【スタッフコラム】コンデジ(GRIII)にフィルターを付けて撮影してみた!

コンデジ(GRIII)にフィルターを付けて撮影してみた!

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部のMiaです。

今回私は、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)にレンズフィルター(フィルター)を付けて撮影してみました。フィルターとは、レンズに取り付けることで光の反射を抑えられたり、色彩をより豊かにできたりするアクセサリーです。一般的には、一眼レフやミラーレス一眼カメラの交換レンズに取り付けるタイプのフィルターが有名ですが、中にはコンデジ用(コラムで使用するコンデジは、私が現在レンタル中のRICOH GR III)のフィルターもあります。

そこで、このコラムでは作例写真と併せて、コンデジにフィルターを装着して撮影したレポートをしたいと思います。ぜひ、ご覧ください。

コンデジとは

コンデジとは、レンズがカメラに内蔵されている、レンズ一体型カメラ。レンズ交換式の一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと異なり、カメラからレンズを取り外すことができません。シンプルな構造のため、持ち運びやすい軽量・コンパクトなモデルが多く存在します。

今回使用するコンデジ「RICOH GRIII」

今回私が使用したコンデジは、”究極のスナップシューター”として人気のRICOH GR IIIです。一眼レフやミラーレス一眼にも搭載されている、2424万画素のAPS-Cサイズセンサーを搭載。さらに、常用感度はISO100~102400のため、高感度撮影でもスマートフォンや一般的なコンデジとは一線を画す画質の良さを実現しています。下記の記事で、RICOH GR IIIの詳しいレビューをしているので、ぜひご覧ください。

【スタッフコラム】高級コンデジ「RICOH GR III」をレビューします!

RICOH GRIIIのスペック

RICOH GR III
センサーサイズ 23.5mm×15.6mm(APS-Cサイズ)
画素数/動画サイズ 2424万画素/1920×1080(フルHD)
焦点距離 18.3mm
(35mm判換算値:28mm)
常用感度 ISO100~102400
シャッター速度 30~1/4000 秒
最短撮影距離 10cm(標準)
6cm(マクロ)
起動時間 0.8秒
質量 227g
幅x高さx奥行き 109.4×61.9×33.2mm
ファインダー なし
手ブレ補正 あり

レンズフィルターとは

レンズフィルター(フィルター)とは、カメラのレンズに装着するアクセサリーのこと。レンズを保護するほか、光量を調整して白飛びを抑えたり、反射光を抑制して写真を鮮やかにしたりと、様々な用途・種類のフィルターが存在します。

フィルターの形状は、レンズに直接装着できる「円形フィルター」と、『アダプターリング』や『レンズホルダー』と組み合わせて使用する「角型フィルター」の大きく二つです。

フィルターは、一般的に一眼レフやミラーレス一眼で使用することが知られています。が、RICOH GR IIIのように専用のフィルターが存在したり、円形フィルターを装着できるコンデジ用のアダプターが販売されていたりするので、コンデジユーザーの方も楽しむことが可能です。

↓こちらの記事では、サイズの種類などさらに詳しいフィルター(主に角型)の解説をしています

【2021年最新版】角型フィルターの使い方とは?おすすめメーカーも紹介します!

今回使用するフィルター「NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキット」

今回私が使用したのは、NiSiのGRIII専用・角型フィルター「NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキット。キットに含まれているフィルターは、『HD PLフィルター』『Medium GND8フィルター』『Natural Nighフィルター』『ND8フィルター』の4種。それぞれのフィルターの詳細は後述します。

ちなみに、私がレンタルしてるカメラのサブスクサービス・GooPassでは、NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキットだけのレンタルもできますが、GRIII本体とフィルターがセットになった「風景撮影の表現が広がるNiSiフィルターセット GR III + NiSiフィルターセット」もあります(セットは、GRIII本体のみをレンタルする場合と同じ月額料金でレンタル可能です。お得…)。私はこのセットをレンタルしていました!

フィルターをコンデジ(GRIII)に装着する方法

RICOH GR IIIに、NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキットを装着する手順を紹介します。

手順①ホルダーをGRIIIに装着する

ホルダー

キットには、上記の角形フィルターを差し込む土台となる『ホルダー』が含まれています。まずは、そのホルダーをGR III本体に装着します。装着する際は、GR IIIの電源をオンにしてください。電源をオンにした際にくり出してくるレンズ部分に、ホルダーをかぶせるようにはめ込みます。

電源オフの状態

電源オンの状態(レンズが繰り出す)

ホルダーの筒状になっている面を、カメラのレンズ部分にはめこむ

手順②フィルターをホルダーに差し込む

ホルダーが装着できたら、フィルターをホルダーに差し込みます。

ホルダーの内側をよく見ると、フィルターを差し込むための溝が二つあり、この溝に合わせて上からフィルターを差し込んでいきましょう。溝は二つあるため、同時に二枚のフィルターを使用できます!

ホルダーにフィルターを差し込みます

差し込めるフィルターは二枚!

フィルターを差し込んだ状態を正面から見ると、こんな感じです!

ちなみに、NiSiの専用ポーチの中身は、下記のようにフィルター4種とフォルダーが一つ一つ区切られて収納されています!

~フィルターを付けて撮影するときの注意点~

撮影中は、フィルターを差し込んだホルダーを装着したまま、電源をオフにしないよう気をつけてください。何故なら、電源をオフにすると、レンズが自動でカメラを収納するため、ホルダーが勝手に外れてしまうからです。その際に、ホルダーが落下して傷ついたり割れてしまったりする危険性があるので、電源オンにして撮影しているとき以外は、ホルダーを外しておきましょう。

NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキットで撮影してみた

NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキットに含まれているフィルター4種を使用して撮影してみました。ここからは、それぞれのフィルターを使ってみたレポートをします!

①ND8フィルター

NDフィルターとは、レンズから入る光の量を減らせるフィルターのこと。レンズが大量の光を取り込むことによる、白飛びを防いでくれる効果があります。たとえば、日中の屋外ポートレート撮影。「F値を下げて背景をぼかしたい。でも、F値を下げると白飛びしてしまう…」という状況でも、NDフィルターで明るさを調整することにより、白飛びせず背景をボカした写真に仕上げられます。たとえば、スローシャッター。「シャッタースピードを上げて、滝が流れを止まっているように撮影したい。でも、シャッタースピードを下げると白飛びしてしまう…」という場合でも、NDフィルターで明るさを調整することにより、白飛びせずスローシャッターで印象的な写真を撮影できます。

NDの後に続く数字は、減光の度合いを示したもの。この数字が大きいほど、光を多く減らすことが可能です。「ND8」の場合、光量は1/8に、「ND4」の場合の光量は1/4に減らしています。

ND8フィルターを使用する主なシーン
  • スローシャッターで撮影したいとき
  • 明るい場所で絞り開放で撮影したいとき

(残念ながら三脚がないため)橋の手すりに固定してスローシャッターで撮影してみました。どちらも同じ設定で撮影しましたが、フィルターありの写真は、減光できており、白飛びしていません。

【フィルターなし】 シャッタースピード:8秒、ISO:100、F値:16

【ND8フィルター】シャッタースピード:8秒、ISO:100、F値:16

②Medium GND8フィルター

ハーフNDフィルターとも呼ぶ、Medium GND8フィルター。ハーフNDフィルターとは、フィルターの半分が暗くなっており、写真の上部だけを減光させられるフィルターです。写真の上部と下部で、明暗差が大きくなってしまう際に使用します。GNDに続く数字は上記のNDフィルターと同様、減光できる度合いを示したものです。

Medium GND8フィルターを使用する主なシーン
  • 空など写真上部のみ白飛びしてしまうとき

背景をボカして手前のお花を写すために、絞り開放(絞りを開放にすると光を多く取り入れて写真を明るくできる)で撮影しようとすると、背景の空だけ白飛びしてしまいます。Medium GND8フィルターを付けて空の部分が白飛びしないようにしました。すると、青い空(雲が多めですが)がしっかりと確認できます。

【フィルターなし】 シャッタースピード:1/125、ISO:100、F値:2.8

【Medium GND8フィルター】 シャッタースピード:1/125、ISO:100、F値:2.8

③Natural Nightフィルター

オレンジ色の光源や光害をカットできるのが、Natural Nightフィルター。特に、人口の光が大きな妨げとなる天の川や星空撮影などで活躍します。光害をカットすることで、被写体本来の色をしっかりと表現することが可能です。

Natural Nightフィルターを使用する主なシーン
  • 光害が気になる夜景や星空撮影のとき

フィルターなしの写真は、橋のライトが黄色みがかっていますが、Natural Nightフィルターを付けた写真は黄色みが抑えられて、橋本来の青色が写せています。

【フィルターなし】シャッタースピ―ド:1/80、ISO:10000、F値:2.8

【Natural Naightフィルター】シャッタースピ―ド:1/80、ISO:10000、F値:2.8

④HD PLフィルター

HD PLフィルターとは、水面やガラスなどで発生する光の反射光を抑えられるフィルターのことです。反射による映り込みや、表面の光を抑えられるため、被写体本来の色を写し出せます。ホコリなどによる乱反射を抑える効果もあるため、写真が白っぽくなるのを防ぐことが可能。たとえば青空なら、より鮮やかな深い青色を表現できます。

HD PLフィルターを使用する主なシーン
  • 水面や、ガラスを写すとき
  • 風景撮影

近所の川の水面を撮影しました。川が汚くて分かりにくいのが残念ポイントですが、フィルターを使用した写真は、川の本来の色味(濃い茶色)が写っています。

【フィルターなし】 シャッタースピード:1/80秒、ISO:500、F値:6.3

【HD PLフィルター】シャッタースピード:1/80秒、ISO:500、F値:6.3

まとめ

初めてフィルターを使用した撮影に挑戦しました。フィルターの装着など慣れていなかったので、恐る恐るでしたが、手順通りに気を付けて行なえば問題なし。フィルターを使用すれば、光量の問題で今まで諦めていた撮影シーンも楽しむことができそうです。また、反射を抑えたり、本来の色味で表現できたりと、写真のクオリティアップにも一役かってくれるはず。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

今回の記事でMiaが使用した機材

RICOH GRIII

“究極のスナップシューター”

GR III最大の魅力ともいえるのは、一眼カメラと同じ大きさのセンサーを搭載しながら、手のひらにすっぽり収まるほどコンパクト・軽量な点。従来機「GR II」よりも各スペックがアップデートされているにもかかわらず、小型化に成功しています。

また、一眼カメラに搭載されているセンサーと同じ大きさのセンサー(23.5mm×15.6mm・APS-Cサイズ)を採用しているため、画質の良さも格別。さらに、大型センサーの搭載と最高ISO感度10240を実現したことにより、高感度耐性にも優れています。暗い場所で感度を上げて撮影しても、画質を落としません。

どこへでも持ち出したくなる身軽なボディで、シーンを問わずクオリティの高い写真を残せる、高級コンデジです。

RICOH GR III
センサーサイズ 23.5mm×15.6mm(APS-Cサイズ)
画素数/動画サイズ 2424万画素/1920×1080(フルHD)
焦点距離 18.3mm
(35mm判換算値:28mm)
常用感度 ISO100~102400
シャッター速度 30~1/4000 秒
最短撮影距離 10cm(標準)
6cm(マクロ)
起動時間 0.8秒
質量 227g
幅x高さx奥行き 109.4×61.9×33.2mm
ファインダー なし
手ブレ補正 あり

■購入する場合は、87,193円(税込)(2021/9/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキット

GRIII専用、フィルター4枚セット。

NiSiフィルター GR3 プロフェッショナルキットは、RICOHのコンデジGR III専用のフィルターセットです。セットに含まれるフィルターは、レンズから入る光の量を減らせる『ND8フィルター』、フィルターの半分が暗くなっており、写真の上部だけを減光させられる『Medium GND8フィルター』、オレンジ色の光源や光害をカットできる『Natural Nightフィルター』、水面やガラスなどで発生する光の反射光を抑えられる『HD PLフィルター』の4枚。フィルターを差し込んで、カメラ本体に装着するためのフィルターホルダーも付属されています。

白飛びしてしまい諦めていたシーンを撮影できたり、被写体本来の色味を表現して写真のクオリティを上げたりすることできるでしょう。

■購入する場合は、8,580円(税込)(2021/9/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》