レンズフードはつけたほうがいい?メリットと注意点を解説

カメラマンが手にしたカメラのレンズが不思議な形をしているのを見たことがないでしょうか。あれはレンズフードと呼ばれるレンズに装着するアクセサリーです。一体何の意味があるの?と気になりますよね。

レンズフードは装着することで、さまざまなメリットをもたらしてくれます。しかし、実際は上級者でさえレンズフードのメリットを知らない人が多くいるのが現実。そこで今回は初心者から上級者まで、誰でもわかるようにレンズフードの基礎知識やメリットを解説していきます。

初心者が知っておきたいレンズフードの基本

カメラを始めたばかりの人はレンズフードという名前は聞いても、実物のイメージがわかないこともあるでしょう。ここではレンズフードの基本的な知識について解説していきます。

そもそもレンズフードとは

冒頭でも少し触れましたが、レンズフードとはレンズの先端に装着するアクセサリーのことです。フードは直訳すると頭巾や帽子のこと。パーカーなどのフードと同じ意味ですね。レンズフードはレンズの先端を守るために装着します。

レンズフードはレンズと同じメーカーが開発しており、純正品を装着するのが基本。少ないケースですが、互換性があればレンズとは違うメーカーが作ったレンズフードも装着することができます。レンズフードにはさまざまなメリットがあるため、初心者が真っ先に揃えたいアクセサリーです。

レンズフードには2種類の形がある

一般的にレンズフードには2種類の形があります。1つは円筒状のレンズフード。装着すればちょうどレンズをそのまま延長したような見た目になります。単焦点レンズや望遠レンズに装着するレンズフードは円筒タイプであることが多いです。

もう1つは花型と呼ばれるタイプ。名前のとおり、花弁を筒にしたような形状をしており、広角レンズや標準レンズによく使われています。メーカーやレンズの種類によっては花弁というより、円筒に切り込みを入れたようなタイプもありますね。

どのタイプのレンズフードも形状が違うだけで、基本的な用途は一緒です。

レンズフードの価格は?

レンズフードの価格は各メーカーやランクによって違いがありますが、おおむね数千円から高くても2~3万円ほどです。レンズフードを使ってみようと考える人はどうしても出費の大きさを気にしますが、カメラ本体やレンズほどではありません。

ちょっとした予算でレンズを防止する機能が手に入るので、できれば用意したほうがいいでしょう。レンズフードの出費を出し惜しみして、レンズが破損した場合、そのほうが大きな痛手となります。

レンズを揃える時には一緒にレンズフードも用意するように意識してみてください。

レンズフードを装着して撮影を快適に

レンズフードがレンズを守るためのアクセサリーということを説明しました。しかし、具体的にどう守ってくれるのか知らないと装着しようとは思わないですよね。ここではレンズフードを装着することのメリットを解説していきます。

衝撃を緩和してくれる

レンズフードを装着する一番の目的はレンズを衝撃から守ることです。レンズは前方に飛び出していることから、どうしても人や物とぶつかる可能性が高くなります。レンズの表面に傷がつけば、修理・交換となり高額な出費がかかってしまいますよね。しかし、レンズフードを装着しておけば衝撃を吸収し、ダメージを代わりに受けてくれ流のです。

たとえば、長く使っているレンズフードは表面に無数の細かな傷がついています。それが本来、レンズにつく傷と考えたらどうでしょうか。パッと見ではわかりづらいですが、レンズフードを装着することで、レンズの寿命をかなり伸ばすことができます。

大切なレンズを安全に使うのであれば、レンズフードは必要不可欠なアイテムといえるでしょう。

雨や砂埃からレンズを保護

レンズフードを装着すれば雨や砂埃からレンズを守ることも可能です。レンズにとって水濡れやホコリの混入は、誤動作・破損の原因になります。しかし、レンズフードを装着すれば、雨や砂ボコリをガードしてくれるので安心です。

とくに外で撮影をしているときは急な雨天に見舞われることもありますよね。撮影途中に慌ててレンズを外して濡れないように守るのは、なかなか難しいもの。あらかじめレンズフードを装着しておけば、急な悪天候も冷静に対応できます。強風で砂ボコリやゴミが舞っているときに、レンズが傷つくリスクを抑えることにもなりますね。

外で撮影をするのが好きな人はレンズフードを使って、レンズを守ることが重要です。

レンズに指紋がつくことを防止

レンズに指紋がつくことを防止するにもレンズフードは有効です。撮影中はつい無意識にレンズの表面を触ってしまう人が少なくありません。子供に触られたり、動物に舐められたりといったパターンもありますね。レンズの表面に指紋などの汚れがつくと、仕上がりの写真にも反映されてしまいます。

レンズフードを装着しておけば、つい手が触れてしまいそうな場面でもレンズまで届かず、汚れの付着を防ぐことが可能です。子供が近寄ってきても、レンズ表面を狙われない限りは不意な接触を避けることができます。

レンズフードはレンズの画質を維持するための重要なアクセサリーといえるでしょう。

フレア・ゴーストを抑制できる

レンズフードは人間でいうバイザーの役割もあり、強い光を抑えてくれるメリットがあります。本来は光が強すぎてフレアやゴーストが発生しそうな場面でも、レンズフードを装着しておけば抑制可能です。

たとえば、夕焼けをバックにした撮影や、イルミネーションなどが多い夜の街での撮影に有効。余分な光をカットし、レンズ本来の性能を引き出してくれます。レンズフードでフレアやゴーストが抑制できれば、カメラの設定が楽になるメリットもありますね。

画質の向上にも重大な役割を果たすのがレンズフードです。

レンズフードをつけるときの注意点

ここまで解説した内容でレンズフードを装着しようと思った人も多いでしょう。しかし、レンズフードはメリットばかりではありません。扱い方を間違うと、撮影中にトラブルが起きることもあります。

ここではレンズフードをつけるときの注意点を解説するので、よく覚えておいてください。

室内では邪魔になることがある

レンズフードは装着すると、その分のかさが増してしまうため、室内のような狭い場所では邪魔になることがあります。本来、レンズに何かぶつかったときの衝撃を緩和するレンズフードが、かえって衝突の原因になるのです。

もちろんレンズフードがあればレンズへのダメージは少なくなりますが、衝撃の回数が増えてしまっては元も子もありません。人の多い場所ではケガをさせてしまう恐れもあるでしょう。狭い場所では取り回しが悪くなり、撮影時の姿勢が安定しないデメリットもあります。

室内ではレンズフードの恩恵はそこまで大きくないので、状況によっては外すようにしてください。

フラッシュを使うときは要注意

レンズフードを装着したままカメラのフラッシュ機能を使うときは注意しましょう。レンズフードが邪魔になってフラッシュをさえぎってしまうことがあります。中途半端にフラッシュの光が漏れて、写真の仕上がりが不自然になることもありますね。

とくに花型のレンズフードは外側に広がっている形状が多いため、事前にフラッシュと重なっていないか確認が必要です。単純にレンズフードを外せば解決する話ですが、急なシャッターチャンスを逃さないためにしっかりチェックしましょう。

レンズフードを使うときはその形状を把握しておくことが大事です。

収納するときはしっかり固定

レンズフードをバックなどに収納するときはしっかり内部で固定されるようにしましょう。固定を怠ると、持ち運んでいるうちに他の機材とこすれて破損の原因となります。他の機材や持ち物を雑に放り込んでいれば、紛失する可能性もありますね。

おすすめの収納方法はレンズフードを反対に装着することです。多くのレンズフードは反対方向に装着することで、収納時のサイズを抑えることができる仕組みになっています。撮影後は一度、レンズフードを取り外し、反対方向に取り付けてみましょう。もし、反対方向に装着できない場合は専用のポーチなどに小分けして収納してください。

レンズフードを含めて、機材の扱いは丁寧に行うようにしましょう。

レンズと規格があっているか確認しよう

レンズフードを選ぶときはお手持ちのレンズと規格があっているか確認しましょう。レンズフードは基本的に各メーカーが自社のレンズにあうように作っています。レンズとレンズフードでそれぞれメーカーが違うと装着できないことが大半です。

たとえば、レンズフードのデザインが気に入ったからと購入したものの、肝心のレンズと互換性がないというパターンがよくあります。その場合はレンズフードの使い道はなく、購入した分だけ損となるでしょう。

また、レンズと同じメーカーのレンズフードでも互換性がないことがあります。昨今のレンズフードは特定のレンズ専用に作られることが多いです。レンズフードを選ぶときは必ずレンズ指定のものを選ぶようにしてください。

まとめ

大事なレンズをあらゆるトラブルから守るレンズフードについて解説しました。レンズフードは上級者でも案外、そのメリットの大きさに気づいていないアクセサリーです。上級者は機材の扱いをわかっているだけいいですが、初心者のうちはレンズフードを装着することをおすすめします。

ただし、初心者がレンズフードのすごさを実感するにはカメラやレンズに慣れることも大事。まだカメラの経験が少ない人はカメラのレンタルサービスを利用してみてください。カメラのレンタルサービスでは各メーカーのさまざまな機種を借りることが可能。すぐに機材の扱いに慣れることができますよ!

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年9月30日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。