【2021年2月5日更新!】埼玉県のオススメ撮影スポット5選

日本の関東地方に位置する埼玉県。埼玉スーパーアリーナなどのイベント施設や大型施設を思い浮かべる方が多いでしょう。都会的なイメージありますが、実は四季折々の花や木々などを楽しめる撮影スポットが豊富な県です。また、電車の交通網が発達しており、都心などからのアクセスが良好な点もポイント。この記事では、そんな埼玉県のオススメ撮影スポット5選を紹介します。

埼玉県の撮影スポットの特徴について

埼玉県の撮影スポットの特徴は、四季折々の花々や木々などの植物が撮影できる点。スポットによっては、紅葉や桜などの夜間ライトアップも行なっています。植物の撮影が好きな方はもちろん、ライトアップされた幻想的な風景を撮影したい方なども満足できるでしょう。

アクセスや交通手段について

これから紹介する撮影スポットまでは、いずれも電車を利用してアクセスできます。埼玉県は都心からも近いため、特に週末などは混雑するかもしれません。渋滞を避けるため、なるべく電車での移動をオススメします。電車の交通網が発達していることから、比較的スムーズにスポット間を移動することが可能です。

機材選びのコツ

1日に数ヶ所の撮影スポットを巡る場合は、移動の負担を軽減できるコンパクトなミラーレス一眼カメラがオススメです。その中でも、フルサイズセンサーやAPS-Cサイズセンサーを搭載した本格的なモデルが良いでしょう。花びらや木々の葉まで高解像で撮影できます。レンズには、広角域までカバーするズームレンズがオススメ。花に寄って撮影することも、風景全体を収めることもできます。

埼玉県のオススメ撮影スポット5選

①巾着田

群生する彼岸花のレッドカーペット。

巾着田(きんちゃくだ)は埼玉県日高市にある土地の名称。巾着田を山から眺めると、巾着のような形に見えることが名称の由来です。巾着田は、彼岸花の名所「曼珠沙華の里・巾着田」として知られており、9月中旬から下旬にかけて、一帯を約500万本の彼岸花が埋め尽くします。面積は、東京ドーム4個分に相当する22ha。ちなみに、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とは彼岸花の別名です。真っ赤に咲き誇る彼岸花は、まるで赤い絨毯のように美しく、SNS映えする写真を撮影できること間違いなし。オススメの撮影スポットは、巾着田東側の「あいおい橋」周辺と、高麗川(こまがわ)沿いの雑木林周辺です。「あいおい橋」周辺では、レトロ感のある木造の橋と、橋の真下に咲く彼岸花のひと味違う1枚を。雑木林周辺では、巨木と彼岸花の神秘的なコントラストを写真に収めることができます。

撮影スポット名 巾着田
住所 埼玉県日高市大字高麗本郷125番地2
アクセス 【電車の場合】
西武鉄道「高麗駅」から徒歩
【自動車の場合】
圏央道「狭山日高IC」から約30分
関越道「鶴ヶ島IC」から約30分
入場料 200円(曼珠沙華開花時期のみ公園内入場は有料)
URL http://www.kinchakuda.com/
駐車場 あり(1日500円)

②羊山公園

白、紫、ピンク、メルヘンな花の絨毯。

埼玉県秩父市にある羊山公園は、春に芝桜が園内を埋め尽くすことから「芝桜の丘」として知られています。園内を埋め尽くす10品種、約40万株以上の芝桜の光景は息をのむ美しさ。芝桜の開花時期は、4月上旬から5月上旬頃です。埼玉県の春の風物詩・芝桜を一目見ようと、毎年多くの観光客が訪れる人気のスポット。写真のように、紫や白・薄ピンク・ピンクなどメルヘンチックな色に咲き乱れます。飽きることのない色鮮やかな芝桜を楽しむことが可能です。また、芝桜の他にも園内にはソメイヨシノやしだれ桜・八重桜など約1,000本の桜が咲き誇ります。初春には花びらが舞う桜の木を、桜の見頃が終わる頃には一面に咲く芝桜を、華やかに撮影してください。

撮影スポット名 羊山公園
住所 埼玉県秩父市大宮6267
アクセス 【電車の場合】
・秩父鉄道御「花畑駅」から徒歩で20分
・西武鉄道西武「秩父駅」から徒歩で20分
【自動車の場合】
・関越自動車道「花園IC」から車で50分
・圏央道「狭山日高IC」から車で75分
入場料 300円
URL https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1955/
駐車場 あり(芝桜対策期間中は1日500円)

③元荒川

一生に一度は見たい、500本の桜並木。

「一度は見に行きたい日本の桜名所&名桜700景」に選出されている元荒川。4月上旬になると、遊歩道に連なる約500本のソメイヨシノが、春の訪れを感じさせてくれます。約2.5kmもの桜並木が続く様は圧巻の一言。また、付近に架かる鉄道のレールを用いた趣のある橋からは、橋と両岸に咲く満開の桜を写すことが可能です。ただし、人気のフォトスポットのため、週末は人が橋を埋め尽くすほどの混雑が予想されます。そこで、ピークとなるお昼前後は避けて、朝早い時間帯に撮影をするのが良いでしょう。

撮影スポット名 元荒川
住所 埼玉県鴻巣市鎌塚2丁目
アクセス ・JR「吹上駅」から徒歩5分
・東武スカイツリーライン「北越谷駅」西口から徒歩約10分
入場料 無料
URL https://sp.jorudan.co.jp/hanami/spot_1119.html
駐車場 周辺に有料コインパーキングあり

④月の石もみじ公園

真っ赤なモミジと、荒川の清流と、岩畳と。

月の石もみじ公園は、埼玉県秩父郡長瀞町にある紅葉の名所です。園内に植えられた200本ものモミジやクヌギなどが、11月上旬から12月下旬にかけて赤や黄に紅葉します。公園からは荒川の河川敷に降りることが可能。河川敷には、国の名勝・天然記念物にも指定された岩畳が広がっています。色鮮やかに紅葉した木々と、荒川の清流と、迫力のある岩畳…。コントラストが美しい紅葉を撮影できます。また、紅葉の時期は園内で夜間のライトアップを行なっているため、昼間とは異なる雰囲気を味わうことも可能(2019年のライトアップは11月1日~11月24日の16時~21時)。温もりを感じるオレンジの灯りに照らされた、幻想的な紅葉は一見の価値ありです。

撮影スポット名 月の石もみじ公園
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1446
アクセス 【電車の場合】
秩父鉄道「上長瀞駅」から徒歩約5分
【自動車の場合】
関越自動車道「花園IC」より約30分
入場料 無料
URL https://fun-chichibu.com/6578/
駐車場 あり(月の石もみじ公園有料駐車場:1日500円)

⑤秩父ミューズパーク

ノスタルジックなイチョウ並木。

秩父ミューズパークとは、埼玉県営及び秩父市営の公園です。公園といっても、面積は東京ドーム約6個分の271.3ha。園内には、音楽堂や野外ステージ・スポーツ施設・カフェ・温泉などがあり、公園の枠を超えたテーマパークといえます。年間を通して四季折々の花々が咲くことも魅力。梅やシャクナゲ・アジサイ・スイセンなど様々な花を楽しむことが可能です。また、秋に見頃を迎えるイチョウ並木が美しいことでも有名で、フォトジェニックな1枚を撮るために多くの人々が訪れます。イチョウ並木が見られるのは、広大なパークの両端を繋ぐように敷かれた遊歩道「スカイロード」。約500本ものイチョウが連なった光景に癒されるはず。イチョウ並木の下に立って、ポートレート撮影などもオススメです。秋を感じさせるノスタルジックな1枚を残すことができます。

撮影スポット名 秩父ミューズパーク
住所 埼玉県秩父市田村
アクセス 【自動車の場合】
関越自動車道「花園IC」からR140号経由で約50分
【電車の場合】
秩父鉄道「秩父駅」、又は西武鉄道西武秩父線「西武秩父駅」から秩父ミューズパ-ク循環バスぐるりん号で20分、ミューズパーク中央下車、徒歩5分
※バスの時刻表はコチラ
入場料 無料
URL https://www.muse-park.com/
駐車場 あり(無料)

埼玉県の撮影にオススメの機材

カメラ

α7R III

青空の下の芝桜も、ライトアップされた紅葉も。

SONY(ソニー)のフルサイズミラーレス一眼カメラ・α7R III。有効約4,240万画素の高解像・低ノイズを実現したモデルです。本機から、新世代の画像処理エンジンを搭載。その結果、高感度撮影時にも、ノイズを抑えたキレのある写真を撮影できます。夜間にライトアップされた「月の石もみじ公園」の紅葉や、「元荒川」の桜並木も、肉眼で見るのと変わらない美しさで表現することが可能です。また、重量約572gと軽量・コンパクトなボディも魅力。電車での移動がベストな埼玉県の撮影でも、負担にならないサイズ感を実現しています。気軽に持ち出せるカメラを探している方も、尚且つ画質の良い本格的な写真を撮影したい方も満足できる1台です。

製品名 SONY α7R III ILCE-7RM3
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 4240万画素/4K(30p)
AF測距点 399点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.78倍
常用感度 ISO100~32000
シャッター速度 1/8000~30秒
 本体の重さ 572g
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth

■購入する場合は、261,257円(2020/10/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

レンズ

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

17-28mm (Model A046)

ハイレベルな画を、ポケットサイズのボディで。

TAMRON(タムロン)の超広角ズームレンズ・17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)。焦点距離17-28mmの、ソニーEマウント用大口径レンズです。最大の魅力は、コンパクトながらも高い光学性能を誇る点。本体は長さ99mm、質量420gでクラス最小・最軽量を実現しました。カメラ本体がコンパクトでもレンズのサイズが大きかったり、重量が重かったりすれば、移動の負担になります。しかし、本機はポケットに収まってしまうほど身軽なボディ。そのため、荷物を気にすることなく撮影に専念できるはず。また、光学性能の優れた特殊なレンズを採用しており、高いレベルで色収差を抑えられます。色彩豊かな花々や木々も、高い解像度で撮影できる1台です。

製品名 TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)
対応マウント α Eマウント系
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 0.19m
絞り羽根枚数 9枚
質量 420g

■購入する場合は、93,500円(2020/11/13現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

レンズキット

GooPass SONY α7R III + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット


今回紹介した【SONY α7R III】と【TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)】を2つ同時に新品で購入する場合、261,257円+93,500円=355,877円かかりますが、この【GooPass SONY α7R III + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット】なら、約93%オフの23,800円で1ヶ月間レンタルすることが可能です。※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額13,800円で1週間借りることができます。

まとめ

都心からのアクセスが良好な埼玉県。撮影スポットのほとんどが都心から電車で片道2時間以内、気軽に絶景を楽しみたい方にうってつけの立地です。約500万本の彼岸花が咲く「巾着田」や、「元荒川」の「一度は見に行きたい日本の桜名所&名桜700景」に選出された桜並木など、フラッと訪れて撮影できるのは嬉しいポイントです。ぜひ、四季折々の花々や木々を写真いっぱいに収めてください。