【2020年最新】SONY(ソニー)のEマウントレンズ10選

軽くて性能が良く、操作性も高いミラーレス一眼カメラ。スマホカメラから本格的な機種にランクアップしたいビギナーから、一眼レフを使ってきたプロまで幅広い支持を集めており、今後の一眼カメラを担うといわれています。中でも評判が高いのは、SONYのミラーレス一眼カメラ。今日は、そんなSONYミラーレスのレンズ規格、Eマウントのおすすめ純正レンズをご紹介します。

SONYはどんなメーカー?

SONYは1946年、電機メーカーとして創業。80年代に「WALKMAN(ウォークマン)」を大ヒットさせ、世界中に名を轟かせました。その後も音響機器やパーソナルコンピューター、ゲーム機の分野など、新たなライフスタイル・価値観を開拓する商品を次々にリリース。さらに銀行や保険、タレントマネージメントなど様々な業界に進出し、今では関連会社が1700社を超える、国内最大の総合企業です。

SONYのミラーレス

カメラメーカーとしては歴史が浅いSONY。しかし、ミラーレス一眼カメラ「αシリーズ」が旋風を巻き起こし、「ミラーレスといえばSONY」という声が囁かれるようになりました。ボディの特徴は被写体にピタリとピントが合うオートフォーカス(AF)の性能を始め、自社で製造する優秀な超高性能センサー(世界シェアNO.1)やドレッシーなデザイン、高性能かつ小型・軽量という革新性、他社レンズを使用するためのアダプターのレパートリー、高画質な動画機能……などなど、挙げたらキリがありません。また、レンズのラインナップにドイツ発祥の名門Carl Zeiss(カールツァイス)社の製品を加える点も、SONYミラーレスの魅力です。こうしたストロングポイントが多くのカメラマンを惹きつけ、他社から乗り換えるプロカメラマンも続出しています。

マウントとは?

レンズ選びに欠かせないポイントが、マウント。マウントとはボディとレンズの結合部(マウント)の規格です。メーカーやセンサーサイズによって異なります。当記事がご紹介するのはEマウントのレンズ。これはSONYのミラーレス一眼カメラ&レンズ用に開発された規格です。Eマウントレンズには、フルサイズ用のレンズとAPS-Cフォーマット専用レンズがあります。専用とはいえ、SONYの場合はAPS-C専用のレンズをフルサイズボディに装着したり、APS-C機にフルサイズ用レンズを装着したりすることが可能です。ただし、こうした組み合わせをすると、レンズに設定された焦点距離が変化したり、画面周辺に黒ずみ(ケラレ)が生じたりします。こうした不具合に解決方法はあるものの、ビギナーなら専用レンズを選ぶ方が無難でしょう。

ズームレンズと単焦点レンズ

レンズにはズームレンズと単焦点レンズの2つがあります。両者の違いを確認しましょう。

ズームレンズ

ズームレンズはズーム機能を搭載しています。レンズのフォーカスリングを回すだけで焦点距離や画角が変化。立ち位置を変えることなく、被写体や風景のフォトジェニックな状態を狙うことが可能です。このように便利なズームレンズですが、性能が高まるにつれて大型化・重量化。価格も高くなります。ズームレンズか確認する場合は、製品名に注目してください。たとえば「SONY FE 24-105mm F4 G OSS」のように、mmの前に「24-105」と距離が二つ示されているのがズームレンズ。このモデルは「24mmから105mm」が焦点距離です。

単焦点レンズ

単焦点レンズは焦点距離が一定のレンズです。ズームレンズならリング操作で被写体の大きさや画角のサイズを変えられますが、単焦点レンズにこのような機能はありません。カメラマンは自ら動き、被写体や風景がキレイに写る距離を取る必要があります。また、ズームレンズに比べてシンプルに作れることから、小さくて軽いモデルが多い点も単焦点レンズの特徴。加えて、画質や明るさ、ボケ味など描写力も優秀。リーズナブルな製品が多いのも強みです。単焦点レンズかどうか確認する場合は、製品名に注目してください。「SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM」のように、mmの手前の数字が1つしかない製品が単焦点レンズです。

レンズの焦点距離

レンズは製品ごとに、キレイに写せる範囲(焦点距離)が決まっています。基準となるのが以下の4つです。

マクロ

マクロは、小さな被写体を大きく撮すための焦点距離。商品や昆虫、小さな部品の拡大写真、書籍の複写などに使われます。SONYのレンズの場合、「SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G」のように「Macro」と記載されるのがマクロレンズです。

広角(およそ10mm~35mm)

街並みや景色を大きく写すのが広角の焦点距離です。画面周辺に歪み・湾曲が生じます。こうした広角特有の現象は表現手法としても有効です。24mm程度が一般的な広角の焦点距離。距離が短いほど、景色が広く、大きく写ります。焦点距離の差が1mmでもあれば、画角への影響が大きいのが広角レンズ。標準や望遠のレンズよりもシビアに選ぶのがコツです。

標準(50mm前後)

50mm前後は標準といわれます。撮影の基準となる焦点距離であり、人間の目で見る景色に近いので、「この距離をマスターすることが上達の近道」と解説する教本もあるほど。気軽なスナップや画作りにこだわるポートレートなど、様々なシーンで活躍します。

望遠(およそ70mm~)

標準からより遠く、肉眼では追えない距離までをカバーするのが望遠の焦点距離。望遠の中にもカテゴリーがあり、おおまかに3つに分けられます。
・望遠(およそ85mm~135mm)
・中望遠(およそ100mm~400mm)
・超望遠(およそ400mm~)
一般的には焦点距離が長くなるほどレンズが大型化・重量化し、価格も高くなる傾向があります。

レンズを選ぶポイント

ズーム機能の有無や焦点距離以外にも、レンズを選ぶポイントがあります。

F値

レンズは「F値」が小さいほど明るく、ボケ味や暗所性能が秀逸になります。また、最小F値(開放F値)が小さなレンズほど、取り込む光が少なくて済むので、シャッタースピードの設定に有利です。F値を確認する場合は、製品名に注目してください。「SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM」なら、F1.4がその値です。

画質

F値が同じでも、レンズ構造や材料の質、機能の兼ね合いで画質は異なります。一般的にはズームレンズより、単焦点レンズの画質が優秀です。ただ、これもモデルやメーカーによって持ち味があるので、インターネットに公開されている作例写真などをリサーチしましょう。

サイズと重量

歩きながら撮影する際に、意外と気になるのがサイズと重さ。重くて大きいレンズは、長時間撮影すると肉体的な負担が大きくなるため、とくにビギナーは小型・軽量なレンズがおすすめです。

手ブレ補正

手ブレ補正を搭載したレンズはブレや揺れに強く、安定した撮影が可能です。ボディが手ブレ補正を搭載している場合、レンズの機能とあいまって、より安定するケースもあります。また、動画を歩きながら撮ることも想定している場合、手ブレ補正は重要なポイント。ボディかレンズ、少なくともどちらか一方は手ブレ補正機能が搭載されているモデルを選びましょう。

価格

一般的に、ズームレンズより単焦点レンズの方が安価です。機能や性能が高まるほど、価格は上昇します。また、同じレンズでも複数のバージョンがある場合は、概ね新しい型番(=後継機)の方が性能が高く、それに伴って価格も高くなるのが一般的。新たな性能や新機能が必要でなければ、古いバージョンを買うのもオススメです。

おすすめのSONY(ソニー)製Eマウントレンズ10選

ここからは、SONY純正のEマウントレンズをご紹介します。

SONY FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28

防塵・防滴仕様も嬉しい50mmのマクロレンズ。

FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28はEマウントのマクロレンズです。最短撮影距離が0.16m、最大撮影倍率は1倍。本体は236g/70.8×71mmと軽量・小型です。さらに、フォーカスモードスイッチやフォーカスレンジリミッター、フォーカスホールドボタンなど、撮影に必要なスイッチが扱いやすく配置されているので、動きながらの接写に活躍します。非球面ガラスが画像の歪みを抑え、画面の周辺の写りはシャープ。F2.8と比較的明るく、ボケ味も良し。SONYミラーレスを買ったばかりのカメラマンや、単焦点レンズビギナーにもオススメです。

製品名 SONY FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28
開放F値 F2.8
最大径×長さ 70.8×71mm
重さ 236g
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、49,347円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

SONY FE 20mm F1.8 G SEL20F18G

映像クリエイターからも支持される高性能広角レンズ。

FE 20mm F1.8 G SEL20F18Gはフルサイズ対応の大口径超広角単焦点レンズ。SONYの高画質・高性能なレンズシリーズ「G」の銘玉です。開放F値は1.8と明るく、SONYの広角レンズの中ではボケ味も抜群。風景を始め、夜景やイルミネーション、建物、日常のスナップなど多様な被写体・景観を美しく撮りたいカメラマンなら、候補から外せないでしょう。スチール(静止画)だけでなく、動画撮影にも適していることから、映像クリエイターの人気も高いレンズです。

製品名 SONY FE 20mm F1.8 G SEL20F18G
開放F値 F1.8
最大径×長さ 73.5×84.7mm
重さ 373g
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、104,835円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G

手ブレ補正あり。使い勝手が抜群の小三元ズームレンズ。

FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gは、広角から標準までの焦点距離に対応したズームレンズです。F値は4の通しで使い勝手も良好。重量はズームレンズとしては比較的軽量な663gで、ミラーレスカメラの軽さを損ないません。レンズ内部に最新の光学設計を応用し、画像の歪曲・像面湾曲を抑制。画角すみずみまで高画質に写ります。「できれば使用するレンズは1本で、手前から遠くまで出来るだけキレイに撮れて、価格は10万円前半に抑えたい!」という欲張りカメラマンなら、このレンズで決まりでしょう。手ブレ機能も安定した撮影を支えます。

製品名 SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G
開放F値 F4
最大径×長さ 83.4×113.3mm
重さ 663g
手ブレ補正 あり

■購入する場合は、131,968円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

SONY E 16-55mm F2.8 G SEL1655G

防塵・防滴仕様でハードな撮影でも安心。APS-C対応のズームレンズ。

16-55mm F2.8 G SEL1655GはAPS-C対応のズームレンズ。APS-Cボディに装着すると、焦点距離はおよそ24-82.5mmになります。F値は2.8と明るく、重量は494gの軽さ。描写とボケ味に優れ、フレア・ゴーストも抑制します。しかも防塵・防滴仕様なので、ハードな環境で思い切った撮影が可能です。色んな場所に出かけて撮影したり、景色や人など様々な被写体を撮影したりするAPS-Cユーザーにピッタリでしょう。

製品名 SONY E 16-55mm F2.8 G SEL1655G
開放F値 F2.8
最大径×長さ 73×100mm
重さ 494g
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、117,935円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

SONY FE 35mm F1.8 SEL35F18F

ユーザーから熱く支持される広角単焦点レンズ。

FE 35mm F1.8 SEL35F18Fは大口径広角単焦点レンズです。開放絞りF1.8から画面の隅々までをクリアに写す描写力と、リンゴ1玉程度の軽さ(280g)を両立。ユーザーからの評価も高い銘玉です。オートフォーカス(AF)は速く、ボケ味は柔らかなテイスト。テーブルフォトやスナップ、風景など活躍するシーンが多く、被写体までグッと寄れるのも魅力です。Gマスターの単焦点レンズほど高くなく、かといって廉価版の広角レンズとは比較にならない高画質。フルサイズのミラーレス機で広角撮影がしたければ、候補に入ること間違い無しです。

製品名 SONY FE 35mm F1.8 SEL35F18F
開放F値 F1.8
最大径×長さ 65.6×73mm
重さ 280g
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、66,730円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z

ZEISS(ツァイス)が開発したプロ仕様の標準単焦点レンズ。

Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Zは、開放F値が1.4と明るく、ボケ味の秀逸な単焦点レンズです。SONYレンズの中でも高品質で知られる「Planar(プラナー)」ラインに置かれる銘玉は、ドイツの名門ブランド「ZEISS(ツァイス)」が開発。「息を呑むほど美しいボケ味」と賞賛するユーザーもいます。「こだわりの画作りが可能なら、操作が難しいのでは?」と心配する方も、ご安心を。クリックON/OFF切り換えスイッチ付きの「絞りリング」と、ファインダーから目を離さずにAF/MFモードの切り換えが行なえるフォーカスモードスイッチを搭載し、直感的な操作が可能です。さらに防塵・防滴構造で厳しい撮影環境にも対応。50mm(標準域)の焦点距離をプロレベルの画質で撮影したいなら、このレンズで決まりでしょう。

製品名 SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z
開放F値 F1.4
最大径×長さ 83.5×108mm
重さ 778g
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、145,999円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

SONY FE 135mm F1.8 GM SEL135F18GM

SONYが誇るG MASTERシリーズの望遠単焦点レンズ。

FE 135mm F1.8 GM SEL135F18GMは望遠単焦点レンズです。ともすると画質を損なうのが開放F値の撮影。しかし、このレンズならその心配は無用です。フォーカス時に2つのフォーカスレンズ群を動かす「フローティングフォーカス機構」を採用したことから、開放F1.8から抜群の描写力を発揮します。それでいてボケ味はナチュラル。SONYが誇るGマスターシリーズの潜在能力をまざまざと見せつける銘玉なら、町歩きや山登り、スポーツ、ウエディングなどあらゆるシーンの撮影をプロフェッショナルなクオリティで行なえます。

製品名 SONY FE 135mm F1.8 GM SEL135F18GM
開放F値 F1.8
最大径×長さ 89.5×127mm
重さ 950g
手ブレ補正 あり/なし

■購入する場合は、181,837円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G

手ブレ補正付き!APS-C専用の軽量望遠ズームレンズ。

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350Gは望遠ズームレンズ。APS-C専用で、APS-Cボディに装着すると105-525mmの望遠~超望遠に相当する焦点距離で撮影できます。望遠レンズといえば「重い」のが相場。しかし、このレンズは625gと望遠レンズの中ではとびきりに軽く、手持ちの撮影も可能です。遠くの被写体・景色を動きながら撮りたいカメラマンなら、候補に挙げるべきでしょう。全ズーム域でシャープさが変わらない性能も魅力です。

製品名 SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G
開放F値 F4.5-6.3
最大径×長さ 77×142mm
重さ 625g
手ブレ補正 あり

■購入する場合は、87,639円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

SONY FE 400mm F2.8 GM OSS

高画質・高性能・手ブレ補正あり!最高級の超望遠レンズ。

FE 400mm F2.8 GM OSSは超望遠レンズ。スポーツや野生動物を撮影する400mmという焦点距離において、最高級のクオリティを誇ります。以前、400mmの純正レンズを使いたいSONYユーザーは、Aマウント用のレンズにアダプターを併用して撮影するしかありませんでした。 しかし、このレンズの登場により状況は一変し、SONYミラーレス機のポテンシャルが引き出せるようになりました。重量は、このクラスのレンズとして比較的軽量な2895g。長時間の撮影なら三脚の使用が欠かせないとはいえ、この軽さは軽快な撮影をも可能にします。

製品名 SONY FE 400mm F2.8 GM OSS
開放F値 F2.8
最大径×長さ 158.1×359mm
重さ 2895g
手ブレ補正 あり

■購入する場合は、1,387,998円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額79,800円でレンタル可能です。

SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G

至れり尽くせりの超望遠ズームレンズ。

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600Gは超望遠レンズです。200~600mmと幅広い奥行きの望遠撮影が可能。AFとMF(マニュアルフォーカス)の切り替えがワンタッチで行なえる操作性も魅力です。このレンズは描写力とボケ味に定評があります。AFは高速・高精度かつ静粛で、手ブレ補正機能、防滴・防塵能力を兼ね備える、まさに至れり尽くせりな仕様。野生動物や航空機、鉄道、アスリートなど、様々な環境でハードに、アグレッシブに望遠撮影するカメラマンにピッタリです。ズーム時もレンズの長さが変わらない「インナーズーム方式」の採用により、三脚を立てていてもバランスを崩さない点も、このレンズの強みです。

製品名 SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G
開放F値 F5.6-6.3
最大径×長さ 111.5×318mm
重さ 2115g
手ブレ補正 あり

■購入する場合は、217,703円(2020/8/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

まとめ

ここまで、SONYのEマウントレンズをご紹介しました。気になるモデルは見つかりましたか?機能性とバラエティに富むSONYの純正レンズ。どれにしようか見ているうちに……「ズームレンズは便利そう」「画質とボケ味がイイっていう単焦点レンズも欲しい」「思いきってPlanarやGマスターにしようか……」など、悩みが深まったかもしれませんね。悩みに悩んで、選び抜いたレンズを窓に、魅惑的な新世界が拓かれますように。

  SONY(ソニー)の 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報