【2020年最新】Nikon(ニコン)のオススメ望遠レンズ10選

一眼レフカメラを楽しむなら、避けて通れないのが「望遠レンズ」。距離が離れていて、標準レンズでは寄れない被写体を撮影する際に使用するレンズです。今回は数あるメーカーの中から、Nikonのオススメ望遠レンズを紹介します。

望遠レンズの特徴

被写体を大きく捉え、細部まで写す

望遠レンズは、遠く離れた被写体を大きく撮影するためのレンズです。標準レンズのように、常に装着してスナップ撮影を楽しむのではなく、運動会やスポーツ、野鳥撮影など、距離をとらなくてはならない特定のシーンで付け替えることによって威力を発揮します。また、ズームで被写体にグッと寄って、一部を切り取る撮り方をすることで、被写体の細部まで精細に写すことが可能です。

単焦点レンズもあるものの、ズームレンズが主流

望遠レンズにも、広角や標準レンズと同じように「単焦点レンズ」と「ズームレンズ」があります。ただし、基本的に望遠レンズは焦点距離が長くなるほど、レンズ本体も比例して大きく重くなるため、何本も持ち運ベば、体力的な負担は大きくなるでしょう。特に望遠単焦点レンズの中でも、開放絞りが明るい大口径レンズでは、専用のカメラバッグを用意しなくてはならない場合もあります。よって、望遠ズームレンズ一本で幅広い焦点距離に対応するのが一般的です。

圧縮効果を活かした撮影が楽しめる

望遠レンズでは、実際は離れている被写体同士が、まるで近寄ったかのように写る「圧縮効果」が楽しめます。運動会やスポーツで走者同士が肉薄している様子を強調したり、モーターショーで並んだ車をより寄せて撮影したりと、効果的な使い方ができるシーンは多様です。

Nikonのオススメ望遠レンズ10選

ここからはGooPassがおすすめする、Nikonの望遠レンズをご紹介していきます。

Nikon AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

フルサイズ用の最初の望遠レンズに。

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRは、フルサイズセンサーに対応したFマウント望遠レンズです。従来のAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDから、性能面が大きく進化。より素早く、安定した撮影が可能になりました。まずAF駆動にステッピングモーターが採用され、高速・高精度なピント合わせを実現。シャッタースピード約4.5段分の手ブレ補正機構には、動いている被写体に対応する「SPORTモード」が追加されています。また、ボディからの電気信号で絞り機構の制御を行う「電磁絞り機構」が採用され、高速連写時の露出が安定するようになりました。これらの性能向上は、スポーツやレースなど、激しい動きをする被写体を連写撮影したいユーザーにとって、嬉しいポイント。もちろん動体撮影のみに特化しているわけではなく、最短撮影距離1.2m、最大撮影倍率0.25倍という近接撮影性能で、植物といった静物をテレマクロで撮影する際も、力を発揮します。
質量680gと軽量で持ち出しやすく、防塵防滴仕様により、不意な雨風にも対応できるこちらのレンズは、最初の望遠レンズとしてオススメです。

製品名 Nikon AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
最大径×全長 80.5×146mm
質量 680g

■購入する場合は、72,800円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

普段と違う画角でスナップ撮影ができる。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRは、フルサイズセンサーに対応したFマウントレンズです。絞りF4通しの広角~望遠ズームレンズ3本を「小三元」と呼ぶことがありますが、ニコン小三元の望遠ズームレンズを担う一本がこちら。Nikonレンズの高級感はそのままに、望遠ズームレンズながらのコンパクトな作りで、人気を博しています。レンズには、ナノクリスタルコートを採用。ゴーストやフレアが抑えられた、クリアな描写には定評があり、ズーム全域でシャープな解像感です。シャッタースピード約4段分の手ブレ補正機構は、吸い付くように手ブレを補正。モータースポーツや鉄道撮影を流し撮りする際に、安定したフレーミングが可能です。
上位モデルにAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRがありますが、F2.8という明るさが必要なく、持ち運びのしやすさを求めているなら、質量が580g軽い、コチラのAF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRがオススメ。コンパクトで気軽に持ち出せるので、普段の画角と違うスナップ撮影が楽しめますよ。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
最大径×全長 78×178.5mm
質量 850g

■購入する場合は、157,798円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

Nikon技術の粋を集めた、まさにプロ仕様。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRは、フルサイズセンサーに対応したFマウントレンズです。絞りF2.8通しの広角~望遠ズームレンズ3本は「大三元」と呼ばれ、このレンズはその一本。高速連写時の露出が安定する「電磁絞り機構」が採用され、話題になりました。レンズ構成にかなり力が入っており、蛍石レンズや、1枚で通常の光学ガラスレンズ複数枚分の補正効果が得られる高屈折率レンズを採用しています。高い光学性能を実現すると同時に、従来のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIと比べ、約110gもの軽量化に成功。これにより、長時間撮影しなくてはならないシーンでも、腕にかかる負担は大きく軽減されました。また機能面では、シャッタースピード約4段分を補正する手ブレ補正機構を搭載し、シャッタースピードが稼ぎにくい結婚式撮影や、場所を移動しながらのスポーツ撮影などのシーンで、手持ちでも安定した撮影が可能です。近接撮影性能も優秀で、最短撮影距離1.1mと絞り開放F2.8通しのボケ味を活かして、ポートレート撮影もこなせます。
防塵防滴構造や、マグネシウム合金製部品の鏡筒によって、サマースポーツや河川などの水場に近いハードな環境でも、安心して使用できます。まさにNikon技術の粋を集めた、プロ仕様な一本です。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
最大径×全長 88.5×202.5mm
質量 1430g

■購入する場合は、263,580円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

万能な望遠域がウリの5倍ズームレンズ。

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRは、フルサイズセンサーに対応したFマウントレンズです。望遠ズームレンズは焦点距離70-200mmのシリーズが人気ですが、200mmでは「思ったより被写体に寄れない……」というケースが少なくありません。しかし、このレンズでは80mmという中望遠域から、400mmという超望遠域の撮影に至るまで、幅広く対応可能。テレコンバーターを使用すれば、更に焦点距離を拡張できます。このレンズの真骨頂は、遠くから迫ってきて、できる限り手前までフレーミングしたい鉄道撮影などのシーン。アマチュアだけでなく、多くのプロカメラマンが愛用しています。レンズにはナノクリスタルコートが採用され、解像力が高く、色乗りの良いクリアな描写が楽しめます。唯一の欠点は、高倍率な望遠ズームレンズの宿命ではありますが、質量が1480gと重量級な点。手持ちの撮影では多少ズッシリと重さを感じ、手ブレを安定させるのに多少気を使うものの、シャッタースピード約4段の手ブレ補正機構が、しっかりとブレを吸収してくれます。「この一本さえあれば、望遠撮影は問題なし」と言える万能さを持つズームレンズです。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
最大径×全長 95.5×203mm
質量 1480g(三脚座なし)

■購入する場合は、240,978円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

「ここぞ」というときに持ち出したい一本。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRは、フルサイズセンサーに対応したFマウント用レンズ。Nikonの望遠ズームの中では安価な部類に入り、ナノクリスタルコートが施されていないレンズであるものの、写りは十分シャープで、コストパフォーマンスは高いと評判です。「電磁絞り機構」が搭載されており、高速連写時の露出が従来より安定。また、手ブレ補正機構には、動体撮影時のフレーミングに有効な「SPORTモード」が搭載されているため、「激しく動く被写体を、ぜひ撮ってください」と言わんばかりの仕様になっています。焦点距離の幅広さも相まって、飛行機や野鳥撮影は、お手の物です。
唯一の欠点は、レンズ本体の大きさ。リュックタイプや超望遠レンズ用のカメラバッグでないと、持ち運びするのは難しいかもしれません。しかし、そもそも超望遠レンズは、特定のシーンで力を発揮するもの。常に持ち歩くというより、「ここぞ」というときに持ち出したい一本です。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
最大径×全長 108mm×267.5mm
質量 2090g(三脚座なし)

■購入する場合は、140,086円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

重くない、望遠単焦点レンズ。

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRは、フルサイズセンサーに対応したFマウント用のレンズです。最大の特徴は、PFレンズという特殊レンズが採用されていること。PFレンズ単体でも色収差を大幅に抑制してくれるため、その他のレンズ自体を薄くでき、光学系全体をコンパクトに軽量化することに成功しています。Nikonには、同じ焦点距離の望遠単焦点レンズにAF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRがありますが、レンズ本体が巨大で、持ち出すには体力が必要でした。それに引き換えAF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRは、多少開放絞りが暗いとはいえ、全長が150mm短く、質量が1630gも軽くなっています。特に質量は、愛用者が多いAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRと比べても、30gしか変わりません。これまでの「超望遠単焦点=大きく重い」という常識は、このレンズによって覆りました。
単焦点特有のシャープさとクリアな空気感が感じられる描写力は、「さすがNikon」の一言。開放絞りF5.6ながら、超望遠レンズの特徴である薄い被写界深度で、滑らかなボケ味を楽しめます。PFレンズの特性上、画面上に強い光源が逆光で入ってくると、フレアが写り込むことがありますが、Nikon公式RAW編集ソフト「Capture NX-Dの、「PFフレアコントロール」という機能を使えば、簡単に補正可能。そのわずかな欠点を考慮しても、その他のメリットがかなり大きいため、このレンズを選択しない理由にはなりません。
これまでは、重くて巨大な超望遠単焦点レンズを持っての撮影場所移動は大変でした。しかし、このレンズなら、そのようなストレスから開放されます。モータースポーツ、飛行機、野鳥撮影など、軽快にベストポジションを探して撮影をしたい方に、ぜひ試してほしい一本です。

製品名 Nikon AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ フルサイズセンサー
最大径×全長 106×237mm
質量 1460g

■購入する場合は、447,999円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II

軽量なエントリーモデルボディに装着しても、バランス良好。

AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR IIは、APS-Cセンサーに対応したFマウントレンズです。焦点距離は、35mm判換算すると82.5-300mm相当をカバーしています。従来のAF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-EDから、レンズ本体が大幅に進化しました。沈胴式の機構を採用したことで、全長が16.5mm短くなり、質量は35gの軽量化に成功。エントリーモデルのボディに装着しても、前後のバランスが崩れることなく、首から下げてもストレスを感じません。描写力に関しても、従来は開放時に多少解像感の甘さが感じられましたが、このモデルでは開放からしっかりとした描写を楽しめます。エントリーモデルのレンズキットに同梱されるレンズなので、入門望遠レンズという位置づけですが、シャッタースピード約4段手ブレ補正が搭載されており、初心者の方でも安心して撮影が可能です。
これからカメラを買う方にはレンズキットでの購入がオススメ。既に標準レンズは持っている方にも、安価に単体販売されているので、2本目のレンズにピッタリです。

製品名 Nikon AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ APS-C
最大径×全長 70.5×83mm(沈胴時)
質量 300g

■現在、販売はされていません。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

スリムで軽量な万能望遠ズーム。

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRは、APS-Cセンサーに対応したFマウント用レンズ。レンズキットに同梱されるモデルで、初心者の方でも簡単に扱うことが可能です。ステッピングモーター搭載の高速なAFは被写体を瞬時に捉え、シャッタースピード約4段分を補正してくれる手ブレ補正機構で、望遠域で起こりやすい手ブレを抑制。子どもが激しく動き回る運動会や、会場が暗くてシャッタースピードが稼ぎにくい発表会などのシーンで、力を発揮します。
従来のモデルであるAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRは、レンズ本体に付いていたスイッチでフォーカスや手ブレ補正のON/OFFなどの切替を行っていましたが、このモデルではボディのメニュー画面で切替を行うようになりました。その分、レンズ本体がスリムになり、持ち出す際にバッグの隙間にも入るようになったのは嬉しいポイント。
35mm判換算で焦点距離105-450mmと幅広く対応できる万能さに、スリムな本体を併せ持つ、APS-Cボディユーザーの初めての望遠レンズとしてオススメしたい一本です。

製品名 Nikon AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
対応マウント Fマウント
対応センサーサイズ APS-C
最大径×全長 72×125mm
質量 415g

■購入する場合は、36,560円(2020/7/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6

沈胴式のコンパクトさの中に、十分な性能を持つ望遠レンズ。

1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6は、1インチセンサーに対応したNikon 1マウント用のレンズです。35mm判換算の焦点距離は81mm-297mmに相当し、沈胴式の見た目からは想像ができないほどの広域をカバーします。最大撮影倍率が約0.28倍(35mm判換算)で、テレマクロ撮影が楽しめるのもポイント。花壇などあまり近寄れない場所では、コンパクトなカメラボディを片手で持って、被写体にグッと寄った撮影も可能です。
レンズキットに同梱される入門望遠レンズの位置づけですが、描写力は必要十分で、一段絞るだけでシャープな解像感を楽しめます。シャッタースピード約3.5段分の手ブレ補正機構も搭載されているため、初心者の方が望遠域を楽しむ第一歩のレンズとしてオススメです。

製品名 Nikon 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
対応マウント Nikon 1マウント
対応センサーサイズ 1インチ
最大径×全長 60×61mm(沈胴時)
質量 180g

■現在、販売されていません。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

Nikon 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

CXフォーマットの良さは、このレンズで体感できる。

1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6は、1インチセンサーに対応したNikon 1マウント用のレンズです。焦点距離は35mm判換算で189-810mm相当。全長108mm、質量550gというコンパクトさで、この幅広い超望遠域をカバーするレンズは他にあるでしょうか。モータースポーツや飛行機の撮影をするカメラマンには、あえてフルサイズのボディを使わず、Nikon 1ボディにこのレンズを装着して撮影を楽しむという方もいます。最大撮影倍率も、望遠レンズの中ではトップクラスの35mm判換算で約0.41倍。ハーフマクロレンズに近い感覚で、被写体の細かい部分まで、精細に切り取ることが可能です。また、シャッタースピード約4段分の手ブレ補正まで搭載されているので、もはやトップクラスの望遠ズームレンズと遜色ありません。
「Nikon 1ボディを持っている方は、このレンズを使わないともったいない」と言えるほど、CXフォーマットの良さを最大限に享受できるレンズです。

製品名 Nikon 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6
対応マウント Nikon 1マウント
対応センサーサイズ 1インチ
最大径×全長 73×108mm
質量 550g

■現在、販売されていません。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

まとめ

今回は、Nikonの望遠レンズを10本紹介させていただきました。レンズラインナップが豊富で、コンパクトで気軽に持ち運べるモデルから、プロも使用するような本格的なモデルまで、幅広い選択肢があります。この記事を参考に、ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね。

  Nikon(ニコン)の 交換レンズを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より、クーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。