【2020年最新】オススメのアクションカメラ10選

YouTubeやVlogなど動画配信サイトの動画撮影やテレビ番組のロケ撮影などで使われ、人気に火が付いたアクションカメラ。陸・水・空と空間を問わず、アクションと一体になった撮影が可能とあって、いまやカメラの一大ジャンルとして地位を築いた感さえあります。

こうした活況を商機と見た各メーカーは、各々が強みを際立たせた製品を開発。「どれにすればいいのか分からない……」とお悩みのユーザーも、この記事を読めば大丈夫です。アクションカメラの機能や特徴、購入する際のチェックポイントを踏まえたうえで、オススメの製品をご紹介します。

アクションカメラとは?

アクションカメラとは、体や乗り物、手持ちの道具などに取り付けて使う小型デジタルカメラの総称です。装着して使用することから「アクションカム」「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれます。ハンズフリーな取り回しが最大の魅力です。

アクションカメラには広角レンズを搭載したボディが多く、目の前の景色や体感しているアクションを大きく、広く撮影/録画出来る点も特徴。また、アクションカメラの代表格・GoProなどの特徴である「自分目線の映像(POV動画/一人称視点・主観ショット)」がユニークで、動画配信サービスに重宝されています。

アクションカメラの強み

手持ちのビデオカメラでイベントを撮影する場合、カメラマンはどちらかというと、参加者よりも、つい記録係の役割に専念しがち。映像を撮影しながらイベントを楽しむのは至難の業ですよね。しかし、アクションカメラであれば、撮影とイベント参加が同時に行なえて、自身のアクションにも集中できます。

小型でありながらタフ。この点も、アクションカメラの強みです。ハイスピードで走る自転車、大波に挑むサーフィン、上空数千メートルからの滑空、海中へのダイビング、過酷な冬山 ―― こういった極限的な環境にあって、撮影・使用に耐えうる防水性・耐久性を備えたアクションカメラが多数存在します。

さらに、4K動画が撮影可能なモデルなど、解像度やフレームレートも様々。多くのアクションカメラが撮影シーンや目的に特化し、価格帯の幅も広いことから、TPOに合わせた製品選びが可能です。

アクションカメラの選び方

装着方法

アクションカメラの特徴といえば、やはり装着できること。ボディが小型かつ軽量なので、自分の体や乗り物、持ち物に取り付けて撮影できます。こうした使い勝手の良さが人気です。

たとえばスポーツ自転車のレーサーの場合、車体に撮り付ければ臨場感のある撮影が可能。ヘルメットに装着すればカーブの傾斜やスプリント中のスピード感が記録されます。
また、取り付け位置や角度を自由に変えられるマウントを使うことで、バイクのフルフェイス(顔全体をカバーするヘルメット)の頭頂部や顎に取り付けたり、サーフボードの好きな位置にくっ付けたりと、あらゆるアングルから撮影可能です。

ただし、アクションカメラにもサイズが様々なサイズがあるため、大きなボディの物はアクション中にブレたり、重さによって角度がズレたりすることもあります。あらかじめ装着位置とキープしたい角度を計算し、アクション中も動かないかどうかをチェックしましょう。

画角

アクションカメラを購入する際は、画角(撮影できる映像の大きさや広さ)が重要。人の両目に写る視界は約180~200°といわれ、カメラの画角がより大きくなるにつれて遠近感は強くなり、動画の視聴者にダイナミックな臨場感が伝わるのです。

このことから、多くのアクションカメラが広角レンズを装備しています。広角は大きく写せるだけではなく、画面の奥にある景色やモチーフにもピントが合い、画面全体をクリアに撮影することが可能です。

一般的な動画撮影用のカメラは、広角側70~80°。アクションカメラは視野100°以上の広角レンズを搭載したモデルも多数あります。撮りたいシチュエーションに合わせて、被写体をリアルに、ダイナミックに撮影できる画角を選びましょう。

解像度

映像の解像度は画質に直結します。つまり、解像度が高いほどキレイな動画が楽しめるのです。
現在、アクションカメラの主な解像度には3つの規格があります。
1.HD(1270×720)
2.フルHD(1920×1080)
3.4K(3840×2160)
中でも、今後の中心的な規格になると予想されるのが、「4K」。画質劣化も少ないことから、アクションカメラでキレイな映像を残したいなら、4K対応モデルがおすすめです。

ピクセル数(画質に関わる数値)からいっても、両者には大きな差があります。
フルHD:1920×1080=207.3600ピクセル
4K:3840×2160=829.4400ピクセル
このように、フルHDより4Kの方が、およそ4倍も高精細な撮影が撮れるのです。

フレームレート

フレームレートは映像の滑らかな動きに関わります。動画における1秒間のフレーム数(コマ数)を「fps」という単位で数値化。数が多いほど動画が滑らかになります。
基準になるのが30fps。フレームレートがこの性能であれば、映像は滞りなく再生されるといわれます。激しいアクションやスポーツ、スピード感をナチュラルに見せたい場合は、60fps以上のフレームレートを選びましょう。

現在は、スローモーション動画の作成に有利な200fpsを超えるモデルもあります。TPOをイメージし、適切なフレームレートを探してください。

手ブレ補正機能

手ブレ補正機能があるアクションカメラなら、画面のブレが抑えられ、見易い映像が撮影できます。また、手ブレを気にすることなく被写体やアクションに集中できるところも、手ブレ補正機能が付いたアクションカメラのメリットです。

手ブレ補正機能は「電子式」と「光学式」の2つがあります。前者は画像をずらすことで映像のブレに対応する方式で、後者は光の入り具合を調節する方式です。

画質は「光学式が優れている」といわれます。しかし、構造の兼ね合いで本体が大きくなってしまい、価格も上昇。小型で安価なアクションカメラを求めているなら、手ブレ補正は「電子式」にするのも手です。

Wi-Fi機能やスマホ操作

Wi-Fi機能があるアクションカメラなら、映像をすぐにインターネットにアップロードでき、SNSのシェアも簡単です。また、アクションカメラのモデルによってはSNS投稿機能があったり、専用アプリをインストールすればスマホから遠隔操作できたりします。

とくに遠隔操作はカメラの写真/動画モードの切り替えや撮影の開始/停止、映像の構図の決定などをスマホで一元管理可能。カメラまで距離があったり、パネル操作が難しい場面 ―― たとえば水中撮影など、撮影環境によっては高い利便性があります。

タッチパネル操作

「タッチパネル」を採用したアクションカメラは、指先一つで様々な操作が可能。スマートフォンと同じような操作感が得られるので、アクションカメラに慣れていないビギナーでも使い勝手は明快です。ただ、真冬に外で撮影する場合、手袋着用のままで操作ができるかや、「手袋着用のままで操作ができるか?」「防水性があるか?」なども同時に確認しましょう。

防水機能

水や雨、雪の可能性がある環境下で使用するなら、防水機能は欠かせません。アクションカメラには防水設計されたボディと、防水ケース(ハウジング)を装着して水害に対応するモデルとがあります。

また、スキューバダイビングでアクションカメラを使用する場合は、潜水可能深度もチェックしてください。水深3mのカメラから60mの深い海に潜れるボディまで、幅広くリリースされています。

バッテリー性能

アクションカメラに限らず、バッテリー仕様のカメラには予備電源が不可欠です。ツーリングや登山など、充電を挟まずに撮影を続けるなら、バッテリー容量と連続使用可能時間も大事なポイントです。アクションカメラの中には、スマホやPCで使うモバイルバッテリーが利用できるモデルもあります。

オススメのアクションカメラ10選

ここからはオススメのアクションカメラをご紹介します。

GoPro HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

GoPro選びで迷う貴方にオススメのハイスペック入門機。

HERO8 BLACK CHDHX-801-FWは、GoProの新しいモデル。基本性能が向上しています。たとえば解像度は4Kに、フレームレートは60fpsになりました。潜水は10mまで可能。さらに手ブレ補正にはHypersmooth 2.0を採用し、ブーストやアプリで調整可能な水平維持機能も備えています。「GoProは沢山出てるから……どれがいいか……」と迷っている方は、このモデルがオススメです。

製品名 GoPro HERO8 BLACK CHDHX-801-FW
動画解像度 4K/fps60
画素数 12MP
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth 2.0
本体のサイズ 66.3×48.6×28.4mm
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 126g
その他機能 音声コントロール・音声起動・スマートフォンへの自動取り込み・ライブストリーミングなど

■購入する場合は、 44,286円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

DJI OSMO Action

小さな力持ち的アクションカメラ。

DJIのOSMO Actionは、デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」がある、コンパクトなアクションカメラです。ボディは65×42×35mmと、すこし大きなマッチ箱程度。これでfps60の4K動画撮影が行なえる取り回しのよさは魅力です。また、防じん・防水・耐衝撃性能を持ち、激しいアクションの最中も安心して使えます。スローモーションやタイムラプス、露出設定もワンタッチで制御可能です。

製品名 DJI OSMO Action
動画解像度 4K/fps60
画素数 1200万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 65×42×35mm
シャッター速度
本体の重さ 124g
その他機能 防じん、Wi-Fi、Bluetoothなど

■購入する場合は、31,240円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

MAX CHDHZ-201-FW

3通りの使い方ができる便利な360°アクションカメラ。

MAX CHDHZ-201-FWのセールスポイントは3通りの使い方があること。
1.安定性抜群の防水シングルレンズカメラ
2.デュアルレンズを使用した360度カメラ
3.カメラマン側に向けられるディスプレイを装備したVlogカメラ
この多様性に加え、手ブレ防止に「Max HyperSmooth」が採用され、水平維持能力も抜群です。

製品名 MAX CHDHZ-201-FW
動画解像度 5.6K/fps30、24
画素数 16.6MP
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth
本体のサイズ 64×69×25mm
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 154g
その他機能 TimeWarp ビデオ、360度オーディオなど

■購入する場合は、 56,400円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

GoPro HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

空撮にも対応したマルチなアクションカメラ。

GoPro HERO7 BLACK CHDHX-701-FWは、HERO8 BLACKの前モデル。手ブレ補正機能のHyperSmoothは1.0ですが、こちらも性能は高く、アクションや被写体を滑らかに、かつ動きのままに撮影します。また、「Time Warp」機能によって、動きながらタイムラプス撮影が可能です。ボディは62.3×44.9×33mmと小さく、取り回しのよさもポイント。Karmaに対応し、空撮も行なえます。

製品名 GoPro HERO7 BLACK CHDHX-701-FW
動画解像度 4K/fps60
画素数 12MP
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth
本体のサイズ 62.3×44.9×33mm
シャッター速度
本体の重さ 116g
その他機能 スマートフォンへの自動取り込み、ライブストリーミング、Karmaに対応など

■購入する場合は、 39,490円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

SONY FDR-X3000R

防水や光学手ブレ機能を搭載し、写りも良いSONYのアクションカメラ。

SONYのFDR-X3000Rは、光学式の手ブレ補正を搭載したアクションカメラです。解像度は4K、フレームレートは30fpsとアクションの撮影/再生に充分な仕様。防滴機能もあり、水深60mまでの水中撮影が行えます。解像力・コントラスト・色再現性にすぐれた「ZEISSテッサーレンズ」(F2.8)の効果により、画面周辺部でも歪みが少なく写り、色味も自然です。腕やハンドルに装着できるベルト、三脚ネジ穴対応のマウントアダプターもセット。自転車やバイクに装着したり、手持ちのロケ撮影など、幅広い環境で使用できます。

製品名 SONY FDR-X3000R
動画解像度 4K/fps30
画素数 818万画素
防水性能
手ブレ補正 光学式
本体のサイズ 29.4×47×83 mm
シャッター速度
本体の重さ 89g
その他機能 ステレオマイク、Wi-Fi、Bluetoothなど

■購入する場合は、 61,805円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 5,800円でレンタル可能です。

SONY サイバーショット DSC-RX0M2

キューブ型で携帯性も抜群、頼れるアクションカメラ。

SONYのサイバーショット DSC-RX0M2は、手乗りサイズのキューブ型アクションカメラです。背面のモニタは上下可動式。アングルを問わない撮影が可能です。こちらもFDR-X3000R同様、「ZEISSテッサーレンズ」を搭載。F値は4とFDR-X3000Rよりも暗いですが、撮影感度は最高で12800と高く設定できますし、実用性は充分でしょう。防水・防じん機能も付いています。

製品名 SONY サイバーショット DSC-RX0M2
動画解像度 4K/fps30
画素数 2100万画素
防水性能
手ブレ補正
本体のサイズ 59×40.5×35 mm
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 117g
その他機能 Wi-Fi機能など

■購入する場合は、80,460円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

Kodak PIXPRO 4KVR360

前後に2つのレンズを搭載した複眼的アクションカメラ。

KodakのPIXPRO 4KVR360は、携帯性とパワーを兼ね備えたアクションカメラです。本体の前後に、155°&235°、2つのレンズを装備し、その名の通り360°の撮影可能。しかも、フォトモードが2つ、ムービーモードも2つ搭載され、アクション撮影もアート的な絵作りも思うがまま。専用のソフトやアプリを使用すると、SNSやYouTubeなどのファイルアップロードや連動が簡単に行なえるところもポイントです。

製品名 Kodak PIXPRO 4KVR360
動画解像度 4K/fps24
画素数 2068万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 55×55×66.9 mm
シャッター速度
本体の重さ 156g
その他機能 Wi-Fi、Bluetoothなど

■購入する場合は、 50,435円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

SONY HDR-AS50R

重量は卵1個分。抜群に軽いアクションカメラ。

SONYのHDR-AS50Rは、60gと卵一個分の軽さを誇るアクションカメラです。小さいながらに防じん性・耐衝撃性・耐低温性は確保され、画質処理エンジンも優秀。高精細な撮影ができます。60m防水ハウジングが付属し、水中撮影に適した「WATER撮影モード」も搭載。水の中のアクションや風景も鮮鋭にキャッチ。新ライブビューリモコンRM-LVR3が付属され、遠距離操作も可能です。

製品名 SONY HDR-AS50R
動画解像度 フルHD/fps60
画素数 1110万画素
防水性能
手ブレ補正 電子式
本体のサイズ 66.3×48.6×28.4mm
シャッター速度
本体の重さ 58g
その他機能 Wi-Fiなど

■購入する場合は、 36,950円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 5,800円でレンタル可能です。

Shenzhen Arashi Vision Insta360 ONE

iPhoneとの相性も抜群な高性能アクションカメラ。

Shenzhen Arashi Vision Insta360 ONEは、4Kに対応した高画質撮影と、2400万画素のスチール(静止画)をワンタッチで切り替えられる機能がウリの360°カメラです。Bluetooth経由でリモート操作が行なえ、さらにiPhoneのLightningコネクタに接続すると、ディスプレイで確認しながら撮影できます。マニュアルモードや露出調整など機能は多彩。別売りの自撮り棒と組み合わせると、さらに幅広いシチュエーションで活躍します。

製品名 Shenzhen Arashi Vision Insta360 ONE
動画解像度 4K/fps30
画素数 2400万画素
防水性能
手ブレ補正 FlowStateスタビライゼーション
本体のサイズ 96×25×36.5 mm
シャッター速度
本体の重さ 82g
その他機能 Bluetoothなど

■購入する場合は、 33,270円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 5,800円でレンタル可能です。

RICOH THETA Z1

Nikonが誇る実力派、夜景にも抜群の強さ。

RICOHのTHETA Z1は、4Kでの360°ライブストリーミング配信に対応したアクションカメラです。レンズも新開発され、ゴーストやフレア・フリンジなど撮影の支障も軽減。専用プラグイン「RICOH THETA Stitcher」でスティッチングが、専用編集アプリ「THETA+」で編集が簡単に行なえます。また、Adobe Photoshop Lightroom Classic CCを使えば、360度画像の編集が可能。水平線を球体に閉じ込めたかのような魔力的な映像が楽しめます。

製品名 RICOH THETA Z1
動画解像度 4K/fps29.97
画素数 2000万画素
防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth 2.0
本体のサイズ 48×132.5×29.7 mm
シャッター速度 1/8~1/25000秒
本体の重さ 182g
その他機能 Wi-Fi、Bluetoothなど

■購入する場合は、 106,803円(2020/6/14現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額 9,800円でレンタル可能です。

まとめ

ここまで、オススメのアクションカメラをご紹介しました。欲しいモデルはありましたか?一昔前は、ハイスペックなボディやレンズ、さらに専用機材を揃えなければ、思い通りにならなかった野外の動画撮影。アクションカメラの登場で、誰でも気ままに楽しめるようになりました。しかも、歩きながら・スポーツしながらの撮影も可能とあって、ますますニーズが高まりそうです。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。