【2020年最新】Nikon(ニコン)のオススメ広角レンズ7選

風景や建築物をメインに撮影していると、どうしても標準ズームでは画角の狭さに悩んでしまうことってありますよね。そんなときにぜひ持っておきたいのが、広角ズームレンズ。「大きな被写体用のサブレンズとして買ったものの、あまりの使いやすさにカメラに付けたままメインレンズになった」という方もいるほど重宝されるレンズです。
今回はNikonの広角ズームレンズを紹介したいと思います。

広角レンズの特徴

標準レンズや望遠レンズと比べた際、広角レンズにはどのような特徴があるのでしょうか。

人間が見ているより広い画角で、ピントの合う範囲が広い

広角レンズは、人間が普段見ている視野より広い画角を撮影できるもの。一般的に焦点距離35mm以下を広角、21mm以下を超広角とされますが、広角ズームレンズでは超広角~広角域までカバーしているものが多いため、1本持っておくことで対応できる幅がグッと広がります。メインで使用されるのは風景や星景といった自然の撮影や、お城などの巨大建築を撮影するシーン。被写体を大きく写して背景をボカすというより、全体的にピントが合った写真です。広角レンズは、レンズ自体の特徴としてピントが合う範囲は広く、全体的にピントが合ったパンフォーカスのようなハッキリとした描写表現を得意としています。

遠近感が強調される

広角レンズは、被写体の遠近感が強調されます。焦点距離が長くなるにつれて、被写体間の遠近感がなくなる「圧縮効果」が強くなるので、広角レンズを持つことで、被写体間が離れたような真逆の表現が可能になります。その一方、被写体の遠近感が増す代わりに、四隅が引っ張られるように歪んでしまう特徴も。ただし、鉄道写真や建築物といった被写体では、四隅に直線を置き、見た目より長さを強調することで、デメリットになりうる歪みを、ダイナミックさを強調するメリットに変えることができます。レンズの特徴を理解して、構図の勉強ができるという点も、広角レンズをオススメする理由の一つです。

広く撮れる分、無駄なものの写り込みに注意

広く撮影できるというメリットとトレードオフにはなりますが、確認を怠ると撮像の端に無駄なものが写り込んでしまうことがあります。特に光学ファインダー撮影の場合、ファインダーの視野率は100%ではありません。エントリーモデルとなると約95%の機種がありますので、5%分余裕を持ってフレーミングしてあげるようにしましょう。

Nikonの広角レンズオススメ7選

ここからはGooPassがオススメする、Nikonの広角レンズをご紹介していきます。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

Nikonを代表する高性能広角レンズ。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは、「このレンズを使うために、Nikonを使っている」というユーザーがいるほど描写力の高さで知られています。2007年に発売されて以降、長い年月が経っても高評価を保ち続けている、まさにNikon代表作とも言える超広角ズームレンズです。
レンズ構成は、歪曲収差を抑える非球面レンズを3枚、色収差を抑えるEDレンズを2枚使用。更にNikon独自のコーティングであるナノクリスタルコートが施されていることによって、ゴーストやフレアを高いレベルで抑制しています。キレのあるシャープネスな写りはもちろんのこと、まるで撮影場所の空気が感じられるような立体感のある描写もポイントの一つ。遠近感の表現が秀逸で、「見たままの色を写す」と言われているNikon特有の色再現も相まって、まるで透き通ったような描写を体験できます。Nikonユーザーなら、ぜひ一度試す価値がある名機といえるでしょう。
あえてデメリットを挙げるなら、970gという重量。持ち運びの際にデメリットに感じることがあるかもしれません。ただし、超広角の大口径ズームレンズであり、標準ズームレンズとの組み合わせで中望遠までカバーできるとなれば、単焦点の広角レンズを何本も持ち出す必要がありません。また、大きく張り出した前玉によって、フィルター類がつけられない点にもご注意ください。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 14-24mm
F値 F2.8
手ブレ補正機構 なし
重さ 970g

■購入する場合は、232,000円(2020/06/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

手ブレ補正搭載のバランス型広角レンズ。

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRは、多様なシーンに対応可能な、バランスの取れた広角ズームレンズです。Nikon広角ズームレンズのフラグシップであるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED。同レンズと同じく、このレンズにも、歪曲収差を抑える非球面レンズが3枚、色収差を抑えるEDレンズが2枚、フレアやゴーストを抑えるナノクリスタルコートが使用されています。
シャープな描写はそのままに、風景をダイナミックに撮影可能な焦点距離16mmという超広角域から、街角スナップやポートレートでも使用できる焦点距離35mmまでズーム可能。絞りはズーム全域でF4通しになっており、絞り羽根9枚の円形絞りが採用されているため、背景のボケも十分に楽しめます。また広角ズームレンズながら、シャッタースピード約2.5段分の手ブレ補正を搭載。シャッタースピードが稼ぎにくい暗い場所での撮影や、足場が不安定な場所での撮影では、安心感がグッと増します。
重量はAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDより290g軽い680gで、カメラとの前後バランスが取りやすい点も見逃せないポイント。持ち出しやすさ、取り回しのしやすさに比重を置く方には、こちらのNikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRがオススメです。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 16-35mm
F値 F4
手ブレ補正機構 なし
重さ 680g

■購入する場合は、128,688円(2020/06/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

機動性が高い高コスパ広角レンズ。

Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは、撮影場所に持ち運ぶカメラ機材をコンパクトに収めたいユーザーにオススメする広角ズームレンズです。
こちらのレンズの特徴は、何といっても広角ズームレンズであるにも関わらず、たった385gしかない脅威の軽さ。長距離を歩かないといけないシーン、例えば登山やハイキングなどでは、真っ先に候補として浮かんできます。また、APS-C用レンズにも匹敵するほどのコンパクトさを兼ね備えていることも大きな特徴です。全長は、先ほど紹介したNikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRの125mmと比べると、30mmも短い95mm。これにより「カメラバッグの余った場所にとりあえず入れておく」ということも可能です。ユーザーによっては、登山などで足場が不安定な場所を歩くことが多い場合、転んで高価なレンズを壊してしまう可能性を避けるため、安価なこちらのレンズを選択肢に入れることがあります。フィルターの装着が可能なので、前玉を傷つけるリスクを未然に防げるのも嬉しいですね。
軽い・小さい・安価といえど、描写力は上位モデルに劣りません。開放からしっかりとシャープネスを感じられる描写で、少し絞ってあげると解像感が更に増します。気楽に持ち出せて、十分な解像力を持つ高コスパレンズを探している方に、ぜひ使ってほしい一本です。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 18-35mm
F値 F3.5-4.5
手ブレ補正機構 なし
重さ 385g

■購入する場合は、85,431円(2020/06/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED

個性的な作品を高いレベルで作れる。

Nikon AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDは、Nikon初のフィッシュアイ(=魚眼)ズームレンズです。フィッシュアイという違う名前はついていますが、れっきとした広角レンズの一種で、レンズの周辺が大きく円形に歪む点が特徴。そのため建物などを見たままの状態で正しく描写することは不向きですが、デフォルメされた個性的な作品作りができます。
魚眼レンズでは、撮像が円形に描画される「円周魚眼」と、センサー同様の長方形に描画される「対角線魚眼」があります。Nikon AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDをフルサイズ機で使用すると、「全周魚眼」から「対角魚眼」まで、2種類の描写を楽しむことが可能。APS-C機で使用すると、「対角魚眼」のみ使用可能です。
歪曲収差を抑える非球面レンズが3枚、色収差を抑えるEDレンズが2枚、フレアやゴーストを抑えるナノクリスタルコートに加え、前玉に防汚性の高いフッ素コートが施されています。またレンズ自体が防塵防滴となっているため、ハードな使用環境でも対応可能。高い描写力と取り扱いやすさを両立しています。重さ485gで長さは83mmなので、カメラバッグの中に気軽に一本追加することも可能。普段の撮影から変化を加えるには、これ以上ないほど有効なレンズです。

※Nikon AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDは電磁絞りを採用しているため、カメラによって使用が制限される場合があります。詳細は公式サイトで確認してください。

製品名 Nikon AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED
センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 8-15mm
F値 F3.5-4.5
手ブレ補正機構 なし
重さ 485g

■購入する場合は、120,999円(2020/06/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

古めのDXフォーマットカメラにこの一本。

Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDは、DXフォーマット用広角ズームレンズです。35mm判換算で焦点距離約15-36mmに相当しており、フルサイズ機に引けを取らない画角での撮影が可能。またAF時の最短撮影距離0.24m、最大撮影倍率0.19倍なので、DXフォーマットの高い機動力と相まって、クローズアップ撮影のしやすさが売りです。絞り羽根は7枚の円形絞りを採用しているため、点光源を用いたボケ描写も楽しめます。
後に紹介するNikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRと比較した際のメリットは、望遠端が長くなっており、絞りの開放値が低いこと。2009年発売のAF-Sレンズのため、少し古めのDXフォーマットカメラを使っている方は、こちらのレンズをお選びください。(AF-Pレンズは使用できる機種に制限があります)

製品名 Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
センサーサイズ APS-C
焦点距離 10-24mm
F値 F3.5-4.5
手ブレ補正機構 なし
重さ 460g

■購入する場合は、91,304円(2020/06/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

DXフォーマットレンズはここまで小さく、軽くなった。

Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは、DXフォーマット用広角レンズです。35mm判換算で焦点距離約15-30mmに相当し、絞り開放値は多少高いものの、全体的に軽量・コンパクトなレンズ。230gという軽さは、持った瞬間に驚愕します。また比較対象となるNikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDより全長が14mmも小型化されており、エントリーモデルに装着した際の前後バランスが高まっています。Nikonの設計技術の高さが感じられること間違いなしです。
名前に冠されている「AF-P」はステッピングモーター搭載モデルを指しており、それ以前の「AF-S」(=超音波モーター)より更に速さと正確性が増したオートフォーカスを実現。シャッタースピード約3.5段分の手ブレ補正が搭載されているので、手ブレが起こりやすいシーンでの撮影も安心して行うことが可能です。
※Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRはステッピングモーターを採用しているため、カメラによって使用が制限される場合があります。公式サイトで確認してください。

製品名 Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR
センサーサイズ APS-C
焦点距離 10-20mm
F値 F4.5-5.6
手ブレ補正機構 あり
重さ 230g

■購入する場合は、30,900円(2020/06/30現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon 1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6

沈胴式レンズの中に手ブレ補正機構を搭載。

Nikon 1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6は、かつて発売されていたミラーレスカメラNikon 1用の広角ズームレンズです。35mm判換算で焦点距離約18mm-35mm相当の広域をカバーしており、フルサイズ機、APS-C機同様のスケール感のある表現を楽しめます。
ミラーレスカメラ特有の小型・軽量さでありながら、更に沈胴式の鏡筒によって一段とコンパクトになるにも関わらず、手ブレ補正機構も搭載されているという素晴らしさ。最短撮影距離は0.25mのため、レストランでのテーブルフォトといったシーンで、十分なクローズアップ撮影が可能です。金属の鏡筒にヘアライン加工が施されているため、高級感があることも所有欲を満たす嬉しいポイント。Nikon 1ユーザーにとって唯一の広角ズームレンズであるこの一本。ぜひ使ってみてください。

製品名 Nikon 1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6
センサーサイズ 1インチセンサー
焦点距離 6.7-13mm
F値 F3.5-5.6
手ブレ補正機構 あり
重さ 125g

■現在、販売はされておりません。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Nikonの広角レンズは、フラグシップレンズはもちろんのこと、安価なレンズでも描写力に一定の評価を得ているため、高い満足度が得られます。またそれぞれのレンズでキャラクターが明確なため、使用目的に沿った選択が可能です。ぜひこちらの記事を参考にして、納得がいく一本を選んでくださいね。

  Nikonで 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。