GoProのおすすめアクセサリー!最強バッテリー編!

新世代ウェアラブルカメラ「GoPro(ゴープロ)」。SNSで話題になっていることも手伝って、GoPro(ゴープロ)を持っている方やGoPro(ゴープロ)の撮影画像を観たことがある方も多いと思います。

GoPro(ゴープロ)は軽くて小さくて扱いやすい上に、超高画質に撮影ができることで人気のカメラです。GoPro(ゴープロ)で撮影された動画を一度観てしまうと、その鮮やかさに心奪われてしまうでしょう。

今回はGoPro(ゴープロ)の中でもマウントを代表とするアクセサリーをご紹介していきたいと思います。特にバッテリーは、どのバッテリーがいいのかなんて気にしたこともなかった方も多いのではないでしょうか。バッテリーで何が変わるの?その秘密もまとめていきます!

GoPro(ゴープロ)はバッテリーなどアクセサリが充実。

GoPro(ゴープロ)は本体のポテンシャルも◎!

GoPro(ゴープロ)はアクセサリーが豊富なカメラで、中でもマウントなどが代表的なアクセサリーです。しかし、アクセサリーなしでも本体のポテンシャルもかなり高いんです。
GoPro(ゴープロ)は、元々スポーツ撮影のために開発されたアクションカメラです。そのため耐久性は抜群で、衝撃や熱にも強い強靭なボディが特徴。また、最新モデルには本体に防水機能が備わっており、10メートルの深さまで水に潜った撮影もできてしまうんです。画質は抜群で、4K撮影ができるモードが搭載されています。超広角カメラモードで撮影することによって、人が目で見たままの映像が撮影できるカメラとも言われるほどです。

そして驚くのはその大きさ、握りこぶしよりも小さい、手で包んでしまえるほどの小ささに機能がたっぷり詰まっています。その小さなボディを活かして、GoPro(ゴープロ)はアクセサリーを取り入れることで色んな場所に設置することができます。代表的なアクセサリーがマウントで、GoPro(ゴープロ)を固定するためのグリップのようなもので形状はさまざまです。身体に設置して撮影しながら行動することも楽々です。自転車にセットしてサイクリングをすれば、疾走感あふれる動画撮影が可能です。

つまり、GoPro(ゴープロ)はアクセサリーを使うことで何倍も楽しさが倍増するカメラなんです。

GoPro(ゴープロ)にはバッテリーとマウントが必須!

GoPro(ゴープロ)の、おすすめバッテリー。

GoPro(ゴープロ)はアクセサリーが揃って初めて力を発揮します。マウントはもちろん、バッテリーは外せないアクセサリーです。でもバッテリーを選ぶという感覚は特にない方も多いかもしれません。GoPro(ゴープロ)はバッテリーの選択も正しくGoPro(ゴープロ)を使うために重要です。GoPro(ゴープロ)は付属にバッテリーがついてきます。しかし、GoPro(ゴープロ)自体が小さいためそこに搭載されるバッテリーはどうしても消費が早くなってしまいます。こんな時におすすめなのが「Battery BacPac」!

これは何かというと、GoProHERO3 HERO4のバッテリーを3倍長持ちさせてくれるアイテムなのです。バッテリーの寿命を延ばしてくれるバッテリーパックで、取り外しが可能です。こちらはGoPro(ゴープロ)の公式サイトで販売されているのでGoPro(ゴープロ)との相性は言うまでもありません。一日がかりの撮影をしたい場合などは、こちらは必須アイテムになりそうです。

GoPro(ゴープロ)の小ささ故、バッテリー切れは悩みのひとつです。GoPro(ゴープロ)で動画を撮影すると、解像度にもよりますが例えばHERO4なら4K撮影をすると4時間の撮影時間となります。

屋外でアクティビティの撮影などをしていたり、ドライブレコーダーとして使っていたら4時間はかなりあっという間です。予備のバッテリーを充電しながら次に備えるか、拡張バッテリーを使用するか何かしらの対策をとる必要があります。

今回のおすすめは「Battery BacPac」です。屋外の長時間撮影の場合バッテリー交換がなかなか難しいため、そのような状況にはこちらのパックをゲットして臨んでください。

GoPro(ゴープロ)は、バッテリー以外のアクセサリーも充実。

GoPro(ゴープロ)のアクセサリーは公式サイトでチェック!

GoPro(ゴープロ)のアクセサリーといえばマウントというイメージがありますが、他にはどんなアクセサリーがあるのでしょうか?
こんなものもあるんだ!と驚きのアイテムがあったのでご紹介していきます。

◆ハウジング・・・防水機能があったりするカバーです。カムフラージュ柄のオシャレなタイプや、耐久性に特化したタイプ、防水などの機能を持つカメラハウジングが販売されています。
◆フィルター・・・GoProのレンズ部分に設置するフィルターです。マゼンダ一色で、水深が深く緑がかった水中で撮影するときに色の補正をしてくれる機能があるそうです。
◆Remo・・・防水音声認識機能付きリモート。10 mの範囲内で、HERO5 モデルに設置すればカメラをコントロールすることができます。

公式サイト以外ならマウントの種類も無限、アクセサリーもさらに色んな種類が販売されています。GoProにはまる方はマウントやアクセサリーを見ているだけで楽しい、撮影したときの想像が膨らむそうです。公式サイト以外でアクセサリーを購入する際は、GoProに適したものなのかはもちろん、稀にGoPro用であるかのように謳っているだけものもあるそうなので、口コミをはじめサイズなどはあらかじめよく確認しておきましょう。

GoPro(ゴープロ)のアクセサリーを知ろう。

GoPro(ゴープロ)はこんなところにも設置できる!

GoPro(ゴープロ)のアクセサリーを探していると、マウントってすごく種類がありますよね。でもまずはオーソドックスなものを購入する方が多いと思います。
定番のタイプのマウント以外でもマイナーなマウントもたくさんあり、実はこんな面白い変わり種のマウントもあるんです。知っておくとGoProで撮影したいイメージができたときに役立つかもしれません。いくつかまとめてご紹介していきます。

◆The Handler(水に浮くハンドグリップ)・・・グリップの部分が水に浮く素材でできているので、水中でも安定した撮影が可能です
◆取り外し可能な楽器マウント・・・平らな柔らかい吸盤のような形をしています。ギターなどに傷をつけることなく設置が可能なマウントです。平面な部分があればどんな素材でも設置できるようです
◆Fetch™(犬用ハーネス) ・・・出ました犬用マウント!ハーネス型になっています。犬が毎日どんな目線でどんな風景でお散歩をしているのか知ることができますね。

設置する場所を問わないようにマウントもどんどん進化して新しい形が今後も開発されそうですね。私たちGoPro(ゴープロ)ユーザーにとってはうれしい限り!犬のハーネスはいつかゲットしてみたいです。

YouTubeには犬のハーネス型タイプをつけてGoPro(ゴープロ)で撮影してみた方の動画がアップされているので、ぜひ見てみてください。低ーい視点がすごく斬新で新鮮です。水に浮くマウントは水中撮影を安定させるのに便利そうですね。波がある海で撮影者も泳いでいるのに、なぜあんなに穏やかな動きの撮影ができたのだろうと疑問に思った動画があったのですが、もしかするとこのマウントを使用しているのかもしれません。動画を観て、どんなマウントでどこに設置して撮影したか、という点について考えるのも楽しいですね。

GoPro(ゴープロ)は本体の機能はもちろん充実しており、その力で大人気になった部分はありますが、やはりその魅力をさらに活用するにはアクセサリーはかかせません。バッテリーの準備も万端にしておくことで撮影に集中できるし、途中でバッテリーが切れて撮影が中途半端になってしまったとがっかりすることもありません。

さらなる楽しみとしてマウントを活かしてどんな映像を撮影しようか?と考える時間も含めてGoProを楽しむ時間なのではないでしょうか?今回ご紹介した以外にもすごく気になるアクセサリーがたくさんあったので、ぜひ検索してみてください。

おすすめのGoPro(ゴープロ)

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載したアクションカメラ。

「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。

■購入する場合は、45,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW

ジンバル並みの安定化機能が備わったアクションカメラ

動きを予測しカメラのブレを補正、滑らかな映像を撮影できる。ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro 写真」や「GoPro ビデオ スタート」といった音声コマンドで、ハンズフリー制御が可能。

■購入する場合は、34,000円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

Osmo Action

Osmo Action

4K/HDR動画撮影が行えるコンパクトなアクションカメラ。

デュアルスクリーンと映像ブレ補正「RockSteady」を内蔵し、防じん・防水・耐衝撃性能を持つ。撮影中に「スローモーション」「タイムラプス」「カスタム露出設定」を選択可能。スマートフォンのアプリでライブ映像の制御やクイック編集ができる。

■購入する場合は、35,500円(2019/11/28現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

  GoProの レンタル機材を探す 詳しくはこちら

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

最短1〜2日で、自宅までお届け。

レンタルしたい機材を見つけたら、まずは会員登録。注文後は、最短1〜2日で自宅に機材が届きます。

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

GooPassに会員登録する


※GooPassサービス紹介はこちら


期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF


※2020年10月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【M2mmCcc2】をご入力ください。

【2020年最新】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ情報

GooPassオリジナルセット情報