【2021年6月24日更新!】Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK 【注目の機材】

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!
今回は、SONY(ソニー)のデジタルシネマカメラ「Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK 」を紹介します。

動画処理速度4倍で、表現力は無限大。

2020年12月にSONYから発売された『Cinema Lineカメラ FX6』。「Cinema Line」とはSONYが展開するデジタルシネマ映像制作用カメラのことです。本機の魅力は、高い動画処理能力と高性能AF。その理由は、有効約1026万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R(TM)」と、新画像処理エンジン「BIONZ XR」の採用にありました。まずは、従来機「FS5 II」の最大4倍に及ぶ動画処理速度。これにより、画質はもちろん、QFHD(3840×2160)120fpsなどハイフレームレート動画の膨大な映像データ処理や、SONYが発売する新開発の記録メディア「CFexpress Type A」への書き出し速度が向上しました。もう一つは、高いAF性能。627点の選択可能な位相差測距点を、イメージセンサーの撮像画面の最大約89%に配置しています。動体でも高い精度で、そのうえ高速にピントを合わせ続けることが可能。また、高速性・追従性・フォーカス精度の優れた「ファストハイブリッドAF」を搭載している点もポイントです。被写界深度の浅い場合にも、広範囲にわたって被写体をとらえます。これまでピント合わせが困難であったシーンや、素早く動く被写体の撮影にも、本機が対応してくれるでしょう。高画質かつストレスフリーな撮影を実現し、ワンランク上の映像制作を叶えてくれる1台です。

Cinema Lineカメラ FX6

Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK (FE 24-105mmレンズ付属モデル)
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 1290万画素/4K(120fps)
ボディ内手振れ補正 無し
 常用感度 ISO800-409600
記録メディア SDXCカード
CFexpressカードTypeA
 本体の重さ 約663g

Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VKの作例や反応

Cinema Lineカメラ FX6 ILME-FX6VK (FE 24-105mmレンズ付属モデル)をレンタルする。

■購入する場合は、851,610円(2021/4/13現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額87,780円(税込)でレンタル可能です。