやすい本レンズをぜひ使ってみてください。軽快に動けるので、手放せなくなりますよ。

製品名 TAMRON 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 220g

■購入する場合は、34,800円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

TAMRON 24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)

幅広いシーンに対応できる、万能広角単焦点。

24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)は、フルサイズセンサー対応のレンズ。その中でも、幅広い撮影シーンに対応できる単焦点レンズを探している方にオススメです。広角レンズは、焦点距離が短いほどパースが強くなるため、水平に構えるということを意識しなくてはなりません。しかし、24mmという画角は、一般的なズームレンズの広角端にも採用される、広角域の中でも使いやすい焦点距離。画角とパースが程よく、スナップ撮影から風景撮影まで、気軽に構えてシャッターを切れます。また、本レンズは最大撮影倍率1:2なので、料理や植物などを咄嗟に寄って撮影したい場合も、レンズ交換無しで対応可能。広角からハーフマクロ撮影まで使える万能な単焦点レンズなので、初めて単焦点を使う方は、ぜひ選んでみてください。

製品名 TAMRON 24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 215g

■購入する場合は、33,000円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

TAMRON 35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)

気楽に持ち運べる、お散歩単焦点。

35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)は、フルサイズセンサー対応のレンズです。先ほど紹介した2本の単焦点同様、本レンズもミラーレス一眼装着時のバランスが抜群な小型軽量設計。また、最大撮影倍率1:2のハーフマクロレンズなので、撮影できる被写体は多く、スナップ撮影用レンズとしてはかなり優秀です。背景を大きく写し込めるダイナミックさがウリの超広角レンズに比べ、35mmは撮影範囲が狭くなる分、被写体の魅力的な部分にフォーカスできる画角といえるでしょう。街中で見つけた小物やグラフィックアートなどにグッと寄って撮影すると、背景が大きくボケてくれて被写体が引き立ちます。また、テーブルフォトでは立ち上がって距離を取らなくても、全体的に撮影することができる適度な画角です。散歩のついでに気楽に持ち運べて、撮影を楽しめるレンズなので、ぜひ使ってみてください。

製品名 TAMRON 35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 210g

■購入する場合は、36,380円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

大口径広角ズームなのに、この軽さ。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)は、フルサイズセンサーに対応した超広角ズームレンズです。長さ99mm、質量420gというスペックは、他社の競合レンズと比較すると圧倒的に小型軽量で、「大きく重い」というのが常識だった大口径広角ズームレンズを、より気軽に使えるものに昇華しています。山登りや海外旅行など「荷物を少なくしたいけど、広角レンズは絶対に持っていきたい…!」というシーンでは、本レンズの恩恵は計り知れません。TAMRON独自の高性能な特殊ガラスを贅沢に使用しており、描写力はクリアで良好です。さらに、広角端で最短撮影距離0.19m、最大撮影倍率1:5.2。比較的寄って撮影できるので、レンズを取り替えなくても、F2.8のボケを活かした撮影が可能です。広角レンズを検討しているなら、「とりあえずこのレンズを持っていれば間違いない」とオススメしても差し支えないでしょう。

製品名 TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 420g

■購入する場合は、94,780円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)

TAMRONこだわりの28-75mmという焦点距離。

28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)は、フルサイズセンサー対応の標準ズームレンズで、F2.8通しズームを揃える際の最初の一本に最適です。本レンズの特徴は、28-75mmという焦点距離。競合他社のF2.8通し標準ズームは24-70mmが一般的なので、カメラにある程度慣れている方にとっては、違和感を覚えるかもしれません。しかし、TAMRONは過去にも28-75mmのレンズを販売しており、そこに小型化と高性能化を両立させるこだわりを感じます。F2.8のボケ味を活かすなら、焦点距離を望遠側に伸ばすのは、理にかなった仕様です。実際に本レンズは、開放から線の細い繊細な描写を見せてくれて、自然な風合いのボケが前後に広がります。常用レンズとしての使用はもちろん、ポートレート撮影や風景撮影まで、高いレベルで仕事をしてくれるレンズです。

製品名 TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 550g

■購入する場合は、78,000円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)

ハーフマクロとしても使える大口径望遠ズーム。

70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)は、フルサイズセンサーに対応しており、大口径望遠ズームでありながら、1kgを切る軽さがウリのレンズです。一般的なF2.8通しの望遠ズームは、70-200mmという焦点距離が一般的で、本レンズは望遠端が20mm短くはなります。しかし、全長149mm、質量810gというコンパクトさの分、気軽に移動できるため、焦点距離の短さはデメリットに感じません。運動会などで、比較的被写体の近くから撮影できるシーンでは、細かく移動しながらベストな画角を探すことができます。また、本レンズはハーフマクロ撮影ができる機能を搭載。特殊な機能なので、画像周辺部のピントが合いづらいというデメリットがあるものの、条件を整えれば最短撮影距離0.27m、最大撮影倍率1:2まで寄ることができます。競合他社のレンズにはないTAMRON独自の機能なので、ぜひ一度は試していただきたいレンズです。

製品名 TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 810g

■購入する場合は、112,997円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)

このレンズがあれば、(ほぼ)何でも撮れる。

28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)は、フルサイズセンサーに対応しており、高倍率ズームでは世界初となる、開放絞りF2.8を達成したレンズです。高倍率ズームの開放絞りはF3.5が一般的ですが、1段明るくなることによってボケ味を楽しめる他、夜景撮影などでISO感度の上昇を抑えることができる、という大きなメリットがあります。さらに、最大撮影倍率が1:3.8もあり、テレマクロ撮影ができてしまうので、もはや撮影できないものは、ほとんどないと言っても過言ではありません。もちろんフルサイズ対応の高倍率ズームでありながら、全長117mm、質量575gという小型設計なので、長時間首から下げていても問題なし。日常の撮影はもちろんのこと、長期間の旅行で荷物を最低限に抑えたいなら、このレンズを1本持っていくだけで十分でしょう。「高倍率ズームは、解像力が甘い」と言われていたのは、もはや過去の話。このレンズで進化を体感できるはずです。

製品名 TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 575g

■購入する場合は、72,700円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)

カメラ初心者でも手に取りやすい高倍率ズーム。

18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)は、APS-Cセンサーに対応した高倍率ズームレンズで、35mm判換算で28-310mmという幅広い焦点距離をカバーしています。従来よりTAMRONの十八番というイメージがあるAPS-C用高倍率ズーム。ステッピングモーター搭載のオートフォーカスや、吸い付くようにファインダー像が止まる手ブレ補正といった機能が、最新技術で更に向上しています。最大撮影倍率も1:3.7と優秀で、焦点距離の数値以上にカバーする汎用性も嬉しいポイント。また、エントリーモデルのAPS-Cボディには、数種のカラーバリエーションがあるので、本レンズもそれに合わせられるように、ブラックとシルバーがラインナップされています。実用的なレンズとしてだけではなく、コーディネートまで考えられているので、ファッションの一部としても考えている初心者の方に、特にオススメできるレンズです。

製品名 TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ APS-C
フィルター径 φ62mm
質量 460g

■購入する場合は、48,390円(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

まとめ

今回は、TAMRONのソニーEマウント用レンズを紹介しました。単焦点レンズではあえて小口径にしたり、ズームレンズでは焦点距離を少し削ったりしてでも、とにかくミラーレス一眼とのバランスをとるために小型化するという、TAMRONのこだわりを感じます。他社と比べても機動力抜群なレンズが揃っていますので、ぜひお気に入りの一本を見つけて、たくさん撮影をしてくださいね。

  TAMRONで 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報