自宅でお手入れ!カメラのセルフメンテナンス・清掃方法を紹介します

自宅でお手入れ!カメラのセルフメンテナンス・清掃方法を紹介します

撮影を楽しんだあと、「家に帰ってきたら、カメラはそのまま置きっぱなし……」という方は意外と多いはず。一見そこまで汚れてなさそうでも、カメラ・レンズには、チリ・ホコリ・油脂などの汚れが付着しているんです。特に、レンズ交換式のカメラは、マウント内にチリが入り込んでしまったり、高温多湿の夏に外に放置しているとカビが発生してしまったりする場合があるため、写りに影響が出る可能性が否めません。そこで今回は、自宅でできるメンテナンスや清掃の方法をご紹介します。ぜひ参考にして、お気に入りのカメラをキレイに保ちましょう。

カメラのメンテナンス用品・清掃用具

ブロアー

ブロアーは、手元のゴム部分を握ることで先端から風を送る道具です。外観に付着している、または内部に入ったチリやホコリを吹き飛ばすために使用します。カメラ本体はもちろん、レンズの簡易的な清掃にも使えるため、最低でも1個は所持していたほうが良いでしょう。

ダストブラシ

ダストブラシは、ブロアーを吹いて出てきたチリや、ゴム部や隅に付着しているホコリなどを払うために使用します。カメラ専用のブラシでなくても構いませんが、液晶モニターやファインダーを傷つけないためにも、毛が固くないものを選ぶようにしましょう。

クリーニングクロス

クリーニングクロスは、主に液晶モニターのガラスを清掃するために使用します。ただし、柔らかい素材であれば、カメラ専用のクリーニングクロスでなくてもOKです。たとえば、メガネの”レンズ拭き”。メガネ拭きは、元々レンズを傷つけずに拭くための素材で作られているため、クリーニングクロス代用できます。

レンズペン

レンズペンは、主にレンズの清掃で使用する、スティックタイプのクリーナーです。先端にチップがついており、カメラのファインダーを清掃をする際にも重宝します。また、チップの反対側にブラシが付いているタイプもあるため、1本持っていればダストブラシの役割も果たすので、一石二鳥のアイテムといえるでしょう。

クリーニングペーパー

クリーニングペーパーは、できるだけ繊維が出にくいものを選ぶようにしましょう。洗浄液と併せて使用する場合は、「シルボン紙」という柔らかいクリーニングペーパーがオススメ。“キムワイプ”という紙製のワイパーを使用する方もいるようですが、繊維が荒いため、ファインダーやレンズを傷をつけてしまう可能性があります。また、洗浄液を染み込ませた個包装タイプののクリーニングペーパーも販売されているので、外出先でも清掃したい場合は、こちらを購入するのがオススメです。

クリーニングキット

まだクリーニング用品を持っていないカメラ初心者の方なら、クリーニング用品を一通りまとめて販売されているクリーニングキットを買うのがオススメです。これまでに紹介した上記の5点は、市販のクリーニングキットであれば、ほぼ含まれています。また、カメラ・レンズを販売している純正メーカーだけでなく、サードパーティー製の安価なクリーニングキットもあるため、予算と相談して気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

クリーニングスワブ

クリーニングスワブは、先端に主にマイクロファイバーの布がついたスティックタイプのヘラです。乾いた状態でチリやホコリを除去したり、センサー用洗浄液を塗布して油膜汚れなどを拭き取ったりすることもできます。1回使用したら汚れてしまうため、クリーニングスワブは大半が使い捨てタイプです。また、イメージセンサーのサイズによってクリーニングスワブのサイズも分けられているため、「フルサイズ」「APS-C」「マイクロフォーサーズ」など、使用しているカメラのイメージセンサーサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1

通称「ペンタ棒」と呼ばれているスティックタイプのイメージセンサークリーナーです。先端にゴムがついており、軽く突きながらホコリを取っていきます。ただし、上手に使用しないとゴム跡がイメージセンサーに付いてしまい、結果的に洗浄液を使って再度クリーニングスワブなどで清掃しなくてはならくなるため、慣れるまでは注意が必要です。

イメージセンサー用洗浄液

イメージセンサーやローパスフィルターを安全に清掃するための洗浄液です。どちらも写りに影響する繊細な部品なので、必ずカメラ専用の洗浄液を使用しましょう。アルコールは金属部分を腐食させるため、アルコールフリーの洗浄液を選ぶのが吉です。また、アルコールフリーなら海外へ持っていき、現地で清掃をすることもできます。

カメラのメンテナンス・清掃時における注意点

使用後には毎回メンテナンスをする

基本的には、撮影後に毎回メンテナンスをするようにしましょう。外観についたチリ・ホコリは、使用感や写りには(ほとんど)影響しないと言われていますが、覗き込んだり握ったりしたときに付着する油脂汚れは、放置するとなかなか取りにくいもの。そのため、入念な清掃を毎回する必要はありませんが、撮影が終わったら、軽くブロアーを吹き、クリーニングクロスで液晶モニターをサッと拭いてあげる程度の、簡単なケア・メンテナンスはした方が良いでしょう。

防湿庫に保管する

カメラやレンズにとって一番の敵、カビ。日本の夏は高温多湿なので、「外に出して放置していたら、いつの間にか内部にカビが発生していた……」なんてことは十分にあり得ます。そのため、普段からカビを発生させないために、防湿庫に保管するようにしましょう。防湿庫は、プラスチックの密閉容器にシリカゲルなどの除湿剤を入れて使用する初心者向けの商品から、自動で指定した湿度に保ってくれる上級者向けの商品まで幅広くラインナップされています。長く一眼レフカメラを楽しむなら、自動で湿度を保ってくれる防湿庫がオススメです。

イメージセンサーの清掃は細心の注意を払う

イメージセンサーは、写りに最も影響する部品なので、清掃をする際は細心の注意を払って清掃しましょう。チリを取るためにクリーニングスワブやO-ICK1を使用して清掃をしても、傷をつけてしまったり模様が残ってしまったりしたら、元も子もありません。あまり自信がないようであれば、有料サービスで清掃してもらうのも一つの手です。

カメラメーカーのサービスセンターを利用するのもアリ

全項目で触れた通り、自分でイメージセンサーの清掃をするのに自信がない場合は、カメラメーカーのサービスセンターで清掃してもらうと良いでしょう。カメラを持ち運んだり、郵送したりと、時間・手間・費用が発生しますが、シャッタースピードやオートフォーカスの精度を確認するなどカメラの簡易点検を同時に行なってくれるというメリットもあります。主に東京都と大阪府にサービスセンターを置いているメーカーが多いようなので、近くに住んでいる方は利用してみてはいかがでしょうか。

メーカー修理認定店で清掃してもらう

サービスセンターが近くにない場合は、メーカーによって認定された修理専門店でイメージセンサーのクリーニングをしてもらう、という方法もあります。全国に認定店があるため、「ご自身の住んでいる都道府県+メーカー修理認定店」で検索してみると良いでしょう。

カメラの清掃手順

1.カメラ表面のチリを取り除く

まずは、ブロアーで外観についたチリやホコリを吹き飛ばします。表面もそうですが、ダストブラシが入らないスイッチやダイヤルの隙間を重点的に吹くようにしましょう。また、ファインダーや液晶モニターのヒンジ部(ちょうつがい)にもチリが溜まりやすいので要注意です。

次に、出てきたチリをダストブラシで払っていきます。特に、グリップ部はチリやホコリが付着して、ブロアーでは吹き飛ばないことがあるため、隅まで細かく払うようにしましょう。また、盲点になりがちなのが、メモリーカードスロットやバッテリー室。フタにチリやホコリが挟まってしまうと、防塵防滴仕様であっても性能が損なわれてしまう可能性があるので注意が必要です。

2.液晶モニター、ファインダー、マウントを拭く

外観のチリやホコリを落としたら、液晶モニターやファインダーの清掃をします。液晶モニターは、カメラを覗き込んだときに鼻がついてしまったり、近年のタッチ操作が可能なカメラだと指紋がついてしまったりと、皮脂で汚れやすい部分です。普段から小まめにクリーニングクロスで拭き取ってあげるようにしましょう。汚れが目立ってきたら、ノンアルコールの洗浄液を染み込ませたクリーニングペーパーで拭き取ってあげるのがオススメです。

また、ファインダーは、覗き込んだ際にまつ毛や化粧がガラス部につくので、意外と汚れがち。油脂汚れが気になる場合は、折り畳んだクリーニングペーパーや綿棒などに洗浄液を塗布して拭いてあげましょう。ファインダーは拭き傷が残りやすいので、優しく拭くのがポイントです。マウントからペンライトなどで光を当てると、ファインダーの汚れている部分を把握しやすいので、清掃具合をしっかりと確認できます。最後にマウントですが、乾いたクリーニングクロスや綿棒で拭き取ってあげれば問題ありません。

3.マウント内のチリを吹き飛ばす

外観の清掃が終わったら、内部の清掃をしましょう。一眼レフカメラは、たとえ防塵防滴仕様であったとしても、レンズ交換の際にマウント内へチリが入ってしまうことがあります。そこで、ブロアーを使って、マウント内のチリを吹き出してあげましょう。この際、吹いたチリがイメージセンサーに付着せず外に吹き出せように、カメラを下向きにしてブロアーを吹いてあげるのがポイントです。

4.イメージセンサークリーニングを実行する

マウント内のチリを吹き飛ばし終えてから、カメラに備わっているイメージセンサークリーニング機能を実行します。イメージセンサークリーニングは、超音波振動や手ブレ補正機構を利用してイメージセンサーに付着したチリを落としてくれる便利な機能です。電源を切るごとに実行するように設定してあれば、基本的にイメージセンサーにチリはつきにくくなります。ただし、清掃時に吹き飛ばしたチリが付着してしまうことがあるため、清掃後は必ずイメージセンサークリーニングを実行するようにしましょう。

5.イメージセンサーにチリが付着していないか確認する

イメージセンサークリーニングを実行したら、イメージセンサーにチリが付着していないか確認します。まずは、カメラにレンズを装着。このとき使用するレンズは、(広角レンズではチリが目立ちにくいため)標準レンズ以上の焦点距離がオススメです。望遠端までズームして、絞りを最小絞りまで絞り込みます。そして、壁などをフォーカスして撮影。もし、チリが付着している場合は、撮影画像に黒い点が写り込みます。チリを判別しやすくするため、撮影する際は模様のない、できれば白い壁を写すのがベストです。壁が汚れている場合もあるため、場所を変えて複数枚撮影しておきましょう。複数枚見比べて、黒い点の位置が同じならイメージセンサーにチリが付着している、位置が変わっているようならイメージセンサーに付着したチリではないということが分かります。

6.クリーニングスワブやO-ICK1でイメージセンサーを清掃する

5.でイメージセンサーにチリが付着していた場合は、クリーニングスワブで清掃しましょう。一眼レフカメラの場合は、イメージセンサーを見えるようにするため、ミラーアップする必要があります。クリーニング時に常時ミラーアップしてくれる機能を使うか、バルブモードでシャッターボタンを押している間ミラーアップする設定を使うのがオススメ。10秒以上の長秒露光でミラーアップする方法もありますが、ミラーが落ちてくるタイミングがわかりづらいため、できれば使用しないようにしましょう。ミラーレス一眼カメラであれば、元からイメージセンサーが見えているため、この設定は必要ありません。

そして、クリーニングスワブやO-ICK1などでイメージセンサーを清掃します。ただし、イメージセンサーは非常に繊細なので、誤って傷をつけないようにしましょう。また、清掃跡が残ってしまっても写りに影響してしまうため、注意が必要です。

7.再度イメージセンサーにチリが付着していないか確認する

清掃が終わったら、4.で紹介した手順を行ない、再度イメージセンサーにチリが付着していないか確認します。撮影画像に黒い点が写り込んでいなければ、イメージセンサーの清掃は終了です。

まとめ

今回は、カメラのメンテナンス・清掃方法についてご紹介しました。数ヶ月おきの入念な清掃は大事ですが、何よりも大事なのは日々のメンテナンス。毎回の撮影後に簡易的な清掃をするだけで、カメラはグッとキレイになり長持ちします。また、保管環境も大事なので、カビを発生させないように防湿庫に入れて保管することも忘れないようにしましょう。