【2021年3月29日更新!】Nikon(ニコン)マウント用オススメレンズ14選【特徴も解説!】

Nikon(ニコン)マウント用オススメレンズ【特徴も解説!】

カメラ業界でも品質の高さが圧倒的との声が根強いニコン。カメラの勉強を始めるためにニコン製の一眼カメラを手にした人も多数いることでしょう。ただし、ニコンの魅力はカメラだけにはとどまりません。ニコンのカメラは独自のレンズを用いることで、真の魅力を味わうことができます。

本記事ではニコンマウント用レンズについて初心者でもわかるように解説していきます。記事を読めばニコンのレンズを使うメリットを知ることができるので、参考にしてみてください。

マウントとは?

マウントとは、カメラ本体とレンズをつなぐ接合部分のこと。Canon(キヤノン)なら EFマウントやRFマウント、Nikon(ニコン)ならFマウントやZマウントと言ったように、各メーカーによって独自の規格が存在します。基本的に、カメラ本体側のマウントとレンズ側のマウントが一致しない(同一規格でない)と、カメラ本体にレンズを装着することはできません。つまり、EFマウントのカメラ本体は、EFマウントのレンズしか装着することができないのです。レンズキット(カメラ本体とレンズがセットになった商品)ではなく、カメラ本体やレンズを単品で購入する際は、事前に必ずマウントを確認しておきましょう。

ニコンマウントのレンズは「ニッコールレンズ」とも呼ばれている

ニコンのレンズは別名「ニッコールレンズ」とも呼ばれており、独自性と品質の高さが魅力です。長年に渡って豊富なラインナップを提供し続けており、ニコンのレンズを使うためにニコンのカメラを使っているプロカメラマンも少なくありません。カメラ業界の王道的レンズともいえるのが、ニコンマウントのレンズです。

ニコンの主流は「Fマウントレンズ」

2020年現在、ニコンの主流となっているのが「Fマウントレンズ」です。ニコンの多くのモデルに採用されている規格であり、その歴史はなんと60年以上。簡単にいえば、昨今のデジタル化されたモデルであっても、アナログ時代の旧式レンズを扱うことができます。

厳密にいえば同じ「Fマウントレンズ」でも技術が進化してきているので、対応していないモデルも存在しますが、カメラとレンズの互換性の高さはニコンならではの魅力です。往年のカメラマンから初心者まで、レンズの選択肢が多く、クリエイティブに撮影したい人にとっては欠かせない存在といえます。

「Fマウントレンズ」はMFとAFの2種類に大別される

共通規格の「Fマウントレンズ」ですが、タイプとしてはMFとAFの2種類に分けることができます。MFとは「マニュアルフォーカス」の略であり、手動でピントをあわせるレンズのことです。アナログ的な操作なので、旧式の「Fマウントレンズ」は基本的にMFと考えていいでしょう。

AFは「オートフォーカス」という自働でピントをあわせる機能です。カメラ本体でもAF搭載型というのを見かけることがありますよね。「Fマウントレンズ」はレンズ本体にAF機能を搭載していることがあり、初心者が苦戦しやすいピントあわせをサポートしてくれます。

ボケ味の良さが「Fマウントレンズ」の魅力

「Fマウントレンズ」の肝心の性能ですが、ボケ味の良さに定評があります。写真におけるボケ味とは遠近感や空気管を出すための重要な要素。単に遠くや近距離がボケていればいいというわけではなく、ボケ具合やなめらかさも大切です。

「Fマウントレンズ」のボケ味は多数のカメラマンが惚れ込む美しさ。言葉では説明するのが難しい微妙なボケ加減を実現してくれます。たとえば、ポートレートでは被写体の人物と背景のメリハリがつき、より印象的に。花などの植物の撮影では周囲の枝葉との区別をキレイに表現してくれます。カメラ単体ではなし得ない表現を可能にしてくれるのも「Fマウントレンズ」の魅力です。

「映え」とは対照的なレトロな質感を実現

 

「Fマウントレンズ」を含め、オールドレンズと呼ばれる旧式のレンズはやわらかく落ち着いたカラーに仕上がるのも特徴です。デジタル化の進む現代ではデジカメやスマホのカメラも、いわゆる「映え」を実現するために彩度や明るさが強い設定になっていることが多数あります。鮮やかな仕上がりは魅力の1つですが、ときには落ち着いたレトロな質感に見せたい場面もあることでしょう。

往年の「Fマウントレンズ」はコントラストが弱く、大人の雰囲気を演出できるモデルが多数あるので、下町の撮影や年配者を被写体としたポートレートに最適。人々の歴史を感じさせる渋い演出を実現してくれます。最新型にはない味わい深い写真を撮影できるのが「Fマウントレンズ」です。

初心者は汎用性の高い「Fマウントレンズ」を選ぼう

種類が豊富なことが「Fマウントレンズ」の醍醐味ですが、初心者のうちは数が多すぎて選べないことも多々あるでしょう。選ぶのに迷ったときはなるべく汎用性の高いレンズに目を向けてみてください。

たとえば「AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G」などは自然なボケ味と、立体感の出やすいコントラストで幅広いシーンに使うことができます。

ニコンの最新型レンズ「Zマウントレンズ」

ニコンは先述した「Fマウントレンズ」が主流と紹介しましたが、2018年頃より、最新型の「Zマウントレンズ」が登場しました。「Zマウントレンズ」はこれまでニコンの魅力だった互換性の高さを捨てて、新たな規格として登場した次世代型レンズです。

本項目では新たな「Zマウントレンズ」の魅力について解説していきます。

ミラーレスの可能性を広げる「Zマウントレンズ」

「Zマウントレンズ」は、ニコンのミラーレスカメラシリーズ「Zシリーズ」に伴って開発された規格です。特徴なのは他社のミラーレスに比べて、口径が大きいこと。一般的に口径が大きいほど、レンズ開発の自由度が高まるとされており、今後、より性能の高いレンズが発売されることが期待されます。

もし、今「Zシリーズ」のカメラを使っているのであれば、今後のラインナップによって次々と性能を変化させることができるでしょう。本体を乗り換えずに新たなレンズを楽しみに待ち続けられるのはニコンならではの魅力です。

現行の「Zマウントレンズ」も高性能

今後に期待される「Zマウントレンズ」ですが、もちろんすでに発売されているモデルの評判も高いです。「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」は小型軽量レンズとして、ロケーション撮影にぴったり。逆光に強い特性もあるので、夏場などの光源が強い環境でもクリアに被写体を捉えることができるでしょう。

ニコンの技術の凄さを体感することができるので、気になる人はぜひ使ってみてください。

マウントアダプターを使えば「Zシリーズ」も「Fマウントレンズ」を使うことが可能

「Zマウントレンズ」のみに対応している「Zシリーズ」ですが、マウントアダプターと呼ばれるアクセサリーを装着することによって、従来の「Fマウントレンズ」を装着することが可能です。そのため、実際に「Zシリーズ」をレンタルしたり、購入したりするときは「Fマウントレンズ」が使えないデメリットはありません。

往年の「Fマウントレンズ」と新型の「Zマウントレンズ」両方を扱うことができるので、選択肢の幅が広がり、より細かな使い分けが楽しめるでしょう。もし、初心者の人でニコンのカメラやレンズを使いたいと考えているのであれば、ニッコールレンズを両方を扱える「Zシリーズ」を視野に入れてみてください。

ニコンのおすすめのレンズマウント14選

ここからはいよいよ、GooPassがおすすめするニコンのレンズマウントをご紹介します。

NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

カメラレンズ NIKKOR Z 20mm f/1.8 S

星を点で写し出す、圧巻の解像力。

光学性能に定評がある、Nikon(ニコン)の単焦点レンズ・NIKKOR Z S-Line f/1.8シリーズ。その最新モデルが、超広角単焦点レンズ・NIKKOR Z 20mm f/1.8 Sです。最大の魅力は、解像力。至近距離から無限遠まで撮影距離を問わず、画像全域で高い描写性能を実現しました。また、超広角らしからぬ柔らかなボケも特徴の1つ。ポートレート撮影から風景撮影やポートレート撮影など、撮影シーンを問わない活躍が期待できます。中でも威力を発揮するのが、星景撮影です。「星が点に写る」と称される圧巻の描写力は必見。505gと軽量なので、外出時にはバッグの中に忍ばせておきたい1本です。

NIKKOR Z 20mm f/1.8 Sのスペック
対応マウント ニコンZマウント
タイプ 単焦点レンズ
最小絞り F16
開放絞り F1.8
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率 0.19倍
レンズ構成枚数 11群14枚
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最大径 × 長さ 約84.5 × 108.5mm
質量 約505g

■購入する場合は、122,971円(税込)(2020/9/18現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

カメラレンズ NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

まつ毛の一本まで、美しく繊細に。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 Sは2020年12月にNikonが発売した最新モデルのレンズです。その特徴は何といってもF1.2の明るい描写。明るいため暗所でも使用できるとともに、大きく滑らかなボケが楽しめます。通常F1.2だとぼやけやすい代わりにピント面の解像度がいまいち高くないものが多いですが、このレンズは開放値から解像力が高いです。そのため、人の瞳などを撮影する際にも、まつ毛の1本1本までくっきりと数えられるほどの、繊細ながらもはっきりとした美しい作品を作り出します。大口径なZマウントならではのレンズ構成で、収差も極めて少なく抑えることに成功。また、複数のステッピングモーターを搭載することにより高速かつ高精度なピント合わせが可能になっています。優れた操作性と高い描写性能を備えたレンズを使って、細部にこだわった作品を生み出してみてはいかがでしょうか。

製品名 NIKKOR Z 50mm f/1.2 S
対応マウント Zマウント
レンズ構成 15群17枚
焦点距離 50mm
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最大撮影倍率 0.15(400mm側)(内蔵エクステンダー使用時:0.21(560mm側))
最短撮影距離 撮像面から0.45m
本体の重さ 約1090g
その他機能 レンズ情報パネル搭載

■購入する場合は、250,470円(2021/2/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

カメラレンズ NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
35mm判換算で、24mmから50mmの焦点距離を持つニコンのミラーレス用ズームレンズ・NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3。約195gの重量かつ、沈胴機構(不使用時にはレンズ鏡筒を収納できる構造)を採用したコンパクトな薄型ボディは、携帯の負担を軽減します。人混みの中でカメラを構えるのが億劫になってしまうシーンでも、気軽に撮影が行なえる点がNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3の強み。どのような場所でもフットワークを軽くしてくれる、旅行に最適な1本です

対応マウント ニコンZマウント
焦点距離 24~50 mm
F値 F4-6.3
最短撮影距離 0.35m
レンズ構成 10群11枚
絞り羽根枚数 7枚
質量 195g

■購入する場合は、47,480円(税込)(2021/2/19現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S

カメラレンズ NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S

風景から人物までオールマイティに対応する標準ズームレンズ。

開放f値2.8通しの標準ズームレンズです。背景を柔らかく自然にぼかし、ピント面はしっかりとシャープかつ繊細な描写力が魅力です。また最大の特徴は新開発された「アルネオコート」の採用です。従来のナノクリスタルコートとアルネオコートを採用したことにより、入射光にも強くなり今まで以上に逆光耐性が強化されました。太陽などの強い光源にもゴーストやフレアの低減に威力を発揮するため、大胆な画作りに挑戦できます。

大口径ズームレンズでありながらレンズボディーも軽量コンパクトに設計されているため、携帯性も抜群です。また、防塵防滴性能も搭載されているので、屋外撮影でも機動力の高さを発揮できますよ。

NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S
シリーズ Zマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S
最短撮影距離 0.38m
重量 805g

■購入する場合は、246,998円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額15,180円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

カメラレンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

描写性能の高い風景・星景撮影に最適の大口径広角レンズ。

風景、夜景、星景撮影におすすめの広角単焦点レンズです。大口径レンズでありながら、サジタルコマフレアや色コマ収差を画面周辺部まで軽減されています。開放絞りから高コントラストでシャープな描写力を誇り、開放f値1.4の明るさと9枚羽の円形絞りで柔らかく美しいボケが表現できます。

超音波モーターを搭載し静かな高速AFと、逆光などに強いナノクリスタルコートなど機能性も大変充実しているレンズです。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 単焦点
最短撮影距離 0.3m
重量 600g

■購入する場合は、203,150円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

カメラレンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

細部までこだわり抜いた描写とボケで印象的な表現力。

高い点像再現性と自然な美しいボケを表現できる標準単焦点レンズです。開放絞りの風景撮影も遠くまでしっかりとシャープに解像し、ハイコントラストでクリアな描写力を発揮します。日中の撮影でコントラストの低下になるコマフレアもしっかりと抑制してくれますよ。

夜景撮影では点像再現性の高さをいかんなく発揮し、画面周辺部までにじみのないはっきりとした描写が可能です。また、夜景や風景などの遠景だけでなく、ポートレートやテーブルフォトなども美しいボケ感で、被写体をドラマチックに引き立たせ表現してくれます。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 大口径標準単焦点レンズ
最短撮影距離 0.58m
重量 385g

■購入する場合は、165,360円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

カメラレンズ AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

マクロ以外もこなせる表現力豊かな万能標準単焦点レンズ。

小さな被写体や植物などに寄って、マクロ撮影ができる単焦点レンズです。非常にキレのあるシャープな解像力と自然で美しいボケ感で、被写体のディティールや質感、その場の雰囲気を切り取ってくれます。

標準レンズに近い画角のため、マクロ撮影だけでなくポートレートや風景、スナップ撮影にもおすすめです。逆光や強い光源に強いナノクリスタルコートを搭載しているので、フレアやゴーストを抑制してくれます。

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 単焦点
最短撮影距離 0.185m
重量 425g

■購入する場合は、74,320円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

カメラレンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

ポートレートも夜景もこなせる大口径中望遠レンズ。

被写体とほどよい距離感で撮影ができる焦点距離と、非常に明るい開放f値1.4という中望遠単焦点レンズです。非常に明るいレンズなので、ポートレート撮影だけでなく、夜景撮影にもおすすめのレンズです。

このレンズの最大の特徴はなんといっても、f/1.4の明るい開放と9枚羽根の円形絞りにより、自然で柔らかなボケが表現できるところです。とろけるような自然なボケ感と髪の毛1本1本を繊細に描写できるほどの解像力を持っています。

AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 単焦点
最短撮影距離 0.85m
重量 595g

■購入する場合は、191,799円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

カメラレンズ AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

超望遠単焦点レンズでも手持ち撮影が楽しめる。

焦点距離500mmでありながら約1460gと、圧倒的軽量コンパクトを実現した超望遠単焦点レンズです。散歩感覚で野鳥撮影や風景撮影に持っていける機動力の高さは、このレンズならでは。開放絞りでも画面の隅々までしっかりと解像し、超望遠ならではの大きな背景ボケを表現できるなど描写力も申し分ありません。

AF性能についても、動きが早く激しい被写体も高速で追従するVR「SPORT」モードが搭載されています。動きが素早い動物の撮影も激しいスポーツシーンもシャッターチャンスを逃しません

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 超望遠単焦点レンズ
最短撮影距離 3m
重量 1460g

■購入する場合は、424,931円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額19,580円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

カメラレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

古さを感じさせない超広角大三元レンズ

開放f値2.8通しの超広角大三元レンズです。発売から10年以上経っても未だにその描写力は一級品です。その圧倒的な表現力は、素晴らしい色乗りと画面の隅々までシャープな解像、ハイコントラストな写りを実現してくれます。更にニコン独自のナノクリスタルコートを採用しているので、逆光時もゴーストやフレアを気にせず撮影が可能です。

ピント合わせは、正確で素早いAF性能が搭載されていますが、MFフォーカスが可能なのでフォーカスリングを回転させて更に追い込むことも可能です。広角の面白さと奥深さ、撮影の楽しさを教えてくれるそんなレンズです。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 大口径ズームレンズ
最短撮影距離 0.3m
重量 600g

■購入する場合は、228,000円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

カメラレンズ AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

世界最軽量のハイレベルな標準ズームレンズ。

日常的に使いやすい焦点域をカバーした、標準ズームレンズです。DXレンズ初の電磁絞り機構、ナノクリスタルコートやフッ素コーティングなど高性能な機能を搭載しながらも軽量化に成功しています。f/2.8-4という明るさとシャッタースピード4段分の手ブレ補正で、薄暗い屋内撮影にも頼れるレンズです。

色乗りも大変よくクリアな画質とヌケ感が大変気持ちのよい画が撮影可能です。機動力、画質、機能性のバランスが絶妙なので常用レンズとしておすすめです。

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
シリーズ Fマウント
フォーマット DXフォーマット
タイプ 標準ズームレンズ
最短撮影距離 0.35m
重量 480g

■購入する場合は、97,336円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

カメラレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影環境に左右されない耐候性と機動力を備えた望遠ズームレンズ。

従来のモデルよりも約110gも軽量化された大三元望遠ズームレンズです。軽量化を実現したことにより、スポーツ観戦時などの長時間の撮影シーンも疲れにくく撮影に集中できるようになりました。また、防塵防滴性能とフッ素コーティングがされたことにより屋外撮影での耐候性も格段にアップし機動力の高いレンズへと進化しています。

表現力についてもとても優秀で、開放絞りからキレのあるシャープな解像と大口径ならではのボケ感としっとりとした色乗りが表現できます。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 大口径望遠ズームレンズ
最短撮影距離 1.1m
重量 1430g

■購入する場合は、258,000円(税込)(2021/2/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額26,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額15,180円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

カメラレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

発売から10年が経っても衰えない大三元レンズ。

2009年に発売されてからもファンの期待に応え続ける望遠ズームレンズです。10年前のレンズのため携帯性や最新の機能はありませんが、はっきりとシャープな解像力、なだらかなボケ感と精彩なコントラストが得られます。非常にキレのあるシャープな写りと色乗りは、ズームレンズとは思えない描写力です。

AF性能についても高速かつ正確で、薄暗い室内でのスポーツシーンもしっかりと被写体を追従してくれます、また、高いブレ軽減効果を発揮するVR機構がしっかりと手ブレを補正してくれます。MFフォーカスが採用されているため、AFでピントを合わせたあとマニュアルでもピント合わせも可能です。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
シリーズ Fマウント
フォーマット FXフォーマット
タイプ 望遠ズームレンズ
最短撮影距離 1.4m
重量 1540g

■中古で購入する場合は、96,800円(税込)(2020/9/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

カメラレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

飛行機から野鳥撮影まで、ビギナーでも安心の手ブレ補正。

焦点距離、200~500㎜。望遠から超望遠域までカバーするのが、Nikon(ニコン)のAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRです。このレンズ最大の特徴は、初心者でも気軽に撮影が楽しめる、4.5段分の手ブレ補正機構。わずかな手ブレが致命的となる望遠・超望遠撮影を、強力にサポートします。レンズ構成は12群19枚。色収差を抑えられるEDレンズを3枚採用し、画面全域でコントラストの高い、色鮮やかな描写を可能にしました。野鳥撮影時に活躍すること間違いなしです。さらに、スポーツシーンなど激しい動きにも対応可能なVRモード[SPORT]を搭載。飛行機や電車などの動体でも手ブレを心配せずに撮影を楽しめます。ベテランフォトグラファーはもちろん、望遠レンズデビューを目指すビギナーにもオススメの一本です。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
シリーズ Fマウント
タイプ 望遠ズームレンズ
レンズ構成枚数 12群19枚
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 2.2m
重量 2090g

■購入する場合は、143,998 円(税込)(2020/10/13現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

今すぐレンタルできるNikon用交換レンズ

お目当ての機材がレンタル中だった場合はコチラ

▲カメラ機材のレンタルサービス『GooPass』の現時点で在庫がある、レンタル可能な機材だけをピックアップしました。

まとめ

ニコンのマウントレンズは業界でも屈指の品質の高さと充実したラインナップが特徴です。長きに渡って互換性が維持されていることにより、旧式のレンズも扱えるのはうれしいポイント。アナログ時代に戻ったかのようにレトロで落ち着いた仕上がりの写真が撮影できます。

最新型の「Zマウントレンズ」も見逃せません。昨今、流行を見せているミラーレスの可能性をどこまで広げてくれるのか、実際に使いながら味わってみましょう。

ぜひ、本記事を参考にニコンのマウントレンズを使ってみてください。ニコンの技術の高さにハマること間違いなしです!