【2021年10月15日更新!】GooPassに入荷したばかりの最新機材を紹介します。

GoPro HERO10

スノーボーダーの表情も、舞い上がる雪も、より鮮明に。

2021年9月に発売された、GoPro HEROシリーズの最新モデル『GoPro HERO10 BLACK CHDHX-101-FW』。

本機の魅力は大きく分けて二つあります。一つ目は、高い動画性能。新型プロセッサ「GP2」の搭載により、前モデル・ HERO 9と比べて動画性能が進化しました。5K30fpsの動画撮影ができたHERO 9に対して、『HERO 10』は5.3K60fpsでの撮影が可能です。たとえば、お互いの姿を動画撮影し合えるスノボーでは、ジャンプの際に舞い上がる粉雪も、より鮮明に美しく描写できます。二つ目の魅力は、強力な手ブレ補正機能。GoProのブレのない動画撮影を支えてきた手ブレ補正機能「Hypersmooth」が、HERO 9の3.0から、HERO 10でversion4.0に向上。最大、斜め45°まで傾けても、撮影画面では水平を維持します。歩きながらのVlog撮影や、車に設置した撮影でも、これまで以上にブレを抑えた動画が撮影可能。また、スノボーやスケボーなど激しく動くスポーツで、プレイヤーの身体に本機を装着しても、より滑らかで見やすい動画が撮影できます。

各性能がアップデートされているものの、サイズは71.0mm x 55.0mm x 33.6mmで、HERO 9と同サイズ。そのため、HERO 9に対応しているアタッチメントをそのまま使用することが可能です。一年に一度のペースで最新モデルが登場する、GoPro HEROシリーズ。動画性能と手ブレ補正が進化した『HERO 10』は、BMXやスノボーなどハードなシーンでも、描写力に優れた美しい映像を残したい方に、ぜひ試していただきたい1台です。

HERO10 BLACK CHDHX-101-FW
カメラタイプ アクションカメラ
液晶モニター 2.27インチ
記録メディア microSDカード、microSDHCカード、microSDXCカード
防水性能 10m
サイズ 112×75×226mm
重さ 153g
その他機能 手ブレ補正機構5段分/4Kフォト・6Kフォト

■購入する場合は、62,673円(2021/10/4現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

LUMIX DC-GH5 ボディ

 

4K高画質&2倍スロー動画で、ショートフィルムもMVも。

2017年にPanasonicから発売されたマイクロフォーサーズセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『LUMIX DC-GH5』。

本機最大の魅力は、4K60fpsサイズの圧倒的高画質な動画を撮影できる点にあります。4K動画とは1080P(FULL HD)の4倍相当の画質を誇る記録形式のこと。野鳥が羽を広げて羽ばたく瞬間や、草花が風に揺られている様子などを滑らかに映し出すことが可能です。また、60fpsで映像を記録できるため(一般的なカメラは24~30fps)、2.5~2倍スローで撮影することもできます。雨が水溜りに落ちて波紋が拡がっていく様子や、飛行機が離陸して上昇していく過程などをスローモーションで切り撮ることが可能です。Vlog・YouTube動画をはじめ、曲調・展開に合わせて表現を変えるMV・ショートフィルムなど、幅広いジャンルで映像表現の幅を広げてくれるでしょう。

もちろん、ジャケ写やサムネイルなど、ジャンルに応じた静止画撮影にも対応。また、最大5段分の手ブレ補正を搭載しているため、ジンバルがなくても、手持ち撮影を強力にサポートします。

これからクリエイターを目指す初級者から、既に第一線で活躍しているプロフェッショナルまで、映像の世界で戦う全てのクリエイターを満足させる、使い勝手の良い1台です。

LUMIX DC-GH5 ボディ
対応マウント マイクロフォーサーズマウント
センサーサイズ フォーサーズセンサー
画素数/動画サイズ 2033万画素/4K(3840×2160)59.94p
ファインダー視野率/倍率 約100%/約1.52倍(35mm判換算:約0.76倍)
常用感度 ISO200~25600
シャッター速度 1/16000~60秒
重さ 645g
その他機能 手ブレ補正機構5段分/4Kフォト・6Kフォト

■購入する場合は、140,000円(2021/8/16現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

OM-D E-M1X ボディ

『OM-D E-M1X ボディ』は、2019年にOLYMPUSから発売された、ミラーレス一眼カメラです。

OM-D E-M1X ボディの魅力は、大きく二つあります。一つ目は優れたAF性能。高速な画像処理エンジンTruePic VIIIを2基搭載し、素早いAFを可能にしています。また、鳥や飛行機など特定の被写体を検出できる、インテリジェント被写体認識AFも搭載。ふいに飛んできた被写体にAFが間に合わず撮り逃すことや、動体へのAFで被写体ではないところにピントが合うことがなくなり、大事なシーンでのピンボケを防ぎます。二つ目は、高速連写。AF/AE追従で、最高18コマ/秒の高速連写が可能です。野鳥の羽ばたく瞬間や、えさを取る瞬間まで逃すことなく写真に収められます。

他には、最大7.5段分の手ブレ補正を内蔵している点がポイントです。動体を撮影する際に起こりやすい手ブレをしっかりと補正して、ブレのない写真に仕上げます。本機は、野鳥の撮影を本格的に始めてみたい方にも、写真の質を上げたい方にもオススメの一台です。素早いAFと撮りたい瞬間を逃さない連写機能、撮影をしっかりとサポートしてくれる手ブレ補正を体感してみてはいかがでしょうか。

OM-D E-M1X ボディ
センサーサイズ 4/3型センサー
画素数/動画サイズ 2037万画素/C4K(4096×2160)24fps/4K(3840×2160)29.97fps
ファインダー視野率 約100%
常用感度 ISO64~6400
シャッター速度 電子:1/32000~60秒
電子先幕:1/320~60秒
メカニカル:1/8000~60秒
重さ 849g
その他機能 手ブレ補正7.5段分

■購入する場合は、150,000円(2021/8/31現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。