【2021年】パナソニック LUMIX(ルミックス)のミラーレス一眼おすすめ13選

Panasonic(パナソニック)のおすすめミラーレス一眼。人気のLUMIXを比較・解説します。

日本で初めてミラーレス一眼レフカメラを販売したのはパナソニックですが、10年以上に渡って「マイクロフォーサーズ」規格の開発を継続。近年では動画機能に特化したカメラを送り出すなど、独自の地位を築いてきました。

2018年には、これまで人気だった「LUMIX Gシリーズ」とは別に、フルサイズセンサーを使ったミラーレス一眼「LUMIX Sシリーズ」を発表、新たな挑戦を開始しました。

そんな注目を集める人気のミラーレス一眼「LUMIX」について詳しく解説します。

Panasonic LUMIXのミラーレス一眼の特徴

他のメーカーのデジタル一眼レフカメラと比べたとき、LUMIXシリーズを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか?

ミラーレス界随一の4K動画性能

他社のミラーレス一眼レフと比べたとき、パナソニックのミラーレスは動画撮影に強いのが特徴。

多くの機種において4K/60pの動画撮影に対応し、実際に動画撮影をメインとするユーザーから厚い支持を受けています。

LUMIX GH5

動画撮影がメインならLUMIX Gシリーズはかなりおすすめ

特に動画に強いのが、GシリーズのLUMIX DC-GH5、通称「GH5」。4K動画撮影は10分程が上限といったカメラも多い中、動画撮影時間は無制限、さらに4K動画の中でもより高精細な10bit撮影に対応し人気の機種となっています。

また、純粋な写真用としては画素数の小さい1028万画素のセンサーを使用した、動画撮影特化の派生版「LUMIX DC-GH5s」も発売。パナソニックの映画用カメラのノウハウを生かし、これまでのミラーレス一眼の枠を超えた動画性能が魅力です。

Leica(ライカ)など他メーカーの高性能レンズが使える

歴史的な写真家が多く愛用してきたドイツの名門Leica(ライカ)のレンズは、世界中の写真ファンの憧れ。ライカとパナソニックは2000年より協業し、ライカの製品をパナソニックが作るなど強い信頼関係で結ばれています。

その関係の中から生まれたのが、Gシリーズに用意された「LEICA DG Lens」です。ライカの厳しい光学基準をクリアした高品質なレンズで、現在10種類をラインナップ。さらにGシリーズは同じマイクロフォーサーズ規格の他社製レンズが豊富でそれも魅力になっています。

LUMIX Lens

Gシリーズ・Sシリーズ共に他社のレンズが使えるのも魅力

そして、フルサイズ機のSシリーズはカメラ自体が「ライカLマウント」を採用しているため、ドイツのライカ社が製造する高性能レンズをそのまま使えます。世界屈指のレンズメーカーであるシグマのレンズもこれから続々登場予定で、Sシリーズへの期待は高まるばかりです。

Panasonic(パナソニック)のおすすめの交換レンズ【おすすめモデルを一挙紹介】

規格 レンズ供給メーカー
Dシリーズ マイクロフォーサーズ オリンパス・シグマ・コシナ他
Sシリーズ ライカLマウント ライカ・シグマ

パナソニックのミラーレス一眼を選ぶときのポイント

では、パナソニックの一眼レフカメラを選ぶとき、どんなことに注意して選んだらよいのでしょうか?

写真と動画どちらをメインに撮影するか

動画撮影に特化した機種もラインナップしているLUMIXシリーズなので、まずは写真をメインに撮るか、動画をメインに撮るかを考えましょう。

そして動画撮影におすすめのLUMIXシリーズの多くは、4K動画に対応していますが細かな違いがあります。例えば「Gシリーズ」の場合、G9とGH5は同じイメージセンサーを使っていますが、4K動画の撮影時間がG9は10分、GH5は無制限です。その代わりにG9はオートフォーカスと連写性能が強力で、写真をくっきり写すためセンサーへの特殊コーティングも施しています。

LUMIX 動画or静止画

動画・静止画、それぞれを得意とするカメラが用意されている

フルサイズのSシリーズも同じで、S1Rは超高精細な静止画を撮ることを追求していますが、S1は動画撮影も考慮したスペックになっています。このようにカメラにより得意分野が違うため、用途を見極めて選ぶようにしましょう。

超高画質なフルサイズかバランスのよい4/3型(フォーサーズ)

2018年に新たに登場したフルサイズ機「LUMIX Sシリーズ」は、ミラーレス一眼レフカメラで屈指の超高画質が魅力です。これから充実してゆく予定のライカLマウントレンズを使う楽しみもあり、カメラ好きにはたまらないものがあります。

LUMIX imagesensor

画質を追求するならフルサイズ、機動性を重視するなら4/3型が◎

ただし、その分ボディ・レンズ共に大柄で重量級、気軽に持ち歩けるタイプのカメラではありません。そんなときはGシリーズがおすすめ。4/3型センサーの解像感はフルサイズには敵いませんが、すでに10年に渡って熟成を重ねており、かなりの高画質を実現しています。

また、背面液晶を見ながら撮影するコンパクトなモデルや、動画撮影にもっとも向いた機種もGシリーズにあります。撮りたいものや、狙いたい表現に合わせて、自身に最適なセンサーサイズのカメラを選びましょう。

おすすめのLUMIX Gシリーズ

では、Gシリーズの特徴とおすすめミラーレス一眼を紹介していきます。

Gシリーズの特徴

パナソニックとオリンパスの共同規格「マイクロフォーサーズ」。その第一号機「LUMIX DMC-G1」は2008年に発売され、それ以降パナソニックは4/3(フォーサーズ)型センサーを使用したミラーレス一眼「LUMIX Gシリーズ」を開発してきました。

LUMIX Gseries

サイズと画質のバランスのよさがGシリーズの魅力

Gシリーズの魅力は、本体・レンズがコンパクトなことや、ボディ内手ぶれ補正が強力なこと。日本初のミラーレスだけありレンズラインナップも豊富で、オリンパスをはじめとした他社製レンズも使えます。

そして動画性能はミラーレス一眼で随一です。業務用のシネマカメラも手がけるパナソニックならではの性能で、YouTuberやウェディングフォトの現場などからも人気を集めています。

続いては、おすすめのGシリーズの一眼レフカメラを紹介していきます。

LUMIX DC-G100V 標準ズームレンズ+トライポッドグリップキット

音まで盛れる、Vlog向けミラーレスキット

カメラ LUMIX DC-G100V 標準ズームレンズ+トライポッドグリップキット

  • 参考販売価格:106,000円(税込)※Panasonic Store参照
  • レンタル月額:10,780円(税込)

LUMIX DC-G100V 標準ズームレンズ+トライポッドグリップキットの最新在庫をみる

LUMIX DC-G100Vは、Vlog撮影向けに開発された、Panasonic(パナソニック)のミラーレス一眼カメラです。最大の特徴は高画質なだけでなく、高音質な映像を撮影できる点。NOKIA社製の内蔵マイク・OZO Audioを採用することにより、外付けマイクを使わなくても、臨場感あふれる音声を収音します。

撮影シーンに合わせて選択できる指向性モードは全部で5つ。たとえば、「トラッキングモード」。画角と顔・瞳人認識AFに連動して、人の場所や人数に合わせた収音範囲を自動調整します。実際に写っている方向から声が聞こえてくるので、まるでその場にいるかのようなリアルさを演出することが可能です。たとえば「サラウンドモード」。前後左右360°の環境音を収音できるので、頭上にいる鳥の鳴き声や自分の足音、遠くで聞こえる川のせせらぎまでリアルに収音します。また、コンデジと見間違うほどのコンパクトなボディも魅力の一つ。重さはキットレンズとバッテリーを含めてわずか412gです。まさに、Vlog撮影に特化したミラーレス一眼といえるでしょう。

ちなみに、付属のトライポッドグリップは、グリップ部分を広げるとミニ三脚としても使用可能。自撮りのレビュー動画などを配信するVloggerや、小鳥のさえずりや波の音、都会の喧騒などを撮影・録音する映像クリエイターの方にもオススメの1台です。

製品名 Panasonic LUMIX DC-G100V 標準ズームレンズ+トライポッドグリップキット
センサーサイズ 4/3型
画素数/動画サイズ 2030万画素/4K(30p)
AF測距点 49点/1点/ピンポイント
ファインダー視野率/倍率 約100%/約1.46倍
測光分割数 1728分割
常用感度 ISO200~25600
シャッター速度 1/16000~60秒
本体の重さ 約412g(キットレンズ、バッテリー、メモリーカード含む)
その他機能 Wi-Fi/Bluetooth

【注目の機材】Panasonic LUMIX DC-G100V 標準ズームレンズ+トライポッドグリップキット

LUMIX DC-G9

強力な手ぶれ補正機能搭載!写真撮影がメインならコレ

カメラ LUMIX DC-G9

  • 参考販売価格:230,868円(税込)※Panasonic Store参照
  • レンタル価格:月額15,180円(税込)※月額入れ替え放題サービス
  • 1Weekレンタル;月額10,780円(税込)

LUMIX DC-G9の最新在庫をみる

GH5と並ぶGシリーズの主力機種がこの「G9」です。動画に力を入れたGH5とは反対に、写真撮影に主眼を置いて性能を磨き上げていることが特徴。大きさと性能、そして価格のバランスのよさは、LUMIXシリーズでも随一です。

逆光時に写真が白っぽくならないようセンサーにコーティングを施したほか、0.04秒でピント合わせができるGH5より高速なオートフォーカスや、6.5段分という世界最高クラスのボディ内手ぶれ補正機能を搭載し、20コマ/秒の超高速連写まで実現しています。

さらに、4枚の画像をカメラ内で合成して超高画質な画像を作りだすハイレゾモードも搭載するなど、かなり充実したスペックです。右手のグリップが大きく握りやすいのもいいところ。動画撮影の機会が多くない方にぜひおすすめです。

製品名 Panasonic LUMIX DC-G9
センサーサイズ 4/3型
画素数/動画サイズ 2033万画素/4K(60p)
AF測距点 225点
ファインダー視野率/倍率 約100%/1.52倍
測光分割数 1728分割
 常用感度 ISO200~25600
シャッター速度 1/8000~60秒
 本体の重さ 586g
その他機能 ボディ内手ぶれ補正、Wi-Fi、Bluetooth

LUMIX DC-G99

必要な機能に絞り軽量化も行ったバランスのよさが魅力

カメラ LUMIX DC-G99

  • 想定販売価格:137,368円(税込)※Panasonic Store参照
  • レンタル価格:15,180円(税込)※月額入れ替え放題サービス
  • 1Weekレンタル;10,780円(税込)

LUMIX DC-G99の最新在庫をみる

この「LUMIX DC-G99」は、静止画の撮影に重きを置いた”LUMIX DC-G9″と同じシリーズのモデル。画質の部分では”LUMIX DC-G9″に匹敵するほどの性能を持ちながらも、特に必要な機能に絞ることで、手に取りやすい価格を実現しています。

画質を左右するイメージセンサーと映像エンジンは”LUMIX DC-G9″と共通で、センサーサイズの小ささを感じさせない描写性能の高さは健在です。オートフォーカスの測距点も減っていますが、それでも49点あるので、必要十分の性能といえます。

ボディ内手ブレ補正機構は、6.5段から5段に簡素化されていますが、それでも他社製品と同等以上の性能。そして、ボディが100g以上軽くなったことにメリットを感じる方も多いのではないでしょうか。比べるとよさのわかる、バランスのよいカメラですよ。

製品名 Panasonic LUMIX DC-G99
センサーサイズ 4/3型
画素数/動画サイズ 2033万画素/4K(30p)
AF測距点 49点
ファインダー視野率/倍率 約100%/1.52倍
測光分割数 1728分割
 常用感度 ISO200~25600
シャッター速度 1/4000~60秒
 本体の重さ 484g
その他機能 ボディ内手ぶれ補正、Wi-Fi、Bluetooth

おすすめのLUMIX GFシリーズ

では、GFシリーズの特徴とおすすめミラーレス一眼を紹介していきます。

ファーストミラーレスに!コンパクトでデザイン性も◎のGFシリーズ

Gシリーズの中でも一線を画すのが「GFシリーズ」。ファーストミラーレス一眼と位置づけられているように、コンパクトで初心者でも扱いやすいモデルとなっています。

LUMIXを肩にかける人

GFシリーズはデザイン性にも優れたファーストミラーレス一眼にぴったりのシリーズ

シンプルで上品なフォルムに、ボディーカラーもシルバーやブラックなど定番に加えて他にはないホワイトやオレンジがあるなど、デザイン性においても特徴のあるモデルです。ボディの革は、耐久性のある合皮素材で使い込むほどに馴染んでいきます。

素早くスムーズにモードを切り換えられる「モードダイヤル」や、カメラを向けるだけで自動で最適な設定を行ってくれる「おまかせiA」など初心者に嬉しい機能が多く操作性も抜群です。

続いては、おすすめのGFシリーズの一眼レフカメラを紹介していきます。

LUMIX DC-GF9(ダブルレンズキット)

小さくて軽い!GFシリーズの魅力を手軽に味わえる

LUMIX DC-GF9

  • 参考販売価格:115,380円(税込)※Panasonic Store参照
  • レンタル価格:月額6,380円(税込)※月額入れ替え放題サービス

LUMIX DC-GF9の最新在庫をみる

このシリーズの魅力を、もっとも手軽に味わえるのがこのDC-GF9です。覗き込んで撮影する電子ビューファインダーはついていませんが、その分小型かつ軽量で、180度反転する液晶によりセルフィー(自撮り)の撮影もしやすくなっています。

コンパクトデジカメと大差ないサイズながら、写真の仕上がりはミラーレス一眼ならではのクオリティ。1600万画素の4/3型センサーを搭載し、4K動画にもバッチリ対応しているので、旅先に気軽に持って行って思い出を残すのにもぴったりです。

黒とオレンジが用意された本体は、クラシカルな雰囲気。ミラーレスとしてはめずらしくmicroSDカードを使用するので、スマホとの共有がしやすいのもメリットです。コンデジやスマホからのステップアップはもちろん、2台目のカメラとしてもおすすめですよ。

製品名 Panasonic LUMIX DC-GF9
センサーサイズ 4/3型
画素数/動画サイズ 1600万画素/4K(30p)
AF測距点 49点
ファインダー視野率/倍率
測光分割数 1728分割
 常用感度 ISO200〜25600
シャッター速度 1/16000秒〜60秒(メカシャッターは1/500秒まで)
 本体の重さ 239g
その他機能 Wi-Fi、Bluetooth
1 2