【2021年3月31日更新!】GooPassに入荷したばかりの最新機材を紹介します。

FUJIFILM X-E4

ポケットサイズの本格派デジタル一眼。

※こちらは入荷予定の商品です。レンタルをご希望される場合は、借りたいボタンを利用(GooPassの商品ページにて)すると入荷後に、通知を受け取ることができます。

画質と携帯性に優れた、FUJIFILMの中級者向けミラーレス一眼カメラ・X-Eシリーズ。その中でも、2021年2月に発売された最新モデルが、「X-E4」です。本機には、Xシリーズの第4世代である、イメージセンサー「有効約2610万画素の裏面照射型X-Trans CMOS 4センサー」と画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。プロカメラマンも愛用する上級機「X-Pro3」「X-T4」と同等の画質を誇ります。重量は、350ml缶ジュースと同等の364g 。幅×高さ×厚さは、121.3×72.9×32.7mm。付属のキットレンズ・フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZを装着しても、上着のポケットにすっぽり納まります。また、サイズ感こそ約3年半前に発売された従来モデル・X-E3とほぼ変りませんが、スペックは大きく進化を遂げました。たとえば、AFはX-E3の最短約0.06秒から0.02秒へ大幅に向上。X-E3には存在しなかった、自由なアングルで撮影を可能にする、チルト式の背面モニターも新たに採用されています。軽量・コンパクトで高画質、おまけに使いやすさ抜群。外出時にスマートフォン感覚で持ち歩けば、日常の何気ない1シーンが、1ランク上のスナップ写真に変わること間違いなし。ポケットサイズの本格派ミラーレス一眼カメラを、存分にご堪能ください。

X-E4
センサーサイズ APS-C
画素数/動画サイズ 2610万画素/C4K29.97p
ファインダー視野率/倍率 100%/0.62倍
AF測距点 シングルポイントAF:13×9/25×17のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)、ゾーンAF:13×9の117エリアより3×3/5×5/7×7選択
常用感度 ISO160~12800
シャッター速度 1/32000秒~15分
質量 315g
幅x高さx奥行き 121.3×72.9×32.7mm
その他 Wi-Fi、Bluetooth4.2

X-E4 レンズキット [ブラック]

x-e4lenskit
■購入する場合は、108,900円(2021/3/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

X-E4 レンズキット [シルバー]

x-e4lenskit
■購入する場合は、108,900円(2021/3/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

X-E4 ボディ [ブラック]

x-e4body01
■購入する場合は、98,010円(2021/3/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

X-E4 ボディ [シルバー]


■購入する場合は、98,010円(2021/3/22現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

フジノンレンズ XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR

重さ580g、超望遠レンズの新常識。

※こちらは入荷予定の商品です。レンタルをご希望される場合は、借りたいボタンを利用(GooPassの商品ページにて)すると入荷後に、通知を受け取ることができます。

「フジノンレンズ XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」はFUJIFILMが展開するミラーレス一眼カメラ・Xシリーズ用の超望遠ズームレンズです。焦点距離は、70-300 mm(35mm判換算で約107-457mm相当)。本レンズ最大の特徴は、中望遠~超望遠をカバーするレンズらしからぬコンパクトで軽量なボディです。重量(約580g)と最大径(75mm)は、同シリーズのXF55-200mmF3.5-4.8R LM OISと同等。長さは約2cm長いものの、サイズ感は遜色ありません。APS-Cセンサーを搭載した、コンパクトなXシリーズのボディに装着しても身軽さを維持します。野鳥や自然風景・飛行機など、ベストショットを求めた長時間の散策でも、カメラマンの体力を奪わずに撮影をサポートしてくれるでしょう。また、防塵防滴構造、5.5段分の光学手ブレ補正も、本レンズの魅力。タフなボディは悪天候時やアウトドアなど撮影シーンを選ばず、強力な手ブレ補正は柔軟な手持ち撮影を可能にします。コンパクト・軽量かつ頼れるスペックを備えた本レンズは、最小限に荷物を抑えたい旅するフォトグラファーや、風景撮影のサブ機として望遠ズームレンズを使用したい方にオススメです。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR
対応マウント Xマウント
レンズ構成 12群17枚
フィルター径 67mm
絞り羽根枚数
質量 580g
その他 防塵防滴

■購入する場合は、98,000円(2021/3/25現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

Leica(ライカ) アポ・ズミクロンM F2/75mm ASPH.ブラック(6bit)

いつものスナップ・ポートレートに、1ランク上のスパイスを。

コントラスト、階調、解像感、質感…。どれをとっても最高レベルの品質を誇る、Leica(ライカ)のレンズ。その中でも、高い解像力で人気を集めているのが、『アポ・ズミクロンシリーズ』です。『アポ』とは、アポクロマート(Apochromat)の略称。特殊低分散ガラスなどのレンズを組み合わせることで、赤・青・紫の色収差を高いレベルで補正するレンズを指します。また、『ズミクロン』は、Leicaが製造するF2単焦点レンズ群の総称。他のシリーズに比べて、軽量・コンパクトなレンズです。つまり、『アポ・ズミクロンシリーズ』とは、携帯性に優れ、色の滲みや歪みの少ない高画質な写真が撮れる傑作レンズのこと。同シリーズには、スナップやポートレートで重宝する35mmや50mmなどのモデルが存在しますが、今回紹介する75mmは、「一風変わった」「痒いところに手が届く」焦点距離として、腕利きのフォトグラファーが愛用するモデル。普段のポートレートやスナップ撮影で使用すれば、自身の作風・世界観に新たなスパイスを与えてくれることでしょう。

※尚、本モデルは6ビットコードに改造済みのため、レンズ情報が記録される他、ライカM10-RなどデジタルM型カメラでもそのままの描写力で撮影を楽しむことが可能です。

製品名 アポ・ズミクロンM F2/75mm ASPH.ブラック(6bit)
対応マウント ライカMマウント
レンズ構成 5群7枚
焦点距離 75mm
フォーカス MF
最大撮影倍率 1:7倍
最短撮影距離 0.7m
本体の重さ 約430g
その他機能

■購入する場合は、496,375円(2021/2/10現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額32,780円(税込)でレンタル可能です。

LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S H-FS35100-K

山中の野鳥も、路地裏の野良猫も。

Panasonicの望遠ズームレンズ・LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S。本レンズの特徴は、焦点距離35-100mm(35mm判換算70-200mm)で標準~望遠域をカバーしながらも、望遠ズームレンズとは思えないほどコンパクトで軽量な点です。沈胴機構(レンズの鏡筒をボディの内部に収められる)を採用しているボディの最大径×長さは55.5×50 mm。重量はバナナ1本分よりも軽い、約135gです。大きくて重い望遠ズームレンズの常識を覆す、抜群の携帯性を実現しました。手のひらに収まるため、アウトドアや旅行、ちょっとした外出にも、気軽に持ち出して撮影を楽しめます。たとえば、ハイキングで山中の野鳥を遠くからズームしたり、おさんぽ中に出会った野良猫をこっそりと写したり…。持ち出せる範囲が広がる分、撮影できるシーンの幅も広がります。コンパクト・軽量で撮影の負担が少ないため、望遠レンズデビューを目指している方や、様々なシーンで望遠撮影を楽しみたいカメラ愛好家の方にもオススメの1台です。

製品名 LUMIX G VARIO 35-100mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S H-FS35100-K
対応マウント マイクロフォーサーズマウント
レンズ構成 9群12枚
焦点距離 35-100mm
フォーカス AF
最大撮影倍率 0.11倍
最短撮影距離 0.9m
本体の重さ 約135g
その他機能

■購入する場合は、29,700円(2021/3/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS

月面のクレーターも、野鳥の表情も。

OLYMPUSから発売されている、マイクロフォーサーズマウントの超望遠ズームレンズ・M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS。200-800mm相当(35mm判換算)の幅広い望遠域をカバーする本レンズでは、様々な望遠撮影を楽しめます。たとえば、月の撮影では、月面の凸凹したクレーターを写したり。野鳥撮影では、野鳥を表情から毛の質感まで確認できるほどクローズアップしたり…。望遠~超望遠域を必要とする、様々な撮影シーンに対応しています。また、別売りのテレコンバーターレンズMC-14MC-20に対応しているため、ズーム領域が物足りない場合でも安心。焦点距離が1.4倍のMC-14を装着すれば280-1120mm相当、2倍のMC-20を装着すれば400-1600mm相当の超望遠撮影が可能になります。また、最短撮影距離は1.3m(ズーム全域)・最大撮影倍率(35mm判換算)は0.57倍相当(テレ端)のため、テレマクロ撮影も可能。昆虫など接写が難しい被写体でも、離れた距離からインパクトのある1枚を収めることができます。望遠レンズの魅力はもちろん、+αの魅力を余すことなく体験できる1台です。

製品名 M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS
対応マウント マイクロフォーサーズマウント
レンズ構成 15群21枚
焦点距離 100-400mm
フォーカス AF/MF
最短撮影距離 1.3m(ズーム全域)
最大撮影倍率(35mm判換算) 0.17倍相当(Wide)/ 0.57倍相当(Tele)
最大径×長さ 86.4×205.7 mm
本体の重さ 約1120g
その他機能 防塵防滴

■購入する場合は、137,500円(2021/3/15現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。