オリジナルの梱包材に込められた、GooPassの想いとは?

オリジナルの梱包材に込められた、GooPassの想いとは?

11月8日は、「いい(11)パック(8)」の語呂合わせにちなんで、『梱包の日』に制定されています。そこで本記事では、カメラのサブスク・GooPassが商品をお届けする際に使用している、梱包材についてご紹介!GooPassオリジナルの段ボールに書かれたメッセージへの想いなどを、この機会に明かします。その他、商品の梱包に関する注意点も解説しますので、これからGooPassを利用しようか迷っている方も、GooPassユーザーの方も、ぜひチェックしてください。

GooPassオリジナルの梱包材に綴った代表メッセージ

GooPassがお客様へ商品をお届けする際に使用する段ボール箱には、『GooPass』を運営するカメラブ株式会社の代表取締役CEO・高坂からのメッセージが綴られています。そこで、メッセージに込めた想いや、箱にメッセージを入れるまでのストーリーを聞いてみました。

~代表取締役CEO・高坂がメッセージに込めた想いとストーリー~

 

GooPassのオリジナル段ボールを作るにあたり、ブランドバックのサブスクLaxusさんを参考にさせて頂きました。印象的だったのが、箱を開いたときに出てくるブランドメッセージで、サービスを好きになってもらうための情緒的な価値がそこにあると感じたからです。

 

そのため、箱を開封して最初に目にする正面にメッセージを配置することにしました。メッセージの内容については、GooPassを構想していたときから一貫して伝えたいと思っているサービス価値やクリエイターに届けたい想いを、改めて言葉にしています。言い回しや文字量のバランスなどから候補を4案作成し、すべて印刷して試作品として段ボールに貼り、印象を何度も確かめながら今の形に仕上がりました。

GooPassオリジナルの梱包材に込められたスタッフの想い

こだわっているのは、開封時のメッセージだけではありません。GooPassでは、デザイン・機能性にこだわった、オリジナルの梱包材を採用しています。商品を安全に届けることはもちろん、「お客様に気持ちよく使用していただきたい」というスタッフの想いを込めてデザインしたものです。2018年11月5日のサービス開始直後から試行錯誤を重ね続けて、現在進行形でアップデートしています。

①折り返しフタによる返送伝票構造

GooPassの機材発送・返送用段ボール箱は、フタが両サイドから立つ構造です。この構造により、【発送時の伝票を剥がして、返送用の伝票を貼り付ける】【フタを閉じるためのテープを用意する】といった返送時の手間を、最小限に抑えられます。

具体的には、お届けの際、片方のフタを上にしてお客様に発送します。もう片方のフタにはあらかじめ伝票が貼ってあり、返送時はそちらを上にして閉じれば、そのまま梱包が完了するという仕組みです。フタには、あらかじめ両面テープが貼り付けられており、フタを閉じるためのテープを用意する必要もありません。数種類ある段ボールのサイズでこの構造を実現するために、何度も検証を重ねて開発しました。

②ジップによる箱の開封

段ボールは、上面をジップ加工することにより、手で簡単にちぎって開封できます。商品の到着後すぐ、お客様にストレスなく商品を開封してほしいという想いから、この構造が採用されました。

ジップをちぎっていくと、その下からはウェルカムメッセージが見えてくる仕組みです。

③使いやすく改善された同梱品リスト

以前は箇条書きで記載されていた、箱に貼られている同梱品リスト。それをさらに見やすく、より活用いただけるよう、商品のリスト横には、到着・返却それぞれ2つのチェックボックス※を追加しました。到着時と返却時に内容の過不足がないか、一つ一つしっかりチェックができます。
※東京発送分のみが対象です

④専用梱包材・クイックフィットエコノ

ヤマト運輸が販売する『クイックフィットエコノ』とは、伸びるフィルムで商品をやさしくしっかり固定できる、コンパクト専用資材のこと。一般的な緩衝材を使用すると、どうしてもゴミが増えたり再利用が難しかったりするため、GooPassは当初より、この『クイックフィットエコノ』を採用しています。

⑤マニュアルや注意事項書類の省略

基本的な注意事項や説明・連絡先などは、書類として同封せずに、開封時すぐ目につく場所である箱の内側に直接印刷されています。こうすることにより、書類など最終的にゴミとなる資源の削減を実現しました。

オリジナル梱包材でパッキングできない場合

1,577種類、約7,000アイテムの撮影機材を取り扱っているGooPass。その中には、スイッチャー(カメラやパソコンなどの映像を切り替える機械)やドローンなど『大型』『特殊な形状』といった理由で、オリジナル梱包材ではパッキングできない機材があります。その場合は、【専用のケース+市販の段ボール箱】という”二重梱包システム”を採用。発送・返送時に不具合・破損が起こることのないよう対策しています。

例:Blackmagicdesign ATEM Mini Extreme ISO

▼商品に傷がつかないように、GooPassが工夫して作成した専用ケースに入れてお届けしています。

 

例:DJI FPV Combo

▼通常、「DJI FPV Combo」を購入した状態では、外箱しかついていません。そこで、お客様が持ち運びしやすいように、耐久性に優れた専用ケースを選定・購入してお届けしています。

GooPassからのお願い〜商品到着・返送時の注意点〜

GooPassでレンタルした商品の梱包に関して、よくあるトラブルを回避するための、主な注意点を解説します。

商品が届いたら必ず3日以内に内容を確認する

よくあるトラブル例:届いた機材に初期不良があったが、3日以内に連絡するのを忘れてしまった。

必ず商品到着後3日以内にセット内容や付属品をご確認いただき、不足などがございましたらサポートチャットまでご連絡ください。到着3日以降のご連絡の場合、ご利用時の紛失として対応させていただく場合があります。

商品の同梱品一覧は、お届け時の箱内部に貼られているので、開封した流れで同梱品に過不足がないかチェックしてください。また、GooPassサービスサイトの各商品ページにも記載がありますので、併せて確認することが可能です。

返送する際、同梱品の入れ忘れがないか確認する

よくあるトラブル例:返却時に同梱品を入れ忘れてしまった。SDカードなど、私物を一緒に返してしまった。

レンタルしていた商品を返送する際は、同梱品がすべて揃っているか、商品の同梱品一覧を見ながらしっかり確認しましょう。万が一、同梱品を入れ忘れてしまった場合は、すべての付属品が揃うまで、返却完了となりません。次のご注文や解約のお手続きが、できなくなってしまいますのでご注意ください。返却前取り置きをしていても、入れ忘れてしまった同梱品を返送するまでは返却が完了されず、取り置きした商品が発送されません。

また、私物を商品と一緒に返送してしまわないように、お気を付けください。よくあるのは、SDカードの抜き忘れなどです。返送後に私物を入れてしまったことに気づいた場合は、すぐにGooPassサービスサイト右下のチャットアイコンより、サポートへご連絡ください。

※弊社での返却処理中に私物の抜き忘れが発覚した場合は、チャットにてお客さまへご連絡いたします。
※私物の保管期限は1ヶ月間です。
※規定の期限を過ぎた場合は、こちらで処分させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

しっかり梱包して返送する

よくあるトラブル例:クイックフィットエコノ(商品の専用梱包材)を破いてしまい、緩衝材を入れずに返却したため、機材が不具合を起こしてしまった。

商品を受け取った際に使用されている専用梱包材・クイックフィットエコノは、返送の際にも使用するため、破いたり、捨てたりしないようご注意ください。専用梱包材は、運搬時の揺れなどによって生じてしまう、商品の不具合・破損を防ぐための大事なアイテムです。『商品のご返却・梱包の流れ』に沿って、返送作業を行なってください。

万が一、破いたり捨てたりしてしまい、専用梱包材を使用できない場合は、お客様自身で緩衝材をご用意いただき、機材を安全に返送できるようご配慮をお願いいたします。

※ 一部の大型機材は、上記緩衝材ではなく、エアークッションを使用して梱包している場合がございます。その際は、お届け時と同じように機材を梱包していただき、ご返却ください。

まとめ

GooPassが商品をお届けする際に使用する、梱包材について紹介しました。いつもGooPassをご愛顧いただきありがとうございます。本記事で解説した【梱包に関する注意点】をチェックいただき、トラブルを未然に防いで、カメラ機材のレンタルを楽しんでいただけたら幸いです。

GooPassでは、【機材の運搬や返送時に起こりやすいトラブルを予防したい】【分かりやすい案内で気持良くご利用いただきたい】【商品を受け取ったときにワクワクしてもらいたい】といった想いで、梱包材の選定・改善を行なっており、今後もより良くなるようアップデートされる予定です。