【2021年3月9日更新!】桜の撮影にオススメのカメラ11選

桜の撮影にオススメのカメラ

日本の春を象徴する「桜」。カメラ愛好家であれば、桜が満開になる頃には毎年撮影に出かけたくなるのではないでしょうか。しかし、せっかく撮影に出かけるなら桜の撮影に最適なカメラで満足のいく1枚を撮影したいところ。そこで、今回は「桜の撮影にオススメのカメラ11選」をご紹介します。

桜を撮影するカメラ選びのポイント

有効画素数

1600~2400万画素程度のカメラがオススメです。これより画素数が少ないとトリミング時や加工時の画質劣化が激しくなってしまいます。また、画素数が多いと一般的な用途ではオーバースペックである上に、ファイルサイズも比例して大きくなり、記録媒体の容量を圧迫してしまいます。

手ブレ補正機構

花の撮影は基本的に日中でも三脚を立てて行ないますが、イベントや混雑状況によっては三脚が立てられない場合があります。その際に手ブレ補正を搭載しているカメラなら、手持ちでも安定した撮影が可能です。

桜の撮影にオススメのカメラの種類

一眼レフカメラ・ミラーレス一眼レフカメラ

一眼レフカメラは、一般的に上位モデルほどサイズが大きく重くなるため、エントリーモデル~中級機がオススメ。特に初心者の方はエントリーモデルを選ぶと良いでしょう。カメラが自動で設定してくれる機能が搭載されているので、簡単に高画質な撮影ができます。ミラーレス一眼レフカメラは元々が小型・軽量なので、エントリーモデル~フラグシップ機まで、どのクラスを選んでもOKです。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラは、開放F2.8以下の明るいレンズが搭載されているモデルがオススメです。利便性重視ならズームレンズを搭載しているカメラ、より明るい開放F2以下の描写を求めるなら単焦点レンズを搭載しているカメラを選ぶと良いでしょう。

桜の撮影にオススメのカメラ11選

ここからはGooPassがオススメする「桜の撮影にオススメのカメラ11選」を紹介していきます。

Canon EOS RP

初心者に優しいフルサイズ機。

EOS RPは、フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。本機のウリは、何と言ってもキヤノンのフルサイズミラーレス一眼ラインナップの中で最軽量のボディ。バッテリーやSDカードを含めても500mlペットボトル1本分にも満たない質量で、フラグシップ機「R6」と比べて253g軽く、圧倒的な携行性を誇ります。
また、フルサイズ機にベテランが使用するイメージがある方もいるかと思いますが、本機は初心者でも使いやすいモデルです。撮影者が選んだシーンに対して最適な設定をカメラが自動で決めてくれる「シーンインテリジェントオート」には、遠目から桜の木全体を撮影する「風景」や、花びらに寄ってボケを楽しめる「クローズアップ」という項目があります。自身で難しい設定をしなくても、高精細かつボケ感の美しいハイクオリティな桜を撮影できるのでオススメです。

EOS RP スペック
マウント キヤノンRFマウント
センサーサイズ フルサイズセンサー
有効画素数 2620万画素
ISO感度 標準:ISO100~40000
高速連写 ワンショットAF時:最高約5コマ/秒
サーボAF時:最高約4コマ/秒
幅×高さ×奥行き 132.5×85×70mm
質量 440g

■購入する場合は、122,753円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。

Canon EOS Kiss X10i

一眼レフデビュー応援モデル。

EOS Kiss X10iは、APS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラです。キヤノン一眼レフのエントリーモデルで、初めて一眼レフカメラを使う方にピッタリ。難しい設定を知らなくても撮影をアシストしてくれる機能が充実しています。たとえば、モード説明をイラストや写真で表示する「ビジュアルガイド」や、名称だけではわかりにくい機能や項目の説明文が表示される「機能ガイド」などなど。さらに、背面液晶がタッチパネルになっているので、オートフォーカスや画像加工などスマートフォン同様に直感的な操作が可能です。ミラーレス一眼レフに比べ若干ボディサイズは大きいものの、撮影時の安定感はバツグン。深いグリップでカメラをしっかりとホールドできるので、手持ち撮影でもキレイに桜を撮影できます。

EOS Kiss X10i スペック
マウント キヤノンEFマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
有効画素数 2410万画素
ISO感度 ISO100~25600
高速連写 ファインダー撮影時:最高約7コマ/秒
ライブビュー撮影時:最高約7.5コマ/秒
幅×高さ×奥行き 131×102.6×76.2mm
質量 471g

■購入する場合は、103,950円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Nikon Df

非Aiレンズを装着可能。

Dfは、フルサイズセンサーを搭載した一眼レフカメラです。その見た目とダイヤルを動かして設定する操作系は、まるで往年のフィルムカメラを彷彿とさせます。カメラが自動で素早く設定をしてくれる現代的な撮影方法をするカメラというより、自分で設定を詰めていき、撮影自体を楽しむためのカメラです。最大の特徴は、フィルムカメラ時代の非Aiレンズを装着できる点。通常、デジタル一眼レフカメラに「Auto Nikkor」などの非Aiレンズを装着する場合、マウントアダプターが必要です。また、撮影時の情報が残らない、もしくはそもそもカメラへの装着自体できない場合があります。しかし、本機はマウントアダプターを使用することなく非Aiレンズが装着可能。マニュアルレンズを持っていて、じっくり桜を撮影したい方にオススメしたい一台です。

Df スペック
マウント ニコンFマウント
センサーサイズ フルサイズセンサー
有効画素数 1625万画素
ISO感度 ISO100~12800
高速連写 CH:約5.5コマ/秒
幅×高さ×奥行き 143.5×110×66.5mm
質量 710g

■現在、ボディのみでは販売されていません。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。

Nikon D3400

圧倒的な軽さのエントリー一眼レフ。

D3400は、APS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラです。初めてカメラを使う方に最適なエントリーモデルである本機は、質量400g未満と、一眼レフカメラの中でも圧倒的に軽量。携行性の高さはバツグンで、気軽に近くの公園や旅行先へ持ち運ぶことができます。また、初心者の方でも簡単に撮影ができる「ガイドモード」を搭載。選んだシーンに最適な設定をカメラが自動でしてくれるので、自身で難しい設定をする必要はありません。さらに、スマートフォンとカメラをBluetoothでつないでおけば、撮影した写真が専用アプリ「SnapBridge」に送信されるので、そのままSNSに投稿することができます。

D3400 スペック
マウント ニコンFマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
有効画素数 2416万画素
ISO感度 ISO100~25600
高速連写 最高約5コマ/秒
幅×高さ×奥行き 124×98×75.5mm
質量 395g

■購入する場合は、34,800円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

SONY α7 III ILCE-7M3

バランスの良い性能がウリのハイスペック機。

α7 III ILCE-7M3は、フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラです。高感度重視や高画素重視など特徴が分かれているα7シリーズの中で、最も性能のバランスがとれている本機。桜の撮影はもちろん、移動しながらのスナップ撮影にも最適なモデルです。2420万の有効画素数で桜を高画質に切り撮るので、トリミングや色味の調整など加工も気兼ねなく行なえます。また、ボディ内に搭載された強力な手ブレ補正機構は、シャッタースピード約5段分の補正効果を発揮。桜の名所で行なわれる夜間ライトアップなど、三脚が立てられずシャッタースピードが稼ぎにくいシーンでも、手持ちで安定した撮影が可能です。

α7 III ILCE-7M3 スペック
マウント ソニーEマウント
センサーサイズ フルサイズセンサー
有効画素数 2420万画素
ISO感度 ISO100~51200
高速連写 Hi+:最高約10コマ/秒
幅×高さ×奥行き 126.9×95.6×73.7mm
質量 565g

■購入する場合は、194,373円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。

Leica Q

極上の写りを楽しめるコンデジ。

Leica Qは、フルサイズセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラです。ライカが誇る広角単焦点レンズ「ズミルックス 28mm F1.7 APSH.」を搭載し、散歩をしながらのスナップ撮影や桜撮影にピッタリ。単焦点レンズ特有のクリアなピント面と開放F1.7の滑らかで美しいボケが相まって、被写体が浮かび上がるような立体的な表現が楽しめます。また、内蔵されているのは単焦点レンズですが、28mm・35mm・50mmの画角が選べる「デジタルクロッピング」機能が搭載されているので、臨機応変に画角変更が可能。さらに、マクロモードを使えば被写体に17cmまで寄って撮影ができます。また、光学式手ブレ補正機能が搭載されているので、手持ち撮影時の安定感はバツグン。ライカの極上の描写を身近に楽しめる一台です。

Leica Q スペック
センサーサイズ フルサイズセンサー
有効画素数 2420万画素
ISO感度 ISO100~50000
幅×高さ×奥行き 130×80×93mm
質量 590g

■購入する場合は、478,000円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。

FUJIFILM X-Pro3

フィルムカメラのようなデジカメ。

X-Pro3は、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。富士フイルムのフラグシップモデルの一つで、チタン製の高級感とレンジファインダータイプの懐かしい外観が撮影欲を高めます。最大の特徴は、撮影時に背面液晶が格納される点。撮影しているフィルムのパッケージを裏蓋に挟んでいたように、 ISO感度や絞り値など最低限の設定のみ確認できるようになっており、フィルムカメラの使用感に限りなく近いデジタルカメラといっても過言ではありません。ある程度カメラの使い方に慣れており、1枚ずつ丁寧に設定を練って桜を撮影をしたい方にオススメです。フィルムメーカーとして培ってきたカラー設定「フィルムシミュレーション」で、季節感あふれる写真を収められるでしょう。

X-Pro3 スペック
マウント フジフイルムXマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
有効画素数 2610万画素
ISO感度 標準:ISO160~12800
高速連写 約11コマ/秒
幅×高さ×奥行き 140.5×82.8×46.1mm
質量 447g

■購入する場合は、204,493円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

圧倒的に持ち運びやすい中級機。

OM-D E-M5 Mark IIは、4/3型センサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。センサーサイズの小ささを活かした圧倒的な小型・軽量ボディで、気軽に持ち運びが可能。近くの公園で桜を撮影したいライトユーザーや、上級機を持つベテランのサブ機として最適です。手ブレ補正機構は、ボディ内だけでもシャッタースピード約5段分、対応レンズとの組み合わせで約6段分という驚異的な補正効果を誇ります。また、自動でピント位置をずらしながら撮影する「フォーカスブラケットモード」にも注目。桜をクローズアップして撮影する際に使用すれば、意図した位置にピントが合っていなかったということが減り、満足のいく1枚が撮影できること間違いありません。

OM-D E-M5 Mark II スペック
マウント マイクロフォーサーズマウント
センサーサイズ 4/3型センサー
有効画素数 1605万画素
ISO感度 ISO100~1600
高速連写 連写H:最高10コマ/秒
幅×高さ×奥行き 123.7×85×44.5mm
質量 417g

■購入する場合は、52,800円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

Panasonic LUMIX DMC-LX9

一眼レフに劣らない高性能コンデジ。

LUMIX DMC-LX9は、4/3型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラです。手のひらサイズの小型ボディに、35mm判換算24-72mm相当の標準ズームレンズを搭載。開放F1.4-F2.8と非常に明るく、滑らかで美しいボケが楽しめます。また、マクロモード使用時の最短撮影距離は3cmと、桜にグッと寄って撮影が可能。さらに「フォーカスセレクト」機能を使えば、撮影後に背面液晶をタッチ操作することでピント位置の調整ができます。コンパクトデジタルカメラながら、一眼レフカメラに劣らない本格的な撮影ができる高性能な一台です。

LUMIX DMC-LX9 スペック
センサーサイズ 1型センサー
有効画素数 2010万画素
ISO感度 ISO125~12800
幅×高さ×奥行き 105.5×60×42mm
質量 280g

■購入する場合は、68,300円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

PENTAX K-70

安心のアウトドア性能。

K-70は、APS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラです。ペンタックスはこれまで多くのフィールドカメラを開発しており、防塵防滴の性能の高さはお墨付き。山岳地帯や高原にある桜の名所で撮影している際、不意に天候が悪化してしまっても安心です。グリップ部が深くしっかりホールドできるので、ハイキングなど徒歩で移動しながらでも安定して撮影できます。また、最高ISO感度102400は競合他社のカメラと比較してトップクラスの性能。シャッタースピードが稼げないシーンでも気兼ねなくISO感度を上げることができます。夜間ライトアップなど、三脚が立てられないイベントで手持ち撮影をする際に活躍すること間違いないでしょう。

K-70 スペック
マウント ペンタックスKマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
有効画素数 2424万画素
ISO感度 ISO100~102400
高速連写 最高約6コマ/秒
幅×高さ×奥行き 125.5×93×74mm
質量 628g

■購入する場合は、54,800円(税込)(2021/3/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

サイバーショット DSC-RX100M6

コンデジでも自由な撮影が可能に!

レンズを交換せずにさまざまなシーンでの撮影を、高画質で楽しみたいという方におすすめの一台。有効画素数が約2010万画素、24mm〜200mmの望遠ズームが搭載されており、コンデジとは思えない高機能がつまったカメラです。他にもスローモーション撮影やパノラマ撮影など、自由度の高い撮影も手軽に楽しむことができます。アウターのポケットにすっぽり収まるコンパクトサイズも魅力です。桜並木道を散歩する際の、お供にどうぞ。

 サイバーショット DSC-RX100M6
タイプ コンデジ
センサーサイズ
画素数/動画サイズ 2010万画素/4K(30fps)
本体のサイズ 101.6×58.1×42.8mm
本体の重さ 301g
付属レンズのサイズ
付属レンズの重さ
その他機能 自分撮り機能・タッチパネル・顔認証・光学式手ブレ補正機構・Wi-Fiなど

■購入する場合は、108,169円(税込)(2020/9/1現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

まとめ

今回は「桜の撮影にオススメのカメラ11選」をご紹介しました。現在は一眼レフカメラ・ミラーレス一眼レフカメラはもちろん、コンパクトデジタルカメラでも高性能なモデルが存在し、使用用途によって多種多様な選択肢があります。ぜひ、こちらの記事を参考に最適な一台を選んでください。

 

▼桜の撮影にオススメなレンズはコチラ

▼桜をキレイに撮影する方法はコチラ

「オンラインお花見」開催中!

現在GooPassでは、「オンラインお花見」を開催中です。TwitterとInstagramより、ハッシュタグ【#goopassさくら2021】を付けて、桜の写真を投稿してください。GooPassスタッフが、全国各地から寄せられた素敵な作品を集めて、noteで順次公開させていただきます。

↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

見出し画像