【2021年最新】2021年8月13日(金)は「ペルセウス座流星群」を撮影しよう!

「ペルセウス座流星群」を撮影しよう!

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!

2021年8月13日の4時頃に、ペルセウス座流星群が活動のピークを迎えます。三大流星群の1つであり、1年で見られる流星群の中でも1・2を争う流星数※を誇る、ペルセウス座流星群。2021年は、8年ぶりに観測条件が良好になると予想されているそう。8月13日は、夏の人気流星群「ペルセウス座流星群」を撮影する絶好のチャンスです。

そこで、この記事では「ペルセウス座流星群」を綺麗に撮影するための、設定や必要な機材などを紹介します。初めて流星群の撮影に挑戦する方はもちろん、「以前、流星群の撮影に挑戦したけど、上手く撮れなかった…」という方もぜひチェックしてみてください!

※観測できる流星の数

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは、毎年お盆の時期に活動のピークを迎える流星群のこと。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並ぶ、三大流星群の1つで、ペルセウス座γ星付近を放射点(流星が放射状に飛び出してくるように見える1点のこと)として出現します。1年で見られる流星群の中でも、1・2を争う流星数を誇り、極大を迎えると1時間に30~60個、多くて80個以上(条件がよい時に熟練した観測者が見た場合)の流星を観測することが可能です。

2021年の「ペルセウス座流星群」の活動期間と極大はいつ?

参考:国立天文台公式ページ

「ペルセウス座流星群」の活動期間

「ペルセウス座流星群」の活動期間は、7月17日~8月24日。流星数が増えるのは、8月中旬を迎えてからです。

「ペルセウス座流星群」の極大(活動のピーク)

「ペルセウス座流星群」が極大を迎えるのは、8月13日の4時頃です。

2021年の「ペルセウス座流星群」の観測にオススメの時間帯と方角は?

「ペルセウス座流星群」の観測にオススメの時間帯

観測にオススメの時間帯は、放射点の高くなる8月12日の22時頃から、極大を迎える8月13日の4時頃まで。その間は、流星が非常に観測しやすくなります。また、極大に近づくにつれて、流星の数は徐々に増加。最も多く流星群が観測できるのは、13日の明け方(3~4時頃)と予測されています。

「ペルセウス座流星群」を観測できる方角

ペルセウス座流星群は、空全体に流れるため、観測時は1つの方角ではなく全方角の空を見渡すのがオススメ。撮影する際は、ペルセウス座流星群の放射点(ペルセウス座γ星付近)がある、北東の空を目安にカメラの画角を定めるのも良いでしょう。また、月が出ている間は、月の明るさで星が見えにくくなるため、月と反対側の方角を観測します。

極大期に見られる流星数

極大期に空が暗い場所で観測した場合、1時間あたりに見られる流星数は、50個ほどと予想されています。

2020年の「ペルセウス座流星群」

ペルセウス座流星群の撮影に必要なカメラ機材

ペルセウス座流星群の撮影にオススメなカメラ

ペルセウス座流星群を撮影するなら、フルサイズ機がオススメです。大型のイメージセンサーを搭載しているカメラは受光面が広く、暗い環境での撮影でも光の情報を多く取り込めます。また、同じ画素数のセンサーを比べた場合、大型になるほど画素1つの大きさ「画素ピッチ」が大きくなるため、豊かな階調表現が可能。夜空のわずかな光の階調でも、しっかりと表現してくれます。

また、フルサイズ機のなかでも、特に高感度撮影に強いモデルがオススメです。なぜかというと、流星群は、長秒露光でISO感度を上げて撮影するのが一般的。具体的にはISO51200以上など感度の上限が高く、ノイズリダクション機能が優れた画像処理エンジンを搭載しているカメラを用いると、ノイズの少ない高画質な写真を撮影できます。

ペルセウス座流星群の撮影にオススメな交換レンズ

使用するレンズは、ISO感度の上昇を最低限に抑えて夜空を広く撮影するために、「明るい広角レンズ」を選びましょう。目安としては、焦点距離が35ミリ判換算で14-35mm、絞り値はF2.8以下のモデル。フルサイズ対応のF2.8通しズームレンズなら、条件を満たしている上、画角調整できる利便性や、単焦点レンズのように何本も持ち運ぶ必要がないのでオススメです。

ペルセウス座流星群を撮影するのにオススメな設定

F値(絞り)

絞りは、レンズの開放F値に設定します。多少絞って撮影する場合でも、ISO感度の上昇を抑えるため、F2.8までに留めておきましょう。

ISO感度

ISO感度は、ISO3200-6400を基準として、発生するノイズが許容でき感度の値に調整します。ノイズを減らすためにISO感度を下げすぎると、シャッタースピードが遅くなりすぎてしまうので、注意が必要です。

シャッタースピード

ここまで決めたら、シャッタースピードは試写をして調整してください。多くの場合、15〜25秒ほどが適正露出になるはずです。感度の高いモデルでは、ISO感度を上げてシャッタースピードを速くできますが、1回の露光で流星を写せる可能性が低くなるため、オススメできません。逆に、シャッタースピードを遅くしすぎると、地球の自転の影響で星が動き、線として写ってしまいます。そのため、20秒前後で調整するのが無難です。

ペルセウス座流星群の撮影方法

まず、レンズの手ブレ補正機能をOFFにします。手ブレ補正は、補正機構がブレの方向と反対側にレンズを動かすことによって、ブレを打ち消すというもの。長秒露光時に内部でレンズが動いてしまうと、正しく描写されないので、必ずOFFにしておきましょう。次に、AF機能をマニュアルフォーカスに切り替え、手動でピントを合わせます。オートフォーカスでは、暗所で明るくない被写体に正確なピント合わせができないので、流星群や星空を撮影する際はマニュアルフォーカスが鉄則。背面液晶や電子ビューファインダーでフォーカスポイントの拡大機能を使用して、1番明るい星にピントを合わせると良いでしょう。初心者の方は、無限遠に合わせておけば、簡単かつ問題なく撮影可能です。ピントを合わせたら、パーマセルテープなどを使用して、フォーカスリングを固定してください。ふいに触って動かしてしまったり、移動時にピントがずれてしまったりするのを防げます。撮影の準備が整ったら、とにかく連写。流星が出現するタイミングや位置は予測できません。レリーズを使用している場合は、ひたすらシャッターを切るか、プログラミングでシャッターが切れる機能を使用してください。カメラのインターバル撮影機能を使用して連続撮影するという手段もあるので、自分にとって撮影しやすい方法を使い分けて撮影しましょう。

↓↓詳しい撮影方法は下記をCHECK↓↓
【2021年最新】流星群を撮影する方法を紹介します!

ペルセウス座流星群の撮影にオススメなカメラ・レンズキット

SONY α7S II + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット

天体撮影に強い高感度コンビ。

SONYのフルサイズ機と、TAMRONの最新大三元レンズの組み合わせはGooPassだから実現できる魅力的なセットです。カメラボディのα7S IIは、脅威の高感度耐性を誇るカメラで、最高ISO感度409600を実現し僅かな光でも被写体を綺麗に写し出してくれます。セットの17-28mmレンズは、超広角レンズを身近に楽しめるよう設計されており、ミラーレス専用設計にすることでコンパクトかつ高画質を実現しました。最短撮影距離は0.19mで超広角レンズならではの、パースペクティブを活かした写真を撮ることができます。AF駆動には独自開発のステッピングモーターユニットRXDを搭載。これにより動きの速い被写体に対しても正確で高速なAFが可能になりました。高感度耐性を持つボディと、コンパクトな超広角レンズのセットでしか撮れない写真を堪能してください。

■17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)を購入する場合は、93,459円(税込)(2021/4/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■α7S II ILCE-7SM2 ボディを購入する場合は、260,270円(税込)(2021/4/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら、ボディとレンズ合わせて月額26,180円(税込)でレンタル可能です。

↓↓その他のオススメカメラは下記をCHECK↓↓
【2021年最新】流星群の撮影にオススメの高感度カメラ10選

まとめ

肉眼でも観測しやすいといわれている「ペルセウス座流星群」。例年夏休み・お盆の時期に重なる、人気の流星群です。2021年8月13日は、当記事を参考にして「ペルセウス座流星群」の撮影に挑戦してみてはいかがでしょうか。綺麗に撮影できた際は、TwitterやInstagramに「#ペルセウス座流星群」「#ペルセウス座流星群2021」「#shootingstar」などのハッシュタグを付けて投稿してくださいね。