【2020-2021最新】六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションを撮影しよう!

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!
今回は、東京都港区の人気イルミネーション・六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションを紹介します。

六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションについて

六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションは、六本木ヒルズのメインストリートである、六本木けやき坂通りで点灯されているイルミネーションです。ホワイト&ブルーに輝く約70万灯のLEDが、約400m続くけやき並木道をロマンティックに演出します。オススメの撮影スポットは、六本木ヒルズ内にあるGIORGIO ARMANI(ジョルジオアルマーニ)前と、六本木ヒルズレジデンスC付近にある歩道橋の2ヶ所。GIORGIO ARMANI前では、道路を挟んでシンメトリーに連なる幾層ものイルミネーションを。歩道橋では、イルミネーションの中央から顔を覗かせる東京タワーを、それぞれ撮影できます。夜の街を灯すランドマークとイルミネーションが織り成す光景は、この時期にしか見ることのできない特別なもの。大人なクリスマスの雰囲気に溢れた街を、ドラマチックに撮影してください。

六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションの点灯期間やオススメの撮影時間帯は?

六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションは、2020年11月13日(金)~12月25日(金)まで点灯されています。ライトアップされるのは、16時~20時の時間帯。特に、12月の週末は混雑が予想されるため、平日の撮影がオススメ。撮影の際は、日没前となる16時半前後から撮り始めることをオススメします。オレンジからブルーへ色が変わる、マジックアワーの綺麗な空を撮影することが可能です。また、夜間の撮影では、光り輝くイルミネーションをより一層美しく撮影できるでしょう。

六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションのアクセスは?

六本木ヒルズ(けやき坂通り)の住所は東京都港区六本木6丁目9。各線の最寄り駅から六本木ヒルズまでは、徒歩で10分以内です。また、六本木ヒルズには駐車場が完備されているため、自動車でのアクセスも可能。撮影機材などで荷物が多くなる方や、家族連れの方は自動車の利用がオススメです。

【電車の場合】
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩すぐ
・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口より徒歩10分

【自動車の場合】
六本木ヒルズの駐車場についてはコチラでご確認ください。

六本木ヒルズ(けやき坂)のイルミネーションの作例写真

この投稿をInstagramで見る

 

mochiii(@ri_cam93)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuki(@kz_pht)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiko_Y(@yukko_y13)がシェアした投稿

六本木ヒルズ(けやき坂)の撮影にオススメの機材

カメラ

イルミネーションやライトアップされた風景の撮影には、ISO感度の高いカメラがオススメです。その中でも、高画質を実現できる低ノイズ性能の高いモデルを選ぶと良いでしょう。

SONY α7R III

α7RIII

超高精細な写真が撮れるスペシャルモデル。

αシリーズの超高精細モデルが「R」のつくモデルです。このα7R IIIは、その3代目。高精細な4240万画素のイメージセンサーはそのままに、各部の高速化や、最新技術の追加、Bluetoothの搭載などの部分で、α7R IIからマイナーチェンジされました。細部の質感まで詳細に写し撮るために画像処理システムを一新。画像の美しさの追求はもちろん、高精細センサーが比較的苦手する高感度にもISO32000(拡張設定でISO102400)まで対応し、以前より幅広いシュチュエーションでの撮影が可能になりました。また、高精細センサーから得られる情報を最大限に活かすため、通常モデルよりも高精細な369万画素のOLEDを使用した電子ビューファインダーを採用しているのも特徴のひとつ。αシリーズで解像感を極めたいなら、α7R IIIがベストです。

α7R III スペック
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 4240万画素/4K(30p)
AF測距点 425点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.78倍
測光分割数 1200分割
常用感度 ISO100~32000
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 572g
その他機能 ボディ内手ぶれ補正、Wi-Fi、Bluetooth、NFC

■購入する場合は、292,775円(2020/8/26現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額9,800円で1週間借りることができます。

レンズ

イルミネーションなど広範囲に及ぶ風景の撮影には、撮影領域の広い、広角レンズがオススメです。

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)

クラス最小・最軽量を実現した、TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)。フルサイズミラーレス一眼カメラ対応の、ソニーEマウント用大口径超広角ズームレンズです。質量は420g、長さは99㎜の軽量・コンパクトなボディがウリ。日常使いから、旅先・アウトドアまで、撮影シーンを選ばずに持ち出しが可能です。さらに、ズーミング時にも長さが変わらないため、撮影中の操作もスムーズ。一度この使いやすさを味わってしまったら、やみつきになること間違いなしです。また、色収差を抑制できる、特殊ガラス材のLD(異常低分散)やXLDレンズを採用。コンパクトながら高い光学性能を誇ります。画質にもこだわった、超広角撮影にもってこいの優秀なレンズです。

クラス最小・最軽量、超広角撮影を身軽に。

製品名 TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)
対応マウント α Eマウント系
対応センサーサイズ フルサイズ
最短撮影距離 0.19m
絞り羽根枚数 9枚
質量 420g

■購入する場合は、93,500円(2020/11/13現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

レンズキット

GooPass SONY α7R III + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット

今回紹介した【SONY α7R III】と【TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)】を2つ同時に新品で購入する場合、292,775円+93,500円=386,275円かかりますが、この【GooPass SONY α7R III + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット】なら、約94%オフの23,800円で1ヶ月間レンタルすることが可能です。

今すぐレンタルできる超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット

▲カメラ機材のレンタルサービス『GooPass』の現時点で在庫がある、レンタル可能な機材だけをピックアップしました。

まとめ

撮影スポット名 六本木ヒルズ(けやき坂通り)
点灯予定期間 2020年11月13日(金)~12月25日(金)
点灯予定時間 16:00~22:00
住所 東京都港区六本木6丁目9
アクセス 【電車の場合】
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩すぐ
・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口より徒歩10分
【自動車の場合】
六本木ヒルズの駐車場についてはコチラでご確認ください。
入場料 無料
駐車場 六本木ヒルズ内に有料駐車場あり
オススメのカメラ SONY αシリーズなど耐ノイズ性能が優れたカメラ
オススメのレンズ 広角ズームレンズ

  GooPassで 最新の機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

 

GooPassオリジナルセット情報