GoProはスノーボード・スキーを最高レベルで撮れる!

『GoPro』はスポーツの撮影にぴったりの小型アクションカメラです。
近年、マリンスポーツやウィンタースポーツをカッコよく撮影した動画が流行っているのをご存知ですか?その多くがGoProというカメラによって撮影されたものなんです。
GoProは、その超小型のボディを活かしてあらゆる位置に設置し撮影をすることができ、しかも高画質で大迫力の動画が撮影できるカメラなんです。GoProで撮影した映像は、これまで見たことのないようなものに仕上がることからファンが急増中です。
今回はGoProを使ってスノーボードやスキーといった雪山でのウィンタースポーツの撮影をする際のポイント、GoProの魅力を徹底解剖していきます!雪山での撮影になぜGoProが適しているのか、実際にどんな場所からGoProで撮影すればいいのか、気になる部分をご紹介します。

GoProを使ったスノーボードやスキー撮影が大流行!

GoProはスノーボードに設置できるんです!

GoProでスノーボードやスキーのプレイ映像が流行している理由の一つに、GoProを設置するアイテムがあります。
マウントと呼ばれるアイテムなのですが、GoPro専用のグリップのようなもので、平面や棒状の部分など設置したい場所や競技によって適したマウントが販売されているんです。
その中でスノーボードやスキーにぴったりのマウントがあります。直接スノーボードやスキーの板にGoProを設置することができるタイプです。これで直接板にGoProを設置すれば、その臨場感は計り知れません。雪山をスピーディに滑り抜ける、疾走感あふれる動画が撮影できます。
また、ヘルメットに装着するタイプのものならスノーボーダーの目線で見る風景そのままの映像を撮影することができ、見た人がまるでスノーボーダーになった気分を味わえる映像を撮影することができるんです。
GoProでの撮影は今大人気になっているので、YouTubeにスノーボードやスキーを楽しむGoPro動画がたくさんアップされています。ぜひ参考にしてみてください。

GoProでスノーボード・スキーの追い撮りならこれ!

追い撮りにおすすめのマウント教えます

GoProでスノーボードやスキーの追い撮りをしたい!そもそも追い撮りとは、スキーやスノーボードのプレイヤーと一緒に雪山を滑り、メインのプレイヤーを追いかけながら滑る映像をおさめるという撮影です。
追い撮りは高度な技術が必要ですし、手ブレとの闘いです。滑りながらの撮影はかなり難易度が高いです。そこで、追い取りにGoProを使ってチャレンジしてみる方法があるんです。
それが、棒状になるセルカ棒のようなマウントを使用して撮影者が滑る方法です。棒状のタイプなら360度撮影ができるし、手でビデオカメラを回すよりはるかに向きや角度に調整がききます。
GoProには最新モデルから手ブレ補正機能が搭載されているので、滑る技術に自信がなくてもプレイヤーについていくことさえできれば追い撮りが可能になるんです。
ボードに直接設置するタイプでも追い撮り風には撮影可能です。

GoProでスノーボード・スキー撮影をしたら風景まで美しくとらえます!

GoProは高画質、超広角モードが自慢のカメラです

GoProで撮影されたスノーボードやスキーの動画を見て驚くのが、その雪山の景色の美しさです。なぜこんなに美しいの?
それはGoProが超高画質、超広角モードで撮影ができるカメラだからです。
4Kモードで撮影が可能なため、画質は折り紙付き。飛び散るパウダーだってくっきり鮮明に映しだします。その迫力は普通のビデオカメラではまず撮影できないほど臨場感あふれる映像です。
また、通常のカメラで撮影した時と比較して、最も違う点が「超広角モード」です。背景が驚くほど広く撮影ができます。その撮影範囲はなんと170度と、ほぼ180度に近い範囲を一度に写しだすことができます。そのため、GoProは見たままに記録することができるカメラ、とよく表現されています。
超広角の機能はスノーボードやスキーのようにフィールドが広いスポーツとの相性は抜群です。そして、屋外のスポーツの方がその景色の美しさもとらえることができるので、その魅力をより引き出すことができます。その点でGoProはスノーボード、スキー撮影にぴったりなのです。

GoProでスノーボード・スキー撮影に欠かせない防水機能もバッチリ!

GoProはもともとスポーツ向けのカメラなので耐久性にも優れています

GoProがどうしてスノーボードやスキーの撮影でそこまで人気になったのか、それはもともとGoProがスポーツ向けに開発されたカメラだからです。そのため水や衝撃にも強く、耐久性に優れたカメラとして重宝されるようになったのです。
GoProでは、最新モデルでは本体に10メートルまで撮影できる防水性が備わっており、これまでは防水カバーが必須でしたが、マリンスポーツなどの海中の深い地点での撮影以外では防水カバーなしでも安心して水場の撮影が楽しめるようになりました。
雪山での撮影には防水機能が必須です。吹雪の時もあるので防水性、耐久性はスノーボードやスキー撮影では重要なポイントになります。その点でGoProはまったく心配がいらず、プレイと撮影に専念することができるのが利点です。

今回はGoProでスノーボードやスキーの撮影をする方法をご紹介しました。GoProは疾走感のある映像が得意で、スポーツのカッコよさを残すにはぴったりのカメラです。
マウントもたくさんの種類があるので、どれにしようかどんな撮影がしたいか、想像してみてください。これまではプロにしかできなかった映像が、GoProがあれば自分で撮影ができます。ぜひGoProを使ってめちゃくちゃカッコいい動画の撮影にトライしてみてください。

おすすめのゴープロ

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

  GoProの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

【2020年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報