GoProでサッカーを撮影したらプロ並みの動画が撮れる!

今、『GoPro』というカメラが世間で話題を集めています。
芸能人や有名ブロガーがSNSで紹介したり、youtuber達もこぞって「話題のGoProを使ってみた」動画をアップ。インスタグラムで、「#gopro女子」で検索すれば何万件もの投稿がヒットします。
オシャレなカメラとして認知され始めたGoProですが、その本当の実力はサッカーやバスケなどスポーツのシーンを撮影したときに発揮されることをご存知ですか?GoProは臨場感やスピード感を切り取ったような撮影が得意なんです。
GoProでサッカーの撮影をしたら、何気ない練習風景だってプロ並みの仕上がりに。今回は「GoPro×サッカー」の魅力をご紹介していきたいと思います。

GoProでサッカーを撮影してみたい!

GoProは動きの多い撮影にぴったり

GoProは写真はもちろん動画撮影に適したアクションカメラです。小型で手のひらサイズの軽量カメラですが、その活用シーンは多く、屋外のアクティビティはもちろん防水機能もついているので海の中だって撮影ができてしまうんです。その秘密はその小さなボディに内蔵されたたくさんの機能。SNS等でオシャレカメラとしてのイメージが強いですが、実はGoProは動きのあるシーンを撮影することを目的に作られたカメラなんです。特にサッカーのような範囲が広く、動きの多いシーンを撮影するにはGoProがぴったり。サッカーの練習風景や試合風景をGoProで撮影してみませんか?スピード感、臨場感溢れる動画にきっと驚くはずです。

GoProでサッカーは色鮮やかに撮る!

なぜGoProでサッカーを撮影するの?

GoProの魅力は何と言っても高い解像度。手のひらサイズで軽量なのに、HERO4では4K撮影が可能になりました。風景はもちろんのこと、サッカーのように動きの多いアクティブなスポーツでも映像が驚くほどくっきりと映し出されます。サッカー場の芝生のグリーン、ユニフォームのブルー、選手たちの表情まで色鮮やかに残してくれます。
4Kで撮影すれば細部までくっきりと映し出されるので、その後に加工する場合にも画像が荒れずに美しさを保ってくれる点も魅力のひとつです。定点で撮影して試合全体を撮影したり、その小ささを活かしてGoProを身につけて撮影すればプレイヤーの視点で撮影することも可能です。

GoProでPVのようなサッカー動画を撮ってみよう!

GoProでサッカーをスタイリッシュに撮るには

GoProの良さを最大限に活かして、PVのようにオシャレな動画を撮影してみませんか?
参考にするのはGoProのプロモーション映像です。公式ページでも紹介されているのでぜひご覧いただきたいのですが、そこには林の中をスピーディーに駆け抜けるバイクの映像や、疾走感あふれるスノーボードのプレイ中の映像、サーフィンでビッグウェーブの中を通り抜ける映像などどれも臨場感たっぷりで、これまでのスポーツの撮影の概念を覆してしまうような映像ばかりです。
サッカーのプレイ中の映像をスタイリッシュに撮影するなら、やはりGoProを身につけてプレイヤーの視点で撮影するのがおすすめです。プレイ中の相手選手の表情や、ボールの動き、広い場内もプレイヤーならではの視点で切り取ることができるでしょう。撮影した動画は「GoProスタジオ」を使えばスロー映像に加工することができ、PVのようなスタイリッシュな仕上がりに編集することも可能です。オシャレな動画に編集したい場合はGoProスタジオはマストです。

GoProを通してサッカーを撮影してみると、これまでのサッカーの試合映像のイメージとは180度異なる映像を撮影することができます。サッカーはフィールドの面積が広く、TV中継で映し出される試合映像も、全体を撮影した映像のイメージが強いです。GoProで撮影することで、引きの映像で伝わりにくい臨場感や疾走感を伝えられるだけでなく、まるで見ている人がフィールドに立っているかのような感覚を伝えることができるのです。
GoProを使ってサッカーの新たな魅力を伝える動画を撮影してみませんか?

おすすめのゴープロ

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(税込)(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

【2021年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報