【2020年最新】SONY(ソニー)のオススメ望遠レンズ10選

一眼レフ用の交換レンズで、「広角レンズ」「標準レンズ」と併せて持っておきたいのが、今回紹介する「望遠レンズ」です。望遠レンズは、焦点距離が伸びるほど大きくなり、何本も持ち歩くことが難しいため、シーンに合わせたレンズ選びが必要。そうなると、自分の用途に合ったレンズを、しっかりと選びたいですよね。
今回はSONYのレンズラインナップから、幅広いシーンに対応できる望遠ズームレンズを紹介します。

望遠レンズとは

遠くの被写体を大きく写すレンズ

望遠レンズが主に活躍するのは、「大きく撮りたい被写体が遠くにあって、近寄れない」という場合です。スポーツや鉄道、木の上にいる野鳥撮影といったシーンは、超望遠レンズが必携。また、ポートレート撮影時に中望遠レンズを使用すれば、被写体に近づかない分、ストレスを与えずに撮影することが可能です。

圧縮効果で、被写体間の距離を縮める

望遠レンズには、「被写体間の距離を縮める=遠近感をなくす」という特徴があります。モータースポーツで後ろの車が迫っている様子を強調したり、都市部の人の多さを際立たせたりするといった使い方が可能。また、被写体の背後に点光源を配置すれば、大きな玉ボケができ、作品作りにも応用できるというメリットもあります。

望遠レンズはズームレンズが主流

望遠レンズには、「望遠単焦点レンズ」と「望遠ズームレンズ」の2つがあります。望遠単焦点レンズは、大口径で巨大なので、広角~標準域の単焦点レンズと違い、とても何本も持ち歩けません。よって、スポーツ中継といった、一定の距離感で撮影を続けるようなシーンを除いて、フレキシブルに対応できる望遠ズームレンズが主流です。目安としては、焦点距離135mmまでの撮影が多いなら、望遠単焦点レンズを揃えるのも選択肢としてあり。200mm以降の撮影が多いなら、望遠ズームレンズで対応したほうが良いでしょう。

手ブレが起こりやすいので注意

望遠レンズは、焦点距離が長くなればなるほど、手元のブレが撮影に大きく影響します。ご自身の体力と使用するレンズの大きさや重さによって、構え方を変えたり、一脚・三脚を使用するなどの工夫をしましょう。

SONYのオススメ望遠ズームレンズ10選

ここからはGooPassがオススメする、SONYの望遠ズームレンズをご紹介していきます。

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

軽量さと機能面のバランスが高い望遠レンズ。

FE 70-200mm F4 G OSSは、軽量で持ち運びしやすい望遠ズームレンズです。200mmまでの望遠域をカバーしながら、その全長は175mm、質量840g。また、ズーミングで全長が変化しないインナーズーム、フォーカス時に全長が変化しないインターナルフォーカシング方式を採用し、重量バランスの変化を感じることなく、撮影を楽しめます。レンズ構成は、SONY独自の高度非球面AAレンズを2枚、色収差を抑えるスーパーEDガラスを配置し、通常の反射防止コートと比較して約1/5という低い反射率を達成したナノARコーティングを施すことによって、ゴーストやフレアを効果的に抑制。クリアでシャープな解像感に仕上がっています。
操作面では、機能のカスタマイズが可能なフォーカスホールドボタン、AFの測定距離を範囲指定できるフォーカスレンジリミッターを搭載し、撮影時の利便性は良好。望遠域で起こりやすい手ブレには、光学式手ブレ補正機構が搭載されているため、シャッタースピードが稼げない場合でも安心感があります。手ブレ補正には、通常の手ブレ補正を行うMODE1と、縦軸の手ブレを補正する流し撮り用のMODE2から選択可能です。
同じ焦点距離で開放絞り値が明るいFE 70-200mm F2.8 GM OSSと、どちらを選択するか悩まれている方もいるでしょう。FE 70-200mm F4 G OSSは、絞り開放値がわずかに暗いところを気にする方がいるかもしれませんが、実際に使用してみると、F2.8まで明るくなくても問題ないシーンがほとんど。何より質量が640gも軽いということを考えると、常用望遠レンズとしての持ち出しやすさは、FE 70-200mm F4 G OSSに軍配が上がります。ただし、テレコンの使用ができないため、テレコンを使用したい方はFE 70-200mm F2.8 GM OSSを選択しましょう。

製品名 SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G
マウント Eマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 70-200mm
F値 F4

■購入する場合は、119,000円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM

最高の仕事をしてくれる一本。

FE 70-200mm F2.8 GM OSSは、シャープな解像度と美しいボケ味を高次元で両立させたG Master望遠レンズです。その描写力を支えているのは、フローティング機構内に配置された各レンズ。EDガラス、スーパーEDガラスによって色収差を抑制し、0.01ミクロン単位で管理された超高度非球面XAレンズを配置することによって、非球面レンズで出やすい輪線ボケ(円形ボケの内部に発生する年輪のような模様)を大幅に低減しています。また2つのフォーカスレンズ群を動かすフローティング機構が、近接撮影で発生しがちな収差の抑制に効果を発揮。最短撮影距離0.96m、最大撮影倍率0.25倍という優れた近接撮影能力と、11枚の絞り羽根による美しい円形ボケも相まって、望遠マクロのような撮影を楽しめます。
機能面では、光学式手ブレ補正機構を搭載。更に5軸手ブレ補正機構搭載のαボディに装着すれば、5軸方向の強力な手ブレ補正が加わり、シャッタースピードが稼げないシーンでも安定した撮影が可能です。
FE 70-200mm F4 G OSSと比較すると、全長200mm、質量1480gと重量級にはなりますが、1.4倍テレコンバーターのSEL14TC、2倍テレコンバーターのSEL20TCが使用でき、「あと少し焦点距離が長ければ…」といった不測の事態への対応力があります。また、連結部の防塵性能を高めたレンズマウントゴムリングによって、従来の防塵防滴より進化している点もポイント。ズーム全域F2.8通しという明るさで、結婚式やパーティーといったプロの仕事現場から趣味の撮影まで、最高の仕事をしてくれる一本です。

製品名 SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM
マウント Eマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 70-200mm
F値 F2.8

■購入する場合は、258,630円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G

ここぞというときに力を発揮する超望遠レンズ。

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSは、Eマウントレンズ史上初の600mmという超望遠を実現したレンズです。1.4倍テレコンバーターのSEL14TC、2倍テレコンバーターのSEL20TCに対応し、フルサイズαボディに装着すると最大1200mm、APS-Cαボディに装着すると最大1800mmもの焦点距離で撮影可能。普段の撮影では踏み込めない領域を体験できます。レンズ構成は、非球面レンズ1枚、ED5枚で諸収差を抑制し、ゴーストやフレアを抑えるナノARコーティングでクリアな描写を実現。また、絞り羽根は11枚の円形絞りが採用されており、望遠ズームの浅い被写界深度と相まって、美しい円形ボケが楽しめます。
デメリットは、全長318mm、質量2115gと、かなり重量級な点。超望遠ズームの宿命ではありますが、長時間カメラを構え続けるなら、最低でも一脚は欲しいところ。ただし、レンズ自体に短時間で撮影をこなせる技術が散りばめられているため、小脇を締めて構えることによって、手持ち撮影でも意外と耐えることができます。鏡筒が伸び縮みしないインナーズーム方式による安定したズーミング、停止位置精度の高いダイレクトドライブSSMを搭載したAF、更にAFの駆動を3つの範囲から選択できるフォーカスレンジリミッターを上手に使用することによって、短時間で撮影を終えることが可能です。
超望遠域での手ブレには、光学式手ブレ補正機構が採用され、ボディ内蔵手ブレ補正機能搭載のαボディに装着すると、5軸方向のブレ補正まで加わります。更に手ブレ補正のモードは、通常の手ブレ補正であるMODE1、垂直のブレを補正する流し撮り対応のMODE2に加え、不規則で速い被写体の動きに対応したMODE3を搭載。超望遠レンズを使用するメインシーンの野鳥、スポーツといった撮影が、一段と容易になりました。常用レンズとして常に持ち運ぶというよりは、ここぞというシーンで持っておきたい一本です。

製品名 SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G
マウント Eマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 200-600mm
F値 F5.6-6.3

■購入する場合は、226,113円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM

幅広いズーミングに対応できる4倍望遠ズーム。

FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSは、超望遠域のニーズと機動性を両立したG Master望遠レンズです。FE 70-200mm F2.8 GM OSSとほぼ同等の全長205mm、質量1395gというスペックで、焦点距離100-400mmもの幅広い領域をカバー。また1.4倍テレコンバーターのSEL14TC、2倍テレコンバーターのSEL20TCが使用可能です。
色収差を抑制するスーパーEDガラスとEDガラス、ゴーストやフレアを抑制するナノARコーティング、 前玉の防汚性を高めるフッ素コーティングといった技術により、GMレンズとして高い描写力を誇ります。フローティング機構では、ダイレクトドライブSSMとダブルリニアモーターの組み合わせによるパワフルなAFに加え、近接撮影の収差まで抑制。今回紹介するSONY望遠レンズで最も最大撮影倍率が高い0.35倍での望遠マクロ的な撮影でも、美しいボケが楽しめます。手ブレ補正機能が搭載されているため、望遠端で被写体に寄っても、安定したフレーミングが可能です。
操作面では、機能のカスタマイズが可能なフォーカスホールドボタン、AFの測定距離を範囲指定するフォーカスレンジリミッターはもちろんのこと、ズーム操作感調整リングが搭載されています。これは、ズームリング操作時の回転トルクを、素早く移動させたり、不意にズーム位置が変わらないようにしたり、シーンによって変更することができる機構。サーキットでの流し撮りなどで、被写体の速度に合わせて回転トルクを調節するといった使い方が有効です。100-400mmという焦点距離は、運動会やサッカーなどの幅広いズーミングに対応しなければならないシーンで役立つこと間違いなし。G Masterレンズとしての高い描写力を、ぜひ体験してみてください。

製品名 SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM
マウント Eマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 100-400mm
F値 F4.5-5.6

■購入する場合は、247,879円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

SONY FE PZ 28-135mm F4 G OSS SELP28135G

プロのように滑らかな動画撮影が可能に。

FE PZ 28-135mm F4 G OSSは、動画撮影に特化された広角から中望遠までをカバーする電動ズームレンズです。SONYが誇る光学性能で、4K動画撮影にも耐えうる描写力を実現。また、ズーム時にピントがズレる「軸ズレ」や、フォーカス移動で画角が変化してしまう「ブリージング」が、かなり抑えられています。
動画撮影に特化しているだけあって、静かでスムーズな機能面がかなり優秀です。ズームリングは、「電動ズーム」と「手動ズーム」の切替が可能。電動ズームは静音性が高く、マイクがモーター音を集音してしまうことはありません。手動ズームは、回してからズーム機構が動作するまでにわずかな遅延があり、多少の慣れが必要。しかし、ピーキーな操作感でカクつくということなく、滑らかなズーミングができます。被写体間のピント位置を移動する「ピン送り」も可能で、こちらも素早く滑らかに追従し、上品な映像になります。スチール撮影用レンズで動画撮影を行っていた方は、こちらのレンズをぜひ使ってみてください。操作系が充実していることによって、1ランク上の動画が簡単に撮影できますよ。

製品名 SONY FE PZ 28-135mm F4 G OSS SELP28135G
マウント Eマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 28-135mm
F値 F4

■購入する場合は、220,870円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G

迷ったら、とりあえず万能なこの一本。

FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSは、フルサイズ対応のEマウント望遠レンズです。全長143.5mmながら、APS-Cボディに装着した際の焦点距離は35mm判換算で450mmの超望遠域に達し、コンパクトさを活かしながら、軽快に移動して撮影が楽しめます。
非球面レンズ4枚とEDガラス2枚で諸収差を抑制しつつ、ナノARコーティングの採用でクリアな描写を実現。また、最短撮影距離0.9m、最大撮影倍率0.31倍という近接撮影の高さで、テレマクロ撮影を行うことが可能です。花壇の外から離れた花を撮影するといったシーンで、Gレンズらしいボケ味が被写体を引き立てます。テレマクロ撮影で気になる手ブレには、光学式手ブレ補正機構が備わっているので、安定したフレーミングが可能。防塵防滴仕様になっているので、不意の雨風でも問題はありません。
フルサイズ対応、コンパクト、超望遠域までカバーし、テレマクロ撮影も可能。「とりあえずこの一本を持っておけば、間違いない」と言えるほど、何でもこなせる万能望遠レンズです。

製品名 SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G
マウント Eマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 70-300mm
F値 F4.5-5.6

■購入する場合は、126,501円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G

気軽に体験できる超望遠域。

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSSは、APS-Cボディ用のEマウント望遠ズームレンズです。全長142mm、質量625gというコンパクト設計でありながら、35mm判換算で焦点距離105-525mmをカバーしています。非球面レンズ1枚、EDガラス3枚を使用した描写の良さに、G Masterレンズにも採用されているXDリニアモーターのAFの速さで、ストレスなく動体撮影が可能。また、フォーカスホールドボタンが搭載され、瞳AFといった機能がカスタマイズで割り当てられるので、動き回る子どものポートレート撮影では重宝します。防塵防滴仕様になっており、外撮影での不意な雨風でも問題はありません。身近なイベントから野鳥やモータースポーツといったシーンに至るまで、この一本でまかなえます。気軽に超望遠クラスのレンズを持ち出したい方にオススメするレンズです。

製品名 SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350G
マウント Eマウント
センサーサイズ APS-C
焦点距離 70-350mm
F値 F4.5-6.3

■購入する場合は、92,000円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210

安価でも高級感を感じられる望遠レンズ。

E 55-210mm F4.5-6.3 OSSは、APS-Cαボディに対応したEマウント望遠レンズです。35mm判換算で焦点距離82.5mm-315mmをカバーしている望遠レンズ、かつコンパクトさと相まって、気軽に被写体に寄っていけます。安価なモデルながら、手ブレ補正機構が搭載されており、手ブレの起きやすい望遠撮影をサポート。安定したフレーミングで、シャープな解像感を引き立てます。
アルミニウム合金を採用した外装には、美しい光沢感があり、高品位な作り。カメラを始めたばかりの方に、2本目のレンズとしてオススメです。ダブルレンズキット同梱モデルなので、これからカメラを購入する方は、レンズキットもぜひ検討してみてください。

製品名 SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210
マウント Eマウント
センサーサイズ APS-C
焦点距離 55-210mm
F値 F4.5-6.3

■購入する場合は、29,950円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM II SAL70300G2

従来より約4倍の動体追尾性能を誇るレンズ。

70-300mm F4.5-5.6 G SSM IIは、フルサイズ対応のAマウントレンズです。ボケ味に定評があった先代70-300mm F4.5-5.6 G SSMの良い点をそのままに、ナノARコーティング処理によって、描写のクリアさに磨きがかかりました。そして何より搭載された超音波モーターと、レンズの駆動を制御するマイコンを高速化することによって、従来より約4倍の動体追尾性能を実現。スポーツ、動物などの複雑に動く被写体を的確に捉え、容易に切り取ることができます。
フルサイズAマウントボディを持っていて、自らも移動しながら動体の撮影をしたいという方にオススメの一本です。

製品名 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM II SAL70300G2
マウント Aマウント
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 70-300mm
F値 F4.5-5.6

■購入する場合は、112,017円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

SONY DT 55-200mm F4-5.6 SAM SAL55200-2

初心者向けで、気軽に持ち運べる望遠レンズ。

DT 55-200mm F4-5.6 SAMは、APS-Cボディに対応したAマウントレンズです。35mm判換算で焦点距離82.5-300mm相当をカバーしています。最大撮影倍率は0.29倍なので、テレマクロ撮影も可能。9枚羽の円形絞りが採用されているため、家族のポートレートや植物撮影などで被写体にグッと寄って、美しいボケ味が楽しめます。
ダブルレンズキット同梱のレンズながら、解像感や色乗りは良好。コンパクトで持ち運びにも便利なので、初心者の方のプラス一本にオススメのレンズです。

製品名 SONY DT 55-200mm F4-5.6 SAM SAL55200-2
マウント Aマウント
センサーサイズ APS-C
焦点距離 55-200mm
F値 F4-5.6

■購入する場合は、24,093円(2020/7/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

まとめ

今回はSONYの望遠ズームレンズを紹介しました。ハイスペックレンズから気楽に使えるレンズ、動画撮影用まで幅広いラインナップが揃っています。まずはどの焦点距離をメインで使用するのかを明確にした上で、メインで使用する望遠レンズを選択しましょう。その後で、テレコンや別レンズの追加を考えると、無駄なく購入ができますよ。ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね。

  SONYで 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より、クーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。