GoPro持ってディズニーへ!オシャレな写真をたくさん撮りたい !

今SNSで話題になっているカメラがあります。『GoPro』ゴープロというカメラです。
インスタグラムでは#gopro女子というハッシュタグが大流行。タグ付けされた投稿を見てみると、その写真の多くが広角カメラで撮影したような写真になっています。画面が遠くに向かってぐっと広がっていて、まるで目で見たままのような写真です。
ゴープロの魅力はこんな風にiPhoneでは撮影できないオシャレな画角の写真が撮影できることなんです。しかも高画質でとても鮮やか。ゴープロはインスタグラムにぴったりのカメラです。
こんなカメラがあったらディズニーランドに持っていきたくなりますよね。オシャレな写真はもちろん、動画も撮れるゴープロは、ディズニーランドへお供するカメラに最適です。
ディズニーにゴープロを持って行くときの楽しみ方と注意点をまとめてご紹介していきます!

ゴープロでディズニー撮影を楽しむ場合の注意!

ディズニーはセルカ棒や三脚の使用が禁止されています

ゴープロは、超小型のウェアラブルカメラです。簡単に言うと、手のひらに収まるくらいの小さな立方体の形をしたカメラなんです。手で持って撮影をするのはもちろん、マウントと呼ばれるゴープロ専用のグリップを使うことで、セルカ棒のように高い位置から撮影することもでき、そこもゴープロの大きな魅力のひとつです。
しかし、ディズニーランドにはセルカ棒を使っての撮影や三脚を使っての撮影は禁止というルールがあるのをご存知ですか?ちなみに、ディズニー広報部が発表しいている理由としては、ゲストの安全を考慮してのルールということでした。伸ばした先端が他のお客さんに当たってけがをするなど、そういった危険に配慮してのルールのようですね。確かに園内はいつもものすごい人、園内がセルカ棒を持った人々だらけになってしまったら安心してディズニーを楽しめませんよね。
そこはルールを守って、マウントを使わずとも楽しめるゴープロ撮影の方法はたくさんあるので、ルールの中で撮影を楽しみましょう!

ゴープロはディズニーを満喫するのを一切邪魔しない!

ゴープロとても軽いんです!

ゴープロをディズニーに持っていくメリットとして、まずはその軽さにあります。モデルにもよりますが、その軽さは1番軽いモデルで70グラム程度のものもあります。ディズニーを楽しむのは意外と体力勝負、荷物も軽い方が存分に楽しめますよね。一眼レフもいいけれど、首からかけていると結構な重量ですし、撮影したいときにカバンから取り出すのもなかなか手間です。
その点、ゴープロなら持ち運んでいることを忘れるくらい小さくて軽いので、ディズニーを楽しむのに一切邪魔になりません。

ゴープロ持ってディズニーへ行ったら、まずは自撮りを極めましょう

ゴープロの自撮りは背景が広ーく映るんです!

ゴープロでディズニーのオシャレな写真を撮影したかったら、まずは自撮りをたくさんしてみましょう。ゴープロで自撮りを初めてしてみて驚くのが、その映る背景の広さです。ゴープロには超広角の機能が備わっているので、みんなの表情はもちろんよく取れますが、ディズニーの華やかな園内が背景に広く映り込み、ディズニーの魅力がより伝わる写真に仕上がるのです。画質はもちろんバッチリなので、背景まで鮮やかに映し出されます。
自撮りをするときは手で持って上から撮るのももちろんいいですし、高さのある場所にちょこんと置いてもいいですね。せっかくディズニーへ行くのならキャストの方に撮ってもらったり、存分に自撮りを楽しんで、みんなが羨ましくなるような写真をインスタグラムにアップしましょう!

ゴープロはディズニーの中を身につけて撮影できる?

ゴープロはウェアラブルカメラなので身体にあらゆる場所に設置できるんです

ゴープロはオシャレな写真が撮れるカメラというイメージが強いですが、その真骨頂はウェアラブルカメラという点にあります。どこにでも身につけられるカメラという意味ですね。例えば最近、テレビの撮影でジェットコースターに乗る方が小型カメラを装着している場面がありますよね。ゴープロも、ああいったカメラの一種なのです。帽子に装着すれば頭にゴープロがセットされるので、ディズニーの中を歩いているときに、そのまま目で見たような映像が記録されます。また、リュックなどにつければ頭の近くにあるよりも負担にならず、ほぼ目で見たのと同じような視点での映像が撮影できるでしょう。体の胴体に装着できる備品もあります。
ぜひゴープロの特性を活かして、写真だけでなく動画を撮影してみましょう。画質は4Kで最高レベルの美しさなので、ディズニーの華やかな園内の空気をそのまま映像に映し出してくれるはずです。

ゴープでディズニーのアトラクションの撮影がしたい!

ゴープロは防水機能もバッチリなんです

ゴープロをディズニーに持っていったらぜひ試してほしいのが、アトラクションに乗りながらの撮影です。アトラクションによって撮影OK、NGがあるようなので確認は徹底しましょう。
アトラクションによって少々水がかかってしまったり、雨が降ってきたりしてもゴープロ最新モデルは本体の防水機能もばっちりなので心配無用です。旧モデルでも防水カバーをセッティングすればまったく問題ありません。
例えば、ジャングルクルーズなどはキャストの方が「写真撮ってね」と声をかけてくれるので、大迫力のクルーズを絶対に撮影したいところです。高画質な映像の見せどころで、ゴープロは元々ジャングルなどでも美しく撮影できるカメラなので、驚くほど臨場感あふれる映像が撮影されているはずです。

ディズニーのアトラクションの中にはゴープロで撮影ができないものも!

ゴープロ撮影はルールを守って楽しみましょう

フラッシュや液晶画面禁止ですが、それを守れば撮影自体はOKなものが、ホーンテッドマンションやイッツ・ア・スモールワールドです。ゴープロのモデルによって液晶なしのものもあるので、そういうモデルであれば撮影できますが、やっぱり液晶アリのモデルの方が操作しやすいのでオススメですね。
絶対撮影禁止のアトラクションもあるので要注意です。スプラッシュマウンテン、ビッグサンダーマウンテン、スペースマウンテンなどが禁止のアトラクションになります。理由としては、高さがあり激しいアトラクションなのでカメラを持っていると単純に危険なのが分かりますね。撮影のルールは随時変更になっているようなので、アトラクションに乗りながら撮影したい!と思ったら近くのキャストさんにしっかり確認するのがベストですね。

せっかくのディズニーでルールを知らずに撮影してしまったら、後からきっと後悔します。うっかりインスタグラムにあげたら注意されてしまうかもしれないので、事前に確認しておけば安心です。
最新の撮影に関するルールは東京ディズニーランドの公式サイトにありますので、出かける前に確認するのも手です。

ゴープロを使ってディズニーを最大限に楽しむ方法をご紹介してきました。ゴープロはもともとスポーツの撮影ができるくらい耐久性もあり、画質も最高です。ディズニーでの撮影はゴープロの機能も十分生かしつつ、ルールを守って撮影することがかなり重要です。ルールを守れば、ゴープロはこれまで見たこともないような視点の映像が撮れたり、自撮り写真も一味変わったものが撮れたり、撮影した写真をSNSにアップするのが楽しみになること間違いなし!
ディズニーへ行くとき、一眼レフもいいけれどぜひ次はゴープロを持って行ってみませんか?

おすすめのゴープロ

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

  アクションカメラの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

【2020年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報