【2021年10月28日発売!】TAMRON(タムロン)28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063) 先行レビュー

 こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です。

今回の記事では、TAMRON(タムロン)様から発売前のレンズをお貸出しいただき、2021年10月28日に発売された標準ズームレンズ・28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)を先行レビューします。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)のスペック


画像出典:株式会社タムロン

2018年5月に発売された、TAMRON(タムロン以下、敬称略)28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)。今なお多くのフォトグラファーが支持する、高い解像力と柔らかいボケを持ち合わせた、スナップ・ポートレート向けの名作レンズです。

その名作レンズが、3年の時を経てアップデート。28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)に名を変えて、2021年10月28日に発売されました。ペットボトル1本分・約500gの軽さはそのままに、描写力が劇的な進化を遂げています。

従来モデル・28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)のレンズ構成が12群15枚だったのに対し、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)のレンズ構成は15群17枚。光学性能の向上により、描写力が大幅にアップしています。その他、主な仕様は下記の表をご参照ください。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)スペック
対応マウント ソニーEマウント
焦点距離 28mm-75mm
F値 F2.8
レンズ構成 15群17枚
最短撮影距離 0.18m(広角端)、0.38m(望遠端)
最大撮影倍率 1:2.7(広角端)、1:4.1(望遠端)
最大径 φ75.8mm
長さ 117.6mm
質量 540g
付属品 花型フード、レンズキャップ
希望小売価格 123,200円(税込)

従来モデル・28-75mm F/2.8 Di III RXDとの比較

28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)※従来モデル 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)
対応マウント ソニーEマウント ソニーEマウント
焦点距離 28mm-75mm 28mm-75mm
F値 F2.8 F2.8
レンズ構成 12群15枚 15群17枚
最短撮影距離 0.19m(広角端)、0.39m(望遠端) 0.18m(広角端)、0.38m(望遠端)
最大撮影倍率 1:2.9(広角端)、1:4(望遠端) 1:2.7(広角端)、1:4.1(望遠端)
最大径 φ73.0mm φ75.8mm
長さ 117.8mm 117.6mm
質量 550g 540g
付属品 花型フード、レンズキャップ 花型フード、レンズキャップ
希望小売価格 110,000円(税込) 123,200円(税込)

前述の通り、12群15枚だったレンズ構成は、15群17枚にグレードアップ。光学性能の向上により、描写力が大幅にアップしました。また、最短撮影距離が、広角端・望遠端ともに0.01m(=1cm)アップ。近年TAMRONからリリースされている他のモデル同様、”寄れるレンズ”として、テーブルフォトや花・植物など近接撮影する際に威力を発揮してくれるでしょう。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)のメリット

本項目では、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)のメリットを、作例写真と併せて紹介します。

圧巻の描写力

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)の製品名に含まれる”G2″とは、”第二世代”のこと。光学系をゼロから見直して刷新したことにより、広角・望遠を問わず、画面全体で高い解像度を実現しました。また、4枚のLD (Low Dispersion=異常低分散)レンズや、複合非球面レンズなど特殊硝材を贅沢に使用し、色収差をはじめとする諸収差を大幅に低減することに成功。さらに、TAMRON独自の『BBAR-G2 (Broad-Band Anti-Reflection Generation 2)』コーティングが、逆光時に発生しがちなゴースト・フレアを最大限抑制します。もちろん、TAMRON大口径レンズの代名詞である、大きく柔らかいボケは本レンズにも継承健在。自然光を活かした風景写真・スナップ・ポートレートにもピッタリです。

高いAF性能

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)は、AF性能にも定評があります。TAMRON独自のリニアモーターフォーカス機構・VXD(Voice-coil eXtreme-torque Drive)を搭載することにより、標準ズームレンズ史上最高クラスの精度と速度を実現。従来モデル・28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)と比較して、約2倍の速さ※でピント合わせが可能になりました。追従性も抜群で、昆虫・動物・スポーツ・運動会・飛行機など幅広い被写体・撮影シーンで、シャッターチャンスを逃しません。また、フォーカス時に発生するモーター駆動音のボリュームが小さい点もセールスポイントの1つ。静止画はもちろん、動画撮影にもピッタリの1本です。

※28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)に搭載されたVXDと、28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)に搭載された「RXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を比較した場合

4.4cmまで寄れる

近年、”寄れるレンズ”を多数発表しているTAMRON。今回紹介する28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)も、その例外ではありません。広角端での最短撮影距離は0.18m、ワーキングディスタンスは脅威の4.4cmを実現。また、最大撮影倍率は、広角端(0.18m)で1:2.7、望遠端(0.38mm)で1:4.1。広角端では、草花や昆虫などを被写体にしたワイドマクロ撮影やテーブルフォト撮影などを楽しむことができます。

カスタマイズできる

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)は、『TAMRON Lens Utility』に対応しています。TAMRON Lens Utilityとは、2021年10月末にリリースされた、TAMRONが独自で開発したソフトウェアのこと。レンズ表面に設計されたUSB Type-Cを接続する『コネクターポート』とPCを、別売の『TAMRON Connection Cable(端子形状:USB Type-A to Type-C)』で接続することで、ピント位置を記録したり、カメラボディの各種機能をフォーカスボタンに割り当てたり、最新のファームウェアにアップデートしたりすることが可能です。

※『TAMRON Lens Utility』に関する詳しい情報は、近日公開予定の別記事で紹介します。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)の作例写真

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)を使ってGooPass MAGAZINE編集部のスタッフが撮影した作例写真を紹介します。

※ボディにはSONY α7 III ILCE-7M3を使用しています。

 

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)にオススメのボディ(カメラ本体)

軽量・コンパクトで、AF性能が高い、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)。本項目では、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)のパフォーマンスを最大限に引き出すボディ(カメラ本体)を紹介します。

SONY α7C

カメラ SONY α7C

画像出典:SONY

SONYのα7Cは、2020年10月23日に発売された、フルサイズミラーレス一眼カメラです。製品名の『C』は、同製品のコンセプトである『Compact(コンパクト)』のC。現時点(2021年5月26日現在)で、世界最小・最軽量の手ぶれ補正機構を搭載するフルサイズ機です。本体重量は、バッテリーとメモリーカードを含めて約509g。ペットボトル飲料1本分と変わらぬ重さのため、同じくペットボトル飲料1本分の軽さと圧倒的な描写力を誇る28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)との相性は抜群です。

もちろん、画質にも、一切の妥協なし。SONY独自の『Exmor R(エクスモア アール)』CMOSセンサーと画像処理エンジン・BIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載し、最高常用ISO感度を51200まで引き上げることで、これまでのαシリーズに比べて解像性能や暗所性能が飛躍的に向上。マジックアワーなど暗いロケーションでISO感度を上げて撮影しても、ノイズの発生を抑えた高画質な写真を撮影することができます。

カラーはシルバーとブラックのクラシックな2色展開。「もっと自由なフルサイズへ」のキャッチフレーズに違わぬ、新世代の万能型ミラーレスといえるでしょう。

SONY α7Cスペック
発売日 2020年10月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO50~204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5段
フラッシュ同調速度 1/160秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×69.3 mm
重さ 約509 g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など

■購入する場合は、185,800円(税込)(2020/7/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α9 II

カメラ SONY α9 II

画像出典:SONY

『α9 II』最大の特徴は、高性能画像処理エンジン・BIONZ X(ビオンズエックス)による高速処理です。その結果、最高約20コマという驚異的な連写性能を手に入れることに成功しました。AF性能も高く、同じくAF性能に定評がある28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)を装着すれば、スポーツやペットなど、動きのある撮影シーンでもシャッターチャンスを逃しません。

また、SONYのフルサイズミラーレスの魅力である『瞳AF』機能も従来機より進化。『リアルタイム瞳AF機能』が、シャッターボタンを半押ししている間ずっと被写体の瞳を検知し追従するので、人物撮影においても大きな効果を発揮します。その他、5.5段分の手ぶれ補正機構や防滴防塵使用など。プロのスポーツカメラマンも愛用する、動体撮影向けフラグシップ機です。

SONY α9Ⅱスペック
発売日 2019年11月1日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2830 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO100〜ISO204800
連写性能 Hi+時:最高約20コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×59.7 mm
重さ 約678g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

■購入する場合は、474,783円(税込)(2020/1/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額19,580円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α7 III

画像出典:SONY

写真・映像製品の審査会『EISAアワード 2018-2019』で、『EISA CAMERA OF THE YEAR 2018-2019』を受賞した、α7 III ILCE-7M3。2018年3月の発売から3年が経った、今なお高い人気を誇るロングセラーモデルです。国内外から支持される理由は、バランスの良さ。本機は、これまでに紹介したα7Cの『軽量・コンパクト』や、α9Ⅱの『連写性能』のような、特筆すべきセールスポイントがありません。逆に言えば、これといった欠点のない、オールラウンドな一台ということ。下記の比較表を見ていただければ分かる通り、画素数・シャッタースピード・手ぶれ補正・AF性能など、スペックは決して引けを取りません。28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)を装着すれば、十分なクオリティのポートレート・スナップ・風景写真が撮影できるでしょう

SONY α7 IIIスペック
発売日 2018年3月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO100〜ISO204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×53.3 mm
重さ 約650g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

■購入する場合は、194,373円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α7C・SONY α9 II・SONY α7 IIIの比較表

商品名 SONY α7C SONY α9Ⅱ SONY α7 III
発売日 2020年10月23日 2019年11月1日 2018年3月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント ソニーEマウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素) 2830 万画素(2420 万画素) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200

拡張:ISO50~204800

標準:ISO100~51200

拡張:ISO100〜ISO204800

標準:ISO100~51200

拡張:ISO100〜ISO204800

連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒 Hi+時:最高約20コマ/秒 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒 1/8000~30秒 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5段 5軸・5.5段 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/160秒 1/250秒 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式) 693点(位相差検出方式) 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 124.0×71.1×59.7 mm 128.9×96.4×67.3 mm 126.9×95.6×62.7 mm
重さ 約509 g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
約678g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
約650g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)の発売日は?

今回紹介した28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)は、2021年10月28日に発売されました。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)の価格は?

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)は、希望小売価格・123,200円 (税込)で発売中です。

TAMRON Online Storeを利用すれば、104,500円で購入できます。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)をレンタルする。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)に興味はあるけど、過去にレンズの購入で失敗したことがあるから、いきなり買うのはちょっと怖い……」という方には、レンタルするという選択肢がオススメ。カメラ機材のレンタルサービス・GooPassでは、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)を、月額10,780円(税込)でレンタルする予定です。興味のある方は下記のリンクから無料会員登録後、【借りたいボタン】を押してください。GooPassに製品が入荷され次第、登録したメールアドレスに通知が届きます。

まとめ

TAMRONから2021年10月28日に発売された、28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)。SONYのEマウント用ミラーレス一眼カメラに対応した、標準ズームレンズです。

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)のオススメ撮影シーン

テーブルフォト、風景、スナップ、ポートレート…。28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)は、大口径らしからぬ540gという軽さと、圧倒的な解像力を持ち合わせた、使い勝手の良い標準ズームレンズといえます。作品撮りはもちろん、旅行やお出かけ時にバッグへ忍ばせておきたい1本です。