GoProの画質比較をしてみた!本当のイチオシが知りたい!

小型アクションカメラの代表格である『ゴープロ』。

以前からアクションカメラの中では人気のモデルで、ファンも多かったですが、近年SNSを中心に若い世代にもゴープロが大人気になっているのをご存知ですか?
ゴープロのプロモーション映像がYouTubeなどで広く知られるようになり、最新モデルが発売されるたびに機能や性能もアップデートされて、どんどんアクションカメラが身近で簡単なものになっています。
プロにしか撮影できなかったような映像が、誰でも気軽に撮影できる時代がやってきたのです。

今回は、ゴープロの魅力の一つである「画質」についてご紹介しています。ゴープロが気になっているけどなかなか決断ができない、そんな方もぜひ参考にして見てください。

目次

ゴープロの画質比較の前に!

まずはゴープロとはどんなカメラか徹底解剖!

ゴープロの画質を比較する前に、まずはゴープロについて詳しくご紹介していきます。
ゴープロは新世代小型アクションカメラです。ウェアラブルカメラという呼び方をされることも多いです。ウェアラブルカメラとはどこにでも設置できる、身につけられるカメラ、という意味があり、その名の通りゴープロは場所を選ばずに撮影ができるカメラなんです。

そして驚くべきはその軽さと大きさ。
とてもコンパクトで軽量、最新のゴープロHERO5 Blackでも110グラム程度、小さなsessionモデルなら70グラム程度と、その軽さは数あるカメラの中でも群を抜いています。
大きさも手の平にすっぽり収まってしまうサイズ感で、大きさや重さが負担になることはあまりありません。
アクションカメラはどのメーカーやモデルもコンパクトですが、その中でもこれほど多くの機能を詰め込んだゴープロがこのサイズというのは驚きです。

操作面では、ゴープロはほぼすべてのモデルで背面に液晶画面がついており、最新モデルではタッチパネルで操作ができます。モード切り替えも分かりやすく簡単で、アクションカメラ初心者でも直感的に操作できることでも人気が高いです。また、アプリをインストールして連動させれば、スマホでの設定や撮影も可能になり、アクションカメラの進化を感じさせてくれます。

撮影できるモードも豊富で、超広角モードでの撮影では、背景を最大限に撮影してくれるため、画面がぐんと湾曲したようなゴープロ独特の画面になります。超広角モードの撮影は、SNSを通じて若い女性にも話題になっており、iPhoneでは撮影できない自撮りができるとして、新たな人気を開拓しています。タイムラプスというモードでは、何秒かに1回自動的にシャッターを切る撮影を設定することができて、それらをつなぎ合わせるとコマ送り動画のような映像になるんです。有名なのは人通りの多い街を人がどんどん通り抜けていく早送りのような動画や、定番の空の変化を楽しむものまで、これまでテレビでしか見たことのないような映像がゴープロを使えば撮影できるんです。

ゴープロは、元々スポーツ動画の撮影をするためのカメラとして開発されたという経緯があるため、その耐久性はかなり強いです。スポーツ撮影においても衝撃の大きいものがたくさんありますが、ゴープロならびくともしません。例えば、ゴープロ動画で有名なサーフィンだって実際の波の衝撃はかなりのもの。雪山でのスノーボードも同様です。ゴープロには防水機能もしっかりついているので、そのような状況下でカメラが壊れてしまったら、という心配を一切せずにスポーツや撮影に臨めるのはすごくいいですよね。モデルによっては本体に防水機能がなく、防水カバーが必要になるのでHERO4以前のモデルを購入している方は屋外での撮影に向けてぜひ防水カバーもゲットしてください。

ゴープロの画質の比較をしたい!

ゴープロの画質はエディションによって大きく変わる?

ゴープロの人気の秘訣は、この小ささで高画質かつ4K動画の撮影までできてしまうという点にあります。
では、ゴープロのエディションによって画質の差はあるのでしょうか?
まずは最新のHERO5で動画画質を比較してみましょう。
【動画画質比較】
◆HERO5 Black 4K30/1440P80/1080P120
◆HERO5 Session 4K30/1440P60/1080P90
◆HERO Session 1440P30/1080P60

「Session」はそのコンパクトさが売りのエディションで、背面に液晶もついていません。その分やや大きめのサイコロくらいの大きさしかなく、持ち運びに関してはピカイチです。ただ、液晶での簡単操作を求めるならば「Black」です。
また、4K撮影ができるか否かでもひとつ差があり、HERO Sessionに関しては、4K撮影はできないものの、価格がその分リーズナブルで購入しやすいというメリットがあります。アクションカメラファンの中にも、初心者がゴープロを購入する場合は、4Kはなくても十分楽しめるという意見も多いです。4K撮影は美しい繊細な映像が撮影できますが、その分容量は大きくなるのでバッテリーの消費やマイクロSDの容量にも注意しなければいけないためです。

4K以外の画質に関しては、1秒間に何枚の静止画が撮影できるか(それをつなぎ合わせて動画になっているイメージ)という風に見ると分かりやすいと思います。数が1番大きいのはBlackですね。この値が大きいとスピード感のある撮影でもなめらかに撮影できますよという意味なので、スポーツや車、バイクなど疾走感あふれる映像を撮影したいときにはBlackがおすすめです。
しかし、HERO Sessionでも充分な画質は備わっていてもちろんきれいです。60あれば動画がコマ送りになってしまう、全然撮影できていない、なんてことはないでしょう。そのため、画質の比較で見たときにどのゴープロを撮影しようかというのは4Kが必要か不要か、スピード感ある撮影があるかないかで選択肢が絞られてきそうですね。

ゴープロだけじゃない!画質比較をもっと!

アクションカメラの中で!ゴープロはどんな存在?

ゴープロの画質比較をしてきましたが、その他の人気のアクションカメラの画質ってどうなっているのでしょうか?ゴープロが欲しい!という方は他のメーカーのアクションカメラも絶対気になりますよね。
人気のアクションカメラ全般の中でも、4K対応のアクションカメラで比較してみましょう。

【動画画質比較】
◆HERO5 Black 4K30
◆FDR-X3000 (ソニー)4K30
◆WG-M2 (リコー)4K30
◆HX-A500-D(パナソニック)4K30

こうして比較してみると4Kについてはどこも30フレームで大きな差はありません。
では、それぞれどんなアクションカメラなのでしょうか?

FDR-X3000 (ソニー)

近年ゴープロと人気を争っているのはソニーのアクションカムではないでしょうか。CMでも話題になったこともあり、ウェアラブルカメラのジャンルを世間に広めた存在でもあります。ソニーの他とは異なる機能は、手ブレ機能です。ゴープロもしばらく手ブレ機能の向上を訴えるユーザーの声が多く、手ブレはアクションカメラの重大なポイントでもあります。その点、ソニーのモデルは空間光学式手ぶれ補正と呼ばれる機能を搭載しており、これは業界で初めてのことです。この部分でソニーは他社製品と差をつけて価値を高めています。また、ソニーは独自の圧縮記録技術を活かしているため、スピードを求められる撮影に強いカメラと言えます。防水機能がゴープロよりも弱いため、深い水中での撮影には向きません。デザインはゴープロとは異なり、白いボディでハンディビデオをそのまま小さくしたようなフォルムが特徴です。

WG-M2 (リコー)

リコーのモデルについては画質比較でいうと4K撮影は他社と同様ですが、このモデルの最大の特徴は防水機能が強い点です。水深20メートルまで本体のみでカバーなどは不要で撮影できます。時間制限もなくずっと水中で撮影をしていてもまったく問題なく、防塵性能・耐低温性能にも優れています。危険な場所や温度が高い場所、低い場所でも撮影できるので、自然に関する撮影でハードな環境にも持っていくことができますね。
見た目は凸凹が多めのハードなフォルムですが、重さ的にはゴープロ Blackと相違なく、110グラム程度となっています。意外と見た目ほど持ち運びには困りません。
音声の録音機能は性能が高いので、散歩をしながらでも音声録音ができるモノラル録音を採用しています。
フルHD撮影については必要レベルの1秒60コマのみなため、スピードのある撮影にはそこまで適していない点が注意です。水中やハードな環境での撮影にぴったりのアクションカメラと言えそうです。

HX-A500-D(パナソニック)

パナソニックのモデルについても4Kの画質比較では他社と遜色ありません。こちらは他と同じくアクションカメラなのですが、形から見てもウェアラブルカメラとしての特徴が強く出たカメラと言えます。
その特徴は本体とカメラが別々にあり、本体側にライブビューモニターが付属しているという点です。ゴープロで言うと胴体につけるハーネス型のマウントのような、身体に身につけて撮影することを前提としたカメラになります。登山やスポーツをしているときに体につけてもまったく重さを感じないレベルの、31グラムという軽さが魅力です。
手ブレ補正の機能もあり、傾き補正の機能もあるのが他社との違いです。体に装着して撮影することを想定しているので、傾きに対しての補正も重要な要素になっているのではないでしょうか。
このモデルは身につけて撮影して、そのままライブ配信することもできるようになっています。ゴープロと同様アプリをインストールして連動することで、リモートで操作することもできます。

ゴープロと3社の違いは?画質比較でわかること!

アクションカメラの2大巨頭はゴープロとソニー?

ゴープロと他のアクションカメラの4K画質比較をしてきましたが、基本的に有名なアクションカメラの4Kは最新モデルでの画質の差はありませんでした。しかし、それぞれのメーカーの強みを活かしてどのモデルも他社の製品とは異なる特徴やメリットがありました。
その中でゴープロと争うのはやはりソニーのモデルというところでしょうか。どちらもバランスが取れた性能があり、万人受けするモデルとなっています。価格に関してもそこまで大きな開きはありません。
アクションカメラを初めて購入しようとする際、どのモデルにするか迷ったときは、ゴープロとソニーで自分の欲しい機能を良く見比べて相性がよいカメラを選ぶのがベストです。ソニーはやはり手ブレ補正やフルHD撮影の画質、新型レンズの搭載などが優れており、ゴープロはアクションカメラの先駆け的な存在なので、こだわった撮影ができます。ソニーにもある超広モードでの撮影ですが、ソニーのタイプはズーム機能を使用した撮影方法、ゴープロは周囲を引き延ばして撮影する独自のSuper Viewという技術を使用しています。ゴープロはどの独特の湾曲したような個性的な撮影が人気で、近年SNSで話題になっています。
アクションカメラと一口に言っても、その詳細を見てみると各メーカー独自の技術やメリットを持っていて驚きますね。

ゴープロの画質比較した結果やっぱりゴープロが欲しい方へ!

ゴープロを買ったらトライしてみてほしい!憧れ撮影ベスト3!

ゴープロ以外のアクションカメラも含めて検討した結果、やはりゴープロがいい!いざ購入した方へ。ゴープロを買ったらぜひ試してほしい撮影が盛りだくさんです。おすすめの撮影をご紹介していきます。ゴープロの公式サイトでも、撮影にぴったりのマウントやアクセサリーが紹介されているのでぜひ参考にしてみてください。

◆サーフィン
サーフィンの撮影はゴープロファンの中でも大人気で、自分はサーフィンをしないけれどゴープロ動画は大好き!そんな方もたくさんいます。その魅力は海×青空のロケーション、疾走感あふれる映像で、ゴープロの得意な分野がいかんなく発揮されるシーンであるからです。サーファーの楽しそうな表情が見えるので、この動画を観てサーフィンを始める方もいるのではないでしょうか?

◆スノーボード
スノーボードの撮影は意外とハードで、カメラに耐久性と防水性がないと危険ですが、ゴープロなら心配無用です。ボードに取り付けるマウントもあり、リストバンド式のものもおすすめです。雪の中を駆け抜けるスピード感あふれる撮影が人気で、スノーボードに関しては自撮りももちろん人気ですが、滑っているスノーボーダーを別のスノーボーダーが追いかけて撮影する後追い動画も人気です。滑っている様子が全体的に見える上に画面が360度動くので、固定のカメラよりもカッコいい映像に仕上がっています。

◆サイクリング
サイクリングの撮影のオススメポイントは、誰でも気軽に撮影ができるという点です。ゴープロを設置さえしてしまえば後はいつも通りにサイクリングを楽しむだけ。設置場所はハンドルに近い部分や、サドルの下、後は腕につけるなどが定番です。
風景が移り変わった方が見ていて楽しい映像になるので、いつも行かない街へ行ってみたり、思い切ってレンタサイクルで本格的な自転車をレンタルし、いつもは行かない本格的なサイクリングコースに出かけるのもいいですね。その場合はせっかくなので、ヘルメットにゴープロを設置して自分が見ている映像を記録してみるのもおすすめです。

ゴープロの画質比較の結果まとめ!

ゴープロを買うか迷ったらここがポイント!

ゴープロの画質比較をして、結果見るべきポイントをまとめました。これらをしっかりポイントにおけば、こんな機能はいらなかった、やっぱりあっちにすればよかった!ということがないでしょう!
【アクションカメラを買う前に考えるポイント】
◆4kモードの有無
◆手ブレ、傾き補正
◆防水性
◆使用シーン

中でも特に重要なのは使用シーンかもしれません。例えばプロのカメラマンにどんなアクションカメラがおすすめですかと尋ねたら、まずはどんな撮影がしたいのか、と聞かれるはずです。
実際に今撮影してみたいシーンはもちろん、将来的にこんなこともしてみたい!という自分の願望をしっかり整理することが重要です。ゴープロを買って意外と4kは使わなかった、なんて話も良く耳にします。4kのあるかないかでお値段はかなり変わってくるので、そこも重要ですね。4kモードがなくても動画撮影は満足できる画質ですし、アクセサリーがあれば色んなシーンでも楽しむことができます。

ゴープロの画質比較をメインに、ゴープロや他のアクションカメラについてまとめてきました。
一口にアクションカメラと言っても種類や性能はさまざまで、それぞれ強みがあることが分かったのではないでしょうか。
私が初めてアクションカメラを購入した時は、憧れもあってあまり下調べせずに当時の最新モデルを購入しました。その後にアクセサリーや他のアクションカメラにも興味が出始めて調べ始めたのですが、カメラの世界は奥深くて本当に面白いです。
プロのような知識がある方がたくさんブログやサイトでアクションカメラについて紹介しているので、それらも有効に活用してぜひ自分にぴったりのアクションカメラを選んでみてください。

おすすめのゴープロ

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

  GoProの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

GooPassオリジナルセット情報

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

【2020年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報