【2021年6月10日発売!】TAMRON(タムロン)150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057) 先行レビュー

 こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です。

今回の記事では、TAMRON(タムロン)様から発売前のレンズをお貸出いただき、2021年6月10日に発売予定の超望遠ズームレンズ・150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)を先行レビューします。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)のスペック


画像出典:株式会社TAMRON

TAMRON(タムロン※以下、敬称略)が開発した、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)。SONY(ソニー)のフルサイズミラーレスに対応したEマウント用超望遠ズームレンズとして、タムロンでは初めて500mmをカバーした1本です。鏡筒は簡易防滴構造で、レンズ前面に防汚コートを施しているため、屋外でも安心して撮影できます。その他、主な仕様は下記の表をご参照ください。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)スペック
対応マウント ソニーEマウント
焦点距離 150mm-500mm
F値 F5〜F6.7
レンズ構成 16群25枚
最短撮影距離 0.6m(広角端)、1.8m(望遠端)
最大撮影倍率 1:3:1(広角端)、1:3:7(望遠端)
最大径 φ93mm
長さ 209.6mm
質量 1725g(三脚座・155gを除く)
付属品 丸型フード、レンズキャップ、三脚座
希望小売価格 187,000円(税込)

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)のメリット

本項目では、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)のメリットを、作例写真と併せて紹介します。

軽量・コンパクト

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)は、何と言っても軽量・コンパクト。三脚座(155g)を除く質量は、1725g。SONYのフルサイズ機(500〜700g)に装着しても、重量は2.5kgを下回るため、手持ちで超望遠撮影を楽しむことができます。また、長さは約200mm(=20cm)と、成人男性の手のひらサイズ。日常使いのショルダーバッグにもスッポリ収まります。「重くてブレやすいから三脚が必須」「大きくて持ち運びづらい」など、超望遠レンズの常識を覆す1本です。

高いAF性能

高速・高精度なAF性能も、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)が持つ魅力の1つ。TAMRON独自のリニアモーターフォーカス機構・VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を搭載しており、飛行機・野鳥・鉄道・モータースポーツなど、動きのある被写体にもピッタリです。また、AF駆動音は『ほぼ無音』と形容しても過言ではありません。静止画はもちろん、動画を撮影する際も安心して使用できます。

画面全域で高画質を実現

広角端の150mmでも望遠端の500mmでも、画面の隅から隅まで高画質を実現した150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)レンズ構成は、16群25枚。特殊硝材や複合非球面レンズの採用により、色収差など諸収差の発生を抑制します。解放時でも十二分に高画質ですが、F値を絞れば、写真はグッとシャープな印象に。F値を開放して、焦点距離・構図などを調整すれば、”前ボケ”などTAMRON特有の滑らかで心地よいボケ味を楽しめます。

抜群の操作性

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)は、操作性も抜群です。

たとえば、『フレックスズームロック機構』。広角端・150mmから望遠端・500mmまで、任意の焦点距離でレンズを固定する機能です。ズームリングを前方にスライドすればロックがかかり、後方にスライドすればロックが解除されます。「撮影場所を移動している最中に、レンズの重みで焦点距離が変わってしまった……」などの、撮影時にありがちな、ちょっとしたトラブルを未然に防ぐことが可能。画角をしっかり固定できるので、三脚使用時にも役立つこと間違いなしです。

人間工学に基づいて設計された、計4つの『スライドスイッチ』も、便利な機能の1つ。望遠レンズに欠かせない『手ぶれ補正切り替えスイッチ』は、【モード1:通常】【モード2:流し撮り専用】【モード3:フレーミング重視】の、計3モードが用意されています。中でも、画面の縦ブレを抑えてくれる【モード2:流し撮り専用】は、野鳥撮影やモータースポーツ撮影にピッタリ。また、フォーカス範囲を制限する『フォーカススイッチ』機能も便利です。『3m〜∞』に設定しておけば、無限遠~約3mの範囲に限定して合焦するので、空港や工場などフェンスのある場所で威力を発揮します。フェンスに近づいて撮影すれば、フェンスに合焦することがないため、フェンス越しの被写体を快適に撮影することが可能です。

被写体に寄って撮影できる

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)最短撮影距離は、広角端の150mm時で60cm。被写体にグッと寄って撮影できます。マクロレンズのように、近距離の被写体を大きく見せるように写しても良し。望遠レンズの圧縮効果を利用して、遠くの被写体を引き寄せるように写しても良し。本レンズは、撮影表現の幅を広げてくれる、守備範囲の広い1本といえるでしょう。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)の作例写真

GooPass MAGAZINE編集部のスタッフが撮影した作例写真を紹介します。

 

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)にオススメのボディ(カメラ本体)

軽量・コンパクトで、AF性能が高い、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)。本項目では、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)のパフォーマンスを最大限に引き出すボディ(カメラ本体)を紹介します。

SONY α7C

カメラ SONY α7C

画像出典:SONY

SONYのα7Cは、2020年10月23日に発売された、フルサイズミラーレス一眼カメラです。製品名の『C』は、同製品のコンセプトである『Compact(コンパクト)』のC。現時点(2021年5月26日現在)で、世界最小・最軽量の手ぶれ補正機構を搭載するフルサイズ機です。本体重量は、バッテリーとメモリーカードを含めて約509g。ペットボトル飲料1本分と変わらぬ重さのため、超望遠ズームレンズ史上・最高レベルの軽量・コンパクトさを誇る150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)との相性は抜群です。

もちろん、画質にも、一切の妥協なし。SONY独自の『Exmor R(エクスモア アール)』CMOSセンサーと画像処理エンジン・BIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載し、最高常用ISO感度を51200まで引き上げることで、これまでのαシリーズに比べて解像性能や暗所性能が飛躍的に向上。マジックアワーなど暗いロケーションでISO感度を上げて撮影しても、ノイズの発生を抑えた高画質な写真を撮影することができます。

カラーはシルバーとブラックのクラシックな2色展開。「もっと自由なフルサイズへ」のキャッチフレーズに違わぬ、新世代の万能型ミラーレスといえるでしょう。

SONY α7Cスペック
発売日 2020年10月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO50~204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5段
フラッシュ同調速度 1/160秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×69.3 mm
重さ 約509 g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など

■購入する場合は、185,800円(税込)(2020/7/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α9 II

カメラ SONY α9 II

画像出典:SONY

『α9 II』最大の特徴は、高性能画像処理エンジン・BIONZ X(ビオンズエックス)による高速処理です。その結果、最高約20コマという驚異的な連写性能を手に入れることに成功しました。AF性能も高いため、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)が得意とする野鳥・飛行機・鉄道など、動きのある被写体との相性は抜群です。

また、SONYのフルサイズミラーレスの魅力である『瞳AF』機能も従来機より進化。『リアルタイム瞳AF機能』が、シャッターボタンを半押ししている間ずっと被写体の瞳を検知し追従するので、人物撮影においても大きな効果を発揮します。その他、5.5段分の手ぶれ補正機構や防滴防塵使用など。プロのスポーツカメラマンも愛用する、動体撮影向けフラグシップ機です。

SONY α9Ⅱスペック
発売日 2019年11月1日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2830 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO100〜ISO204800
連写性能 Hi+時:最高約20コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×59.7 mm
重さ 約678g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

■購入する場合は、474,783円(税込)(2020/1/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額19,580円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α7 III

画像出典:SONY

写真・映像製品の審査会『EISAアワード 2018-2019』で、『EISA CAMERA OF THE YEAR 2018-2019』を受賞した、α7 III ILCE-7M3。2018年3月の発売から3年が経った、今なお高い人気を誇るロングセラーモデルです。国内外から支持される理由は、バランスの良さ。本機は、これまでに紹介したα7Cの『軽量・コンパクト』や、α9Ⅱの『連写性能』のような、特筆すべきセールスポイントがありません。逆に言えば、これといった欠点のない、オールラウンドな一台ということ。下記の比較表を見ていただければ分かる通り、オールラウンド画素数・シャッタースピード・手ぶれ補正・AF性能など、スペックは決して引けを取りません。150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)を用いた野鳥・モータースポーツ・鉄道などの超望遠撮影だけでなく、単焦点レンズを用いたポートレート撮影や、広角ズームレンズを用いた風景撮影など、幅広い撮影シーンにもオススメできる一台です。

SONY α7 IIIスペック
発売日 2018年3月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200、拡張:ISO100〜ISO204800
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×53.3 mm
重さ 約650g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

■購入する場合は、194,373円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

SONY α7C・SONY α9 II・SONY α7 IIIの比較表

商品名 SONY α7C SONY α9Ⅱ SONY α7 III
発売日 2020年10月23日 2019年11月1日 2018年3月23日
タイプ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント ソニーEマウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ フルサイズ
総画素数(有効画素数) 2530 万画素(2420 万画素) 2830 万画素(2420 万画素) 2530 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~51200

拡張:ISO50~204800

標準:ISO100~51200

拡張:ISO100〜ISO204800

標準:ISO100~51200

拡張:ISO100〜ISO204800

連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒 Hi+時:最高約20コマ/秒 Hi+時:最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒 1/8000~30秒 1/8000~30秒
手ぶれ補正機構 5軸・5段 5軸・5.5段 5軸・5.5段
フラッシュ同調速度 1/160秒 1/250秒 1/250秒
AF測距点 693点(位相差検出方式) 693点(位相差検出方式) 693点(位相差検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 124.0×71.1×59.7 mm 128.9×96.4×67.3 mm 126.9×95.6×62.7 mm
重さ 約509 g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
約678g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
約650g
(バッテリー、メモリーカードを含む)
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1など Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)の発売日は?

今回紹介した150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)は、2021年6月10日に発売予定です。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)の価格は?

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)は、希望小売価格・187,000円 (税込)で発売予定です。半年間仕事を頑張った自分へのご褒美に、ボーナスでの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

TAMRON Online Storeを利用すれば、159,500円で購入できます。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)をレンタルする。

画像出典:株式会社TAMRON

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)に興味はあるけど、過去にレンズの購入で失敗したことがあるから、いきなり買うのはちょっと怖い……」という方には、レンタルするという選択肢がオススメ。カメラ機材のレンタルサービス・GooPassでは、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)を、月額15,180円(税込)でレンタルする予定です。興味のある方は下記のリンクから無料会員登録後、【借りたいボタン】を押してください。GooPassに製品が入荷され次第、登録したメールアドレスに通知が届きます。

まとめ

TAMRONから2021年6月10日に発売される、150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)。SONYのEマウント用ミラーレス一眼カメラに対応した、超望遠ズームレンズです。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)のオススメ撮影シーン

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)は、高いAF性能と高画質を活かした、野鳥・モータースポーツ・飛行機・鉄道などの撮影にピッタリのレンズです。手ぶれ補正機構が搭載されており、超望遠レンズらしからぬ軽量・コンパクトさを実現しているため、三脚を使用しない”手持ち撮影”することができます。

この記事を監修した人

山下 貴久(やました・たかひさ)
フォトグラファー。日本最大級のカメラ専門店勤務を経て、2018年にフォトグラファーとして独立。ビジュアルの力でひと・もの・ことの魅力を伝えることをテーマに活動中。得意ジャンルは、イベント、カンファレンス、ブライダルなど多岐にわたる。また、現在はフリーランスとして活動する一方、GooPassスタッフの一員として、機材管理や商品開発を担当。これまでに2000種類以上の機材を使用しており、一眼レフ・レンズから、ライカやオールドレンズ、動画機材まで幅広くカバー。豊富な知識と経験をもとに、カメラのお悩みや最適な機材の提案など、お客様の『思い出をより自分らしく残すこと』をサポートしている。