GoProが車のドライブレコーダーに!車での撮影を100倍楽しむ

大人気のウェアラブルカメラ『GoPro』を車に取り付けて撮影をしてみたら!
「GoPro」は今人気の小型アクションカメラの中でも、特に人気の高いカメラです。
「GoProを使って●●を撮ってみた!」といった動画がYouTubeやSNSにアップされ大きな反響を呼んでいます。
その人気の秘密はGoProが超小型カメラにも関わらず、耐久性や防水性にも優れ、高画質の撮影ができることです。操作も、液晶がついているのでタッチパネル式で楽々とできて、アクションカメラの撮影が初めての方にも扱いやすいモデルとなっています。
今回は、GoPro動画の中でも今人気の、車にGoProを設置して撮影をする際のポイントをご紹介していきます。車のどこに設置すればいいの?どんな場面で役立つの?車とGoProの相性を徹底解剖していきます!

GoProはなぜ車に設置するのにオススメなのか?

GoProはこんな多機能カメラなんです!

まずはGoProとはどんなカメラなのか、なぜ車に設置した撮影に向いているのか、GoProというカメラについてご紹介しています。
GoProはとても軽量で小型のアクションカメラです。その大きさは最小のモデルでわずか70グラム程度、手のひらに収まるどころかぎゅっと握れば隠れてしまうほど小さなカメラです。その小ささを活かしてウェアラブルカメラとして今若い世代を中心に幅広い人気を誇るカメラなんです。
これまで以上に小型で軽量であるため、持ち運びの負担にもならず、設置個所も問わない点が広く人気を集める理由です。また、GoProは本体のみでももちろん動画や写真撮影ができますが、その本領が発揮されるのはマウントという設置用のアクセサリを使って、人の体(胴体や腕、頭部など)や、平面にも設置することができます。三脚タイプや、棒状のマウント、自転車のハンドルにつけるタイプなどGoProのマウントは種類が豊富で、マウントを使えば撮影場所がどんな場所であってもGoProを設置できるという強みがあります。同じスポーツでもGoProの設置場所を変えれば撮影できる視点は全く違い、それぞれの視点で楽しむことができます。その点を活かして車の中、外と場所を問わずにカメラを設置できるため、車からの映像を撮影したい車好きの方にもGoProは大人気なんです。
GoProは元々スポーツの撮影に適したカメラとして開発されているため、衝撃にも強く防水機能も備わっています。水中でのマリンスポーツも、防水カバーを設置すれば40メートルの深さまで撮影することが可能です。
そして、さらに驚くのがその高画質さ。映像は4K撮影が可能なため、画質については満足すること間違いなしです。

GoProを車に設置してドライブレコーダーに!

GoProはこんな風にも使える!

ではGoProを車内に設置してドライブレコーダーとして活用するにはどうしたらいいのでしょうか?近年ドライブレコーダーの映像が一般的になってきましたが、これはGoProなどのアクションカメラの普及で一般の方でも気軽に運転中の車中の映像を撮影することができるようになったためです。
もともとドライブレコーダーはバスやタクシーなど公共の乗り物に設置され、事故などが起きたときにその原因を解明するために用いるなど、事故の時の状況を記録する意味合いが強いものでしたが、近年一般の方がドライブレコーダーとしてGoProを設置する目的としては単純にドライブの様子を車内から撮影してみたい、記録に残したいという楽しみ方で撮影している方が多いと思います。
GoProは先にご紹介したように設置場所を問いません。YouTubeにアップされているドライブ中の車の中の映像も、車中のどこから撮影した動画かを見てみると比較的設置場所もバラバラで、動画によって視点が様々なのが分かります。
GoProをドライブレコーダーとして撮影してみたいと思ったときには、どんなマウントを使ってどこに設置するかで視点が変わるため、どんなマウントを使用するか選んでいる時間も楽しむことができそうです。
一般的なGoProの取り付け場所としては、ヘッドレストやルームミラー、スペアスイッチホール(運転席のハンドル付近)などが多いようです。

GoProは車のサーキット走行も撮影できちゃう!

GoPro動画は車好きにはたまらない!

GoProで撮影された車載動画を観てみると、サーキットを車で走行している映像をたくさんみかけます。サーキットを走るなんてかなり本格的な車好きに間違いなし!ドライバーたちはやはりそういった動画に心が躍ってしまいますよね。GoProをゲットして自分も撮影してみたいな、とひそかに考えている方も多いのではないでしょうか?
サーキットでの激しい運転を動画に収めるなんてなんだか大変そう、と思う方にこそGoProはオススメのアクションカメラです。GoPro本体とマウントをゲットし、設置箇所に事前にしっかり設置して撮影を始めれば、後はいつも通りにサーキットを走るだけ。マウントはどれも簡単に設置でき、アタッチメントやネジで締めるタイプなどがありますが、どれも特別な技術がなくても誰でも設置できる形になっています。前日にセットしておけば撮影に手間取って走る時間が減ってしまう、なんてこともありませんね。
サーキットでの撮影の場合は、GoProは車内向きではなく進行方向が映る向きがオススメです。ドライバーの運転も画面に入っていた方がより臨場感溢れる映像になるので、GoProのセットはドライバーより後ろの場所を狙いましょう。
GoProで撮影した、サーキットを車で走行する動画はどれも大迫力!一度プロモーション動画やYouTubeにアップされている動画を観てみてください。サーキットを走るワクワク感やスリルが伝わってくる映像になっています。

GoProを車に設置するなら、おすすめのマウントはこれだ!

GoProおすすめのマウントあれこれ!

GoProでドライブレコーダーとして、サーキットを走る記録用として、車載映像を撮影するときにはどんなマウントを使うのが効果的なのでしょうか?数あるマウントの中から車にぴったりのマウントをご紹介していきます。
基本としてGoPro専用のマウントがおすすめです。理由としては、車の走行はサーキットでの走行ならなおさらその揺れが伝わりにくく、しっかりとホールドしてくれるマウントを選ぶことが重要です。GoPro専用のタイプならGoProにフィットすることが大前提として作られているので、しっかりホールドしてくれます。
まず、代表的なタイプのマウントがL型フックです。これとGoProをしっかり固定することで、他のマウントを組み合わせることが可能です。Q-Banスタンドシリーズというシリーズのマウントを組み合わせると、ルームミラーに設置ができたり、ヘッドレストに設置ができたり、ダッシュボードやピラー、エアコンの吹き出し口などにも設置が可能になります。
車内だけではなく車の屋根部分に設置できるマウントもあり、サクションカップマウントを使えば屋根の上にポンとGoProが乗ったような形になり、非常に解放感にあふれる外の映像が撮影できます。
サーキットや自然あふれる場所のドライブなどにおすすめのマウントです。サクションカップマウントは時速240メートルまで耐えられる強さがあり、耐久性もばっちりです。もちろん雨が降ってきても防水機能があるので何も問題ありません。ただ注意なのが、GoPro HERO4までのモデルは本体には防水機能がなく防水カバーが必要なため、モデルによってはカバーが必要です。もちろん防水カバーをした状態でマウントを取り付けることが可能です。

GoProで撮影した車載映像を楽しむ方法!

GoProは動画をPCで見たり編集したりも簡単!

GoProで撮影した車載映像は簡単にPCで楽しむことができます。GoProはSDカードをPCに入れるだけですぐに映像を見ることができるので、その場で大きな画面で確認することもできます。面倒な変換なども必要なく、撮影した動画を扱いやすい点もGoProのメリットです。
また、GoProで撮影した映像は無料でダウンロードできるGoPro Studioを使って編集することができます。いくつか無料のテンプレートが用意されているので、撮影した動画をつなぎ合わせるだけで簡単にオシャレな動画に編集することだってできてしまうのです。
また、取り込みの方法としてGoPro Studioに付随するGoPro Studio Importerを使ってGoProで撮影した写真や映像をPCに取り込むこともできます。SDカードで取り込むより、USBケーブルで接続するだけで取り込みが完了できるので簡単です。新しい情報のみを取り込んでくれる仕組みなので、管理も簡単になります。
簡単に取り込めて無料で編集できるソフトが使用できるのは、GoProならではの魅力ですね。

GoProで車載映像を撮影するなら2個使い?

GoProスマートリモートって何?

GoProで本格的な車載動画を撮影したいと思ったら、GoProの複数使いをすることも考えられます。車の屋根と、社内に一つずつなどは定番ですね。その時ぜひ使ってみてほしいのがGoProスマートリモート。これはGoProを遠隔操作できるリモコンなのですが、その特徴は複数のGoProを同時に操作することができる点です。
それぞれのGoProとスマートリモートをペアリングして使うアイテムです。解除や追加も簡単で、一度設定してしまえばその後は難しい設定もないので、複数使いの方にはとても便利なアイテムです。特に車載動画の撮影の際にはそれぞれのGoProが手の届きにくい場所に設置していることもあるので、設置後の操作が一括でできたらとても便利です。
GoProを複数持っているGoProマスターならぜひ持っておきたいアイテムですね。

GoProを使って車載動画を撮影してみたい!SNSで見たカッコいい動画に憧れるけれど、カメラの知識もない自分には無理かも・・・。そんな風に思っていた方にこそGoProはおすすめのカメラです。操作は思った以上に簡単で、耐久性も抜群。マニアックな操作の方法は、GoProマスターの方がGoProの使い方を丁寧にレビューしてくれています。
今こそGoProにチャレンジしてみるチャンスです。車の運転が好きな方は、一度は車載動画に興味を持ったことがあるはずです。出かけることができない日にも、その動画を見返して楽しむことができますよね。
これまでの趣味をさらに楽しむ方法として、GoProで動画を撮影してみませんか?楽しかった車の運転がさらに楽しいものになるはずです。

おすすめのゴープロ

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

  GoProの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
(※紛失・盗難の場合は実費をご負担頂きます)

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

【2020年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報