GoProをバイク・自転車に載せて撮影!ブレに強いマウントって?

『GoPro』で撮影したバイクや自転車の車載動画をご存知ですか?
バイクや自転車にカメラを設置して、その走っている様子を撮影している動画です。最近そういった動画の撮影がバイクや自転車が趣味の方たちに大流行しているんです。
文章にすると、何が面白いの?と思ってしまう方もいるかもしれませんが、実際に撮影した動画を観てみるとその臨場感が癖になる動画になっているんです。
GoProは超軽量で小型のカメラのため、バイクや自転車にも簡単にセッティングすることができます。また、乗っている人のヘルメットなどに装着することもでき、設置場所を選ばないカメラとして今大人気なんです。
準備さえすれば実は誰でも簡単に撮影できてしまうGoPro。
今回は、今流行のバイク・自転車の車載動画についてフューチャーしていきます!

GoProがバイクや自転車の撮影に向いてる理由!

GoProは耐久性抜群な上に、防水機能が搭載されています!

GoProでバイクや自転車に設置した撮影をするには、衝撃や雨にも強くなければいけません。その点GoProは元々スポーツ撮影用に開発されたカメラなので、強度はバッチリです。また、GoProは水中撮影もらくらく行けちゃうくらい防水機能も搭載されているので、多少の雨程度ならまったく心配はいりません。
バイクや自転車での動画を撮影するにはGoProはベストなカメラと言えそうです。

GoProで自転車の撮影に向いているマウントが知りたい!

取り付けも簡単、角度も変えられて、しかもブレない!

GoProで自転車の撮影には、マウントと呼ばれるアクセサリが欠かせません。手のひらサイズで超小型のGoProを、あらゆる場所に設置するための器具がマウントです。たくさんの種類が販売されており、撮影場所や撮影対象に適したマウントも紹介されているのでぜひサイトを調べてみてください。
今回紹介する自転車での撮影に向いているマウントは、「ハンドルバー・シートポストマウント」です。これは自転車設置用というわけではないのですが、設置がアタッチメントで簡単な上に、角度の調整ができるのがかなりのオススメポイントです。装着したら角度は360度カチカチと少しずつ自由に変えることができるので、自分が撮影したい角度に調整してみてください。気になる設置場所は、今回はハンドル部分。自転車ならチェーンステイにも装着ができます。ハンドルの方が地上から離れているので、より運転している人の目線に近い映像が撮影できます。
チェーンステイなら地面に近い分、林の中を走ったりすると特に疾走感が感じられる映像になります。

バイクや自転車の撮影でヘルメットにGoProを装着できる!

GoProで撮れる映像はほぼ目線通り!

GoPro撮影で自転車やバイクに乗って映像を撮影するとき、他にもおすすめの方法があります。王道の、GoProをヘルメットに装着する方法です。ヘルメットに装着できるマウントは各メーカーから販売されているため、自分に合ったものを選ぶのがオススメです。
ヘルメットに装着して走った時、カメラは自分向きにも設置できますし、進行方向向きにも設置できます。背中合わせで二つ設置してどちらからの映像も撮影する、という贅沢な方法もありますね。個人的なオススメは、自分の楽しんでいる表情と後ろに流れる背景が疾走感を感じる自分向きに撮影する方ですね。
GoProの魅力は、向きや場所を問わない撮影ができる点なので、1回目の撮影はここ、2回目はここ、とGoProの設置場所を変えてみるのも撮影の楽しみです。

GoProでバイク撮影をするならバイク用マウントから選ぼう!

GoProのバイク用マウントも種類が豊富なんです

GoProはバイク用のマウントの品揃えも豊富です。バイクマウント、チェストマウントなどが代表的です。ツーリングの風景をGoProで撮影したいと思ったら、まずはバイクマウントをおすすめします。
バイクマウントはバイクに直接カメラを固定するタイプのマウントで、場所は問いませんし大胆な映像が撮影できます。自転車とはスピードも桁違いです。ただ、その分振動を受けやすくぶれやすいのですが、それも味ですね。
チェストマウントはライダーの胴体に設置するマウントです。バイクのハンドルを操作している部分と、ライダーが見ている風景が両方画面に映るので、バイクに乗っている気分になれる映像が撮影できます。
他のアクティブなスポーツでも、胴体に設置するマウントはかなり臨場感たっぷりな映像になるのがメリットなので、ぜひ一度試してみてほしいです。

GoProはマウントの使い方次第で撮影できる映像の種類は無限大です。GoPro本体だけではGoProの楽しさや魅力を発揮するには少し物足りないかもしれません。
今回は自転車やバイクの撮影を紹介しましたが、実際に撮影してみた動画を観ると思った以上に面白くて迫力ある動画に驚く方が多いはずです。
ぜひ一度GoProで撮影した動画を観てみてください。自転車なら誰でも気軽に撮影にチャレンジすることができそうですね。GoProを設置したらなるべく風景がきれいなところを走りたい、行ったことのない場所を走ってみたい、そんな風にサイクリング自体の楽しみ方が広がっていくのではないでしょうか。

おすすめのゴープロ

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

【2021年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報