【2021年最新】一眼レフカメラでスポーツ撮影する際の設定やコツを紹介します。

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!

2020年7月の東京オリンピック開催を控えて、日本中でスポーツ熱が高まっている昨今。運よくチケットを手に入れた方の中には、56年ぶりの自国開催となった国際的イベントを、観客席から写真撮影したい!と考えている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、一眼レフカメラでスポーツをマニュアル撮影する際の設定を紹介します。

1. 設定で最優先するべきは、シャッタースピード。

一眼レフカメラのマニュアルモードで撮影する場合、写真の明るさは「シャッタースピード」「F値(絞り)」「ISO感度」の3つの要素で決まります。ただし、せっかく明るく写っても、ピントが合っていなかったり、過度にブレたりしてしまっては意味がありません。明るさはPhotoshopやLightroomなどのPCソフトやInstagramなどの加工アプリである程度調整できるので、シャッタースピードを最優先するようにしてください。筆者の場合、バスケットボールを撮影する際は1/320〜1/500のシャッタースピードで撮影しています。例えばレイアップシュートの場面を撮影した場合、1/500であれば空中で静止したような画像を撮影することが可能です。また、1/320にして、足先や手を意図的にブラせた躍動感のある写真を撮ることもあります。

2. AF(オートフォーカス)は、AI SERVOが鉄則。

自動で被写体にピントを合わせてくれる機能を、「AI(=オートフォーカス)」といいます。Canonの場合、オートフォーカスは、「ONE SHOT」「AI FOCUS」「AI SERVO」の、計3つのAIが用意されています。「ONE SHOT」が主に静止画向けの撮影モードであるのに対して、「AI SERVO」は動きのある被写体向けの撮影モードです。シャッターボタンを半押ししている間、被写体にピントを合わせ続けるので、スポーツ撮影に最適な設定といえます。ただし、「ONE SHOT」と異なり、ピントがあっても電子音が鳴らないので慣れや経験が必要です。

★AI SERVOの設定方法はコチラ

3. 連写モードで、決定的瞬間を逃さない。

野球のバッティング、サッカーのシュート、バレーボールのスパイクなど、一瞬も見逃せないシーンを撮影する際は、必ず連写モードを設定するようにしましょう。連続して撮影することにより、決定的瞬間をカメラに収める確率は大幅にアップするはずです。

4. ピントは、被写体の顔面に。

アスリートの真剣な表情は、スポーツ写真の醍醐味の1つ。ビッグプレーを成功させた雄叫びや、仲間と喜びを分かち合う笑顔、試合終了後に頬を伝う涙…。感情を切り取ることで、臨場感を強く際立ち、写真をドラマチックに仕上げてくれます。せっかくクライマックスの一瞬を収めたのに、ピントが合わず表情が読み取れない…ということがないように、正面から撮影する場合は被写体の顔面にピントを合わせるようにしましょう。

5. 観客席から撮影するなら、ズーム可能な望遠レンズがマスト。

当然のことながら、観客席から被写体までは距離があります。そのため、焦点距離の変えられない短焦点レンズではなく、焦点距離を調整してズーム撮影できる望遠レンズを選びましょう。競技場の規模やアスリートまでの距離にもよりますが、目安として200mmは欲しいところです。

6. 屋内でも屋外でも撮影できる、明るいレンズを狙おう。

団体競技のスポーツなど、距離の異なる複数のアスリートを同時に撮影する場合は、広範囲にピントを合わせるため、F値(絞り)を大きくする必要があります。晴天時の屋外競技を撮影する場合は問題ありませんが、体育館など屋内競技の場合は、F値(絞り)を大きくするとISOを上げても写真が暗くなってしまう場合があるため、明るいレンズを選ぶようにしてください。目安としては、F2.8以下のレンズを選ぶと良いでしょう。

7.ストロボの使用は厳禁。

スポーツを撮影する際は、絶対に守らなくてはいけないマナーがあります。それは、ストロボを使用しないということ。屋内スポーツなど競技場内が暗いスポーツを撮影する際は、綺麗で明るい写真を撮るために、内蔵ストロボや外付けのクリップオンなどを使用したくなることがあるかもしれません。が、競技中にストロボの眩しい光を照射してしまうと、アスリートのパフォーマンスを低下させることにも繋がりかねません。サッカーの国際試合などでも度々見受けられるレーザーポインター(照射)のような妨害行為と見做されることもあるでしょう。予め内蔵ストロボが光らないように設定しておくことをおすすめします。

★ストロボ発光禁止の設定方法はコチラ

一眼レフカメラでスポーツを撮影する際の設定まとめ

今回はスポーツを撮影する際の設定やコツを紹介しました。躍動感のある写真を収めるには、シャッタースピード、F値(絞り)、ISO感度の順に設定を優先すると良いでしょう。競技場内でストロボの使用は禁止されているので、できるだけ明るい望遠レンズを選ぶようにしてください。最後に、スポーツ撮影に向いている、筆者おすすめのカメラとレンズを紹介します。新品で購入した場合は決して安価ではありませんが、カメラ機材のレンタルサービス(サブスクリプションサービス)なら月々最低6,380円(税込)〜からお得に利用することが可能です。レンタルには無料の会員登録が必要ですが、興味のある方は是非下記リンクより覗いてみてください。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。