話題のNDフィルターを使って写真を撮ってみよう!初心者向けに選び方も解説

みなさんは「NDフィルター」についてご存じでしょうか。NDフィルターは独特で面白い表現ができるとして、多くのカメラマンの間で話題となっています。実際にNDフィルターを使って撮られた写真を見たことがある人は「自分も使ってみたい!」と思っていることでしょう。

しかし、NDフィルターは覚えることが多く、初心者はなかなか馴染めないことも。そこで今回はNDフィルターについて初心者にもわかりやすく解説していきます。記事内で解説するポイントを押さえれば、あなたも面白い撮影できるようになるはずです!

話題のNDフィルターについて学ぼう

NDフィルターを使ってみたいけれど、実際にどんなものなのか知らない人もいることでしょう。ここではNDフィルターの基本的な知識について解説していきます。

NDフィルターってなに?

NDフィルターとはカメラのレンズに装着するパーツのことです。具体的にはレンズに装着することによって、カメラに取り込む光を抑えるフィルターとなります。イメージとしてはレンズが人間でいうところの眼鏡。NDフィルターがサングラスといった感じです。

カメラに取り込む光を制限することで、カメラとレンズだけでは生み出せない特の表現が可能になります。クリエイティブな写真を撮影したい人は1つは持っておきたい機材ですね。

カメラマンの想像力、表現力を格段にアップさせてくれるのがNDフィルターです。

NDフィルターを使うと何ができる?

NDフィルターを使うと、カメラに取り込む光を制限できると説明しました。それで具体的に何ができるかというと、来はまぶしすぎて白飛びしてしまうシーンもクリアに撮影可能です。

たとえば、白昼の自然風景は太陽光によって光源の調整が難しく、普通のカメラやレンズだけでは対応が難しい場合もあります。とくに池や海といった水面は、光を強く反射するので、白飛びが起きやすいシーン。そこでNDフィルターを使うことにより、取り込む光の量を抑え、なめらかな画像が撮影できるのです。

また、シャッタースピードを遅くして、スロー撮影を行うときにもNDフィルターは活躍します。基本的に、シャッタースピードを遅くすると、シャッターの開放時間が長くなるもの。シャッターが開放している時間が長くなれば、自然と取り込む光の量も多くなるので、白飛びの原因となります。

ところが、NDフィルターを使えばシャッタースピードを遅くしても、通常の撮影と変わらないレベルまで光の量を制限可能。クリアで美しい仕上がりとなります。本来は白飛びするシーンをクリアに撮影できるのがNDフィルターと覚えておきましょう。

NDフィルターは初心者でも使える?

NDフィルターはレンズに装着するだけで使えるので、初心者もすぐに慣れることができます。もちろん、別途それぞれのカメラの操作方法は覚えなければいけませんが、NDフィルター自体に特別な操作はいりません。

基本的に本格的なカメラを始めようと思う人は、カメラ本体やレンズから揃えようとするケースが一般的です。しかし、将来的に撮影手段を増やしたいのであればNDフィルターも一緒に揃えたほうがいいでしょう。

NDフィルターの価格は数千円から数万円と幅広いですが、メラ本体とレンズに比べれば手の出しやすい価格です。予算に余裕があれば、是非NDフィルターも一緒に揃えてみてください。

初心者が覚えやすいNDフィルターの選び方

NDフィルターの基本的な知識を説明したので、実際に使ってみたいと思った人も増えたのではないでしょうか。ただし、NDフィルターは目的に応じたものを使わないと、イメージ通りの写真は撮影できません。

ここでは初心者でもわかるように具体的な選び方について解説していきます。

目的に応じた濃度を選ぼう

NDフィルターには濃度というものが設定されています。実際のパッケージにはND8、ND16といった感じで数字が割り振られており、その数字が示しているのが濃度です。基本的に濃度が高ければ高いほど、抑える光の量も多くなります

たとえば、夏場で日差しが強いときは、濃度の高いNDフィルターを。冬場では濃度が低いフィルターを。…というように、シチュエーションによって使い分けていきます。スロー撮影のときはシャッタースピードによっても使う濃度を変えていきますね。

そのため、NDフィルターは濃度の違うものを何枚も用意しておくことが基本です。初心者のうちは適切な濃度を選ぶのが難しいかもしれませんが、実際に使っていけば慣れていきます。先人たちの撮影例などを見ながら学んでいきましょう。

濃度を変更できる可変NDフィルターもある

NDフィルターには一枚でいろいろな濃度に調整できる可変タイプもあります。レンズを絞るように上下を回転させることで調整するのが一般的。そのため、別のNDフィルターに交換する手間を省略できるメリットがあります。

とくに外で長時間の動画撮影をするときは便利です。日中は時間によって日差しの向きが変わり、光の量が変化していきます。濃度が決まっているNDフィルターだと、急に暗くなったり明るくなったりしたときに対応できません。別のNDフィルターに交換しようとすれば、一時撮影を中断せざるを得ないですよね。

そこで可変NDフィルターを使えば交換せずに濃度を調整できるので、光の強さが変化しても柔軟に対応できます。可変NDフィルターは普通のNDフィルターより高価ですが、動画撮影を行いたいときは持っておいてもいいでしょう。

NDフィルターは重ねて使うことも可能

NDフィルターは重ねて使うことも可能です。重ねて使うことによって濃度をさらに高くすることができます。どれくらいの濃さになるかは、以下のようにフィルターの番号を掛け合わせることで計算可能です。

例:ND4×ND8=ND32に相当

例であげたように濃度が低いNDフィルターでも、重ねて使えば濃度を高めることができるので、覚えておいて損はないテクニックです。このテクニックを覚えておけば、一度に持ち運ぶNDフィルターの枚数を少なくできるメリットがあります。

たとえば、現場の光の強さが事前にわからないときは濃度の低いNDフィルターを何枚か用意しておき、光が強ければ重ねて使うと良いでしょう。予算があまりないうちは濃度の低いNDフィルターから揃えていくことをおすすめします。

NDフィルターが真価を発揮するシーン

NDフィルターの選び方を解説しましたが、実際に購入したあとにあることで悩む人が少なくありません。それは何を撮影すればいいかわからないといったもの。NDフィルターはどんな撮影にも使えばいいわけではなく、特定の目的に使うことで性能を発揮するパーツです。

ここではNDフィルターが具体的にどんな撮影シーンで使われているのかを紹介します。

流れる雲の撮影

NDフィルターは流れる雲を動画撮影するときによく使われます。通常、空の撮影といえば太陽光が邪魔してフレアや白飛びが発生しやすいモノ。しかし、NDフィルターを使えば余分な光を抑え、ダイナミックな空模様を映像として撮影することができます。

また、同じ時間帯に同じ場所で空を撮影しても、濃度の違うNDフィルターを使えば違った雰囲気に調整可能。カメラマンのセンス次第で印象を強く変えることができるので、機材の設定も楽しめますね。

NDフィルターを手に入れたら、まずは身近な空から撮影してみてはどうでしょうか。

街の中でのスロー撮影

NDフィルターは人の多い街中でスロー撮影をするのにもぴったりです。街中の撮影手法といえばスナップ写真が定番ですが、NDフィルターを使ってシャッタースピードを遅くすれば違った印象になります。

具体的にはシャッタースピードを遅くすることによって、歩く人々や動いている車や電車をわざとブレさすことが可能。初心者はブレることをネガティブなイメージで捉えがちですが、場合によっては良い演出になります。あえてブレを生じさせることで、スピード感が生じ、写真に動きを与えるのです。

街中で写真を撮るのが好きな人はNDフィルターを使ってのスロー撮影をぜひ試してみてください。

風景写真の印象を強める

NDフィルターは風景写真の印象を強めるのにも役立ちます。とくに湖や海などの水面の撮影に有効。日中の水面を普通に撮影すると、キラキラした日差しの反射が映り込むことがよくあります。しかし、NDフィルターの特性を活かせば、光を抑えて水面の透明感を強調することが可能です。

たとえば、夏の海水浴や、水鳥の撮影にも有効に使えるでしょう。滝や川のように流れのある水辺での撮影にもぴったりです。水面の撮影にはNDフィルターが活躍することを覚えておきましょう。

打ち上げ花火も鮮やかに撮影

夏の風物詩である打ち上げ花火にもNDフィルターは有効です。基本的に花火は強い明るさを持っている被写体。普通のセッティングでは白飛びしてもおかしくありません。カメラの機種によっては花火の撮影もできる夜景撮影モードがありますが、設定によってはノイズが入ってしまいます。

そこでNDフィルターの出番というわけです。NDフィルターを使えば過度な設定を行わなくても白飛びを抑制できるので、花火を鮮やかに映し出すことができます。空にいくつもの花火が打ちあがっている様子をキレイに撮影できれば、SNS映えも狙えますね。

お祭りなどで写真を撮るときはNDフィルターを使う絶好のタイミングなので、試してみてください。

まとめ

独自の表現が可能となるNDフィルターについて解説してきました。NDフィルターさえあれば、本来は白飛びしてしまうようなシーンもクリアに撮影ができます。初心者から上級者まで持っておいて損はないパーツです。ぜひ、この機会にNDフィルターを使ってみてください。

ただし、写真の良し悪しを大きく左右するのはやはりカメラ本体とレンズです。NDフィルターを使ってもイメージ通りの撮影ができないときはカメラのレンタルサービスを利用してみてください。カメラのレンタルサービスは最新機種を定額で借りれる便利なサービス。利用してみれば、必ず満足のいくモデルが見つかるはずです。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年9月30日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。