【2020年最新】インスタグラムに一眼レフの画像を綺麗にアップする方法まとめ

SNSの中でも現在最も人気といっても過言ではないインスタグラム。

写真特化型のSNSで、多くの方が個性あふれる写真をアップしては楽しんでいます。

以前はスマートフォンの写真のみしかアップロードできませんでしたが、現在は一眼レフカメラで撮影した容量の大きな写真もアップロードできるようになりました。

ただ、一眼レフカメラで撮影した写真をインスタグラムにアップするのには少し工夫が必要です。

今回は、一眼レフカメラで撮影した写真をインスタグラムにアップする方法をご紹介します。

インスタグラムはPC上から写真をアップできない

まず大前提として、インスタグラムは公式上PCから写真をアップすることはできません
PC版の画面には投稿ボタンがなく、閲覧のみが可能とされています。
一眼レフカメラの写真は、基本的にSDカードに保存してPCへ写真データを写す流れになりますが、インスタグラムに一眼レフカメラの写真を投稿したい場合はスマートフォンに転送した後、スマートフォンでインスタグラムに投稿する必要があります。

一眼レフの写真をスマートフォンに転送しインスタグラムにアップする方法

先程お伝えしたように、一眼レフで撮影した写真をインスタグラムにアップするにはスマートフォンへの転送が必須です。

ではスマートフォンへ転送するには、具体的にどのような方法があるでしょうか?順にご紹介します。

Googleフォトを活用する

1つめの方法はGoogleが提供するGoogleフォトを利用して写真をスマートフォンに転送する方法。

こちらはGoogleアカウントがあれば気軽に誰でも利用できるサービスです。

まずPCブラウザでGoogleフォトを開き、Googleフォト上にPCに保存してある写真をアップロードします。その後、スマートフォンからGoogleフォトのアプリにアクセスすれば、先程PCから保存した写真をスマートフォンにダウンロード、保存が可能。そこからインスタグラムにアップできます。

ただ、Googleフォトに写真をアップロードすると写真の大きさに関わらず画像が圧縮されるという特徴があります。

そのため投稿した写真を確認したらPCで見たときより画質が悪い…と感じる人も。

Googleフォトは写真のバックアップとして使われることがほとんどなどで、高画質な写真をインスタグラムにアップしたいと考えている方にはあまりおすすめはできません。

手軽にアップロードできる方法ですが、一眼レフカメラで撮影したままの写真を投稿したい場合は別の方法を試してみましょう。

Dropboxを使って転送する

2つめの方法がDropboxを使って転送すること。

DropboxもGoogleフォトと同じように、ブラウザやアプリ上に写真をアップして保存・共有できるサービス。

PC写真をDropbox内に保存してから、スマートフォン上のアプリで端末へと保存できます。

この際にエクスポート機能を利用すると、Dropboxのアプリから直接インスタグラムへ写真をアップすることができるのですが、その場合も画質が劣ってしまいます。

そのため、画質の良さを保った状態でインスタグラムへ写真を投稿したいのであれば、一度スマートフォンに写真を保存してからするのがおすすめです。

インスタグラムに写真をアップできるアプリケーションを使う

PCのデスクトップアプリの中には、アプリを介してインスタグラムに写真をアップできる機能があります。

その中でもGramblrという無料アプリはよく使われており、アップロードウィザードを備えているのでスマホを利用することなくPCから写真をインスタグラムへ投稿できます

アプリ上で写真の切り抜きからフィルター加工、説明文の追加も可能なので、スマホでの投稿時と同じような編集PC上でも可能。windowsにもmacにも対応しています。

Lightroomのプラグインを利用して転送する

一眼レフカメラで写真を撮ってレタッチもしている方であればLightroomを利用している方も多いのではないでしょうか。

Lightroomには、編集した写真を直接インスタグラムへアップするLR/INSTAGRAMというプラグインがあり、そのプラグインを利用することで編集した写真をそのままインスタグラムへとアップロードすることが可能です。

Lightroomを利用している方であればこの方法が一番スムーズにアップできますよ。

Wi-Fi付きの一眼レフカメラを使いデータを直接転送する

最近撮影されたカメラにはWi-Fi機能が備え付けられていることが多いです。

そのため、撮影した写真をすぐにスマートフォンに移動させることも可能。

Wi-Fi付きの一眼レフカメラを持っていて、PC上での確認やレタッチをしなくてもいいからすぐにインスタグラムに写真をアップしたいという方にはこの方法がおすすめです。

Wi-Fi付きSDカードを利用しデータを直接転送する

自分のカメラにはWi-Fiの機能がついていないという方はWi-Fi付きのSDカードを利用することをおすすめします。

代表的なカードだと、TOSHIBAのflashAirはSDカードにWi-Fi機能がついていて、専用のアプリからWi-Fiを経由してSDカードにアクセスすることで、撮影したばかりのデータを保存できます。

写真のレタッチをしなくてもいい方でWi-Fiつきの一眼レフカメラを持っていない方は、この方法を試してみてくださいね。

レタッチをするならLightroom、しなければWi-FiつきSDカードがおすすめ

一眼レフカメラからインスタグラムへ投稿するおすすめの方法をご紹介してきました。

ご紹介した中でおすすめの方法はレタッチをした写真を投稿したいのであればLightroomレタッチの必要がなければWi-FiつきSDカードを利用する方法です。

GoogleフォトやDropboxを利用して写真を一度サーバに保存したあと、スマートフォンでダウンロードするのは作業が多くなるのでどうしても面倒に感じてしまうと思います。

LightroomのプラグインであるLR/INSTAGRAMは基本的に無料で利用でき、ハッシュタグをつけて投稿することも可能です。

利用方法も慣れてしまえば簡単にできるのでレタッチした写真をすぐアップできます。

反対にLightroomでのレタッチなどはせずにすぐに写真をアップしたいのであれば、Wi-FiつきSDカードを購入することをおすすめします。

TOSHIBAのflashAirであれば値段も手頃で、Wi-Fiへの接続もスムーズ。

現在では、スマートフォンアプリでも綺麗に加工のできるアプリが充実しているので、flashAirを使って撮影した画像をすぐにスマートフォンへと転送し、スマートフォンのアプリで加工してアップするといった作業を短時間で行えるでしょう。

それぞれの投稿方法の特徴を知った上で活用するツールを選ぼう

一眼レフカメラで撮影した写真をインスタグラムに投稿する方法はたくさんあります。

ただ、利用するツールによっては画質が悪くなってしまうこともあります。

それぞれのツールの特徴を知り、自分の使っている一眼レフカメラに応じて、そしてレタッチをするかしないかに応じて、どの方法でインスタグラムにアップするかぜひ考えてみてくださいね。

インスタにぴったりな一眼レフカメラの選び方

ここからはインスタ用のオシャレな写真撮影に合ったカメラの選び方を見ていきましょう。

フィルター機能の充実度をチェック

インスタ映え写真を撮影したい方が一眼レフカメラを選ぶときに外せないポイントがフィルター機能です。フィルター機能とは、モノクロ写真やセピア写真をはじめ、撮影前に好きな雰囲気のフィルターを選択するだけで簡単に思い描いた雰囲気の写真が撮れる機能です。

撮影後に撮った写真を編集して好きな雰囲気にすることもできますが、フィルターを使用すれば完成系をイメージしながら写真を撮ることが出来ます。モニターで見ながらフィルターを変更したりして仕上がりを調整することができるのもポイントです。

インスタ写真はトータルの雰囲気が統一され、個性を感じさせることも重要です。決まったフィルターを使用することで自然と写真全体に統一感を出すこともできるんです。

スマホとの連携をチェック

これまでに紹介したインスタに綺麗な写真をアップする方法を見れば分かるように、一眼レフカメラからインスタに写真をアップする場合に重要になるのがスマホとの連携です。

特に「Wi-Fi」や「Bluetooth」機能が搭載されているモデルはスマホとの連携が簡単で、撮影してから写真をアップするまでのステップがも少ないのが魅力です。インスタ用の一眼レフカメラを選ぶ場合は「今」をすぐにシェアできるかどうかも重要なポイント。もちろんそういった機能がなくても先にご紹介した方法でもインスタへのアップは可能ですが、スマホとの連携もチェックポイントに入れておきましょう。

自撮りしやすいモニターかをチェック

インスタに写真をアップすることが多い方は自撮りをする機会も多いのではないでしょうか。そこでチェックしたいのが「可動式のモニターかどうか」です。スマートフォンではインカメラにすれば自撮りをする場合でもどう映っているかを確認しながら撮影ができますが、一眼レフカメラではモニターでチェックしなければなりません。

一眼レフカメラの可動式モニターは上下に動かせる「チルト式」と上下左右に動かせる「バリアングル式」があります。どちらも自撮りの際にモニターチェックが可能ですが、バリアングル式の方がより色々なアングルの撮影でチェックがしやすいと言えるでしょう。

おすすめのカメラ

インスタ写真にぴったりな一眼レフカメラはさまざまな種類がありますが今回は2機種をご紹介します。

Nikon D5600 18-140 VR レンズキット


Nikonのデジタル一眼レフカメラD5600 18-140 VR レンズキット。

こちらは一眼レフカメラながらも本体は465gととても軽く、持ち運びもしやすいため初心者でも扱いやすいです。

■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット

OLYMPUS PEN E-PL9 EZダブルズームキット

上級機譲りの高画質を気軽に味わえる高コスパモデル

見た目に反して操作は簡単で、ピント合わせとシャッター操作は液晶モニターをタップすればOK、スマホの操作に慣れていれば簡単に使えます。もちろん、電子ビューファインダー付きなので、ファインダーを覗く“カメラらしいスタイル”でも撮影できます。

■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

  カメラデビュー向けの お得なセットを探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

 

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

GooPassオリジナルセット情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。