【2021年6月24日発売!】TAMRON(タムロン)11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060) 先行レビュー

 こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です。
今回の記事では、TAMRON(タムロン)様から発売前のレンズをお貸出いただき、2021年6月24日に発売予定の超広角ズームレンズ・11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)を先行レビューします。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)のスペック


画像出典:株式会社TAMRON

TAMRON(タムロン※以下、敬称略)が開発した、11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)。SONY(ソニー)のAPS-C機・α6000シリーズ向けEマウント用の超広角ズームレンズです。鏡筒は簡易防滴構造で、レンズ前面に防汚コートを施しているため、屋外でも安心して撮影できます。また、本レンズはAPS-C機向けレンズですが、『α7シリーズ』などフルサイズ機にも装着可能。初期設定で自動的にクロップされるため、ケラれることなく使用することが可能です。その他、主な仕様は下記の表をご参照ください。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060) スペック
対応マウント ソニーEマウント
焦点距離 11mm-20mm
F値 F2.8
レンズ構成 10群12枚
最短撮影距離 0.15m(広角端)、0.24m(望遠端)
最大撮影倍率 1:4(広角端)、1:7.6(望遠端)
最大径 φ73mm
長さ 86.2mm
質量 335g
付属品 花型フード、レンズキャップ
希望小売価格 102,300円(税込)

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)のメリット

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060) 最大の特徴は、APS-C機向け・ソニーEマウント史上初となる、F2.8通しの超広角ズームレンズであること。以下の項目では、その他のメリットを、作例写真と併せて紹介します。

明るい写真が撮れる

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060) の絞り(F値)は、『2.8通し』。広角端(11mm)でも望遠端(20mm)でも、F2.8の明るさを実現しました。周囲が薄暗くなるマジックアワーや光の届かない路地裏など、黒つぶれしやすい環境でも、一定の明るさを担保した写真を撮影することができます。

軽量・コンパクト

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060) は、軽量・コンパクト。質量は335g、長さは86.2mmです。対応ボディは軽さに定評があるSONYのAPS-C機。1つであるSONY α6600に装着しても、重さは約750gです。写真のように1〜2時間首からカメラ(+レンズ)を下げて移動しても、身体的な負担は大きくありません。また、化粧ポーチに収まるサイズのため、ちょっとしたお出かけや旅行時にバッグの中へ忍ばせておけば、サブレンズとしても活躍が期待できそうです。

被写体に寄って撮影できる

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)の最短撮影距離は、広角端・11mm時で約15cm。最短撮影距離はセンサーからの距離を表しているため、被写体の約3cm前まで寄って撮影できます。広角を生かしたダイナミックな構図や、超広角ならではのパース(遠近感)のある、ワイドマクロな世界観を表現することが可能です。また、絞りを開放(F2.8)して被写体に寄れば、ボケを生み出すこともできます。

ゴースト・フレアを抑制できる

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060) レンズ構成は、10群12枚。GM (ガラスモールド非球面)レンズ2枚を配置することにより、画面の端から端まで高い解像性能を誇ります。また、BBAR-G2コーディングの採用で、太陽光が直接当たっている状態でも、フレアやゴーストの発生を最大限抑えることに成功しました。さらに、XLD (eXtra Low Dispersion)レンズと2枚のLD (Low Dispersion=異常低分散)レンズを採用することで、絞り開放付近で発生しがちな色収差も抑制。画面全域でクリアな描写力を実現しました。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)のデメリット

その一方で、11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)にはデメリットもあります。実際に取り扱う際には以下の点に注意しましょう。

手ぶれ補正機構がない

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)には、手ぶれ補正機構が搭載されていません。そのため、動画撮影やブレやすいスポーツ撮影などを検討されている方は、ボディ内手ぶれ補正機構を搭載しているSONY α6600やSONY α6500に装着するのがオススメです

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)の作例写真

GooPass MAGAZINE編集部のスタッフが撮影した作例写真を紹介します。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)にオススメのボディ(カメラ本体)

前述の通り、11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)には、手ぶれ補正機構が搭載されていません。そのため、ボディ内手ぶれ補正機構を搭載している『SONY α6600』あるいは、『SONY α6500』に装着して撮影するのがオススメです。

SONY α6600

画像出典:SONY

APS-Cセンサーが搭載された、SONY(ソニー)のミラーレス一眼カメラシリーズの最新モデル(2021年5月19日時点)・α6600。前述の通り、ボディ内に手ぶれ補正機構が搭載されているので、手ぶれ補正機構のない11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)との相性はバツグン。また、180度反転できるチルト可動式液晶モニターを採用しているため、構図を確認しながら自撮りができます。これから紹介するα6400・α6500と比較すると、サイズと重さでやや見劣りしますが、最大32000のISO感度(拡張時:102400)や425点測距のAFなど、総合的なスペックは計3モデルの中でNo.1です。

■購入する場合は、176,000円(税込)(2020/7/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンズキットをレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

SONY α6400

画像出典:SONY

カメラ初心者から熟練のカメラ愛好家まで、スキルを選ばない操作性とスペックの高さが魅力のα6400。唯一の欠点は、ボディ内手ぶれ補正が搭載されていないこと。ただし、それを除けば、ISO感度・AF性能・自撮り機能など、α6600とほぼ同等の性能を誇ります。特筆すべきは、およそ缶ジュース1本分・わずか359gの軽さ。今回紹介する計3モデルのうち最軽量なので、お散歩など外出時のお供にピッタリです。

■購入する場合は、96,700円(税込)(2021/5/16 現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SONY α6500

画像出典:SONY

α6600が発売されるまで、SONY(ソニー)のAPS-Cサイズセンサー搭載型ミラーレス一眼カメラで、フラグシップモデルと呼ばれていたα6500。今回紹介した3台の中では一番古いモデルのため、自撮り機能はありません。また、AF性能やISO感度は、前の2台に比べると、どうしても見劣りします。しかしながら、α6400にはないボディ内手ぶれ補正機能が搭載されているため、スポーツ撮影や動画撮影など、シャッタースピードや手ブレが鍵を握る撮影シーンでは、α6400よりも重宝するでしょう。

購入する場合は、63,800円(税込)(2021/2/18 現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SONY α6600・α6400・α6500の比較表

商品名 SONY α6600 SONY α6400 SONY α6500
発売日 2019年11月11日 2019年2月22日 2018年4月20日
タイプ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ ミラーレス一眼カメラ
マウント ソニーEマウント ソニーEマウント ソニーEマウント
センサーサイズ APS-C APS-C APS-C
総画素数(有効画素数) 2500 万画素(2420 万画素) 2500 万画素(2420 万画素) 2500 万画素(2420 万画素)
感度 標準:ISO100~32000、拡張:ISO50~102400 標準:ISO100~32000、拡張:ISO102400 標準:ISO100~25600、拡張:ISO51200
連写性能 Hi+時:最高約11コマ/秒 Hi+時:最高約11コマ/秒 Hi+時:最高約11コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒 1/4000~30秒 1/4000~30秒
手ぶれ補正機構
自撮り機能
内蔵フラッシュ
AF測距点 425点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式) 425点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式) 425点(位相差検出方式)/169点(コントラスト検出方式)
動画記録性能 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p 4K(3840×2160)、30p
幅x高さx奥行き 120×66.9×69.3 mm 120×66.9×59.7 mm 120×66.9×53.3 mm
重さ 418 g 359 g 410 g
その他 Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど Wi-Fi、Bluetooth 4.1、NFCなど

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)の発売日は?

今回紹介した11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)は、2021年6月24日に発売されます。梅雨が明けて、散歩などプチ外出が楽しくなるシーズンの、お出かけレンズにオススメです。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)の価格は?

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)は、希望小売価格・102,300円 (税込)で発売予定です。半年間仕事を頑張った自分へのご褒美に、ボーナスでの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

TAMRON Online Storeを利用すれば、88,000円で購入できます。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)をレンタルする。

画像出典:株式会社TAMRON

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)に興味はあるけど、過去にレンズの購入で失敗したことがあるから、いきなり買うのはちょっと怖い……」という方には、レンタルするという選択肢がオススメ。カメラ機材のレンタルサービス・GooPassでは、11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)を、月額10,780円(税込)でレンタルする予定です。興味のある方は下記のリンクから無料会員登録後、【借りたいボタン】を押してください。GooPassに製品が入荷され次第、登録したメールアドレスに通知が届きます。

まとめ

TAMRONから、2021年6月24日に発売される、11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)。SONYのAPS-Cサイズセンサー搭載型ミラーレス一眼カメラに対応した、超広角ズームレンズです。

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)のオススメ撮影シーン

11-20mm F/2.8 Di III-A RXD (Model B060)は、超広角〜広角域をカバーする焦点距離と、F2.8通しの明るさを生かした、風景・夜景の撮影にピッタリのレンズです。また、軽量・コンパクトのためスナップ撮影や、最短撮影距離の短さを活かした草花のマクロ撮影にも向いています。

この記事を監修した人

山下 貴久(やました・たかひさ)
フォトグラファー。日本最大級のカメラ専門店勤務を経て、2018年にフォトグラファーとして独立。ビジュアルの力でひと・もの・ことの魅力を伝えることをテーマに活動中。得意ジャンルは、イベント、カンファレンス、ブライダルなど多岐にわたる。また、現在はフリーランスとして活動する一方、GooPassスタッフの一員として、機材管理や商品開発を担当。これまでに2000種類以上の機材を使用しており、一眼レフ・レンズから、ライカやオールドレンズ、動画機材まで幅広くカバー。豊富な知識と経験をもとに、カメラのお悩みや最適な機材の提案など、お客様の『思い出をより自分らしく残すこと』をサポートしている。