【2021年3月16日更新!】SONY(ソニー)のレンズおすすめ12選【特徴や選び方もご紹介!】

SONY(ソニー)のおすすめレンズ【特徴や選び方もご紹介!】

ソニーの(SONY)一眼カメラは大きく2種類のマウントがあり、進化し続ける技術力で圧倒的な成長を遂げてきたメーカーです。

本記事ではソニーのカメラの特徴、おすすめのレンズをご紹介していきます。どのようなレンズを使用してよいのかお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

ソニーのカメラの特徴

ソニーと言えばオーディオ機器が有名なイメージですが、近年ではカメラ事業でも急激な成長を遂げているメーカーです。その理由の一つとして、デジタルカメラ市場のシェアが一眼レフの時代でも「ミラーレス一眼カメラ」に力を入れてきた点です。

ミラーレスカメラは軽量サイズで持ち運びもしやすく気軽に写真を楽しめるというメリットもあり女性にも人気ですが、一眼レフに比べて画質やAF機能など、劣ってしまうなどのデメリットもありました。一眼レフが主だった時代も、それに負けない高画質なフルサイズミラーレスの開発に注力し続けた結果、時代とともにミラーレスの市場も上がったこともあり、一気に注目をされるように!

色鮮やかで、高画質・高感度に優れたソニーは、難しいカメラ設定をしなくても一眼レフカメラのような美しい描写を楽しみたい方におすすめのメーカーです。

SONY(ソニー)のミラーレス一眼おすすめ10選。人気のαシリーズを比較・解説します!

ソニーのレンズマウントの違い

マウントとはカメラ本体トレンズを連結する部分のことをいい、同じメーカのカメラでも種類によってマウントは変わります。ソニーの一眼レンズには2種類のマウントがあるので確認していきましょう。

aマウントのレンズは、eマウントのカメラボディで使用することはできません。ですが「マウントアダプター」を使用すれば、マウントの違うレンズを使うことはできます。しかし、手ブレ機能やオートフォーカスなどの情報がうまく伝わらず、その機能が使えない場合もあるので注意しましょう。

「SAL」から始まる型番のレンズが使用可能「aマウント」

コニカミノルタ時代のカメラに採用されたマウント規格を継承しており、ソニーのカメラはこのマウントから始まりました。「SAL」から始まる型番のレンズが使用できます

主にミラーレスに使用されている「eマウント」

「SEL」から始まる型番のレンズが使用でき、主にミラーレスカメラの使われている規格になります。ソニーのミラーレスレンズはフルサイズ対応のものが多いので、高機能そして高画質の描写が楽しめます。

ソニーのレンズの選び方

撮影に適したソニーのレンズの選び方もチェックしておきましょう。

開放F値の数値が小さいほど明るくなる

開放F値とは、絞りの値のことを言います。例えば「FE 24mm F1.4 GM」とレンズに記載があれば「F1.4」の部分が開放F値です。

数字が小さいほど光を多く取り込むので、明るく背景がボケた写真を撮影することができます。ですので、絞りを開けると背景がボケて、反対に絞ると被写体深度が深くなり、全体にピントが合う仕組みとなると覚えておきましょう。

焦点距離が短いほどカメラに写る範囲が広くなる

焦点距離とは、カメラのレンズの中心からピントの合う位置のことを示します。同じ場所からの撮影でも、焦点距離が変われば見え方も変わってきます。

焦点距離が短いものはカメラに写る画角の範囲が広くなります。焦点距離が長くなればなるほど、遠くのものを目の前にあるかのように大きく写すことができますが、遠近感はなくなり平面的な描写になってしまうので、特に風景撮影の際は焦点距離にも注意しましょう。

レンズの種類を確認しよう

よく目にする標準・単焦点・広角・望遠レンズの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

初心者にもおすすめ。自分の目で見たままの描写ができる「標準レンズ」

標準レンズとは焦点距離50mm前後レンズを指し、自分の目で見たままの描写ができるという特徴があります。自分の見たままを撮影できるので、構図も決めやすく、オールマイティに使えるレンズです。

ボディとセットになっているものも多く、カメラ初心者の方もまず最初に、標準レンズから始めるという方も多いです。

美しいボケが魅力「単焦点レンズ」

単焦点レンズの特徴は、焦点距離が1つのみなのでズームはできません。ズームができないので、構図を決める際は、自分から被写体に近づいてピントを合わせながら撮影しないといけないという手間はあります。

単焦点レンズの魅力として、美しいボケ味を楽しむことができますよ。単焦点レンズは開放F値が小さいものが多いので、明るく背景を活かした大きなボケ味を描写できるのが魅力です。コンパクトなサイズのレンズが多いので持ち運びもしやすいので、セカンドレンズでもおすすめです。

SONY(ソニー)のオススメ単焦点レンズ特集はコチラ!

遠近感のあるシャープな描写「広角レンズ」

広角レンズの特徴は、自分の目で確認する範囲よりも広く撮影できることです。一般的に35mm以下のものを広角レンズと呼びます。

撮影範囲が広いということは、余計なものが写り込んでしまう場合もありますが、ピントの合う範囲も広く、手前にあるものは大きく撮影可能。実際目で見るよりも迫力があり、遠近感のあるシャープな描写を楽しめるメリットがあります。

2本目のレンズにオススメ!SONY(ソニー)の広角ズームレンズ6選

遠く離れた被写体の撮影には「望遠レンズ」

SEL70200G

望遠レンズは焦点距離が長く、遠く離れた被写体を撮影できるのが特徴です。70mm以上のレンズを望遠と呼び、焦点距離ごとに中望遠、望遠、超望遠に分けられます。

望遠でもズームができないものもありますが、被写体も限られてくるので、オールマイティに使いたいのであればズームができる望遠レンズがおすすめです。気をつける点としては、望遠レンズの距離が長くなるほど、手ブレを起こしやすくなるので、被写体によっては三脚の使用して撮影すると良いでしょう。

SONY(ソニー)でオススメの、幅広いシーンに対応できる望遠ズームレンズを紹介します!

被写体やシーンにあったレンズを選ぶ

被写体や撮影したいシーンでレンズを使い分けると、さらに魅力的に撮影できます。

ボケ味を活かした人物撮影がしたいなら、焦点距離50~80mmの開放F値が低いレンズを

ボケ味を活かした人物の撮影ができるのは、焦点距離50~80mmの開放F値が低いレンズがおすすめです。開放F値が低いレンズは、光を多く取り込むため明るく大きくボケ感を楽しめるので、ポートレートなど人物の撮影に向いています。ですが、大人数での撮影の場合は、広く画角がとれる広角レンズの方がよいでしょう。

夜景をダイナミックに撮影したいなら、開放F値2.8以下の広角レンズを

風景写真に最適なレンズは、広い範囲を撮影できる「広角レンズ」です。夜景や星空などは暗くで明かりが足りないので開放F値2.8以下のレンズ、そしてISO感度が高いものがおすすめです。

しかし明るいレンズはコマ収差や色収差がおこりやすいため、それらを最大限に補正する機能を搭載しているものがベター。また暗所撮影は手ブレがどうしても起きやすいため、補正する機能も必要になります。星空撮影に関しては環境や状況によっては、三脚などのアイテムが必要になります。

おすすめのソニーのレンズマウント12選

ここからはいよいよ、GooPassがおすすめするソニーのレンズマウントをご紹介します。

Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z

コンパクト・ツァイスレンズ。

ソニーEマウント用、カールツァイス銘の単焦点レンズです。35mmフルサイズセンサー対応のこのレンズは、ソニーα7シリーズのコンパクトなボディに合わせて設計されました。コンパクトながら、防滴防塵性能も兼ね備えており、質感の高いアルミニウム製の金属鏡筒と相まって高い剛性感があります。T*(ティースター)コーティングを施すことにより、抜けの良いクリアな描写を可能にしました。逆光時でもコーティングのおかげでコントラストが高く、鮮明な描写はコンパクトなボディと合わさることで、どんなシュチュエーションでも活躍してくれるでしょう。コンパクトながら優れた光学性能と所有感を満たしてくれる高い質感は、ツァイスレンズの名にふさわしい完成度になっています。

製品名 SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z
マウント ソニーEマウント
質量 120g
長さ 36mm
手ブレ補正 なし

■購入する場合は、68,040円(税込)(2020/11/26現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA  SEL55F18Z

カメラレンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (SEL55F18Z)

超軽量フルサイズ単焦点レンズ。

ソニーEマウント、35mmフルサイズ対応の単焦点標準レンズです。55mmの焦点距離で、人物から風景そして夜景などさままざな表現を描写します。

開放F1.8の値大口径のレンズを活かした暗所撮影も美しく、重さは約281gとフルサイズの単焦点レンズとしては超軽量サイズ。スナップ撮影のお供にもおすすめのレンズです。手ブレ補正は搭載していないため、三脚または、手ブレ補正搭載ボディでの使用で、撮影領域はさらに広がります。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (SEL55F18Z)
シリーズ Eマウント
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 0.5m
重さ 281g

■購入する場合は、84,800円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM

カメラレンズ FE 24mm F1.4 GM (SEL24F14GM)

コンパクトな高性能レンズ。

Eマウントの単焦点レンズです。滑らかなボケを表現しながら、人物から植物、そして広角を活かした風景までさまざまな撮影を楽しむことが可能。開放F値1.4の明るさと、解像度で星空や夜景の撮影にもその威力を発揮します。

重さは445gと軽量サイズで携帯性も良く、焦点距離24mmは至近距離での撮影を楽しみながら、遠近感のある大きなボケを美しく描写してくれる高性能なレンズです。

FE 24mm F1.4 GM (SEL24F14GM)
シリーズ Eマウント
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 0.24m
重さ 445g

■購入する場合は、156,696円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

カメラレンズ Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS (SEL2470Z)

携帯性の良い小三元レンズ

ソニーαシリーズ、Eマウントの標準ズームレンズです。手ブレ補正機能を搭載しており、開放F値4の明るさで、暗い場所や望遠撮影時の際にもISO感度を必要以上あげることなくても、ノイズを抑えた撮影が可能です。

重さは426gと軽量で携帯性も良く、焦点距離は24〜70mm。広角から中望遠までをこのレンズ1本でカバーしてくれるので、初心者でも使いやすいです。

Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS (SEL2470Z)
シリーズ Eマウント
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距 0.4m
重さ 426g

■購入する場合は、86,000円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G

コンパクトな超望遠レンズ

焦点距離350mm(センサーサイズ35mm換算で525mm)を高解像度で撮影することができる、小型・軽量のAPS-C機向け超望遠ズームレンズ。Gレンズならではのシャープな描写力と、美しいボケ味が特徴です。

5倍ズームと、機動性を高めるコンパクトなデザインの2つを両立。ソニー(SONY)独自のXDリニアモニターによる高速AFや、望遠撮影時に便利な光学式手ブレ補正機能、AFとMFを瞬時に切り替えられるフォーカスモードスイッチなどを搭載したモデルです。

野鳥や鉄道、スポーツの撮影など、さまざまなシーンで狙った瞬間を鮮やかに切り取ることができます。

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
レンズマウント ソニー Eマウント
焦点距離(mm) 70-350
絞り (F値) 4.5-32
フィルター径 (mm) 67
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式
フードタイプ 丸形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 77 x 142
質量 約 (g) 625

■購入する場合は、83,869円(税込)(2021/01/31現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GM

カメラレンズ FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GM

満点の星空も、大自然の絶景も。1ランク上の表現を生み出す。

SONY FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GMは、ソニーEマウント対応の広角ズームレンズです。ズーム全域で開放F2.8を実現する大三元レンズの中では、世界最広角となる12mmをカバーします。レンズ構成は、14群17枚。3枚の『超高度非球面XA(=Extreme Aspherical)レンズ』と1枚の非球面レンズを贅沢にあしらい、諸収差を最小限に抑えることに成功しました。尚、製品名に含まれる「GM」とは、SONYが開発した、ミラーレス一眼カメラ専用レンズ「G Master」の略称です。G Masterシリーズは、解像力・ボケ味・AF性能など、SONY最高レベルの品質を誇るレンズシリーズのこと。G Masterシリーズ最新作となる今作・FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GMも、GMの名に恥じない圧倒的な描写力を誇ります。中でもオススメしたいのが、風景写真や星空写真などのアウトドア撮影。静止画撮影・動画撮影を問わず、これまでに体験したことのない、1ランク上のダイナミックな表現を生み出してくれるはずです。

SONY FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GMの特集ページはコチラ!

FE 12-24mm F2.8 GM SEL1224GMのスペック
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最小絞り F22
開放絞り F2.8
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.14倍
レンズ構成枚数 14群17枚
フードタイプ 花形固定式
最大径 × 長さ 97.6 × 137mm
質量 約847g

■購入する場合は、303,506円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額19,580円(税込)で1週間借りることができます。

FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM

カメラレンズ FE 16-35mm F2.8 GM (SEL1635GM)

フレア・ゴーストを抑制した、高コントラストの描写力。

ソニーαシリーズ、Eマウント用の広角ズームレンズです。焦点距離は16~35mmで、狭い室内や、壮大な風景の撮影に最適。薄暗い室内や夜間の撮影でも、明るさを実現する開放F2.8が魅力です。また、1枚羽根の円形絞りによる滑らかで美しいボケを活かした撮影も楽しめます。広角レンズ撮影の際に、逆光や斜光が入り込み発生しやすいフレアやゴーストを大幅に抑えながら、コントラストの高いダイナミックな描写を実現します。

FE 16-35mm F2.8 GM (SEL1635GM)
シリーズ Eマウント
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 0.28m
重さ 680g

■購入する場合は、222,745円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM

カメラレンズ FE 70-200mm F2.8 GM OSS (SEL70200GM)

あらゆる被写体も高画質で捉える。

望遠レンズながら最短撮影距離が0.96m。景色以外にもポートレートや、季節の花を撮影を撮影するなど幅広く使える1本です。開放F値F2.8の明るさと11枚羽根の円形絞りを採用することで、ふわっと柔らかい魅力的なボケ感を楽しみながら撮影を楽しめます。

野外での撮影を楽しめる、防塵・防滴仕様。そして逆光時の撮影でも気になるフレアやゴーストを最小限に軽減し、コントラストの高い描写も可能です。

FE 70-200mm F2.8 GM OSS (SEL70200GM)
シリーズ Eマウント
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 0.96m
重さ 1480g

■購入する場合は、266,800円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額19,580円(税込)で1週間借りることができます。

FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM

カメラレンズ FE 100mm F2.8 STF GM OSS (SEL100F28GM)

ボケ味を心ゆくまで楽しめる1本。

ソニーαシリーズ、Eマウントの中望遠単焦点レンズです。開放F値2.8で明るさを維持しながら、シャープな描写と美しいボケとのコントラストを楽しめます。

女性やお子さんのポートレート撮影など、柔らかな表情を撮影するにも最適。手ぶれ補正も搭載し、11枚羽根の円形絞りで、高級感のあるワンランク上のボケ味を楽しみながら撮影をしたい方におすすめの1本です。

FE 100mm F2.8 STF GM OSS (SEL100F28GM)
シリーズ Eマウント
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 0.57m
重さ 700g

■購入する場合は、158,580円(税込)(2021/2/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G

高機能かつ手ブレ補正あり。頼れるマクロ単焦点レンズ。

FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28Gは中望遠のマクロ単焦点レンズ。フローティング機構が収差変動を抑制し、歪みを抑えた画像が得られます。レンズ面にはナノARコーティングと特殊低分散スーパーEDを採用。フレア・ゴーストを防ぎ、美しいボケ味も表現します。手ブレ補正を搭載しているので、動きながら撮影できる点もポイント。作り込んだマクロ撮影をしたいカメラマンにオススメです。

製品名 SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G
マウント Eマウント
開放F値 F2.8
最大径×長さ 79×130.5mm
重さ 602g

■購入する場合は、115,999円(税込)(2020/11/29現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G

600mm先までカバーする超望遠レンズ

野鳥や野生動物、航空機、スポーツなどの撮影に最適な、600mmまでカバーする超望遠レンズです。1.4倍、2倍のテレコンバーターにも対応しており、最長で1200mmまでのAF撮影を行うことができます。

ズーム時にもレンズの長さが変わらないインナーズーム方式を採用しているので、カメラの重心が変化しにくく、ブレの少ない安定したフレーミングを保てるのがポイントです。また、ズーム全域で高解像力を発揮し、立体的で鮮やかな写真を撮影することができます。

名称 FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS
レンズマウント ソニー Eマウント
焦点距離(mm) 200-600
絞り (F値) 5.6-36
フィルター径 (mm) 95
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式
フードタイプ 丸形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 111.5×318
質量 約 (g) 2115

■購入する場合は、221,257円(税込)(2021/01/31現在 カカクコム調べ)となっています。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

FE 400mm F2.8 GM OSS

ソニーレンズ随一の描写力を楽しめる超望遠単焦点レンズ。

FE 400mm F2.8 GM OSSは、フルサイズセンサーに対応したソニーEマウント用レンズです。ソニーが誇るG Masterレンズで、高解像の描写力と11枚の絞り羽根を採用した美しいボケ味がウリ。たとえば、電車の車両のディテールまで高精細に切り撮れます。動く被写体の撮影に強い点も特徴の1つ。従来のリニアモーターより5倍の性能を誇る「XDリニアモーター」を新開発。高速・高精度のオートフォーカスで動きの早い被写体も追従します。また、手ブレ補正機能は流し撮り対応の「MODE2」に加え、動く被写体を追う際にファインダー像を安定させることを重視した「MODE3」を搭載。撮影場所と被写体の位置によって、設定を変更できます。テレコンバーターに対応し、2倍テレコンバーターの「SEL20TC」と併用すれば800mm F5.6の超望遠撮影も可能です。

製品名 SONY FE 400mm F2.8 GM OSS
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
絞り羽根枚数 11枚(円形絞り)
最短撮影距離 2.7m

■購入する場合は、1,280,000円(税込)(2020/12/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額87,780円(税込)でレンタル可能です。

今すぐレンタルできるSONYのレンズ

▲カメラ機材のレンタルサービス『GooPass』の現時点で在庫がある、レンタル可能な機材だけをピックアップしました。

まとめ

いかがでしたか。ソニーのカメラレンズについて、その特徴やおすすめのレンズについてご紹介していきました。被写体別でレンズを使いこなせると撮影の幅も広がります。ぜひ、シーンにあったレンズを使いこなして写真をさらに楽しみましょう。また、その他メーカーのレンズに興味がある方は、下記リンクを是非チェックしてみてください。

Canonのおすすめレンズをチェックする

Nikonのおすすめレンズをチェックする

FUJIFILMのおすすめレンズをチェックする

SIGMAのおすすめレンズをチェックする

TAMRONのおすすめレンズをチェックする