【2020年最新】SIGMA(シグマ)のレンタルにオススメなレンズ10選

SIGMA(シグマ)のレンズを使っている方はいるでしょうか。もし使っていないのであれば、その理由はレンズ性能に問題があるとお考えかもしれません。しかし、現在においてその考えは改めた方がいいでしょう。

そこで今回はレンタルにおすすめのシグマのレンズを紹介していきます。レンタルできるものだけを紹介しているので、気になるものはぜひレンタルで利用してみてはいかがでしょうか。

そもそもSIGMA(シグマ)ってどんな会社?

株式会社シグマは昭和36年に創業した老舗の光学機器製造メーカーで、カメラや一眼レフカメラ用交換レンズなどを取り扱っています。『「本質」と「最高」。求めるのは常にこのふたつ。』を企業哲学とし、常に品質を追い求めている企業です。

その姿勢は、金型からパーツまで会津工場で一貫生産するというこだわりからも伝わります。徹底したメイド・イン・ジャパンへのこだわりが品質へのこだわりとして現れている老舗メーカーです。

刷新されたSIGMA(シグマ)のイメージ

これまでのシグマのイメージといえば、あくまでサードパーティ製のレンズというものでした。純正のレンズのレンズより値段は安いが解像力や品質はそこまで良くない、いわゆる「安かろう悪かろう」といった具合です。

しかし、ここ最近はその評価が覆されています。高性能・高品質であり、それでいて純正レンズと比べて値段は抑えられているとして人気を集めているのです。また、サードパーティとしての強みを十分に発揮しているのが、純正レンズにはないラインナップ。

かつてのイメージを刷新し、大きく生まれ変わったシグマのレンズを試してみる価値は十分にあります。

レンズだけでなくカメラも独自の進化を

シグマはサードパーティ製のレンズというイメージが強いかもしれませんが、カメラの製造・販売も行っています。「Foveonセンサー」という独自のイメージセンサーを搭載したカメラであり、その特徴は質感さえも表現できる高い解像度と独特の色味です。

ミラーレスカメラとコンパクトカメラを展開しており、2019年10月にはフルサイズのミラーレスカメラも発売されました。

SIGMA(シグマ)の交換レンズはどんな種類があるの?

シグマのレンズは多くの種類が展開されており、どれを選べばいいかわからないという方も多いかもしれません。そこで、シグマのレンズを選ぶ際のポイントを紹介しましょう。

シグマのレンズを選ぶ際に理解しておくべき点の1つが、用途に合わせてレンズをライン分けしていることです。シグマには以下3つのラインがあります。

Artライン

Artラインは、「とにかく描写性能を高くしたい」という期待に応えるために製造されたラインであり、シグマが誇るこだわりのレンズラインです。最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発されたもので、とにかく画質にこだわりたい人におすすめしています。

Contemporaryライン

Contemporaryラインは、使い勝手を重視したオールマイティなレンズラインです。小型・軽量、それでいて高性能を実現したContemporaryラインは、あらゆるシチュエーションで活躍できるレンズが揃っています。

Sportsライン

Sportsラインは、動きの速い被写体や遠くの被写体を捉えるためのレンズラインです。ハイレベルな光学性能と表現能力を有しており、スポーツフォトや野鳥などのネイチャーフォトはもちろん飛行機や鉄道の撮影にも能力を発揮します。

SIGMA(シグマ)の交換レンズを選ぶポイント

シグマレンズを選ぶときにはいくつか注意点があります。これを理解していなければ、最悪の場合使用できない可能性もあるので気を付けましょう。

マウントを確認する

カメラはメーカーごとにマウントが違います。そのため、一つのレンズですべてのメーカーのカメラに使えるわけではありません。違うマウントのレンズを使用しようとしても取り付けさえできないので注意が必要です。

ニコンを使用しているのであればニコン用の、キャノンを使用しているのであればキャノン用のレンズを選んでください。また、一眼レフとミラーレスでもマウントが異なります。自分のカメラに合うかをしっかりと確認しましょう。

カメラのセンサーサイズを確認

カメラのセンサーサイズに合わせてレンズも選択する必要があるのをご存知でしょうか。シグマのレンズはフルサイズ対応レンズを「DG」、APS-Cサイズ専用レンズ「DC」、ミラーレス専用レンズを「DN」と表記しています。

APS-Cのカメラでフルサイズ対応レンズを使用するのは問題ありません。しかし、フルサイズのカメラでAPS-C専用レンズを使用すると四隅が「ケラれて」しまい、トリミングの必要が出てきます。「ケラれる」とはレンズフードやフィルターが四隅に映り込み黒くなってしまうことです。

同様に、フルサイズのカメラでAPS-Cのレンズを使用すると、フルサイズカメラの解像度を活かしづらくなるのでおすすめできません。

レンタル可能なおすすめのシグマ(SIGMA)交換レンズ10選

24-70mm F2.8 DG OS HSM

スナップ撮影から記念写真までカバーする、使い勝手の良いマルチレンズ。

焦点距離24mmから70mmの標準域をカバーできるレンズで様々な撮影に対応することができます。開放値は全域でF2.8という明るさを持ち、かつArtラインということもあり高い解像力を誇っているのがこのレンズの特徴です。

また、鏡筒を金属製にすることで剛性感を高め、簡易的ではあるものの防滴性と防塵性も備えています。そのため、多少タフな状況の撮影にも対応可能であり、プロからアマチュアまで幅広く使用可能です。

この一本があればポートレートやスナップ撮影はもちろん、旅行などのプライベートでも活躍すること間違いなしです。純正レンズに負けない描写性能は一度体感する価値があります。

24-70mm F2.8 DG OS HSM
レンズタイプ 標準ズーム
製品ライン Artライン
対応マウント ニコンFマウント・キャノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 37cm
重さ 1,020g

■購入する場合は、135,200円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

12-24mm F4 DG HSM

一度は試していただきたい、描写力の高い超広角ズーム。

超広角ズームレンズの悩みは周辺画質や歪曲収差です。このバランスをどう取るかがレンズメーカーの課題となりますが、このレンズにおいてはレンズ設計や素材、加工技術を見直すことで妥協なないレベルにまで押し上げることができました。

開放F値はF4で固定されている点もプラスポイントで、ズームリングを回すことでF値が変化しないというのは撮影のストレス低減につながります。また、超広角ズームが活躍する風景撮影における厄介者が逆光時のフレアやゴーストですが、その発生を低減し高い描写が実現可能です。

高い描写力を誇るArtラインのため風景写真はもちろん、スナップ撮影やポートレート、スタジオ撮影にもしっかりと対応してくれます。超広角ズームを試してみたいという方にはおすすめの一本です。

12-24mm F4 DG HSM
レンズタイプ 超広角ズーム
製品ライン Artライン
対応マウント ニコンFマウント・キャノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 24cm(24mm時の値)
重さ 1,150g

■購入する場合は、168,299円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

14mm F1.8 DG HSM

夜景撮影はお手のもの。14mm×F1.8。

シグマの14mmレンズの最大の特徴は開放F値がF1.8の明るさを実現している点であり、他メーカーにはないレンズです。そのため、超広角レンズを使用した夜景や星空の撮影に適しています。

もちろん明るいだけのレンズではありません。広角にもかかわらず周りの情景に程よいボケ味をもたらし、主役を際立たせる独特の表現力も持っています。そのため、これまでの超広角レンズとはまた違った表現が可能です。

14mm F1.8 DG HSM
レンズタイプ 単焦点レンズ
製品ライン Artライン
対応マウント キャノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 27cm
重さ 1,120g

■購入する場合は、167,949円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

85mm F1.4 DG HSM

ポートレート撮影の王道レンズ。

究極の85mmレンズと言ってもいいほどの一本です。85mmといえばポートレートの王道ともいえるレンズであり、純正メーカーも必ずラインナップに並べてきます。そして、その純正メーカーをも上回る性能を持つのがシグマの85mmです。

5,000万画素の超高画素一眼レフカメラにも対応できるレンズとして開発されているので、カメラの性能を最大限に引き出してくれるレンズであるといえます。日頃からポートレートをよく取る方には是非一度試していただきたい一本です。

しかし、デメリットがないわけではありません。それは大きさと重さです。高画素カメラに対応する大口径レンズということもあり、その重さはニコン純正の85mm F1.4のレンズと比較すると約2倍にもなります。しかし、レンタルであればそう言った面も含めて試すことができます。

85mm F1.4 DG HSM
レンズタイプ 単焦点レンズ
製品ライン Artライン
対応マウント Nikon Fマウント・ライカLマウント・ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 85cm
重さ 1,130g

■購入する場合は、110,190円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

135mm F1.8 DG HSM

1ランク上の風景写真を撮りたい、全てのフォトグラファーへ。

135mmレンズもポートレートで使用されることが多いレンズですが、風景写真でも利用をおすすめしたい一本です。85mmとは違う表現力を持ち、その圧縮効果とボケ味で新たな表現を実現できます。

この135mmも5,000万画素の超高画素一眼レフカメラに対応しており、シグマが誇る最新レンズです。軸状色収差を徹底的に排除し、高コントラストでクリアな画質を保ちます。

85mm同様、大きさと重さは他メーカーの同タイプのレンズより上回ります。しかし、撮影したデータを見れば、もう他のレンズは使用できないかもしれません。

135mm F1.8 DG HSM
レンズタイプ 単焦点レンズ
製品ライン Artライン
対応マウント ニコンFマウント・キャノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 87.5cm
重さ 1,130g

■購入する場合は、122,319円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

18-35mm F1.8 DC HSM

人呼んで、究極のAPS-C用レンズ。

APS-Cセンサーのカメラを使用している方におすすめしたいのがこのシグマの18-35mmというレンズです。まず純正メーカーも含めてこれほどハイスペックなAPS-Cレンズは出されていません。

焦点距離18-135mmは35mm換算で28mm-54mmです。つまり標準ズームレンズの部類ですが、特筆すべきは開放F値がF1.8で固定されている点にあります。APS-Cレンズでズーム全域をF1.8固定されているものはなく、いわば28mm,35mm、50mmのF1.8単焦点レンズを1本にしたようなものです。

解像度も非常に高く、これと言った弱点もない究極のAPS-C用標準レンズです。APS-Cのカメラを使用している方には是非とも一度お試しいただきたい一本となります。

18-35mm F1.8 DC HSM
レンズタイプ 標準ズームレンズ
製品ライン Artライン
対応マウント キャノンEFマウント
対応センサーサイズ APS-Cサイズ
最短撮影距離 28cm
重さ 810g

■購入する場合は、73,880円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

旅行シーンで活躍間違いなし。自然光撮影ならこれ1本でOK。

次にAPS-Cセンサーのカメラを使用している方におすすめしたいのがシグマの18-200mmのレンズです。焦点距離18-200mmは35mm換算で28-300mmであり、一本で気軽に、そして幅広い撮影に対応できます。

キャノンからも同じ18-200mmのレンズが出されていますが、シグマが素晴らしいのは同製品に比べ描写力に優れ、価格も抑えられている点です。シグマの「画質は正義」という考えは、性能を上げるのが難しい高倍率ズームでも生かされています。

もちろん、単焦点や低倍率ズームのレンズに比べれば描写力は劣りますが、多くのレンズを持っていくことができない、それでも幅広い撮影がしたいという場合には便利な一本です。

18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
レンズタイプ 高倍率ズームレンズ
製品ライン Contemporaryライン
対応マウント キャノンEFマウント
対応センサーサイズ APS-Cサイズ
最短撮影距離 39cm
重さ 430g

■購入する場合は、99,800円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

100-400mm F5-6.3 DG OS HSM

小型で軽いのに性能は抜群。通称:ライトバズーカ。

シグマの100-400mmレンズは「ライトバズーカ」と呼ばれています。通常の超望遠レンズがその大きさから「バズーカ」と揶揄されているのに対して、400mmまでの超望遠域をカバーしつつ小型・軽量なためにそう呼ばれているのです。

コンパクトになれば画質が落ちるのではないかと思うかもしれませんが、シグマは画質の妥協を許しません。また、望遠マクロとしての利用もできるので離れた場所からのクローズアップ撮影も可能です。

高倍率ズームでありながらコンパクトなのでスポーツ写真はもちろん風景写真にもご利用できます。性能はもちろん、価格も抑えられておりコストパフォーマンスに優れた一本です。

100-400mm F5-6.3 DG OS HSM
レンズタイプ 望遠ズームレンズ
製品ライン Contemporaryライン
対応マウント ニコンFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 160cm
重さ 1,160g

 

■購入する場合は、77,180円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

70-200mm F2.8 DG OS HSM

スポーツも、風景も、ポートレートも。

70-200mmのレンズは多くのプロも使用するレンズであり、どのメーカーもラインナップに入れています。もちろん全ての純正メーカーからも出ており、メーカーが力を入れているレンズの一つです。

全ての純正メーカーも力を入れているなかあえてシグマのレンズをおすすめするのには理由があります。純正メーカーよりも多少重いものの、AF精度と速さは純正同等の力があり、解像度は純正をも上回るほどの性能を持っているからです。

スポーツラインですが、スポーツだけでなく風景やポートレートでも威力を発揮します。純正の70-200mmを使用している方も、一度シグマのレンズを試してみてはいかがでしょうか。

70-200mm F2.8 DG OS HSM
レンズタイプ 望遠ズームレンズ
製品ライン Sportsライン
対応マウント ニコンFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 120cm
重さ 1,805g

■購入する場合は、135,286円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

そのスペック、唯一無二。シグマが誇る超望遠ズームレンズ。

ズーム側600mmの10倍ズームレンズというものをシグマ以外に見たことがあるでしょうか。これは世界初の挑戦でありながら、シグマ150-600mm F5-6.3 DG HSMと同等の高画質を実現しています。

標準域から超望遠域までカバーしているため多くのシーンで利用でき、スポーツから風景や動物、飛行機、鉄道など撮影シーンをあげればキリがありません。他メーカーにはない唯一無二のレンズです。

性能はこのクラスの超望遠ズームではトップを誇り、価格もシグマらしく抑えられているのでコストパフォーマンスがかなり高い一本です。超望遠ズームを探している方は一度試せば虜になってしまうのではないでしょうか。

60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
レンズタイプ 超望遠ズームレンズ
製品ライン Sportsライン
対応マウント キャノンEFマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 60〜260cm

(焦点距離200mm時において望遠マクロ撮影可)

重さ 2,700g

■購入する場合は、182,800円(2020/3月現在 カカクコム調べ)となっています。

■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

シグマのレンタルにオススメなレンズスペック一覧比較表

製品ライン 対応マウント 対応センサーサイズ 最短撮影距離 重さ
24-70mm F2.8 DG OS HSM Artライン ニコンFマウント・キャノンEFマウント フルサイズ 37cm 1,020g
12-24mm F4 DG HSM Artライン ニコンFマウント・キャノンEFマウント フルサイズ 24cm(24mm時の値) 1,150g
14mm F1.8 DG HSM Artライン キャノンEFマウント フルサイズ 27cm 1,120g
85mm F1.4 DG HSM Artライン Nikon Fマウント・ライカLマウント・ソニーEマウント フルサイズ 85cm 1,130g
135mm F1.8 DG HSM Artライン ニコンFマウント・キャノンEFマウント フルサイズ 87.5cm 1,130g
18-35mm F1.8 DC HSM Artライン キャノンEFマウント APS-Cサイズ 28cm 810g
18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporaryライン キャノンEFマウント APS-Cサイズ 39cm 430g
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryライン ニコンFマウント フルサイズ 160cm 1,160g
70-200mm F2.8 DG OS HSM Sportsライン ニコンFマウント フルサイズ 120cm 1,805g
60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sportsライン キャノンEFマウント フルサイズ 60〜260cm 2,700g

 

まとめ

かつてシグマのレンズ性能には信頼性がなく、価格を抑えたい方が手にするという評価でした。しかし、現在ではその性能は高く評価され、純正メーカーよりも高性能なレンズも登場しています。それでいて価格は抑えられているため、コストパフォーマンスに優れているのがシグマのレンズです。

特にArtラインの評価は非常に高く、その描写性能と表現力は一度試してみる価値は十分にあります。また、他メーカーにはないレンズラインナップも高いレベルで取り揃えているのもシグマの特徴の一つです。

シグマのレンズに興味を持ったがいきなり買うのはちょっと、という場合にはレンタルで試してみてはいかがでしょうか。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただきます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

全機材、クリーニング済み。

すべての機材は、返却後に専門スタッフがクリーニングを実施。もちろん動作確認済みです。※GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスなので、送料や追加料金は発生しません。

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

※2020年3月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を10%OFFさせていただきます。リンク先より、クーポンコード【Q7jZYtb3】をご入力ください。

GooPassの利用には審査が必要です。

審査完了後、レンタルのお申込をいただき、実際に発送されるまで料金は一切発生いたしません。なお、審査の結果によってはご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。

・ご利用頂く前に、ご本人のお名前とご住所の確認書類を提出頂き、当社及び、保証会社の所定の審査をさせていただいております。

審査には原則として提出後2〜3日(土日祝を除く)を要しますが、場合によっては時間がかかる場合もございます。 ご予定等がございましたら早めのご登録をお願いいたします。