初めての単焦点レンズの選び方!一眼レフ・ミラーレスのおすすめレンズも紹介

おすすめ単焦点レンズ。最初に買うときの選び方を解説【一眼レフ・ミラーレス】

目次

単焦点レンズおすすめ12選

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

バランスのよいマイクロフォーサーズ向け標準レンズ。

フルサイズの約1/2のセンサーサイズを持つ、マイクロフォーサーズ用の標準レンズ。オリンパスO-MDシリーズ/PENシリーズ、パナソニック LUMIX Gシリーズのユーザーにぴったりの、フルサイズ換算50mm相当の使いやすさが魅力です。

センサーの小ささを生かして、たったの137gにまとめていますが、9枚のレンズのうち2枚が非球面レンズという構成は標準レンズとしては贅沢なもの。解像度を保ちながらも、柔らかで雰囲気ある描写性能と、背景のボケの美しさが好評です。

被写体に25cmまで近寄って撮影できるので、食事の撮影などテーブルフォトでも活躍します。軽量で性能に欠点がなく、しかもリーズナブルというバランスのよさは、初めて標準レンズを使うマイクロフォーサーズ機ユーザーにぴったりです。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
対応カメラ オリンパスO-MDシリーズ/PENシリーズ、パナソニック LUMIX Gシリーズ
対応センサーサイズ 4/3型(マイクロフォーサーズ)
最短撮影距離 25cm
絞り羽根 7枚(円形絞り)
重さ 137g

■購入する場合は、29,230円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K

Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. H-X015-K

直感的な操作と写りのよさが魅力の”ライカ”レンズ。

天下の”ライカ”の名を冠した、フルサイズ換算30mm相当の広角レンズです。SUMMILUX(ズミルックス)というのは、ライカの大口径レンズに与えられる名で、この名前を冠したレンズには、カメラ好き垂涎の高性能レンズが数多くあります。

この「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH」は、長さ3.6cm・重さ115gとコンパクトなサイズながら、3枚の非球面レンズを含む9枚のレンズで構成されており、画面の隅々まできっちり描かれた鮮明な写真を撮ることができます。

被写体に20cmまで寄れることと、F値1.7の明るさの恩恵で、広角レンズながら背景がきれいにボケるのも特徴のひとつ。また、絞りをレンズ本体で直感的に操作できるので、カメラの操作をしっかり覚えていきたい人にもおすすめですよ。

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.
対応カメラ パナソニック LUMIX Gシリーズ、オリンパスO-MDシリーズ/PENシリーズ
対応センサーサイズ 4/3型(マイクロフォーサーズ)
最短撮影距離 20cm
絞り羽根 7枚(円形絞り)
重さ 115g

■購入する場合は、41,580円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

FUJIFILM XF56mmF1.2 R

FUJIFILM XF56mmF1.2 R

F1.2の明るさが魅力のポートレートレンズ

富士フイルムが販売しているレンズのなかで、もっとも明るい(開放F値が小さい)のが、このXF56mmF1.2 Rです。35mmフルサイズに換算すると85mmくらいの画角ですから、ポートレートの撮影にぴったりなレンズといえます。

その焦点距離と開放F値の小ささだけでなく、富士フイルムらしい繊細な描写と柔らかな色描写も人物撮影に適している理由。また、風景を撮影した際の立体感や、金属やガラスを撮影した際の描写力の高さも出色の出来と評判です。

405gという重さは、このくらいの焦点距離の単焦点レンズとしては重めですが、F1.2のポートレートレンズとしては破格の軽さと小ささです。カメラバッグに忍ばせておけば、人物撮影から風景のスナップまで幅広く活躍してくれます。

フジノンレンズ XF56mmF1.2 R
対応カメラ フジフイルムXシリーズ
対応センサーサイズ APS-C
最短撮影距離 70cm
絞り羽根 7枚(円形絞り)
重さ 405g

■購入する場合は、92,890円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)

TAMRON SP 35mm F/1.4 Di USD

タムロン史上最高の描写性能を誇るスペシャルなレンズ。

数多のレンズを作ってきたタムロンのなかでも、最高の描写力を備えているのがSPシリーズ。この『SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)』は、タムロン40周年を記念したレンズとして、タムロンの技術をつぎ込んだスペシャルな作りになっています。

このレンズの魅力は、数字にも現れてくる諸収差などを高い技術力で妥協せずに抑え込んでいること、そして、人間の感覚に訴えるボケ味や解像感も高いレベルで実現していて、ハッと息をのむほど美しい写真が撮れることにあります。

そして、素晴らしい技術をひけらかすことなく、あくまで裏方に徹するようないぶし銀の輝きもタムロンらしさ。ややもすると地味なレンズですが、プロや写真愛好家はしっかり見ていて、高価ながらとても評判のよいレンズです。

SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)
対応カメラ キヤノンEOS(一眼レフ)、ニコンDシリーズ
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 30cm
絞り羽根 9枚(円形絞り)
重さ 805~815g

■購入する場合は、82,200円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

意外と貴重なAPS-Cにぴったりの標準レンズ。

この『SIGMA 30mm F1.4 DC HSM』は、APS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラ専用の標準レンズです。35mmフルサイズに換算すると、45mm~48mmほどの使いやすい画角で、はじめての単焦点レンズにぴったりの1本といえます。

やや古めかしさのある描写が好評だった先代モデルからコンセプトは変わらず、単焦点レンズで写真を撮る楽しさが存分に味わえるのが魅力です。たとえば絞りを開ければ空気感まで写し取るような雰囲気のある写りをしますし、グッと絞れば一転してシャープな写真も撮影できます。

APS-Cサイズのセンサーで、このくらいの画角のレンズというのは実は少なく、その点でも貴重です。セットのズームレンズから一歩踏み出したいとき、このレンズを手にすることをおすすめします。

30mm F1.4 DC HSM
対応カメラ キヤノンEOS(一眼レフ)、ニコンDシリーズ、ペンタックス
対応センサーサイズ APS-C
最短撮影距離 30cm
絞り羽根 9枚(円形絞り)
重さ 435g

■購入する場合は、37,207円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4

フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4

自分でピントを合わせるマニュアルフォーカス専用レンズ。

現在販売されているカメラの多くが自動でピントを合わせる「オートフォーカス」なので、自分でピントを合わせたことのない人も多いと思います。もし、趣味として単焦点レンズを購入するなら、自分でピントを合わせるマニュアルフォーカスレンズもおすすめです。

作っているのコシナという日本のメーカー。この『NOKTON classic 35mm F1.4』は、オートフォーカス機構がない、マニュアルフォーカス専用レンズで、コシナが得意とする分野のレンズです。写りはどこかクラシカルで、ソニー純正レンズとは持ち味が異なります。

マニュアルフォーカス専用ということもあり、ピントリングの回し後心地はねっとりと適度な重さで、快適にピント合わせができます。露出やシャッタースピードだけでなく、せっかくならピントも自分で合わせてみると新たな発見があるかもしれませんよ。

フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4
対応カメラ ソニーα(ミラーレス)
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 30cm
絞り羽根 10枚(円形絞り)
重さ 262g

■購入する場合は、65,593円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

AF-S NIKKOR 24mm f1.8G ED

軽量&高コスパな明るい超広角レンズ

近年の標準ズームレンズは24mmをカバーしているものも多く、しかも写りが大変よいため敢えて単焦点レンズを選ぶ理由を見つけるのも難しくなってきました。こちらの『AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED』は、ズームレンズでは及ばない開放F値1.8の明るさが自慢です。

ニコンには同じ24mmでF1.4の明るさを持つレンズもありますが、そちらは重さが600g以上で価格も20万円を超えます。でもこのレンズなら、価格は1/3のほどで重量も半分程度、それでいて写りのよさはかなりのもので、大変評判のよいレンズです。

24mmの超広角レンズでも、F1.8の明るさがあれば背景をボカして撮影することも可能。また、星空の撮影にも最適なレンズとして人気があります。逆光にも強く解像度も高い、なんともニコンらしい真面目さも魅力のレンズです。

AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED
対応カメラ ニコンDシリーズ
対応センサーサイズ フルサイズ・APS-C
最短撮影距離 23cm
絞り羽根 7枚(円形絞り)
重さ 355g

■購入する場合は、73,140円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

まとめ

単焦点レンズには、超広角〜超望遠までさまざまなレンズがあり、その個性や使い途はさまざまです。また、シンプルでズームレンズのように融通が利かないからこそ、最短撮影距離など細かな性能が重要になってきます。

ここで紹介した選び方を参考に、自分の使い方にぴったりの単焦点レンズを選んでください。

単焦点レンズをみる

1 2