【2021年10月28日発売!】TAMRON(タムロン)35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)先行レビュー

 こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です。

今回の記事では、TAMRON(タムロン)様からレンズをお貸りして、2021年10月28日に発売された”ポートレートズーム”・35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)を先行レビューします。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)の作例写真

まずは、GooPass MAGAZINE編集部のスタッフが撮影した作例写真を紹介します。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)のスペック

画像出典:株式会社タムロン

TAMRONが開発した35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)は、世界初※・F2スタートの大口径ズームレンズです。開放F値は、広角端・35mmでF2、望遠端・150mmでもF2.8を誇ります。周囲が薄暗い撮影環境でも、ISO感度を過度に上げる必要はありません。間接照明で照らされた屋内や、分刻みで暗さを増すマジックアワーなど、雰囲気たっぷりのシチュエーションでも、ノイズの少ない高画質な1枚を撮影できます。

また、本レンズの魅力は、何と言っても、15群21枚の贅沢なレンズ構成から生まれる描写力。ポートレートに、作品撮りに。思わず重さを忘れてしまうほどの圧倒的高画質を、存分にご堪能ください。

※フルサイズミラーレス用ソニー Eマウント大口径ズームレンズにおいて(2021年8月現在、タムロン調べ)

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)スペック
対応マウント ソニーEマウント
焦点距離 35mm-150mm
F値 F2-2.8
レンズ構成 15群21枚
最短撮影距離 0.33m(広角端)、0.85m(望遠端)
最大撮影倍率 1:5.7(広角端)、1:5.9(望遠端)
最大径 φ89.2mm
長さ 158mm
質量 1,165g
付属品 花型フード、レンズキャップ
希望小売価格 229,900円(税込)

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)のメリット

本項目では、35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)のメリットを紹介します。

息を呑む描写力

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)の特徴を一言で表すなら、”描写力オバケ”。実際に撮影して驚いたのが、【合焦部分の解像度】と、タムロンの代名詞・【柔らかいボケ具合】が絶妙の加減でブレンドされていたこと。その2つを併せ持った本レンズは、”ポートレートズーム”の名に違わぬ、納得のパフォーマンスを示してくれました。

ポートレートレンズ3本分をカバーする焦点距離

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)焦点距離は、35-150mm。ポートレートの王道である35mm・50mm・85mmをカバーします。純広角・35mmで、被写体モデルの全身を引いて撮って良し。標準距離・50mm〜85mmで、被写体モデルをバストアップで写して良し。望遠150mmで、顔など被写体モデルのパーツに寄って良し……。どこをどう切り撮っても、画になること間違いなしの1本です。

カスタマイズできる

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)は、『TAMRON Lens Utility』に対応しています。TAMRON Lens Utilityとは、2021年10月末にリリースされた、TAMRONが独自で開発したソフトウェアのこと。レンズ表面に設計されたUSB Type-Cを接続する『コネクターポート』とPCを、別売の『TAMRON Connection Cable(端子形状:USB Type-A to Type-C)』で接続することで、ピント位置を記録したり、カメラボディの各種機能をフォーカスボタンに割り当てたり、最新のファームウェアにアップデートしたりすることが可能です。

※『TAMRON Lens Utility』に関する詳しい情報は、近日公開予定の別記事で紹介します。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)にオススメのボディ(カメラ本体)

大口径ズームレンズにおいて世界初・F2スタートの明るさを実現し、圧倒的な描写力を誇る、35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)。本項目では、35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)のパフォーマンスを最大限に引き出すボディ(カメラ本体)を紹介します。

SONY α7R IV

画像出典:SONY

卓越した描写力を誇る35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)。その描写力を最大限に活かすなら、ソニーのフルサイズミラーレス機・αシリーズ史上トップクラスの高画素機・α7R IVがオススメです。αシリーズの中でも、高精細モデルに冠される、イニシャル”R”。その最新モデルが、 α7R IVです。有効画素数は、脅威の約6100万画素。新開発の裏面照射型CMOSセンサーが、高解像度で階調の豊かな一枚を実現します。また、高感度耐性に優れている点も本機の特徴の1つ。常用感度は最高ISO32000です。高感度撮影時のノイズを最小限に抑制するため、屋内や夕暮れ時など明るさに欠けるシチュエーションでも、ザラつかない滑らかなポートレートが撮影できます。

SONY α7R IVスペック
発売日 2019年9月6日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 約6250万画素(約6100万画素)
感度 標準:ISO100~32000、拡張:ISO50~102400
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒
AF測距点 567点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 128.9×96.4×77.5mm
重さ 約665 g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など

■購入する場合は、332,535円(税込)(2021/11/9 現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額19,580円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α7C

カメラ SONY α7C

画像出典:SONY

1,165gと、重量感のある35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)。少しでも身体的な負担を軽減したいなら、世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス機・SONY α7Cがオススメです。α7C の製品名に含まれる『C』は、同製品のコンセプトである『Compact(コンパクト)』のCです。本体重量は、バッテリーとメモリーカードを含めて約509g。ペットボトル飲料1本分と変わリません。

もちろん、画質にも、一切の妥協なし。SONY独自の『Exmor R(エクスモア アール)』CMOSセンサーと画像処理エンジン・BIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載し、最高常用ISO感度を51200まで引き上げることで、これまでのαシリーズに比べて解像性能や暗所性能が飛躍的に向上。マジックアワーなど暗いロケーションでISO感度を上げて撮影しても、ノイズの発生を抑えた高画質な写真を撮影することができます。

カラーはシルバーとブラックのクラシックな2色展開。「もっと自由なフルサイズへ」のキャッチフレーズに違わぬ、新世代の万能型ミラーレスといえるでしょう。

SONY α7Cスペック
発売日 2020年10月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO50~204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5段
フラッシュ同調速度 1/160秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×69.3 mm
重さ 約509 g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など

■購入する場合は、185,800円(税込)(2020/7/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α7 III

画像出典:SONY

写真・映像製品の審査会『EISAアワード 2018-2019』で、『EISA CAMERA OF THE YEAR 2018-2019』を受賞した、α7 III ILCE-7M3。2018年3月の発売から3年が経った、今なお高い人気を誇るロングセラーモデルです。国内外から支持される理由は、バランスの良さ。本機は、これまでに紹介したSONY α7R IVの『高画素』や、α7Cの『軽量・コンパクト』のような、特筆すべきセールスポイントがありません。逆に言えば、これといった欠点のない、オールラウンダーであると言えます。下記の比較表を見ていただければ分かる通り、画素数・シャッタースピード・手ぶれ補正・AF性能など、スペックは決して引けを取りません。35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)を用いたポートレート撮影はもちろん、広角ズームレンズを用いた風景撮影など幅広い撮影シーンにオススメできる一台です。

SONY α7 IIIスペック
発売日 2018年3月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO100〜ISO204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×53.3 mm
重さ 約650g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

■購入する場合は、194,373円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α7R IV・SONY α7C・SONY α7 IIIの比較表

商品名 SONY α7R IV SONY α7C SONY α7 III
発売日 2019年9月6日 2020年10月23日 2018年3月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント ソニーEマウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 約6250万画素(約6100万画素) 2530 万画素(2420 万画素) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~32000 標準:ISO100~51200 標準:ISO100~51200
拡張:ISO50~102400 拡張:ISO50~204800 拡張:ISO100〜ISO204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒 Hi+時:最高約10コマ/秒 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒 1/4000~30秒 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段 5軸・5段 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒 1/160秒 1/250秒
AF測距点 567点(位相差検出方式) 693点(位相差検出方式) 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 128.9×96.4×77.5mm 124.0×71.1×59.7 mm 126.9×95.6×62.7 mm
重さ 約665 g 約509 g 約650g
(バッテリー、メモリーカードを含む) (バッテリー、メモリーカードを含む) (バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など Wi-Fi、Bluetooth 4.1など Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)の発売日は?

今回紹介した35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)は、2021年10月28日に発売されました。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)の価格は?

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)は、希望小売価格・229,900円 (税込)で発売中です。

TAMRON Online Storeを利用すれば、199,800円で購入できます。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)をレンタルする。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)に興味はあるけど、過去にレンズの購入で失敗したことがあるから、いきなり買うのはちょっと怖い……」という方には、レンタルするという選択肢がオススメ。カメラ機材のレンタルサービス・GooPassでは、35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)を、月額19,580円(税込)でレンタルする予定です。興味のある方は下記のリンクから無料会員登録後、【借りたいボタン】を押してください。GooPassに製品が入荷され次第、登録したメールアドレスに通知が届きます。

まとめ

TAMRONから2021年10月28日に発売された、35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)。SONYのEマウント用ミラーレス一眼カメラに対応した、”ポートレートズーム”レンズです。

35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)のオススメ撮影シーン

目の覚めるような解像度と、TAMRONの代名詞である柔らかいボケ。抜群の描写力を誇る35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)は、ポートレート撮影・作品撮りに向いています。自分の世界観・表現手法をとことん追求すべての写真家・フォトグラファーにオススメしたい、珠玉の1本です。