【スタッフコラム】2020年最後のご挨拶。1年間、大変お世話になりました!

みなさん、こんにちは!
GooPass MAGAZINE編集部のMiaです。

本日は、12月最後の金曜日(クリスマスですね!みなさんいかがお過ごしですか?)。したがって、この記事が2020年最後のコラムとなります。そこで今回は、コラムをご覧いただいている皆さまや、GooPassをご愛顧いただいているすべての方へ、日頃の感謝を込めて年末のご挨拶をさせてください

おまけとして、私が編集アシスタントとしてカメラブ(GooPassを手掛ける会社)にジョインしてからのあれこれを振り返って、締めくくりたいと思います。

2020年、お世話になりました。

1年間、大変お世話になりました。まず、このコラムを一度でもご覧いただいた方へ、ありがとうございます(大声で)。また、日頃からGooPassをご愛顧いただいているみなさま。いつもありがとうございます。

2020年は、生活様式が一変し、我慢を強いられた1年でした。誰もが初めての経験で、戸惑い、不安を抱きながら過ごす毎日でしたね。そんな大変な状況の中でも、日々の楽しみの一つとして、カメラを手に取っていただきありがとうございます。いつどんなことが起きるかは誰にも分かりません(2020年はそれを痛感しました)。ぜひ、かけがえのない日常や、日々の小さな幸せ、忘れたくない瞬間を、写真として形に残しまくってください(たった3ヶ月前にカメラを使いだした人間が偉そうに言っています…)。

そもそも、GooPassをご愛顧いただいている方にとっては当たり前のことでしょうか。そんな方は、ぜひ周りの大切な方にも、カメラを愛する素敵なマインドをシェアしてあげてくださいね。GooPassと共に(小声)。

2020年のカメラライフを振り返ってみた。

ちゃっかりと、1年間お世話になりましたと言ってしまいましたが、私がカメラブにジョインしたのは10月です。ジョインしたと同時に、コラムの連載をスタートしてからあっという間に3ヶ月が経過。コラムでは、GooPassでカメラをレンタルする流れや、実際にカメラを使ってみたレポートをしてきました。

LUMIX DC-GF10W ダブルレンズキット

初めてGooPassでレンタルしたのは、マイクロフォーサーズセンサー搭載のコンパクトなミラーレス一眼カメラ・Panasonic LUMIX DC-GF10W ダブルレンズキットです(カメラを所持するのは人生初の経験でした!!)。

OLYMPUS Tough TG-6

そこから、ハイキングで使うために、アウトドア向けのコンパクトデジタルカメラ・OLYMPUS Tough TG-6に乗り換えました(写真はラーメンですが笑)。

オレンジ色がお気に入りだったGF10Wや、ポケットに入れてどこへでも持って行けたTG-6を使っていた頃がすでに懐かしく感じています。。カメラを使っていた3ヶ月は、あっという間のようで中身の濃い毎日だったんですね。

SONY フルサイズミラーレス×明るい便利ズームレンズセット α7 + 24-70mm F2.8のレンズキット

そして、1Weekレンタルを利用して、「SONY フルサイズミラーレス×明るい便利ズームレンズセット α7 + 24-70mm F2.8のレンズキット」を手にしました!

実は、今年のうちに、この1Weekレンタルしたレンズキットについて白状しないといけないことがありまして。。1Weekレンタルと言いつつ、まさかの、1Weekでの返却を見送っていました。届いてから「これは…絶対に2、3日で使いこなせない…」と悟ったのです(レンズキットで撮影したかったイルミネーションの点灯が延期になったことも理由のひとつです。ほんとです)。そんな訳で、返却せずに現在進行形で使っています。1Weekレンタルの返却期限内に、α7のレンズキットを月額で借りられる、パスLv3にアップグレードしました。そんな土壇場での変更にも対応してくれるGooPassってスゴイ(サクラではありません笑)!

次に新しいカメラをレンタルするまでは、α7を使います!密かに、初日の出撮影などができたらいいなぁと思っていますが、起きていられる自信がありません。。

まとめ


(早朝の公園で上から飛んできたハトたちに囲まれたときの1枚です)

2020年最後のご挨拶に加えて、私のカメラレンタルライフを振り返ってみました。最後までご覧いただきありがとうございます。

私は、カメラブにジョインしてから、初めてカメラの奥深さを知りました。一気にカメラが身近なものになり、写真を撮る機会が増えた2020年(最後の3ヶ月)。今後も、楽しく撮ることを軸に、ゆるゆるとカメラライフを楽しみたいです。そして、このコラムでシェアできればと思います!

それでは、みなさん良いお年をお過ごしください!新年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回のコラム内でMiaが使用した機材

SONY α7

α7

コスパが魅力のコンパクトなフルサイズ機。

2013年にSONYが発売したα7。SONY・αシリーズの初代モデルです。本機の魅力は、コストパフォーマンスの良さだと思いました。約2430万有効画素数のフルサイズセンサー搭載しながらも、非常にリーズナブルな価格で手に入れることができます(中古価格63,500円 2020年12月23日現在 カカクコム調べ)。GooPassでは本体のみを9,800円、レンズキットを13,800円でレンタルが可能です。フルサイズ機が誇る高画質を、気軽に味わうことができます。現在APS-C機を使っていて、フルサイズ機に乗り換えたい方や、カメラ初心者だけど、初めから本格的なカメラを使ってみたいと考えている方にピッタリのモデルです。また、本体の重量は500g。コンパクトで軽いため、重いレンズの負担を軽減してくれます。持ち運びの際や、撮影中など、カメラ本体の大きさや重さはほとんど気になりませんでした。カメラ女子にもオススメできる1台です。

α7 スペック
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 2430万画素/Full HD(60p)
AF測距点 117点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.71倍
測光分割数 1200分割
 常用感度 ISO100~25600
シャッター速度 1/8000~30秒
 本体の重さ 416g
その他機能 Wi-Fi、NFC

■購入する場合は、92,818円(税込)(2020/8/26現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN [ソニーE用]

風景写真からポートレートまでカバーする、使い勝手の良いマルチレンズ。

焦点距離24mmから70mmの標準域をカバーする、汎用性の高いレンズです。風景写真からポートレート写真まで、幅広い撮影シーンに対応しています。開放値は全域でF2.8を実現。Artラインならではの高い解像力も魅力の1つです。また、金属製の鏡筒を採用することで、防滴性と防塵性が向上。アウトドアシーンなど過酷な環境下での撮影にも対応できるタフさは、ハイアマチュアやプロが信頼を寄せるほど。純正レンズに負けないバツグンの性能を、ぜひ一度レンタルで確かめてください。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN スペック
レンズタイプ 標準ズームレンズ
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
焦点距離 24-70mm
 本体の重さ 830g
最大径×長さ 87.8×124.9mm

■購入する場合は、108,900円(税込)(2020/12/3現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

GooPass SONY フルサイズミラーレス×明るい便利ズームレンズセット α7 + 24-70mm F2.8


■購入する場合は、201,718円(税込)(2020/12/3現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。