【2020年最新】Nikon(ニコン)のおすすめフルサイズ一眼レフカメラ10選

デジタル一眼レフで写真を撮っていると、「SNS映えする写真をUPしてフォロワーを増やしたい!」「もっと画質の良い写真を撮りたい……!」と、つい承認欲求や成長意欲が湧き出てしまうもの。そんな上昇志向の方やプロの方など、画質・性能にこだわるカメラマンのために開発されているのが、フルサイズ一眼レフカメラです。今日は、泣く子も黙る老舗メーカー・Nikonの、おすすめフルサイズ一眼レフカメラを、解説つきでご紹介します。

Nikon(ニコン)とは?

Nikonは、創業100年を超える日本の光学機器メーカー。国内No.2のシェアを誇るデジタルカメラ分野を筆頭に、望遠鏡や測定器など、光学機器に関わる広い分野で実績があります。長年、Nikonを手にするベテランカメラマンやプロが揃って口にするのは「メーカーへの信頼」。道マンや登山家・スポーツカメラマンなど、一瞬のシャッターチャンスを逃せない、この上なく過酷な撮影に携わる撮り手から支持されており、頑丈さと正確性に定評があります。また、色の発色も通好み。パッと見の洒脱さや”けれん味”に逃げるのではなく、目の前の被写体をできるだけ正確に再現する構造と技術を磨き続けているのカメラメーカーが、Nikonなのです。だからこそ、風景や報道、スポーツなど幅広い現場で愛され、多くのカメラマンから支持され続けているのでしょう。

Nikon(ニコン)の特徴・強み

正確なピント

Nikonのカメラは、「正確」さに定評があると言われています。被写体の狙った箇所にぴたりとピントが合い、正確な撮影をバックアップしてくれるのです。それに対して、Nikon永遠のライバルCanonは、「オートフォーカス(AF/自動のピント合わせ)の速さ」が特徴。動きのある被写体を瞬時にキャッチします。Canonの速いピントを頼るか、一定の速度と精密さを誇るNikonをモノにするか ―― 撮影の目的や被写体から選ぶのも手です。Canon、Nikonともに世界クラスのメーカー。その製品は難しい撮影を可能にします。ピントの比較はあくまでも、高水準な品質を元にしたプラスアルファの特徴です。カメラ・レンズによっても個体差があります。

タフネス

Nikonの前身「日本光学工業株式会社」は、大和や武蔵といった戦艦に備え付ける標準器・望遠鏡など、工学機器の製造メーカーでした。戦後、Nikonはこうした高度な製造技術を、カメラや双眼鏡などの生産に注ぎ込みます。1950年代には、朝鮮戦争の戦場を取材したジャーナリストが「Nikonのカメラは壊れなかった」と報告した事例があったほど。1970年後半からはNASAの公式カメラになったり、Nikonの製品は極限状態の現場で活躍。「堅牢さと精密さ」は、今でもNikon製品のアイデンティティなのです。

操作性

操作性もNikonの強み。グリップ位置を変えずに操作出来ることから「親指のNikon」と呼ばれます。画質や色調、感度などの撮影設定が、右手だけで行えるのです。冬山など極限状態に持ち出されるNikonのカメラは、親指一つだけではなく、手袋をしたままでも行えるように開発・配慮されています。こういった撮り手のシチュエーションを想像し、使い易い設計をするところにもNikonの意匠と、カメラマンへのリスペクトが感じられるのです。また、ベテランカメラマンが撮影環境が厳しい環境にNikonを持ち込んでいるという事実は、当然ビギナーにも使い勝手がいいことを表しています。

自然な発色

カメラのボディは、空間や場所にある光を内部処理します。ただ、そのさじ加減はメーカー毎によりけり。Nikonは「風景撮影が得意」で、色は「黒に強い」といわれます。画面における黒の割合は、写真の印象やムードを決定する大事な要素。Nikonの精緻な風景画像と引き締まった黒の効果が、報道や記録に携わるカメラマンの信頼を勝ち得たのです。もちろん、Nikonにも人物ポートレートが得意なボディ&レンズがありますので、ご心配なく。

豊富なニッコールレンズ

Nikonは60年以上もマウント(レンズとボディの結合部)を変えませんでした。いわゆる「Fマウント」です。Fマウント対応の「ニッコールレンズ」と呼ばれるシリーズは、これまで何十年にもわたって幅広いラインナップが発表されており、「NikonはTPOに応じたレンズ選びができるメーカー」という評価を不動のものにしました。ここ数年は、ミラーレス機で新しい「Zマウント」が製造されていますが、こちらもマウントアダプターを装着すればニッコールレンズ(Fマウント)が使用可能です。

フルサイズ一眼カメラのメリット

これまで紹介してきたNikon独自の性能や強みを、最も際立たせたのが、今回のテーマ「フルサイズ一眼カメラ」です。フルサイズよりセンサーサイズが一つ小さなAPS-Cのカメラよりも高画質で、詳細な撮影が可能。ほかにも暗い場所に強かったり、シャッタースピードに幅が出せたりと、様々な点でグレードが高まっています。あえてデメリットを挙げるなら、比較的ボディが大きくて重量があり、価格が高い点でしょうか。また、小物を大きく写したいときや携帯性・撮り回しを優先させたいケースや、予算に限りがあるケースの場合は、APS-Cサイズの一眼カメラが適当な場合もあります。しかし、画質・描写力・撮影環境への応用力・レンズの性能を最大限に引き出すポテンシャルは、APS-Cのそれと比べ物になりません。ベテランフォトグラファーやプロカメラマンであれば、必ず一台は所有しているハイスペック機が、フルサイズ一眼カメラです。

 Nikonのフルサイズは「Dシリーズ」と「Zシリーズ」

現在、Nikonのフルサイズ一眼カメラには、「Dシリーズ」と「Zシリーズ」があります。

Dシリーズ

■Dの一桁

フラッグシップ機(メーカーの象徴的存在)として君臨する「D5」のように、「D+一桁の数字」はNikonのニコン最上位モデル。D6におよんでは本体価格だけで70万円を超えるなど、まさにハイエンドです。プロ中のプロが使うランクといえます。

 

■D800番台

「D850」「D810」など、「D+800番台」は安定感のある上位モデルです。とりわけ高画素で知られます。

 

■D700番台

「D750」など、「D+700番台」のモデルは、各々に特徴を持つ独立モデルです。カメラのスペックや撮影シーンなどを考慮して、自分に合った一台を探しましょう。

 

■D600番台

「D600番台」は、Nikonのデジタル一眼レフカメラの中で導入機的な位置づけ。フルサイズ一眼レフながらコスパに優れる機種があり、ビギナーにもオススメです。

Zシリーズ

「Zシリーズ」はNikonがミラーレスに用に開発した、新たなマウントを搭載した規格です。小型ながら性能に優れたボディ、新しいレンズが続々リリースされています。現在、製造されているボディはZ6とZ7、Z50の3機種。「Zシリーズが今後のNikonの屋台骨」といわれます。マウントアダプターを着用すれば、歴史が深い「Fマウント」レンズも使用可能。新規格のミラーレスボディを購入しても、多様なレンズが選べるところも、他社のミラーレス一眼カメラには無い、Nikon独自の魅力といえるでしょう。

Nikon(ニコン)のオススメなフルサイズ一眼レフカメラ10選

ここからはNikonでオススメのフルサイズ一眼カメラをご紹介します。

D5

Nikonが誇る実力派、夜景にも抜群の強さ。

D5 XQD-Type ボディはNikonのフラグシップ機(象徴的存在)です。その性能は、ライバル・Canonのフラグシップ機であるEOS-1D Xシリーズを凌駕するとまでいわれています。AFシステムは広域・高密度の153点(クロスセンサーは99点)。小さな被写体や、のっぺりした均一な景色に対しても、精密なピントを合わせが可能です。常用感度はISO 102400で、さらにISO 3280000相当(Hi 5)までの増感可能。これだけ感度が上げられるなら、一般的なカメラでは真っ黒になってしまう暗い環境や夜の撮影も、美しいグラデーションカラーで撮影できます。プロ中のプロが頼るハイスペックな一台、Nikonユーザーの憧れの的です。

製品名 D5
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2082万画素/4K(29.97p)
AF測距点 153点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.72倍
常用感度 ISO100~102400
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 1405g
その他機能 防塵・防滴・ライブビューなど

■購入する場合は、539,800 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

 D610

ビギナー〜中級者におすすめの、フルサイズ入門機。

「それそろフルサイズ一眼カメラがほしいけど、いきなり何十万円も使えない……」というビギナー〜中級者におすすめなのが、このD610。とりわけシャッター音が静かなので、静けさが大事な発表会や演奏会、動物撮影などに重宝します。導入クラスのボディとしては、色味や画質も悪くなく、Nikonボディのタフさは信頼感抜群。ISO感度は6400までと高くはありませんが、暗い環境で撮影が必要ならばISOが1万以上ある上位機種を、お子さんとのお散歩や旅のお供など、スナップに使いたいならこちらを候補にしましょう。このモデルをきっかけにNikonにはまるカメラマンもいるようです。

製品名 D610
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2466万画素/フルHD(29.97fps)
AF測距点 39点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.7倍
常用感度 ISO100~6400
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 760g
その他機能 USB端子

■購入する場合は、78,480円(2020/6/9現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

D750

機動性に富んだNikonの定番フルサイズ。

2014年に発売され、根強い支持を集めるD750。シャッター音や使い易いボタンや配置、光学ファインダーの装備など、Nikonならではの魅力が詰まっています。画質やAF性能はもとより、可動液晶モニター(上向き90度~下向き75度のチルト式)が使われ、撮影時のイメージ作りがより自在になりました。グリップ回りのホールド性も高く、持ち出しやすい仕様です。上位機種にも劣らない性能ながら、一回り小さなボディは840gと、このクラスでは比較的軽量。機動力の高さもD750の魅力といえます。

製品名 D750
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2432万画素/フルHD(59.94fps)
AF測距点 51点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.7倍
常用感度 ISO100~12800
シャッター速度 1/4000~30秒
本体の重さ 840g
その他機能 防塵・防滴・ゴミ取り機構・ライブビュー・可動式モニター・Wi-Fiなど

■購入する場合は、112,681 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

D780

多彩な高機能性とアクティビティ、長時間稼動が可能な優れ物。

D780は2020年1月に発売されたばかりの新しいモデルです。低消費電力設計により、長時間の持ち出しが可能になりました。フットワークの軽い、画作りにもこだわりたいカメラマンにオススメの一台です。D750の51点AFシステムから、画像処理エンジンと180KピクセルRGBセンサーが強化され、ピント合わせがより精密になっています。また、ニコン一眼レフカメラとしては初めて、像面位相差AF採用の273点ハイブリッドAF(ライブビュー撮影)を搭載し、ライブビュー撮影は快適。暗い環境での撮影能力も向上。夜景やスナップ、スポーツのポートレート、4K動画の撮影など、様々なシチュエーションで活躍します。

製品名 D780
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2528万画素/4K(30p)
AF測距点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.7倍
常用感度 ISO100~102400
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 840g
その他機能 Wi-Fi、Bluetoothなど

■購入する場合は、227,646 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

D810

なめらかな高画質を誇る実力派。

3630万画素のローパスフィルターレス仕様が、高画質撮影を可能にしたD810。ISO 6400程度なら画像のノイズもさほど目立たず、夜景の撮影にも活躍します。強化されたピクチャーコントロールシステムが被写体をなめらかに撮影し、シャッター耐久20万回。描写力だけではなく、耐久性も備えています。シャッター音が静かなので、低速シャッターに強いところもD810の強み。じっくり時間をかけた絵作りにも、軽快なスナップにも威力を発揮する実力派ながら、現在は比較的安価に購入できます。

製品名 D810
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 3635万画素/フルHD(59.94p)
AF測距点 51点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.7倍
常用感度 ISO64~12800
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 800g
その他機能 防塵・防滴・ゴミ取り機能・ライブビューなど

■購入する場合は、184,800 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

D810A

天体撮影専用のフルサイズ一眼レフカメラ。

D810Aは天体撮影専用モデルのフルサイズ一眼カメラ。D810の性能をベースに、天体撮影に適した機能を備える通好みのボディです。一般的な一眼レフカメラには搭載されない「Ha線」対応の光学フィルターが組み込まれ、天体の発色を自然に写し撮り、かつ低ノイズの素晴らしい撮影が可能。星や月から星雲までも、発色が美しく、抜群の描写力が感じられます。また、安定した撮影や画像の色調は、日常の撮影にも威力を発揮。天体以外の撮影であろうと、Nikonの強みが感じられる一台です。

製品名 D810A
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 3635万画素/フルHD(1920×1080)
AF測距点 51点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.72倍
常用感度 ISO100~12800
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 880g
その他機能 防塵・防滴・ライブビューなど

■購入する場合は、335,610 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

D850

無音シャッターや天体に強いモードなど、マルチな一台。

D850は2017年発売と、比較的あたらしいNikonのフルサイズ一眼カメラ。D810から様々な点でバージョンアップしています。まず注目すべきは、搭載されている高画素機。有効画素数は圧倒的な4575万画素、常用ISO感度も25600まで拡大され、高感度耐性も上がっています。ボディには、NIKKORレンズの潜在能力を引き出す光学ローパスフィルターレスを採用。大きな印刷であろうと、細密なプリントが可能です。シャッターの際にレリーズ音がしない設定もあり、美術館や結婚披露宴で重宝するでしょう。天体撮影などで機構ブレをなくすモードも搭載。連射は約7コマ/秒と高速で、D+一桁シリーズに迫る性能といえます。

製品名 D850
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 3635万画素/4K(29.97p)
AF測距点 153点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.72倍
常用感度 ISO64~25600
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 1005g
その他機能 防塵・防滴・ライブビューなど

■購入する場合は、286,532 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

Z6 マウントアダプターキット

Nikonの新機軸となるフルサイズのミラーレス一眼カメラ。

Nikonが開発したミラーレスシリーズ、「Z」。その中でもZ6は、「Nikonが実現したかったミラーレス一眼カメラ」といえます。使いやすい操作性はNikonそのもの。一眼レフに慣れた人も、Nikonビギナーも感覚的にわかるボタンの配置です。上下および回転ブレも防止する手ブレ機能は、単焦点レンズを装着した際にも機能します。これは同社において画期的な機能といえるでしょう。画素数は約2450万とスタンダードクラス。高感度撮影におけるノイズの処理能力は抜群で、他社の同クラスを凌駕するといわれます。色調やカラーバランス、高感度撮影など一眼レフから進化した点も多く、「軽くて小さい」ミラーレスの強みも活かされた一台です。このキットには、ニッコールレンズが使えるマウントアダプターが付属されています。

製品名 Z6 マウントアダプターキット
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2450万画素/4K(30p)
AF測距点 273点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.8倍
常用感度 ISO100~51200
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 585g
その他機能 ボディ内手ぶれ補正、Wi-Fi、Bluetooth

■購入する場合は、208,800 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

Z7 マウントアダプターキット

前発だけど高性能、連射にも強いフルサイズミラーレス。

Z7はNikon Zシリーズの先がけとなったモデルです。有効画素数4575万画素の高画質と、画質を活かすオートフォーカスが493点測距。より精密なピント合わせが体感できます。独自開発の瞳AFは被写体の視線にぴたりと合い、ブレ・ボケを抑えた撮影が可能。暗い場所や、連射が必要なシーンでも強くいボディで、まさに高級なフルサイズミラーレス一眼といえるでしょう。記録媒体にはXQDカードを採用。SDカードより高速なデータ転送を誇り、高画質な連射も快調。タイムラグなく被写体を追いたいカメラマンにもおすすめの一台です。このキットには、ニッコールレンズが使えるマウントアダプターが付属されています。

製品名 Z7 マウントアダプターキット
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 4575 万画素/4K(29.97p)
AF測距点 493点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.8倍
常用感度 ISO64~25600
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 585g
その他機能 ボディ内手ぶれ補正、Wi-Fi、Bluetooth

■購入する場合は、330,000 円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額23,800円でレンタル可能です。

Df ボディ

フィルム感あるデザインと、ハイスペックな性能の融合。

現在のフルサイズ一眼カメラ市場は、無骨でタフ、いってみれば男っぽいデザインが全盛です。しかし「Df」はのフォルムは、どこかレトロで洒脱、昔のニッコールレンズにもマッチするフィルムカメラ的なデザインが人気。しかも、Nikonのレトロなレンズが、ほぼすべて使えるのです。フィルムカメラと似ているのは外見だけではありません。Dfには動画撮影機能がないのです。ただし、写真撮影に特化しているだけあって、画質や機能性は優秀。ISOは51200まで上げられ、AF測距点は39点。シャッター速度1/4000~30、Wi-Fi機能も備えています。これらは発売した2013年当時のハイクラスボディと同等の性能。画質において、色味のグラデーションが美しいと評判です。

製品名 Df ボディ
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 1625万画素
AF測距点 39点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.7倍
常用感度 ISO100~51200
シャッター速度 1/8000~30秒
本体の重さ 710g
その他機能 Wi-Fi

■購入する場合は、201,830円(2020/6/8現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

まとめ

ここまで、Nikonでオススメのフルサイズ一眼カメラをご紹介しました。Nikonのボディだけあって、多士済々のラインナップ。想定される撮影シーンや求められる性能・傾向、狙う被写体などを鑑みて、「これだ!」と思えるボディを選ぶといっても……”よりどりみどり”なNikonボディ。選ぶに選べない幸福感に悩まされてしまうかも?決めきれない方は、フラグシップのランクからD600台まで、性能と特徴、価格の幅を見て、さらに1~2年先のカメラライフを見据えたボディ選びが効率的かもしれません。

  Nikon(ニコン)の レンタルカメラを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。