旅行のおともにGoPro!見たままの風景が映像になる!

旅行のおともにGoPro!見たままの風景が映像になる!

『GoPro』という近年大人気のカメラがあります。もとはアクティブなスポーツの撮影に適したカメラとして開発され、今ではスポーツはもちろんオシャレな女子がインスタグラムの写真を撮影したり、旅行の写真を撮影したりと様々な場面で幅広く使われています。GoProは「見たままの風景」がそのまま写せると話題のカメラなんです。

今回そんなGoProを旅のおともに提案します。旅行では始めてみる景色、美しい風景、楽しい体験など、記録に残したいことが盛り沢山!普通のカメラじゃ追いつかない、そんなときGoProを旅行に持っていけばきっと思い出を素敵な写真や動画にばっちり残すことができます。どうして旅行にGoProがオススメなのか、GoProってそもそもどんなカメラなのか、どんな写真や映像が残せるカメラなのかをぎゅっとまとめてご紹介していきます。

GoProは旅行に持っていきたくなるカメラ?

GoProってこんなカメラなんです!

GoProの最大の特徴はその小ささ。モデルにもよりますが、ほぼすべてが手のひらの上に収まり、ぎゅっと握れてしまうくらいのサイズのものもあります。それだけ小さいということは、もちろん軽い。軽いものだと70グラム程度~最新モデルでも110グラム程度の重さです。荷物が多い旅行の場面で、カメラって結構重いな、と感じることもありますよね。そんな心配もGoProなら無用です。軽いというだけで、旅行のお供としてはかなり優秀なカメラと言えるでしょう。
しかもGoProは軽いからと言って機能で劣っているなんてことはありません、普通のカメラ以上の機能がこの小さなボディに詰まっているんです。
もし一眼レフをいつも持ち歩いている方は、サブカメラとしてGoProを持っていくのもおすすめです。使いなれた一眼レフにプラスして、GoProを使ってみたい瞬間が来たら今度はGoProで撮ってみる、そんな使い方もおすすめです。

GoProで写真撮影をしたら意外な写真が撮れた!

GoProは高画質、超広角モードで撮影ができるんです

GoProを持って旅行先で風景写真を撮ってみます。すると、撮影した写真に驚くでしょう。風景がすごく広く撮影できるんです。例えば、一面花畑の風景をiPhoneで撮影したときに写せる範囲と、GoProで写せる範囲がまったく違います。
その秘密はGoProの超広角モードの機能です。この機能は遠くまで背景を広く映すことができ、美しい風景を目で見たそのままのように写し出すことができる機能なんです。
しかも高画質なので、仕上がった写真も鮮やか、風景の美しさを切り取ってくれます。自撮りをしてもiPhoneより背景の映る面積が広いので、背景をたくさん入れたい自撮り写真ならGoProがおすすめです。
GoProの写真で有名なのが、旦那さんが自分の手を引く奥さんの後姿を風景とともに撮影した写真があります。鮮やかな風景を超広角がうまくマッチしたすごく素敵な写真なのでぜひ探してみてください。

GoProを旅行に持ってきたならこんな撮影にトライしよう!

GoProはアクセサリを使って色んな場所に設置できるんです

GoProを旅行に持ってきたのならぜひ試してみてほしい撮影があります。それは専用のアクセサリを使って動画撮影にチャレンジしてみてください。GoProはマウントと呼ばれるアクセサリを使えば人の胴体や、頭、リュック、色んな場所に設置ができるところが魅力のひとつです。特に旅行におすすめのマウントが、3wayタイプのマウントです。長く伸びていわゆるセルカ棒のように使うこともできるし、3脚タイプに変形させて家族写真を撮影したりすることができるんです。
GoProを使った旅行の動画で有名なのが、セルカ棒のようなタイプのマウントを使ってGoProを高い位置に置き、旅をしながら撮影をして、歩きながら様々な場所の映像を撮影しているムービーです。世界を旅するアレックスさんという方がGoProを使ってぐるぐる回りながら撮影することで360度の風景が撮影されている旅のムービーは、その場の臨場感がすごく伝わってくる上に、アレックスさんの楽しそうな表情も加わったすごく楽しい動画になっています。
この動画を見たら、こんな映像を撮ってみたい!今すぐ旅行に行きたい!そう思うこと間違いなしです。
マウントは色んな種類があり、手持ち以外に固定できるものもあるので、マウントを見ているだけで想像がふくらんでワクワクが止まりません。

GoProで旅行中に朝日や夕日を撮影したい!

GoProはあの有名なコマ撮り撮影ができるんです!

GoProを持って旅行をして、もし朝日をみたり夕焼けを見たりするタイミングがあればぴったりの機能があります。
「タイムラプス」と言って、数秒間に1回など、一定の間隔でシャッターが切れる撮影方法です。後でつなぎ合わせるとコマ送りのようになって、朝日が昇る様子や夕日が沈む様子をドラマティックに撮影することができます。これぞGoProの醍醐味!という撮影なので、もしGoProをゲットしたらトライしてみてほしい撮影です。
イメージとしては、定点で撮影された映像で雲がどんどん流れていくような映像や、街の中で人々がどんどん行き交う映像を見たことがないでしょうか?ああいった映像はタイムラプス機能を使った撮影なんです。あのオシャレな映像を自分で撮影できるとしたら、ぜひチャレンジしてみたくありませんか?

GoProは海でたくさん遊びたい旅行にもおすすめ!

GoProは防水なので海での撮影だって楽しめちゃう!

GoProの魅力をご紹介してきましたが、他にもGoProは旅行にぴったりの機能が満載なんです!まずは防水機能。GoProの最新モデルには本体に防水機能がついており、多少の雨はもちろん、海での撮影にもぴったりです。本体に防水機能がないモデルもありますが、防水カバーをつければ水深40メートルまで撮影が可能になるため、海の中でも楽々撮影ができます。海外旅行でも持ち運びに便利なサイズですし、簡単に腕に巻き付けて使用できるタイプのアクセサリを使えば海の中を泳いだりしても手がふさがることもなく、海のアクティビティ初心者の方でも安心して撮影ができます。
海の中を撮影したGoProのプロモーション動画も有名で、画質も4Kなのでとても美しい映像になります。
気軽な観光メインの旅行だけでなく、海で遊んだりするアクティブな旅行にもぴったりのカメラです。

GoProを旅行に持っていくときの注意点!

GoProはこれに気を付ければ安心して旅行を楽しめます!

GoProを旅行に持っていくときに知っておかなければいけないことがあります。まずひとつは、GoProにはズーム機能がありません。そのため風景の撮影を目的としている場合や、いつも一眼レフを持っていくという方はGoProをサブカメラとして持っていくことをおすすめします。GoProにしか撮れない写真や動画にチャレンジしつつ、ズーム機能が必要な場面では一眼レフを使うなど、上手に使い分けて旅行撮影を楽しみましょう。
また、GoProは4K撮影をするとかなり容量を使います。SDカードの選び方は慎重に、途中で容量がいっぱいになってしまい、肝心な時に撮影ができない、なんてことがないように気をつけましょう。

GoProを旅行に持っていけば旅行の楽しさもより高まり、思い出もバッチリ残すことができます。旅行の写真はデジカメやiPhoneで十分かな、と思っている方もぜひ一度GoProを持っていくことを検討してみてください。GoProなら旅行中にも気が付かなかった風景や映像が残っているかもしれませんし、GoProを使って色んな写真や動画を撮影すること自体が楽しいイベントにもなると思います。
GoProは小さなボディにたくさんの可能性を秘めた夢のようなカメラです。ぜひ一度ゲットして、みんなが憧れるような撮影をしてみませんか?

おすすめのゴープロ

GoPro HERO9 BLACK CHDHX-901-FW

ブレない、ズレない。プロ顔負けの映像が撮れる、GoPro最新モデル。

2020年9月17日に発売されたGoPro(ゴープロ)のアクションカメラ、GoPro HERO9 BLACK CHDHX-901-FW。従来機である「HERO8」に比べて、スペックが大幅に向上しています。

たとえば、記録画質。23.6メガピクセルの新型センサーを採用することにより、5K動画と20メガピクセルの写真を撮影することが可能になりました。そして、手ブレ補正機構。「HyperSmooth(ハイパースムーズ) 3.0」の搭載で、カメラ内でホライゾンレベリング(=水平維持)できるようになりました。

ネット上のユーザーからは「45度傾けても水平を維持できる」という声も上がっているほど。アクションカメラの撮影経験が少ない方でも、視聴者のストレスが少ない動画を撮影できるでしょう。

また、「HERO8」に比べて、バッテリー駆動時間は30%アップ(5K/30pで約90分、4K/30pで約70分撮影可能。設定による)。その他、レンズカバーが取り外し可能になり、レンズモジュラーが取り付け可能になるなど、ユーザビリティも進化を遂げたHERO9。

旅行用のカメラを探しているビギナーからプロの映像クリエイターまで、全てのユーザーを満足させる、最新にして最強のモデルの登場です。

GoPro HERO9 BLACKについてはこちらで詳しく解説しています!

製品名 GoPro HERO9 BLACK CHDHX-901-FW
カメラタイプ アクションカメラ
液晶モニター 2.27 インチ
記録メディア microSDカード、microSDHCカード、microSDXCカード
防水性能 10m
サイズ 112×75×226mm
重量 515g
その他機能 Bluetooth、Wi-Fi、手ブレ補正機構

■購入する場合は、49,500円(税込)(2021/5/21現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

GoPro HERO8 BLACK CHDHX-801-FW スペック
動画解像度 4K/fps60
画素数 12MP
ハウリングなしの防水性能
手ブレ補正 Hypersmooth 2.0
本体のサイズ 66.3×48.6×28.4mm
 本体の重さ 126g
その他機能 音声コントロール・音声起動・スマートフォンへの自動取り込み・ライブストリーミングなど

■購入する場合は、45,500円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

GoPro HERO7 BLACK CHDHX-701-FW スペック
動画解像度 4K/60fps
画素数 12MP
ハウリングなしの防水性能
手ブレ補正 HyperSmooth
本体のサイズ 116g
 本体の重さ 62.3×44.9×33mm
その他機能 スマートフォンへの自動取り込み・ライブストリーミング・Karmaに対応など

■購入する場合は、34,000円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

GoPro MAX CHDHZ-201-FW

GoPro MAX CHDHZ-201-FW

VR、Vlog用にも!楽しみ方は無限大の360度カメラ

MAX最大の特徴は何と言っても、3つのカメラが搭載されている点でしょう。360度カメラとして好評だったFusionの上位機種に位置づけられており、360度撮影が可能なだけでなく、HEROシリーズ同様の躍動感あふれる映像も撮影可能です。

手ブレ防止機能には、ゴープロの中でもトップクラスの性能を誇るMax Hypersmoothを採用。360度オーディオを搭載、撮影した動画はスマホやパソコンから簡単に編集作業が行えるので、ビデオブログ用としても大活躍間違いなしの一台です!

GoPro MAX CHDHZ-201-FW スペック
動画解像度 5.6K/30、24fps
画素数 16.6MP
ハウリングなしの防水性能
手ブレ補正 Max Hypersmooth
本体のサイズ 154g
 本体の重さ 64×69×25mm
その他機能 TimeWarp ビデオ・360 度オーディオなど

■購入する場合は、45,436円(税込)(2021/5/21現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

【2021年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報